2017/05/28

話題のGINZA SIX

 先月オープンしたGINZA SIXは、松坂屋の跡地にできた複合施設。ゴールデンウィークには多くの客が訪れていたとかで、話題になってました。二週間ほど前の日経の春秋には
「さきごろ華々しく開業した「GINZA SIX」は、いま東京で人がいちばん集まる場所だろう。銀座で最大という商業施設だが、その広いフロアも客でぎっしり。ラッシュアワーの雑踏みたいだ」(5月13日 日経新聞)
 とあり、気になってましたが、先日寄ってみました。
 平日だったせいか、開店のブームが去ったからか、そんなに混んでませんでした。中に入ると目立つのはブランドショップ。
「巨大なビルに241の店を集めた。うち約半数はブランドの旗艦店」(朝日新聞デジタル)
 とのこと。だれがこのブランド商品を買うのか。
「生活を楽しむ50代の知的な女性という軸で、百貨店を縦に切って編集し直した売り場です」(朝日新聞デジタル)
 なるほど。あくまで、百貨店が基本なんですね。
 店内の中央で目立つのは草間彌生のインスタレーション「南瓜」。華やかで、爽やかな作品。ちなみにこの作品、永久に設置されるのではなく、来年の2月25日までの展示です。
 探検すると面白そうなGINZA SIXでした。今度は心の準備をしていってみます(笑)。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/12/17

スターウォーズの発車メロディー

 昨日からだったか、スターウォーズの新作が公開されています。セブンイレブンの店頭広告で知った『ローグ・ワン』はスピンオフ作品だとか。ひどく盛り上がっていないのはそのせいですか。細かいことはわからないのですが、このスターウォーズはウォルト・ディズニーの映画なんです。
 もうかなり前から始まってますが、自由が丘駅の発車メロディーがスターウォーズに変わっています。大井町線のホームで上り「メインタイトル」、下り「帝国軍のマーチ」。最初きいたときは一瞬なので、何の曲かわかりませんでしたよ。ちなみに東横線はやはりディズニーの曲で、下りは「星に願いを」(ピノキオ)、上りは「ハイ・ホー」(白雪姫)です。発車メロディーは25日までの限定。
 ネットで調べてみると、これは東急線沿線を中心に展開される大規模なクリスマスプロモーション「TOKYU CHRISTMAS WONDERLAND 2016 -Disney CRYSTAL MAGIC-」の一環。発車メロディーも変えてしまうとは、かなりのお金が動いていることが想像されます。
 ウォルト・ディズニーとはどんな企業なのか。ちょっと調べたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/06

銀座プレイスに変わったサッポロビル

 銀座の街をぶらぶらしてきました。四丁目の角に銀座プレイスがそびえ立っています。現物をみるのは初めてですが、なかなか印象的な建物です。透かし彫りがモチーフとか。

Photo

 設計はクライン・ダイサム・アーキテクツ。外国の建築家と思ったら、日本にある建築設計事務所です。
 1階、2階には日産のショールーム、4~6階はソニーのショールームが入っています。上階にはレストランがありますが、紹介がなければ入れない金製品ギャラリー「SGC]もあります。
 建物に入ってみましたが、あまり魅力的な空間ではありませんでした。スペースが広くないせいか。開放感が感じられない。
 銀座も変わっていきます。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/05

戸越銀座商店街を歩く

 馬込のアートバックスに車検の見積をしにいったら2時間ほどかかることに。時間をつぶすのに、戸越銀座商店街があるのを思いだし、西馬込から地下鉄に乗って戸越までいってみました。久しぶりです。
 日本一長い商店街とも言われる戸越銀座商店街。確かに歩きがい(?)があります。楽しい商店街です。夕刻だったので、あちこちの店で一杯やっている人がいます。蒲鉾屋、唐揚げ、焼き鳥の販売をしている店なのに、酒を飲める店があります。楽しそうです。
 また、年季の入った店もあります。

Photo

「プラモデルの店 マスダヤ」。模型ではなくプラモデルです。

2

「趣味の履き物 なかむら家履物店」。趣味の履き物というのがいいです。
 またいきたくなる戸越銀座商店街です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/04

変わってしまった武蔵小杉

 レンタルキッチンのエアコンを入れ替えるので、川崎のヨドバシにでかけ、その帰りに武蔵小杉に途中下車しました。かつては裏口だったエリアはかつてからすっかり変わっていました。
 何年ぶりだろう。スポーツクラブのコナミに来ていたのは、もう3年以上前。その頃はあちこちが工事中でしたが、すっかり街が出来上がっています。高層マンションとショッピングビルが建ち並びます。ダイエーが入るビルしかなかった頃からは激変です。

Photo_2

 人も沢山います。前はこんなに賑わっていなかったのに。ただ人工的な街で、どこにでもあるような画一的な光景でもあります。
 昔からある飲食街が心配でしたが、ありました。何回か入ったことのある「割烹こすぎ」も健在。

Photo_4

 昔の風景も残る武蔵小杉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/24

変わっていく数寄屋橋

 久しぶりに数寄屋橋にいってみました。スクランブル交差点の角にあるのか東急プラザ銀座。確かこのビルがオープンしたのは3月。もう3ヶ月も前のこと。東芝ビルがなくなって、すっかりオシャレなビルになっていました。

Photo

 入ってみましたが、洗練された今時のファッションビルです。地下には飲食店があるのですが、東芝ビルとはまったく違います(当たり前です)。値段も高そうで敷居も高いです。早々に退散しました。
 向かい側にはソニービルがあります。ここも来年閉店し、暫く空き地をソニーパークとするとか。建て替えの完成は2022年の予定。暫くはソニービルがなくなります。
 
Photo_2
 
 ソニービルの1階で待ち合わせ、なんてのはよくありました。いまの若者はどうなんだろう。
 数寄屋橋も変わり、時代も変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/23

東急プラザ渋谷の閉館

 渋谷の東急プラザが昨日で閉館しました。渋谷が買い物ゾーンだった私にとってはずっと東急プラザはありました。5階にある紀伊國屋書店も利用しましたが、仕事をするようになってよく使ったのが2階にあったフランセという喫茶店です。編集者をやっていた時代、打ち合わせにしばしば使ったのが東急プラザのフランセです。
 当時、打ち合わせと言えば、渋谷のフランセか新宿の滝沢でした。イラストレーターやライターの方と打ち合わせに使う場所はこの2つの喫茶店が定番でした。しかし今は、フランセも滝沢もありません。東急プラザのフランセは8年前の平成18年に閉店しています。
 東急プラザ渋谷の閉館は渋谷エリアの再開発のためだと伝えられています。東急は東急文化会館もヒカリエにして、その次は東急プラザも新たにビルを作る計画を持っています。渋谷は変わっていくようです。
 昔を知るものにとって、東急プラザ渋谷の閉館は寂しいニュースです。しかし、昔のことを思い出して仕方がないのです。新たな渋谷の街が作られることに期待をしなくてはいけないのでしょう。渋谷は変わっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/17

年季の入った荻窪銀座商店街

 荻窪駅の近く、JRの線路と青梅街道に挟まれた一角に荻窪銀座商店街があります。○○銀座という商店街は全国にあります。昔、自由が丘銀座というのもありましたが、いつの間にか無くなってしまいました。しかし、荻窪銀座商店街は健在です。商店街はさすがに古さを感じます。

Photo

 ここを入ったところに商店マップがあります。これもかなりの年代物。

Photo_2

 店も歴史を感じさせてくれます。中古レコード屋の月光社。いまだにRECORDの大きな看板。

Photo_3

 近くにはある荻窪テーラーも古い店構え。

Photo_4

 この店はスーツなどの寸歩を直してくれます。

2_2

ホームページも完備しています。
 
 ホームページといえば、荻窪銀座商店街のサイトはなかなかです。昼も夜も楽しそうな荻窪商店街です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/05

「とりつじん」とは

 大晦日だったか地元の都立大学駅でみつけた小冊子「とりつじん」。これ何という感じですが、日経新聞の地域版で紹介されていた地元の情報誌です。日経によれば
<都立大学商店街連合会(東京・目黒)は東急東横線の都立大学駅の周辺で働く魅力的な人物に焦点を当てたガイドブック「とりつじん」を作成した>(2014年12月17日 日経電子版)
 とあります。
 30ページ弱の冊子には1ページごとにお店で働く人20人がイラストで紹介されていて、イラストはすべて別のイラストレーターが描いています。
<人物紹介を通じて来店などにつなげようと、地元の若手有志が企画。1万部を発行した。「八百屋のよっちゃん」「理髪店のひげのおじさん」など親しみやすい呼称を使い、専用ホームページも立ち上げた>
 都立大学駅周辺だけでなく、周辺の八雲商店街の店舗も含まれます。
 都立大学駅の商店街は東横線の他の商店街と比べて、いまひとつ存在感がありません。人通りは少なくないのに活気が足りない感じです。
<都立大学駅周辺は隣の自由が丘駅周辺に比べ、情報発信で後れを取っていた>
 確かにそうです。この「とりつじん」をみると、知らない店、馴染みのない店がいくつもありました。
 都立大学商店街のささやかな挑戦。これからの展開に期待をしています。
 
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/24

変わりゆく銀座

 昨日、久し振りに新橋から銀座へ歩いてみました。祝日、クリスマスイブイブとあって多くの人手賑わっていました。裏通りの店は相変わらずですが、銀座通り沿いの店は変わっています。松坂屋のビルは取り壊されて工事中。

2

 その向かいの銀座メルサは「閉店セール」をやっています。ここも取り壊し、と思ってサイトを見ると改修をするようです。オープンしたのが昭和52年で37年前。確かに改修したほうがいいかも。もう何年も入っていませんが。

Photo_4

また四丁目の交差点にあったサッポロのビルもいつの間にか壊されていました。1階が日産のショールームですた。そういえば日経に建てなおすという記事が載っていましたね。ショールームは新しいビルにも入るのでしょうか

Photo_5

 古いビルは取り壊され、目立つのはファストファッションの店舗です。大きなユニクロ、ZARA、H&M が並ぶなか、見慣れないGUというのがあります。調べてみるとユニクロ傘下のブランド。
 行き交う人達からは中国語もきこえます。目を離していたすきに、銀座は変わっていました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/20

荻窪の成田屋

 荻窪のタウンセブンには魅力的な店がいくつもあります。特に愛用(?)しているのは、地下1階の生鮮食料品。鮮魚の「東信水産」、総菜の「あじげん」では酒の肴を買ったりします。
 このフロアーに「成田屋」という店があります。お菓子屋といえばいいのでしょうか。最近はあまり見かけなくなったタイプの店です。タウンセブンのサイトでは「菓子・おつまみ・豆」と紹介されているとおり、袋菓子を売っている店です。
 煎餅、おかき、和菓子、チョコレートなど袋に入ったものがたくさん並んでいます。スーパーマーケットあたりで売っているお菓子の有名メーカーものは少なく、独自のルートで仕入れたという感じの商品が中心です。
 お菓子類に並んで豆もあります。袋に入ったもので、貼られたラベルをみるとこの店(成田屋)製です。いろいろ中から落花糖と花豆を買ってみました。
 落花糖ははじめて食べました。ネットで調べると落花生(ピーナッツ)に砂糖をまぶしたもの。落花生の味を残しながら甘さが口の中で広がる美味しさです。食べ出すととまらなくなる危険さはハニーローストピーナッツに似ています(笑)。ネットではこの落花糖は高価ですが、成田屋では220グラム290円という安さです。
 なんとも魅力的なお菓子ワールドの楽しい成田屋ですが、荻窪にしか店がないところがちょっと残念です。

Photo_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/06

下北沢はカレーの街

 久し振りに下北沢の街に行ってきました。小田急線が深い地下にもぐり、地上では工事中。駅は変わりつつあります。ここで昼飯を食べようとネットを情報をみると、スープカレーの店を3軒を見つけました。食べログではどこも評点3.5以上です。その中から「心」でスープカレーをいただきました。

Photo

「心」はスープカレーの本場札幌に店があり、東京への進出です。駅から5分ほどのおしゃれなカレー屋です。ここのスープカレーの特徴は多彩な具材です(例えばこんな感じ)。野菜、シーフード、肉など好みに応じてメニューを選べる楽しさがあります。
 下北沢はどうやらカレーの街らしい。スープカレーをはじめとして多くのカレー屋が点在しています。10月に行われた「下北沢カレーフェスティバル」には109店舗が参加。これはすごい。下北沢にいつからカレー屋が増えたのか。ちょっと不思議です。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/13

薬局と不動産屋

 久し振りに大岡山まで出掛けたら、駅前にあった店が見当たりません。確かここにあったはずの定食屋がないのです。なんて店だったか。食べログでしらべてみたら、「さか本」という店で、昨年の3月末で店を閉じていました。
 ビルの建て替えのため、閉店となったようです。確かに店があったと思える場所には、新しいビルがありました。そのビルには不動産屋があります。食べログに投稿された古い写真をみると、2階に不動産屋があり、1階が「さか本」。オーナーがビルを建て替え、1階に入居したようです。

Photo

 不動産屋さんの両隣には調剤薬局が並んでいます。

Photo_2

 最近、街には調剤薬局と不動産屋が増えた気がするのは、私だけでしょうか。並んで薬局、不動産屋が店舗を構えていることもあります。御世話になっている歯医者がある奥沢駅前は2軒の薬局が並んでいるし、地元の駅前では不動産屋が並んでいます。
 不動産屋と薬局。儲かる業種なのか。気になる増殖振りです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/02

元日の風景

 昨日の午後、街を散歩していたら、神社に初詣をする人の列が境内の外まで列になっていました。正月ならではの風景です。自由が丘の街はほどほどの人出。元日に営業している店が増えたとはいっても、閉まっているほうが多く、商店街は静かです。

Photo

 とはいっても、スーパーマーケットのピーコックは昨年イオン傘下になったせいで、元日から営業しています。東急ストアも自由が丘の店は営業。店で働く人は大変だなあ、と思います。
 ぶらぶら歩いて隣駅の九品仏までいったら、コンビニ、洋菓子屋などは店を開いています。その一方、意外な店が閉まっていました。

Photo_4


 松屋が大晦日の午後から2日の朝まで休業です。たしか松屋は24時間営業ではないの、なんて思いながらウエブサイトをみると、一部の店舗で年末年始に休業してます。
 一昨年の大晦日には、富士そばが休んでいて驚きましたが(昨年の大晦日は営業したようです)、松屋も元日に敢えて営業しないといいう選択をしているわけです。変なところで正月らしさを感じる元日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/27

武蔵小山で見かけたもの

 武蔵小山の街に出掛けました。久しぶりです。武蔵小山の地下駅の真上あたりが、すっかり綺麗に整備されていました。無印良品の入るビルもでき、オシャレになっています。しかし、有名なアーケード街は相変わらずです。いろんな店があり、ごちゃごちゃしてます。
 すぐそばに目黒駅という繁華街がありながら、武蔵小山は完結した繁華街を形成しています。買い物などこの商店街だけで済んでしまいそうです。アーケード街を歩いていくと、いろいろ発見します。

 雑貨屋・金物屋の「丸清」。今風に言えば、ホームセンター? 英文字の店名がオシャレ。
Photo

喫茶の「王様とストロベリー」。ジャンボなパフェが有名らしい。

Photo_7

2300円のキングパフェを食べてみたい。

Photo_8

 駅へ戻ろうと、商店街を歩いていると、長い人の列が。ある店を挟んで、両側に伸びています。200人はいるでしょうか。

Photo_9

1_2

 パチスロでした。有名な店なのでしょうか。

Photo_10

 武蔵小山商店街は、奥が深いです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/15

ディープな桜木町の地下街

 横浜美術館の帰りに桜木町駅に足を伸ばしてみました。10年ほど前まではここが東横線の始発駅で、当然みなとみらい線はなく、横浜美術館にいくのも、桜木町経由でした。最近は訪れる機会もほとんどなくなりました。わざわざ桜木町によったのは、駅前にある桜木町ぴおシティ地下街がお目当てです。
 桜木町から野毛あたりはなかなかな商店街が展開しています。まったく馴染みがない土地なんですが、半年ほど前に寄ってみたら、味わい深そうな店が並んでいました。観光客のようですが、まずは桜木町ぴおシティの地下に潜入です。
 地下は飲食店街ですが、居酒屋が何軒かあります。その中でも特に年季が入っている立ち飲み屋に入ってみました。「はなみち」という店ですが、昔からずっとやっているであろう立ち飲み屋です。店内にはこんなお品書きが。

Photo

 飲み物、料理をレジでお金を払って注文する先払い制です。煮込み(270円)とビール大瓶(450円)を注文。煮込みは唐辛子がふられ辛めです。

Photo_2

 最近は小綺麗な立ち飲み屋が増えましたが、ここはお世辞にも綺麗とはいえません。そんなに広くない店内なので、時には通路にはみ出します。(半年前に撮った写真ですが)台車の上にビール瓶ケースを積み、そこにテーブル板を乗せた簡易テーブルで一杯。

Photo_3

 桜木町あたりはディープな店がまだまだありそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/09

入谷の朝顔市

 入谷の朝顔市に行ってきました。久しぶりです。この前はいつだったか思い出せません。拙ブログを検索すると、7年前に記事があるので、ひょっとするとそれ以来かな。6日からの3日間で、昨日が最終日。混雑する土日を避け、平日に行ったのですが、道路が通行止めになっていなくて、かえってちょっと混雑状態でした。

1

 どの店もそれぞれ個性があり、どこで買おうかと迷います。朝顔もいろんな種類があって、並ぶ店の前を一往復してとある店で「ヘブンリーブル-」を売っているを見つけ、買うことにしました。朝顔市で買うのは、いつもいくつかの色が咲く鉢なのですが、たまには単色の鉢もいいかなと。でも団十郎も見たいので、結局2鉢買ってしまいました(笑)。

2_2

 このところ猛暑が続く東京ですが、朝顔は綺麗な花を咲かしてくれるでしょうか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/21

変わりゆく下北沢

 下北沢を走る小田急線が地下に潜ったというニュースを聞いたのは、確か東急の渋谷駅が地下になったのと同じ頃。下北の核になっている小田急線の駅の変貌をみたいと思いながら、半年が過ぎてしまい、やっと時間ができたので、いってきました。
 渋谷から井の頭線に乗り、下北沢の駅に降りると、前のまま。地下になったのは小田急線だけでしたね。駅そのものが工事中という感じで、ごたごたしています。改札をでて踏切のほうに向かうと、確かに小田急線は地上にはありません。

0

 時間帯によっては開かずの踏切になっていたところだけに、交通状況は改善したでしょうね。
 踏切跡地を越え、下北の街を歩いていると、歴史のある店が何軒もあるのがに目に付きます。


1
「ゑのぐと額縁(ぶちの字は旧字体?)」の看板は何年前のものでしょうか。

2
 かつてはラーメンが美味しい店として有名でしたが、かなり年季が入ってしまいました。

3
 この店は現役。夏なのに、おでんが食べたくなります。

4
 下北と言えばここ。「鈴なり横丁」。古いけど、元気そう。
 下北沢の街は、古さと新しさが混在する不思議さが魅力。久しぶりにこの街で飲みたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/24

ふつうの和菓子屋

 地元自由が丘の街は、長い年月で俯瞰すると変貌しています。いつの間にか雑貨屋とスィーツの街になってしまいました。それでも、昔のままであり続ける商店もあります。東横線に沿ってかなりの歴史を重ねる自由が丘デパートとひかり街という商店街があります。
 買い物をする店もないので、もっぱら通路がわりに使っているのですが(すみません)、どの店も個性的で固定客を持っているようです。その商店街の中に和菓子屋さんがあります。「大文字」という店です。大文字という屋号の由来は? ききたくなります。久しぶりに団子を買ってみました。

2

 わずか1本100円の団子、3本買っただけなのですが、素敵な包装紙に包んでいただきました。

Photo
 
 きっと昔から使っている包装紙なのでしょう。時の流れを感じます。
 団子は、穏やかな美味。なにも混ぜものがなさそうなシンプルな味です。この歳になると、昔から変わっていないものがいいと感じることも多い今日この頃。歳をとったということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/16

さようなら、東横線渋谷駅

 東横線渋谷駅が役目を終えました。正確にはメトロとの乗り入れで、地下に移ったのですが、長年東横線渋谷駅を使ってきた身としては、東横線渋谷駅がなくなってしまったとしか感じられません。渋谷駅の歴史は85年ですから、生まれたときからこの駅を使ってきたたわけです。
 昨日、渋谷駅の最終日に出掛けてきました。渋谷駅のひとつ前、代官山駅で降り、渋谷駅まで歩きました。途中、並木橋あたりでは、日中にもかかわらず、多くのファンがカメラを構えています。

1

 高架線を走る東横線の姿も、この日が最後です。

2

 東急東横店の搬入口。昨日、NHKのニュースで初めて知ったフローベアがここにあります。残念ながら、もうすぐ役目を終えます。

3

 渋谷駅に着きました。1階の改札口。

4

 そして、正面の改札口。昼間、1時頃にもかかわらず、写真に収めようとする人で、既に大混雑です。

5

 
 思い出せばきりがありません。小学生の頃、東急文化会館のプラネタリウムに通ったり、大盛堂書店に本を買いに来ました。大学生の時にはスペイン坂で飲んだくれて、最終電車で帰ったりもしました。

6_2

 その渋谷駅がなくなりました。時代は変わっていきます。

7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/12

東横線直通運転の利便性

 今週末に東横線の渋谷駅が今の2階から地下へ潜り、東京メトロ副都心線と繋がり直通運転が始まります。これによって横浜の元町・中華街から池袋へ直通、更にその先の東武東上線、西武池袋線で埼玉ゾーンへ行けます。「沿線内から新宿・池袋方面へ乗り換えなしでつながることで都心へのアクセスが大幅に向上し、通勤・通学がますます便利に」(東急ウエブサイトより)というのが訴求ポイントです。
 さて、この直通運転で東京東横線の利便性がどれほど向上するでしょう。例えば神奈川県の日吉駅から新宿方面にいくとすると、いまは渋谷で山手線に乗り換えていたのが、1本で行けます。池袋も同様です。
 しかし直通運転するのが副都心線です。新宿は「新宿3丁目」とJR新宿駅とは離れたところです。また副都心線の「池袋」は西口側で、繁華街の西武百貨店の東口とは離れています。これだと、新宿、池袋へ行くには渋谷で乗り換えたほうが便利そう。
 さらに一部ネットで指摘されていますが、渋谷駅での乗り換えの不便さも気になるところ。東横線から山手線、銀座線へ乗り換えるときは地下5階から、地上2階までの乗り換えになり、時間がかかることになります。ここが「利用者の利便性が考えられているのか」と言われるポイントです。
 長年渋谷駅を使ってきたとしては、実際使ってみないとわかりませんが、どうも不便になりそうな気がします。東急は渋谷駅周辺を一体的に再開発する計画の中で、渋谷駅を地下化しています。まだ時間がかかる開発が完成すれば、便利になるのかもしれません。しかし、直通運転してしまうと、渋谷を素通りする人が増えるのではないか、とも思えます。これは東急にとってはマイナス。そのあたりは解決済みなのでしょうか。 
 東急は何を考えているのか。ちょっとわかりにくい。そのうち結果がでることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/10

石丸電気がなくなる

 先日、日経新聞で報じられた「秋葉原の旧石丸電気本店が閉店」のニュースを読んで、昔を思い出したオジサンです。秋葉原の代表的な量販店だった石丸電気は、エディオン傘下に入り、かつての本店だった店舗も昨年10月エディオンの看板になっていました。その店舗も今月20日で閉店という記事です。
 昨日、用事のついでに秋葉原に寄ってみました。赤い「石丸電気」の看板はなくなってエディオンになっています。そして「完全閉店まであと11日」との看板があります。

1

 石丸電気は秋葉原にいくつも店舗がありました。レコード専門館もあり、重宝しました。かつて店舗ビルだったところはカラオケ屋になっています。この最上階にレコード売り場があって、欲しいレコード、CDはここで買い求めた記憶があります。まだアマゾンなど存在しない頃です。

2

 石丸電気と並ぶ大店舗を誇ったラオックスも中国企業の傘下になりました。かつてよく行ったコンピューター館は、オタク店舗になっていました。

Photo_2

 しかし、生き残っている店もあります。オノデンのオノデン坊やは健在です。

Photo_4


 昔日の面影はない秋葉原に少し寂しさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/18

久しぶりの蒲田

 地元とは違った商店街に出掛けるのも、たまにはいいものです。思いついて蒲田へ出掛けました。好きな街なんですが、ほんと久しぶりです。うちから電車で行くには東横線で自由が丘から2つめの多摩川で多摩川線に乗り換え、10分ほどと近いですが、この日はひとつ手前の矢口渡で降りて、歩いて蒲田へ向かうという散歩コースです。
 矢口渡あたりもなかなかですが、ここは後日じっくり訪れたい思わせてくれる魅力がある街です。ぶらぶら30分ほども歩くと、蒲田の入り口というのでしょうか、商店街に至ります。ここでユニークな店に遭遇。

Photo

 カップ、トロフィー、メダルなど賞品の専門店「東京賞品」です。蒲田ながら東京を代表するような屋号なので、ひょっとしたら有名店なのと思いました。

 更に歩くと、蒲田の西口商店街に入ります。ここもなかなかディープです。

 写真館ですが、かなり派手な店舗です。
Photo_6

 商店街から1本道を外れたところにある喫茶店。この見本は年代物です。
Photo_5
 
 しばらく歩くと、蒲田では有名?な店が目に入ります。亀屋百貨店です、百貨店なんですが売っているものは、家具です。もちろんデパ地下はありますが、グルメ食品ではなく家具売り場です。

Photo_7

 ディープなところは健在です。時間とお金があれば、この街で豪遊したいです。ほんと楽しそうな街、蒲田。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/31

ディープなエーダンモール深沢

 エーダンモール深沢という商店街があります。うちから歩いて20分ほど。正式には東深沢商店街振興組合というのですが、こじんまりした商店街です。ここがなかなか不思議なところなんです。鉄道の駅からはからり遠いところにあり、唯一の公共交通機関は自由が丘駅から出ている東急コーチなる小さめのバスです。
 ここを久しぶりに散歩してみました。こじんまりとしたスーパー「玉秀(たまひで)」。地元に根付いた商店という感じ。

Photo

 そこからちょっと歩くと、「軽食カーム」があります。かなり年季が入っています。カーム、ってどういう意味でしょう。英語のcalmが語源かな。この店、かつてとんねるずの番組の「きたなシュラン&きたなトラン」で紹介されたようです。食べログによれば結構美味しそう。

6

 化粧品店では、スリッパが店頭販売中。安いのか、高いのか。

3

 おしゃれな店もあります。オイスターバーの立ち飲みコーナー。

4

 バルもある。

5

 この商店街「エルモちゃん」というゆるキャラもいます。
 近くには高級スーパー紀ノ国屋等々力店もある地域ですが、エーダンモール深沢だけは異次元のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/09

女神まつりというイベント

 地元の商店街でこの週末に「女神まつり」なるものが開催されていました。今年は40回目だそうで、ずいぶん前からやっているのに、いまさらながら驚きます。すごい集客力にも驚きます。
Photo_2

 これだけの人を惹きつけるものは何なのか。まつりの内容は、メインは駅前ステージでのイベント、ライブ。それに屋台の食べ物販売、フリーマーケット(どうみてもガラクタみたいなのが多いのですが)、それにあちこちで開催されるちょっとしたライブ、イベント。猿回しもやってました。

Photo_3

 地元民としては、魅力のあるものではありません。用事でうっかり駅前にいくと、人の波にまきこまれます。昨日、駅前のスポーツクラブに行こうと午後出掛けたら、人の混雑でなかなか辿り着きませんでした。これだけの人を集めるということはかなり宣伝をしているということかな。「出没!アド街ック天国」でもまつりにあわせて特集していたし、毎年恒例のHanako特集は今週号で、街の宣伝力に長けているという印象はあります。
 先日新聞記事でみかけた「住みたい街」という記事では、吉祥寺についで2位だった自由が丘。街の魅力を継続させるために、様々な努力が行われているでしょう。どのようにこの街は進化していくのか、オジサンも興味をもちます。
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/21

最近の数寄屋橋あたり

 用事があり、銀座数寄屋橋を通りかかりました。数寄屋橋交差点にあるモザイク銀座阪急が閉店していました。建て替えられるようです。このビル、銀座TSビルという名称ですが、古い世代にとっては銀座東芝ビルと言われたほうがしっくりきます。

Photo

 かつて東芝の本社がここにあったこともありました。浜松町のビルができる前のことです。竣工は1934年(昭和9年)といいますから、78年も経っているビルですが、5年前に売却されました。今後はビルが解体され、新しいビルができる予定とか。ソニービルとともに数寄屋橋の顔とも言えるビルがなくなるのかちょっと寂しい。
 数寄屋橋あたりは好きなエリアです。路地を歩いてみると懐かしい店が、まだありました。

Photo_2

 珍しいシェリーの専門店シェリークラブ。ちょっとした隠れ家です。
 銀座TSビルの地下にあった「はしご」という担々麺の店。移転していました。しばらく食べていないなあ。

Photo_3

 新橋のほうへ歩いて行くと、かつてよく入った「たこ八」が健在。ネットで調べてみると、大阪が本店のチェーン店です。明石焼きが名物です。インターネットが普及する前にいっていたので(大昔!)、ここしかないと思ってました。昔、たしか東興園というちゃんぽんの美味しい店がこのあたりにありました。もう30年も前のことでしょうか。そんなことを思い出しました。
 数寄屋橋あたりも少しずつ変わっていますが、昔のままの店もあります。ちょっと懐かしい散策でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/26

スカイツリーに昇りました

 開業から1ヶ月余りが過ぎた東京スカイツリーに行ってきました。人はなぜ高いところが好きなんでしょうね。みんな展望台から街の風景をみて、喜んだり、興奮したりしています。単に高いところに昇っているだけなのに、なんか嬉しくなります。
 スカイツリーはご存じの通り、押上駅ととうきょうスカイツリー駅の間にあります。押上駅から地上にでるとスカイツリーが大きくそびえ立っています。

Photo

 チケットを発券してもらい、エレベーターへ。これに乗って350メートルの高さの展望デッキへ。エレベータはものすごい高速で、350メートルまで1分かかりません。
 展望デッキは東京タワーの高さより高い位置にあります(下の写真に小さく東京タワーがうつってます)。
 
Photo_2

 ここからエレベーターを乗り換えて、更に高い展望回廊へ。
 高さ450メートル。最高地点のソラカラポイントは451.2メートル。

Photo_3
 
 さすがに高さを感じます。
Photo_4

 ここから降りて、展望デッキに戻ると、こんなものが。

Photo_5
  
 ガラス床です。350メートルからガラスの床越しに下界が見えます。怖い。ここから下界に戻り、見学は終了です。スカイツリーの足下には東京ソラマチがあります。平日ながら多くの人で賑わっています。スカイツリーの集客力はすごい。
 楽しいスカイツリーのツアーでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/16

五反田の古い居酒屋

 昨日は五反田で友人と一杯。この街、久しぶりです。ちょっと早めにいって駅前の歓楽街を散策しました。このあたりはあまり変わっていません。飲食店、居酒屋、キャバレーなどが立ち並びます。小綺麗な店も多いですが、その中に古くからやっているような居酒屋が何軒かあります。
 
 焼き鳥屋でしょうか。提灯、暖簾が歴史を物語ります。

Photo


 大衆酒場。
Photo_2


 ここも焼き鳥屋。暖簾、新調しないのかな。
Photo_3

 ここはチェーン店みたいです。

Photo_4


 居酒屋ではないですが、歴史あるレストラン「グリルエフ」は健在です。
Photo_5

 古い居酒屋で酒を呑みたくなった五反田の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/31

発展しない地元商店街

 シャッター通りというのは地方都市での商店街を表現するときによく使われます。しかし、地元の商店街でもそれに近い状況になりつつあるのではないかと、最近気になっています。東急東横線の都立大学駅の商店街は、なぜか活況がありません。東横線というブランドがある駅前なのにです。
 改札口の目の前という好立地の居酒屋さくら水産も長く持たず撤退。マクドナルドも何年か前になくなりました。長らく営業していたマッサージ店も店をたたみました。先日書きましたが、昔からやっていた鰻屋も閉店。

Photo

 両隣駅の自由ヶ丘、学芸大学の商店街は活気があるのに、都立大学だけはなぜか元気がありません。歩いている人も多いし、駅前のスーパーマーケット東急ストアも賑わっています。どうして商店街が発展しないのか。不思議です。渋谷駅から10分という好立地なのにです。
 商店街というのは、様々な工夫をしないと賑わいを持てないものなのでしょう。もう少し頑張ってください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/27

ある鰻屋の閉店

 都立大学の駅前を歩いていたら、古くからの店が閉店していることに気づきました。「うな健」という鰻屋です。老舗というほどではありませんが、かなり昔からやっていた店です。店頭に閉店の張り紙がされています。

Photo

 かなり前のこと、1980年代ですが『東京味のグランプリ』という本がありました。山本益博による東京の飲食店格付けガイドです。三つ星から一つ星までで採点をして評価する方法が当時としては斬新で、当時のグルメブームを起こす役割を担ったかもしれません。この『東京味のグランプリ』に「うな健」は掲載されていました。確か星はひとつでしたが、数ある東京の鰻屋から取り上げられた店でした。
 最近はいく機会もなく、店の前を通るたびに「そのうち」と思っていたのですが、閉店とは・・・・・・。きっと店を継ぐ人がいなかったのでしょうね。残念です。
 名店はいけるうちに、いっておかないといけない。そんなことを思わせてくれた鰻屋の閉店でした。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/19

赤羽を探検

 昨晩は友人に誘われて赤羽へ。いつもながらのオジサン飲んだくれツアーです(笑)。待ち合わせ時間よりちょっと早めにいって、街を散策してみました。駅前に一番街商店街がひろがります。

 商店街に入ると、歴史がありそうな店が。しかし、呉服店にはみえないのですが。
Photo_2

 商店街ですが、居酒屋が多い。例えばこの店は何だろう。<ミルクホール 三珍亭>とあるけど、居酒屋らしい。

5

 魚屋がやっている居酒屋ならぬ肉屋がやっているイタリアンバール。オシャレです。
4

 金沢に住んでいたとき、よくいった秋吉もありました。

2

 居酒屋が立ち並ぶ<OK横丁>。

6

 立ち飲みおでん屋。有名らしい。

7

 居酒屋だけでなく、こんな店も。エアーガン、モデルガンの専門店。入るのちょっと怖い。

3

 いつのまにか二郎もできてます。

8

 そして、目的地のまるます家。いつもながらの大繁盛でした。
 
Photo_3

 ディープな赤羽。じっくり探検すると面白そうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/14

増えるまいばすけっと

 イオンが展開しているまいばすけっと。最寄り駅のそばに新店舗が先週末開店しました。このあたりで3軒めです。まいばすけっとは小型の食品スーパーですが、最近はかなり積極的に店舗展開をしています。ウエブサイトをみると東京都、神奈川県に集中的に出店していて、あっという間に増えています。
 まいばすけっとと同じような店舗としてみんなのイチバがあります。生鮮食品を扱うコンビニですが、ここも東京、神奈川で店舗を展開しています。ライバル関係にあるのでしょうか。うちのそばのまいばすけっとは24時間営業ではありませんが、みんなのイチバは24時間開いていて、ここが違います。
 まいばすけっとが近くにできていいのは、激安ビール系飲料バーリアルが買えること。うちのそばにはイオンのスーパーがないので、安いビールを買いにいきます。なにせバーリアルは500mlを6本パックで695円。1缶116円。飲み心地はそれなりですが、経済的です。
 まいばすけっとの展開をみると、都内のスーパーマーケット事情も少し変わっているのを感じます。今後の動向が興味深いところです。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/22

ダイバーシティとGUNDAM

 今週は何故かお台場に2回も行ってしまいました。めったに足を踏み入れない街ですが、風景は少し変わっていました。月曜日にはフジテレビに行ったのですが、その手前に真新しいビルが出来ていました。Diver Cityとあります。ずっと前からあると思い込んでいましたが、この19日にオープンのダイバーシティ東京プラザでした。
 昨日、今週2回目お台場の帰りにダイバーシティに寄ってみました。ここの売り物のひとつに大きなガンダムがあります。

Photo

 人だかりができて、写真を撮っている人が沢山。ダイバーシティにはガンダムフロント東京という展示施設もあります。

 ダイバーシティは三井不動産が開発、ららぽーとがやっているいわばショッピングゾーンです。ブランドショップと飲食店が混在する大きなビル。昨日は開店3日目、初めての週末ということでものすごい人で、歩くのも大変。特にあてもないので早々に引き上げてきました。
 平日の月曜日に行ったときは人がまばらだったお台場。平日と週末の格差が激しい街のようです。お台場も遊べる街になりつつあるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/22

変わりゆく田園調布

 久しぶりに田園調布の街を散歩。高級な住宅街ほうではなくて、駅の反対側の商店街を歩きました。このあたりはしばらく振りで、店の様子も少し変わっていました。まず、この街の名物ともいうべきサンリオのいちごのお家が閉店してました。先月、12月25日をもって閉店です。個性的な建物ですが、どうするんでしょう。壊すのかな。気になります。

Photo

 いちごのお家のそばには、ちょっと古い感じの店が。

Photo_2

 田園調布フードセンター。地元のお金持ちはここでお買い物はするのかな。この店にそばに昔、餃子苑という餃子を売っている店があったのを思い出しました。
 また、昔ながらの古本屋さんもあります。「古書肆 田園りぶらりあ」という洒落た店名です。

Photo_3

 駅前に出ると、名店は健在でした。

Photo_4

 ミスターこと長嶋さんが常連。巨人軍ファンのためにある焼き鳥屋です。
 田園調布の街には、相変わらず穏やかな空気が漂っていました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/16

古本屋のある街

 いつもと違うスポーツクラブにいって、帰りに学芸大学の商店街に寄りました。ここは奥が深い街です。地元である隣の都立大学に比べると店の数がぜんぜん違います。暮らしに必要な店が揃ってます。スーパーもありますが、八百屋などの笑点も充実。
 商店街を歩いていて、古本屋を見かけました。昔ながらの古本屋です。古本といえばBOOK OFFの拡大でマーケットは拡大しているのでしょうか。アマゾンでも古本は買えます。しかし、前からのスタイルを貫いた古本屋もいいものです。店内ではおやじさんは本の仕分けをしていました。こんな風景もなにか懐かしい。
 都立大学の商店街にはかつて古本屋があったのですが(大昔、大学があったくらいですから)、なくなってしまいました。自由ヶ丘にはまだ何軒か古本屋があります。BOOK OFFも小綺麗で便利ですが、古本屋もいいものです。こんど時間があるときにゆっくり店内で本を探してみよう。
 
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/09

はとバスワールド

 数日前だったか、はとバスの広告が新聞に載っていました。はとバス、懐かしい響きですが、最近はかなりパワーアップしているみたいです。まずは、銀座あたりで見かけたことのある2階建てオープンバス「'O Sola mio」(オー・ソラ・ミオ)です。一回は乗ってみたいですね。冬場はやはり寒いんでしょうか。
 新聞広告で面白そうだったのは、<昭和の名ガイドと行く、懐かしの名曲で綴る東京ドライブと芹洋子と歌おう、うたごえ喫茶>というもの。コピーにはこうあります。
「昭和の歌謡ドライブと名曲「四季の歌」でおなじみの芹洋子さんがドッキング!!バスの中では昭和のはとバスOGガイドと、『うたごえ喫茶』特別イベントでは芹洋子さんと、懐かしい名曲を歌い放題の1日です!」
 芹洋子さんも懐かしいけど、昭和のはとバスOGガイドさんに興味津々です。サイトには昔の写真しかないのがちょっと残念。すごい企画だなあ。
 また、テーマパーク企画にも良さそうなのがあります。<鉄道博物館アーリーチェックイン&所沢航空発祥記念館/西船橋発(日帰り)>は、
「開園前の9時30分から入館。はとバスのお客さまだけヒストリーゾーン内を貸切状態に!!」
 そそりますね。いい企画です。
 はとバスの企画ツアー、まだまだ他にも面白そうなのがあります。出かけたくなりました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/10

女神まつりとHanako

 昨日、今日の2日間、地元の商店街で「女神まつり」というイベントが行われています。オフィシャルウエブサイトによれば第39回となっているので、始まったのは1970年代はじめですね。高校の頃ですか。昔のことはよく覚えていませんが、最近は結構な人で賑わっています。昨日も夕方買い物にでてみたら、各所で盛り上がりをみせていました。
 このイベントにあわせ、毎年恒例になっているHanakoの自由ヶ丘特集号が出ます。女性誌だけど、どんな店が地元にあるのかを知るため、買ってきました。自由ヶ丘では雑貨屋がよく取り上げられるのですが、今号のHanakoは食の店がメインです。大半が馴染みがありません。入ったことがある店は一軒だけでした(笑)。タイやペルシャ料理の店があるなんて知りませんでした。
 自由ヶ丘特集といってもその範囲は広いです。特集では隣町の奥沢や自由ヶ丘からはバスでいかないといけない深沢まで含めて紹介しています。奥沢は個性的な街で面白い街です。深沢は(地元の人が馴染んだ街で、ちょっとディープな感じですが、わざわざ行くことはないなあ。
 今日も自由ヶ丘は賑わうのでしょう。混まないうちにスポーツクラブに行ってこよう。

Hanako_jiyugaoka


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/09/08

東急のトライアングルチケット

 地元の話題ですが、東急電鉄で「トライアングルチケット」という1日限定の企画チケットが発売されています。東急の渋谷駅、自由が丘駅、二子玉川駅を結ぶと三角形になり、そのエリア内の駅であれば、1日に何度でも乗り降りできるチケットです。一枚390円。
 例えば自由が丘から渋谷まで東横線でいくと往復300円。帰りに中目黒に途中下車すると420円になるので、このチケットを使った方がお得というわけです。イッツコムで見たんですが、女子社員チームが企画したとのことで、ターゲットは女性のようです(こんなウエブサイトもあります)。
 たまたま渋谷まで1日に2回いかなければいけないことがあり、その時使いました。ほんとは東急線ぶらりひとり旅、に使えればいいんでしょうね。なかなか使う暇がないにが残念。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/19

喫茶店「ルオー」

 一昨日、本郷の東京大学に出かけたとき、ちょっと時間があったので大学のそばにある喫茶店に入りました。このあたりはまったく知らない土地なのですが、たまたま正門の向かい側に古風な喫茶店を見つけました。看板には「ルオー」とあります。
 フランスの有名な画家を名前を冠した店に入ると、そこは昔懐かしい喫茶店です。夏休み、時間は17時過ぎだったこともあり、お客さんは一人だけです。店内には展覧会のポスターやチラシがあり、アートを感じるスペースです。よくみるとルオーの絵があります。本物かな。聞きそびれました。
 ネットで調べてみるとこの店、カレーが有名らしい。それを知らずにケーキセットをいただきました。モンブランが上品な味で美味です。

Photo

 昔からの時間がまだある喫茶店です。最近は喫茶店少なくなりました。どこもスタバやらドトールになってしまいました。素敵な店、ルオーです。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/12

はっきりしない日吉の街

 大学で夜打ち合わせが時々あります。社会人の方がおられるためですが、8時頃までかかったりします。それでも青山学院で9時半すぎまで授業にでていたことを思うと、楽なものです。
 昨日、打ち合わせのあと、日吉の街をさまよってみました。35年前にも日吉に通っていたので、日吉の商店街で時間をつぶしたことも多かったはずですが、なにせ遙か昔のこと、かなり変わったのでしょうが、ほとんど覚えていません。
 商店街は、だいたい特徴があるものです。いわゆる庶民的なところ、また洒落た店が多いところ。そして学生街らしいところ。いろいろですが、日吉の街はなぜか特徴が感じられません。慶應の大学、中高、日大中高もあるので、学生街なんですが、商店街はそんな雰囲気がないようです。
 安い飯屋とか汚い居酒屋とかほとんど見かけません。ラーメン屋だけは豊富ですが、あとは松屋、吉野家、日高屋など安いチェーン店が目立ちます。かといって、オジサンがちょっと一杯やりたい居酒屋もあまりありません。
 昨日はビールを飲みたかったので、「残業や」という居酒屋へ。この店、大衆的な感じのする店ですが、学生諸君はいません。サラリーマンがお客さんのお店。でも、昨日はなんと貸し切り(入ったとき、お客さんがいませんでした)。大丈夫かな、と心配してしまいます。
 日吉で飲もう、という人は多くないんでしょうかね。昔からこんな街だったかな。健全な街なのかもしれません。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/29

相変わらずの銀座百点

『銀座百点』をしばらく前から定期講読してます。仙台にいたころ取っていたのですが、いつの間にかやめてしまって。東京にいれば銀座のどこかの店でもらえるんですが、滅多に銀座に行かないし。
 この冊子(冊子といっていいのか)、相変わらずです。そもそも横長の判型が今時では珍しい。こんな形のフリーペーパーとかパンフレット、ほとんど見かけません。表紙の絵は小杉小二郎さん。毎号、トーンがちょっと違う作品を見せてくれます。ネットで調べてみたら、日本画家小杉放庵のお孫さんなんですね。ウエブサイトに表紙ギャラリーがあって、そこを見ると、昔は秋山庄太郎の写真だった時期もあったことがわかります。

Photo

 銀座百点の特長は、大半が作家、芸人、俳優など著名人によるエッセイで構成されていることです。6月号の執筆陣は、群ようこ、松山猛、山田五郎、名取裕子、やなせたかし、渡辺祥子といった方々ですが、ほとんどが毎号連載で書いています。これだけのメンバー揃えて毎月出すのは、ほとんどプロの仕事かも。
 手元にすでに3冊も溜まってしまって、まだ飛ばし読みしかしてません。今日あたり、読まなくては。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/27

自由が丘東急ストアのリニューアル

 自由が丘の東急ストアがリニューアルした。正式には今日グランドオープンとやらだが、昨日プレオープンしていて、ちょっとのぞいてきました。以前は自由が丘とうきゅうという名称だったのが「フレル・ウィズ」とカタカナでのネーミングがついています。フレル(fulel)って。こんな英語ありませんね。触れる、からの造語みたい。
 自由が丘に東急ストアができたのは、もう30年以上前だと思います。できた当時、その周りには店など何もなく、自由が丘の街としては裏側に位置していました。何年か前になくなりましたが、ストアの正面入り口の向かい側には、キャバレーがあって、ちょっと寂しげなゾーンでした。いつの間にかまわりがひらけ、ストアの前を走る道は「マリクレール通り」なんてネーミングになりました。自由が丘という街が、拡大し、発展したわけです。
 リニューアルした東急ストアには女性向けのおしゃれな店が入ってます。ABCマートが入っているのですが、女性向けです。リニューアルする前は、文房具が充実していて、重宝していたのですが、もうありません。どこにでもあるようなセンスが良さげで、でも個性があまり感じられない店が入っています。
 男どもには縁がなさそうな新しい東急ストアです。

Tokyu


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/26

懐かしい感じな武蔵小杉

 大学の帰りに武蔵小杉で寄り道。ミーティングが夜8時過ぎまでかかったので、夕飯がてら軽く一杯。以前入ったことのある「割烹こすぎ」へ。前は土曜日の夕方だったせいかそんなに混んでませんでしたが、平日の夜8時半ともなるとほとんど満席。早くもクールビズ仕様のサラリーマン達で賑わっています。
 この店、価格が大衆的。ビール大瓶390円、チューハイ100円。料理、酒の肴類も種類が多いのが特徴でしょうか。おまけに年中無休です。サラリーマンの味方かな。サーモンフライ(これも250円)、なんてわりと珍しい一品でビール。

Kosugi3
 
  軽く飲んだ後、武蔵小杉の構内へもどると、ふと目に入ったのが立ち食いそばの「田園そば」。懐かしいなあ。大昔、自由が丘駅構内にありました(今、てこプラザという旅行ショップがあるあたり)。その後、今スープ屋があるところにもありました。自由が丘と立ち食いそばは似合わないとされたのか、なくなってしまいました。
 この田園そばが武蔵小杉にありました。おもわずかけそばを一杯。あまり懐かしい感じはなかったですね。

Kosugi2

 なんか懐かしい感じがする武蔵小杉近辺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/04

祐天寺看板散歩

  ちょっとしたことがあって最寄り駅から2つめの祐天寺に行ってきました。隣駅の中目黒、学芸大学ほどは賑やかな商店街ではないのですが、なかなか個性豊かな商店が並んでいます。看板をみただけでも、その歴史が感じられ、ちょっとご紹介。

1_2

2

「お茶のみせ とらや」。日本茶の専門店です。お茶、急須、お茶碗を売っています。いまどきこのような店がやっていることにちょっと驚きます。

3

「鶴屋時計店」です。近頃は時計屋も減ってしまいました。自由が丘にあった時計屋も数年前に閉店しました。祐天寺では今でもやっています。

5

 駅前のケーキ屋さん。ケーキセットで525円は安いです。

6
 
 そのそばにある居酒屋。いつでもこの値段だと、呑みすぎそうです。こんど入ってみよう。
 祐天寺、楽しそうな街です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

深夜バスは便利

 昨晩は会社の送別会で、夜11時ころまで品川で飲んでいました。酔って、ふらふらとなぜか目黒駅へ。歩くのが面倒になって、目黒駅からだと家のちかくでとまるバスがあるので、それで帰るかなと。でもその時間では、当然ですがすでにバスはなく、「タクシー」か、なんて考えて、目黒駅付近をふらふら(なにせ酔っぱらい)。
 しばらくしたら帰るつもりで。駅前にあるカフェに入り、ビールをたのみました。IPhoneで検索すると、24時4分目黒駅発の深夜バスがあるのを発見。そのバスで帰ることにしました。
 Bus 深夜バスは23時32分から3本で、このバスが最終。金曜日だし、さぞ混んでいるだろうなと思ってバス停にいってみると、席は半分も埋まっていません。ちょっと意外。料金は普通の2倍、420円。まあ、しらふだと高いと感じるでしょうが、なにせ酔っぱらい、「タクシー使えば1500円はかかる」と妙な納得をしてしまいます。
 ともあれ、こんな時間までバスがあるのは助かります。どっかにメモしておくことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/21

さぼうる、は健在

 先日、神保町に立ち寄ったとき、あまりに暑いのでちょっと涼みたいと思っていると、「さぼうる」がめに入りました。ここ、かなり前(もう20年くらい前か)に入ったのが最後。久しぶりです。神保町の名物的な喫茶店ですが、中は昔のままです。

Sabouru1

 このさぼうる、2軒あって、はいってのは「さぼうるⅡ」のほう(この呼び名が正しいのか)。店内は広くなく、木のテーブルはたくさんの物語を記憶していそうです。コーヒーをいただいたのですが、砂糖とミルクが一緒に供される昔ながらのスタイル。今時、このような喫茶店にはほとんど入らなくなりました。スタバみたいなところを利用することが多くなりました。

Sabouru2_2

 ところで、この店のスパゲッティはかなりの量のようです。お客さんがナポリタンを食べていたのですが、どうやらそれが普通盛りらしい。でもすごく美味しそう。こんどぜひ挑戦してみたい。
 ところで、「さぼうる」という店名、どういう意味?さぼる、からきていると思いがちですが、ネットで調べた限りではスペイン語の味を意味する単語からつけられたようです。でも「さぼうる」でさぼる、というのもいいではないですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/13

横須賀は、すこしばかり深い街

 昨日、今日と会社は夏休み。やっと平日に休みがとれたので、横須賀まで出かけてきましたなぜ、横須賀? 修士論文のため、横須賀美術館のことを調べていて、横須賀市役所に資料があるようなので、いってきたわけです。
 市役所は京急の横須賀中央駅から歩いて7,8分くらい。市役所の市政情報コーナーには、思ったより資料がありました。調べ物が終わった後、駅まで歩いていく途中に、すごいものを見かけました。

Kinsei_gekizyo

「金星劇場」。ピンク映画専門の映画館です。かなり年季が入った外観ですが、まだやっているようですよ。上映中、次週上映のポスターが貼ってありましたから(写真撮ってきたんですが、掲載は控えます)。
 その隣には、大衆居酒屋。朝、9時からやっています。「もーり」(食べログ)です。

Mori

 その隣は、カレーすなっく「ベンガル」(食べログ)。ここなんか美味しそう。夜に訪れたい、楽しそうな横須賀の街です。

Bengal


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/12

自由の女神像がいなくなった

自由が丘の駅前に、「自由の女神像」があります。自由が丘にちなんで作られと推測しますが、確か私が子どもの頃からあったと思います。
しかし最近、女神像がいません。どうしたの? 駅前に看板のお知らせがあって、ここを整備するんですね。でも、そんなに広くない駅前ロータリーをどう作り直すのか? お知らせの看板に完成イメージ図があり、(小さくてよくわからなのですが)自由の女神像は、ロータリーの中央部にはいないようです。
 最近はガイドブックを手にした中国人観光客を見かけます。東京の名所に加わっている自由が丘。更に発展しようとしているのでしょうか。

Ziyunomegami


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/28

吾妻橋あたり

 アサヒアートスクエアで弘前劇場の芝居をみたあと、そばにあるビアホールに寄りました。ここ、ほおずき市にきたときに入った時以来(たぶん6年ぶり)です。「酒肆 吾妻橋(しゅし あずまばし)」という店です。
 ついふらふらと入ってしまったのは、アサヒスーパードライ エクストラゴールドが飲めると店頭に出てたからです。銀座にできた期間限定の店は人気で簡単には入れそうもないので、ここで飲んでおこうかと。そのエクストラゴールドですが、普通の生ビールとあまり変わらない感じなのですが。まあ、いいか。はやりものですものね。

Super_dry_extra_gold

 吾妻橋からは、アサヒビールの独特なオブジェを冠したビルとスカイツリーをみることができます。写真を撮っている人も多く、ここもスカイツリーのおすすめ見物スポットかもしれません。久しぶりの浅草をちょっとだけ楽しみました。

Asahi_berr_hq

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/06/16

田町駅東口あたり

 先週末、用事があって田町へいきました。田町駅はもっぱら西口(慶應義塾大側)にいくことが多いのですが、用事が済んだあと駅の東口へいってみました。そもそも、田町駅がいつのまにか変わってしまって、東口も小綺麗になっています。駅のそばにはいくつも高層マンションができて、昔とは風景が違いますね。
 Yakitori_wahei 階段を降りたところには何軒か飲み屋があります。「焼きとり わへい」という店が目に入ります。ここ、一階は立ち飲み屋、2、3階はいす席の飲み屋です。ちょっとのどが渇いたので立ち寄り(笑)。焼き鳥が中心のふつうの立ち飲み屋です。アルコールはビール、チューハイ類、日本酒で、はやりのホッピーはありません。ビールと煮込みで軽く一杯。
Yakitori_wahei2

 さて、この焼きとり わへいの並びに、何軒か店があります。面白いのは、立ち食いそばの「ふじそば」と「後楽そば」が軒を連ねて並んでいること。後楽そばは、確か有楽町のガード下にありましたが、同じ経営ですかね。しかし、立ち食いそばが並んでいて、ちゃんとやっていけるとは不思議です。それぞれに個性があるんんでしょう。

Tamachi

 田町駅東口あたり、なかなか味わい深いものがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/07

武蔵小山の焼鳥屋

 武蔵小山の駅前は、なんとなく雑然としています。巨大なアーケード街の入り口ですが、小さな店が並んでいる中に、いつの人だかりができている店があります。焼き鳥の専門店「鳥勇」です。ここ、店頭にカウンターがあって焼き鳥を食べながら、ビールを飲むことができる立ち飲み屋みたいな店です。
 昨日の夕刻、日曜ということもあって店頭には多くのお客さんが楽しげに飲みながら、焼き鳥を食べています。この日はクルマで出かけたので、ビールを飲むわけにもいかず、焼き鳥を持ち帰りました。
 ここの焼き鳥は、種類も多いのですが、どれも1本150円の均一価格です。ひな、ねぎま、つくね、レバなど定番の加え、うなぎもあり、どれも150円。 持ち帰り、夕食にいただきました。焼き鳥はちょっとたれの味が濃いめなのが特徴でしょうか。焼き鳥好きには堪えられない店です。一度、店頭で立ち飲みしたいのですが、その機会がありません。もう少し我が家に近ければ。残念だなあ。

Toriyu


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/06

銀座、中央通りの行列

 金曜の夜、銀座中央通りに行列ができています。何に並んでいるのかとみてみると、「エクストラゴールドBAR」なる店です。

Extra_gold

 30人は並んでいるでしょうか。アサヒスーパードライの店のようです。ネットで調べてみたら、ぐるなびにこう紹介されています。
「徹底した温度管理により、凍結した専用のドラフトタワーから-2℃~0℃のスーパードライをご提供。氷点下に冷やすことによって際立つ「キレ」と「洗練されたクリアな味」を五感のすべてで味わっていただけます」
 なんか、美味しそうだなあ。これは行列になるのもわかります。梅雨、そして夏本番とビールが美味しくなる季節。更に行列は長くなりそうです。

ぐるなび

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/24

川崎駅前の路上ライブ

 先週の土曜日、川崎駅にある図書館へ資料探しに行きました。前から調べている川崎市市民ミュージアムの資料を探すためですが、あまり芳しい成果はありませんでした。さて、JR川崎駅を降り立ち、駅前の図書館に向かう途中、駅前の広場で路上ライブをやっています。2カ所で、それぞれギターを抱えて、唄ってます。一人は男子、もう一人は女の子です。女性シンガーのほうは、多くの観客が熱心に聞き入っています。
 図書館で1時間半ほど調べものをして、再び駅前広場にもどると、さっきの女性シンガーはライブを終え、ファンたちのサインに応じていました。男たちの列ができてます。人気なんですね。彼女、なんて名前だったかな。

Live2

 また、別な場所ではキーボードを弾きながら唄う女性シンガーがいました。

Live1

 キーボード、どうやってもってきたのかな、どうでもいいことですが。
 川崎駅前では、いつもこのように路上ライブやっているのでしょうか。川崎駅の人はものすごいです。以前はこんな人多くなかったのでは。これだけの人がいれば、路上ライブもやりがいがあるのでしょう。ネットで検索するとかなりの数がヒットするので、ひょっとするとライブ場所としては、有名なのかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/23

朝6時、校門前に並ぶ男たち

 昨日、朝6時過ぎにいつものジョギング。いつものコースでとある小学校の前を通ったら、男たちが10人以上列を作っています。携帯の椅子に座っている人や、本を読む人などなど。なんだろう? チケットぴあ?そんなものはここにはない。ABCマートの早朝バーゲン?そんなわけない。
 小学校の塀に掲示されていたものをみて、わかりました。運動会です。場所取り、ですね。すごいな、朝6時ですよ。先頭の人、何時から並んだんだろう。並んでいるのはみんな男。お父さん大変です。
 うちの子供は、転校で小学校3つ行きましたが、なぜか平日だったことが多く、場所取りということがありません。中学も運動会(体育祭)は平日だったし。朝早くからお父さんが並んでいる光景をみると、ちょっと驚きます。
 場所取り、学校側も対応が難しいでしょうね。やめさせるわけもいかないでしょうし、かといって行き過ぎる行動には規制しなければいけないでしょう。大変そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/19

変わりゆく両国

 江戸東京博物館にいくとき、あるところに寄るのを楽しみにしていました。両国駅にあるビアホールです。古い駅舎を利用した雰囲気のあるビアホールなのですが……。駅に着くと、そこには違う店が。お目当てのビアホールはありません。
 ネットで調べるとこのビアホールは「ビヤステーション両国」(こんなWEBが残ってました)で、2006年2月に閉店したようです。もう4年も前! いやいや、そんなにきていないんだ両国に。ビヤステーション両国の跡地には、チェーン居酒屋の華の舞ともう1軒入居していました。どうしてやめちゃったんだろう。残念です。両国も変わっていました。

Ryougoku1

 大相撲5月場所をやっている国技館の前には、お相撲さん目当てのファンがたくさんいました。ここは相変わらずの両国です。

Ryougoku3

 スカイツリーも見えます(望遠レンズ持って行かなかったのでちょっと小さい)。両国、今度はゆっくり散歩をしたい街です。

Skytree


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/12

月島あたり

 仕事で豊島あたりへ。夕刻終わったので、帰り道寄り道して、月島駅へ降り立ちました。月島に行くのは、久しぶり。いつ以来だろう。このあたり、ほとんど来る機会がないです。
 月島といえば、もんじゃです。商店街を歩いていると、いたるところにもんじゃの店があります。もんじゃも、何年も食べていないなあ。とはいっても、一人でもんじゃというわけにもいかず、このあたりで有名な居酒屋へ向かいます。

Kishidaya

「岸田屋」という有名な飲み屋です。まだ早い時間ですが、ちょっとのぞいてみると満席状態。なんか常連さんばかりのようで、気後れして、入るのを断念しました。
 その代わり、たまたま見つけた立ち飲み屋に入ってみました。

Oshima2

「大島や」。店内はレトロな作りですが、店主は若い方。あえて古い感じの店にしているようです。ビールを軽く一杯。それにレモンサワーで、店をでました。
 平日だったせいか、人は少ないです。週末は賑わうのでしょうか。久しぶりの月島散策でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

賑わう麻布十番あたり

 昨日、千駄ヶ谷の佐藤美術館に行き、そのあと麻布十番へ。JR千駄ヶ谷駅の前に、大江戸線の「国立競技場」駅があり、そこから3つめが「麻布十番」。なんにも目的はないんですが、ふと思いついたまでに駅に降り立ちました。
 このあたりの寺に祖母の墓があって、たまにきます。商店街が個性的な街です。土曜日なので、なかなかの人手です。ぶらぶらと歩いていると、焼鳥屋の「あべちゃん」に行き着きました。ここ、昼間もやっているんですね。店内ではビールなどで焼き鳥を楽しむ人で、店内はいっぱいです。また、店頭では焼き鳥を売っていて、そこで買って歩き食いしている人が、何人もいます。

Abecyan

「豆源」、「たぬき煎餅」も賑わっています。「難波家総本店」の鯛焼きは1時間待ちだとか。商店街には、古い店のあります。ここは、かなり年期が入ってる「静屋家具センター」。

Azabu_zyuban

 麻布十番商店街は、かなり奥深い気がします。今度は、夜訪れたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

永青文庫あたりを散歩

 突然、見知らぬところへ行きたくなって、文京区の永青文庫へ出掛けてきました。永青文庫が美術館だということは知ってはいたのですが、訪れたことはありませんでした。ここは、細川家の屋敷跡にあり、細川家、特に16代当主・細川護立の美術品や蔵書などの資料を保存、展示しています。細川護煕元首相は細川護立の孫にあたります。

Eisei_bunko_2

 歴史を充分に感じる建物です。今は企画展「細川サイエンス ―殿様の好奇心」を開催中です。この美術館での企画展示は、絵画などを中心とした芸術をテーマとしたものが多いので、今回の科学を主題とした展示は珍しいようです。展示品には重要文化財である渋川春海昨の「天球儀」を始め、貴重なものが多くあります。このようなものにはまったく素人な私にとって、どう評価していいのやら、少し困りながら見ていました。
 永青文庫は、住所で言えば文京区目白台にあります。椿山荘のそばです。有楽町線の江戸川橋から歩いたのですが、これが結構距離がありました。おまけにこんな長い階段を上らなければいけません。

Kaidan

 帰りは、都電の早稲田駅まででて、久しぶりに都電に乗ってきました(実はおれが目的?)。数時間のぶらり途中下車の旅でした。

Toden


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/30

三菱一号館を見学してきました

 大学院で履修している授業の先生のお誘いで、丸の内にある「三菱一号館」を見学してきました。この建物は、明治27年(1894年)に竣工した丸の内で最初のオフィスビルを復元したものです。最初の三菱一号館の設計はイギリス人建築家のジョサイヤ・コンドル。コンドルは日本政府に雇われ、綱町三井倶楽部、三菱関東閣(旧岩崎弥之助高輪邸)などを設計しました。この三菱一号館は昭和43年(1968年)に取り壊されました。この建物の復元が進み、先月竣工しました。
 建物は赤煉瓦作りの3階建て。高層ビルが建ち並ぶ丸の内には、ちょっと異質の存在です。三菱地所のかたが建物の建築過程を説明してくれたのですが、いくつか驚くことがありました。建物には230万個の煉瓦が使われているのですが、この煉瓦は日本では製造できるところがなく、中国で生産しました。また、建物に使われている石の装飾加工も、日本には職人がおらず、これも中国人の職人が加工を行いました。made in Chinaといえば良くないイメージを持ちがちですが、日本が失った技術が中国にはあります。ちょっと考えさせられる事実です。
 ともあれ、明治27年の竣工当時をできうる限り復元しようとした建物は、魅力ある姿に仕上がっています。この建物、美術館として使われ、来年4月には三菱一号館美術館として誕生します。オフィスビルばかりの丸の内に、ミュージアムができます。一年後が楽しみです。

Mitubishi

詳しくはここを

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/04/27

江古田を歩く

 昨日は息子の文化祭で江古田まで出かけてきました。この街、昨年以来1年ぶりでしょうか。ほどほどの大きさの商店街があります。日大の芸術学部などもあり、学生街もあります。久しぶりに街をちょっとだけ散策してみました。
 
線路際にある店。歴史を感じる建物です。

Wadaya

民間の駐輪場でしょうか。

Cyurinzyo

看板に「日本唯一のイスラエル料理店」とあります。ホント?とネットで調べてみると、唯一ではありませんが、イスラエル料理の店は意外と少ないです。

Ryouri

で、江古田と言えばここ。昼間でも、(日曜のせいか)ほとんど客がアルコールを飲んでます。

Oshido

「生姜焼き定食」650円なり。

Oshido2

深い味わいがある江古田の街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/07

京急蒲田あたり

 会社帰りにちょっと気が向いて、蒲田へ。蒲田といっても、京浜急行の蒲田駅あたりは、JR蒲田よりもっとディープな風情です。最近、JR蒲田駅ビルはキレイになってしまいましたが、京急蒲田は以前と変わらごみごみっとした街の光景です。
 以前、飛行機で毎週のように出張にでていた時期がありました。夜、9時過ぎに羽田空港に帰り着き、京急蒲田経由で帰宅してました。その際、駅のそばで立ち寄っていた立ち飲み屋があり、そこに久しぶりによってみました。「たわら屋」という店で、蒲田の立ち飲み屋では老舗ではないでしょうか。サラリーマンとおぼしきオジサンたちが楽しげに飲んでいました。
Tawaraya

 京急蒲田のそばには、他にも興味深い店があります。
「らーめん酒場 たぬき」。看板にはラーメンと家庭料理とあります。安く楽しめそうな店。賑わってました。
Tamuki

「居酒屋 往来(オーライ)」食べ飲み放題(90分)2480円。これも安いです。
Orai

 なんか、楽しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/22

四ッ谷、しんみち通りの「よつや村」

 昨日、四ツ谷へ。お世話になっている税理士さんのところへいくためなのですが、この街に来たのは一年ぶり。JR中央線の駅ながら、ここは意外と静かなところです。駅前には店とかはありますが、人手も多くない。迎賓館が近いせいか、落ち着いてます。
 Yotuyamuraこんな街で、「しんみち通り」という通りがあります。ここ、居酒屋、カラオケ、飲食店などがある商店街ですが、その距離はそんなに長くありません。居酒屋、ラーメン屋、中華料理屋、メキシコ料理、喫茶店などがごちゃごちゃとあります。そんな中「よつや村」なる立ち飲み屋が店を構えています。確か、数年前、入った記憶が蘇りました。そのときは、平日だったのですごく混雑していました。ちょっとのぞくと、土曜日のせいか、先客はひとりだけ。つい、ふらふらと中へ。
 ここのメニューは、立ち飲み屋にしてはかなり多いです。基本は串焼きと串揚げ。おつまみ類も300円のものが多く、立ち飲みにしては廉価です。ネットで検索しても、この店ほとんどひっかりません。立ち飲み屋としては、悪くないと思うのですが。 
 ともあれ、四ツ谷という街、不思議な雰囲気を持っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/08

谷中銀座にいってみた

 東京の城南地区に住んでいると、上野とか、谷中あたりの街の風情の違いを感じます。「下町」というのは正確ではないでしょうが、たまにいきたくなったりします。昨日、谷中の街にいってみました。谷中銀座という商店街があります。
 若い頃、千駄木あたりに住みたくなり、物件を探したこともありました。結局、住むことはありませんでしたが。いまは谷根千と呼ばれ、東京の街の風情を楽しむ人が訪れているようです。谷中銀座も、(たとえば武蔵小山などにくらべても)大きくはない商店街です。そこに多くの人が訪れています。地元の人というより、私のようにカメラを持って遊びにきている人が大半のようです。
 谷中銀座にはメンチカツが有名な店が何軒かあるようです。ある店では行列でした。谷中銀座、訪れたのは久し振りだったのですが、かなり観光地化しています。前はもっとふつうの街だった記憶があるんですが。谷中銀座も変わっているんですね。

Yanaka


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/29

お台場で変わらぬところ

 先日、用事があってお台場方面に。新橋から「快適でない」ゆりかもめに乗っていってきました。目的はここ。はじめていったのですが、立派な建物です。

Kouryukaikan

 国際会議場のようで、通訳ブースがある会議場がありました。そこで開催されたセミナーに参加したのです。この建物、ゆりかもめの「船の科学館」駅で降ります。船の科学館、これですね。

Funenokagakukan

 10年以上前、子供を連れて行きました。あのころはゆりかもめもなかった。確か「笹川ルーム」なんてのがありました。外見からもかなり年季が入っているのがわかります。最近の子供も、いくのでしょうか。変わらないままの風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/30

寿々屋商店の不思議

 自由が丘の入り口あたり、亀屋万年堂の本店そばにある鶏肉専門店「寿々木商店」。この店、私にとっては鶏肉のお店というより、焼鳥を売っているお店という印象が強い。夕方4時ころからおじさんが焼き鳥を焼はじめるのですが、これが人気。いつも列ができています。近頃は、あまりの人だかりに敬遠してましたが、昨日は生憎の雨のせいか、珍しくお客さんがいません。久しぶりに焼き鳥を買ってきました。
 この店で買うと、こんな包装をしてくれます。ちょっと古風な包み紙。必ず焼き鳥のたれつき。

Suzukiya

 この包み紙をみると、上野本店なんて書いてあります。新所沢や松戸にも店があります。でも、当然ホームページなんてないし、Yahoo 電話帳で検索しても出てきません。系列に「鳥よし」という焼鳥屋もあるようで、これはWEBではヒットします。
 なんとも不思議なお店ですが、焼き鳥は絶品です。

Suzukiya2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/22

谷中界隈へ

 時々、下町方面へ出かけたくなります。突然、思い立ってとりあえず地下鉄で根津まで行きました。言問通りを歩いて、SCAI THE BATHHOUSEへ。

Bathhouse

 銭湯を改装したギャラリーでは、韓国の現代アート作家チェ・ウラムの作品が展示されています。もう一つピンときませんでした。外人の姿が目立ちます。
 この谷中あたり、古い建物がいくつかあります。歴史がありそうな酒屋さん。いつごろからあるんでしょう。

Yanaka1

 また、ここも有名ですね。入ったことありませんが。

Yanaka2

 人の気配を感じる街です。
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/05/12

武蔵小山ってすごい

 商店街という言葉で、思い浮かべるのはどんなところでしょう。私の場合は、地元の自由が丘ではなく、なぜか武蔵小山や、荏原中延の商店街です。めったにいく機会はないのですが、東急池上線やかつての目蒲線、今の目黒線沿線にある商店街に、時々行きたくなります。
 一昨日の土曜日、東京は一日中雨。夕方、突然思い立ってカメラをもって武蔵小山へ出かけました。ここのアーケード、東京では最長とか。ほんん長い。なんでこんな店があるんだろう。不思議なものを見つけました。
アーケードの天井からつり下がってます。

Musashikoyam

 昔の東宝、怪獣映画にでてたような。店も個性的です。
 大きな洋品屋。
Musashikoyama2

 リニューアルの自転車を売っています。
Musashikoyama3

庶民的なインテリアショップです。
Musashikoyama4

 この商店街、パルムという名称なんですが、WEBが面白い。
武蔵小山商店街PALM ショッピングマップで店をクリックすると、動画が見られます。サウンドも入ってますし。細かい工夫です。でも、動画をみてどうするのか、って気もしますが。
 武蔵小山商店街、恐るべしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/27

蒲田は変わってしまうのか

 蒲田という街は、不思議なところです。駅前には大きなスーパーやデパートがあるわけでもないのですが、繁華街の範囲は広く、人も多く、活気があります。少しばかり失礼な表現ですが、ごみごみ感がいっぱいの街で、オシャレとは対極の位置にあります。
 その蒲田の駅ビルが全面的に改装され、10日ほど前にオープンしました。これまでは駅の東と西に別な名前であった駅ビル(パリオとサンカマタという名前でした)、グランディオ蒲田というネーミングで統一されました。昨日、探検にいってきました。すっかりオシャレな店になってます。ここの地下街は、ごちゃごちゃ感がありながら、価格はリーズナブルでわざわざ買い出しにいっていました。これが、すっかり綺麗になって、あまり蒲田らしくありません。なんか、魅力ない感じ。
 でも、蒲田駅から京急蒲田の駅へ向かう一帯は相変わらずの表情です。特に京急蒲田駅前に続くあたりには、なかなか個性的な店が並びます。

Kamata1

「毎日激安」っていう店名なんでしょうか。
 蒲田といえば、羽根付き餃子で有名。これですね。

Hanegyoza

「金春」というお店の焼き餃子。6個300円という安さ。蒲田はこれでなくてはいけません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)