料理

2017/07/18

東京ガス料理教室は人気?

 時々記事にしていますが、東京ガス料理教室の話題です。久々に参加してみようとホームページにいくと、トップページにお知らせがあります。曰く、
<以前より、当料理教室においては「申込みをしてもなかなか当選しない」等のお声をいただいており、
より多くのお客さまにご参加いただけますよう、2017年7月3日よりお申込み方法を一部変更させていただく事となりました。>
 とあり、変更内容は「申込」の件数です。
<お客さまお一人につき、「5件」までとさせていただきます>
 5件までに制限したということは、これ以上の件数を申し込んでいた人がいた、ということ。
 驚きました。
 東京ガス料理教室は毎月月初めに次月の教室内容が発表され、15日までに申込。その後抽選で結果が通知されます。この抽選になかなか当たらない、というクレームがあったということです。
 私は毎回ひとつしか申込をしないし、当選しなかったのは1回だけです。ほとんど当選しています。これは男性だからです。男性は優先的に当選するらしいです。今月も申し込みましたが、当選でした。
 東京ガス料理教室は単発で参加でき、教室内容もバラエティに富んでいるので、申込が多いのも当然と思います。料理教室まだまはだ根強い人気があることにちょっと驚きました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/25

男の料理の今

 料理をする男は増えているのか。時々疑問に思います。昨日の日経新聞に気になる記事がありました。夕刊に「料理は男のたしなみ 幅広い世代で腕磨き 」と題された記事によれば、
< 「男子厨房に入らず」は昔の話とばかりに、エプロンを掛け、キッチンに立つ男性が幅広い世代で増えている>
(日経新聞 10月24日夕刊)
 と、料理男子が増えている様子。
 東京ガスの料理教室「男だけの厨房」、ベターホーム協会、ABCクッキングスタジオなどで料理をする男性が増えている事例が紹介されています。
 記事にはこんなデータも。
<料理をする男性が増えている。東京ガス都市生活研究所の調査(2014年)では、料理を「主に担当する」「時々または一部手伝う」と答えた男性は55.8%。20年前より16.3ポイント増えた。20~60代のすべての年代で、「ほとんどやらない」は半数を切った>
 この数字を見る限りは料理する男性は増えています。
 ホントに増えているのか。「料理は男のたしなみ」というにはまだ早い気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/08

いつもと違う料理教室

 昨日は仕事がなかったので、東京ガスの料理教室に参加してきました。いつもいっている桜新町の教室で、いつもは「黒1点」なのですが、今回は私以外に男子が3人も参加していました。珍しいです。
 珍しいといえば、今回のレッスンはデモンストレーションがない進行です。料理教室は先生が料理を作るところをみせるだけの「デモ形式」と生徒が実際に料理を作る「実習形式」に分けられます。
 今回の東京ガスのレッスンは両者の折衷方式で、「1班に1人の講師がついて、デモンストレーションなしの実習からスタートする教室です」です。一班は4人で、先生から細かな作り方について教えてもらいながら、作っていく形式です。工夫されています。
 昨日は、
・棒棒鶏涼麺
・海鮮とキャベツの中華和え物
・トマトとレタスのスープ
・マンゴープリン
 を作りました。シンプルなレシピですが、とても美味しい料理です。ごちそうさまでした。

20160807


| | コメント (0) | トラックバック (0)