フィジカル

2015/06/21

体脂肪率の真実

 スポーツクラブで体の数値を測定してもらいました。結果をみて「おや」と思ったのは、体脂肪率。12%台後半の数字だったのですが、かなり低いので自分でも驚きました。
 普段、うちではオムロンの体重体組成計HBF-254Cを使っています。この体重体組成計はパソコンにUSB通信トレイを使ってデータをウエブサイトに転送ができます。ここからCSV形式でデータをダウンロードが可能です。 
 ダウンロードしたデータを月ごとに管理しています。自分のデータをみると、先月の体脂肪率は21%台後半です。体脂肪率の数字は京都マラソンのため体重を絞った2月と1%くらいしか変わっていません。だいたい21~22%台で推移しています。
 22%と12%とはかなり数値が違います。オムロンのサイトによれば体脂肪率22%は「やや高い」となっています。自分としては、そんなに体脂肪がついている気はしないのですが・・・・・・。
 体脂肪率の数字の不思議。どれを信じればいいのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/22

標準体重とは

 マラソンのタイムと体重は関係があると言われています。フルマラソンでは1㎏へるとタイムが3分短縮する、なんて説もあります。確かに肥満体では、42.195㎞の完走は難しそうです。
 先月の京都マラソンに向けて体重を減らしました。2月15日の大会に向け、前月の1月に300㎞を走ったら体重が減りました、その前月の12月には平均で60.㎏あったのが、2月には58.㎏と約2㎏減りました。そのおかげか、なんとか4時間6分ほどで完走できました。
 でもその後、怠惰な生活をしていたので体重は元に戻ってしまいました(笑)。毎日、体重を計っているのですが、適正な体重は何㎏なのか、思ったりします。標準体重という基準では、「身長×身長×22」が適正数値。自身で計算すると61.35㎏が標準体重。まだその体重を下回っているのでいいかな、なんて思ったりします。
 体重のコントロールは難しい。どのあたりで手を打つか(笑)、迷わしい問題です。自分なりの目標を定めてやるのがいいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/06/16

体年齢の真偽

体重体組成計を使い始めてどれくらいでしょうか。もう3台目で、今はオムロンの体重体組成計 HBF-252Fを使っています。前はタニタでした。
この体組成計のいいところは、スマホでデータを吸い上げることができること。スマホを体組成計にかざすと体重、体脂肪率などのデータをオムロンのサイト「わたしムーブ」に転送します。このサイトで会員登録しておくと、過去のデータを保存できます。
このサイトでは体組成計のデータだけでなく、オムロンの活動量計(万歩計)のデータも保存できます。これもスマホ(アンドロイド)で転送しますでき、便利です。
ところで体組成計で計測するデータ内容はオムロンとタニタではほぼ同じです。しかし、体重以外は両者で数値が違います。例えば体脂肪率はオムロンのほうがかなり数値が高いです。7、8%も違っていてどちらが正しいのかと悩みます。
また、体年齢も微妙に違っています。タニタは実年齢マイナス15歳を限界数値とする設定になっているようで、いつも表示数値は同じでした。一方、オムロンは限界数値はなく、体年齢測定日によって数値は違います。42歳から始まって、最近はちょっと体重が減ったので40歳まで下がりました。そして先日、39歳と30代に突入。でも翌日には40歳に戻りましたが(笑)。
体年齢はどのような方法では判定しているかな。オムロンのサイトによれば、「体年齢は、基礎代謝をもとに算出した体の年齢で、オムロン独自の指標です」とあります。
体年齢が若いということは嬉しいことではありますが、まあ絶対的な評価ではありません。ほんの気休め程度に捉えておいたほうが良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)