仙台のこと

2011/03/08

ホテル仙台プラザ閉館というニュース

 昨日の日経新聞で知ったのですが、仙台の老舗ホテルであるホテル仙台プラザが今月25日で閉館だとか。記事の表現によれば
「同ホテルは宮城県庁近くに立地している。建物は地上15階地下2階建てで、客室数は177室。1975年に東北初の都市型ホテルとして開業し、これまで天皇陛下をはじめ要人の宿泊・宴会に利用されてきた」
 とあり、仙台では有名なホテルです。
 このニュースを河北新報の記事で見てみると、閉館していたのはホテル仙台プラザだけではありません。
「同市中心部では、JR仙台駅前の仙台ホテルが2009年末で営業を終了。昨年11月末には仙台エクセルホテル東急も閉館しており、仙台の観光や経済を支えてきたシティーホテルがまた一つ、姿を消すことになる」
 仙台ホテルもエクセル東急ホテルもないんですね。知りませんでした。高級なホテルで残っているのは、メトロポリタン、仙台国際ホテル,ウェスティンホテル仙台 くらいでしょうか 。
 最近のホテル宿泊費は、低価格化の競争です。仙台でもビジネスホテルでは朝食付きで5000円以下で泊まれます(楽天トラベル見てみたら、最安値2500円~なんてありました)。ここに高級感のあるホテルが対抗していくのは厳しいでしょうね。景気が良くない中、宴会もかつてよりは減っているでしょう。
 ホテル仙台プラザの場合は経営判断が適切でなかったとの見方もありますが、その背景にはやはり地域の経済状況の悪さが影響しています。東京にいるとわかりにくいことですが、地方の景気はほんと良くない。内閣はいつまでも迷走してないで、早くなんとかして欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/29

仙台にデパートは来ないのか

 昨日の日経新聞朝刊の記事「『大丸』仙台出店も白紙」。先日報じられた浜松への出店に続き、仙台への大丸出店計画を白紙にもどすとの内容です。やはり、という感じです。仙台の方ならご存じかとでしょが、仙台駅前、イービンズの隣の場所は、もう何年も前からデパートが出店すると言われてきました。西武? 大丸?、いろいろ噂にされてました。
 日経新聞によると、昨年末、ミレニアムリテイリング(西武。そごうの持ち株会社)が出店を断念。それに続いて大丸も地権者の脱落や、消費低迷のため、出店計画を白紙にしたといいいます。当然の判断でしょう。仙台にデパート、これ以上いらないでしょう。人口規模が100万人と、大きくもなく、小さくもない商圏では、今ある藤崎、三越だけで十分だと思います。ほんの2年前に開店した仙台郊外の三越名取店は、3月に閉店です。東京の資本は仙台の商圏に期待しすぎです。
 ミニバブルも見事に終焉を迎え、景気後退の中、仙台の小売業はどうなっていくのか。これからが正念場でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/04

伊達とおむすび

 今月から「仙台・宮城デスティネーションキャンペーン」が始まってます。これ、JRと自治体が組んで行う観光キャンペーンのことですね。しかし、デスティネーションってどんな意味、と思いません? もっとこなれたキャッチプレーズは考えつかなかったのでしょうかね。
 ともあれ、仙台・宮城のこの観光キャンペーンは東京のJRの駅でもポスターとかを見かけるようになりました。一昨年だったか、このキャンペーンが決まったときは、地元仙台ではかなり盛り上がっていたような記憶があります。駅でパンフレットをもらってきたんのが、これ。

Date

 なぜか、おむすび。おむすびか……。おむすびにした理由はあるようですが。そしてこのキャンペーンのキャラクターは、これ。


Imgcatch08_2

「むすび丸」です。キャラクターグッズも売ってますが。可愛いか?

Annai

 ともあれ、仙台はいいところです。キャンペーンが成功するといいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/14

地震お見舞い申し上げます

 今朝の「岩手、宮城内陸地震」、予想以上の被害がでているようです。被災された方、お見舞い申し上げます。宮城、岩手など東北の方々、ご無事でしょうか。なにかお手伝いできることがあれば、ご連絡ください。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/30

仙台最後の朝は、半田屋

 今日は東京へ引越の日。朝、食事にうちのそばの「半田屋」へ。一番町にあるこの店、朝7時頃は国分町から朝帰りの若者の姿も目立ちます。
 ここのシステムに慣れていないので、うっかり「めし」の小を頼んでしまいました。

Img_8585

 かなりの量。小のほか、ミ三サイズがあって、これでよかったんです。
 
 さて、今日で、仙台ともお別れです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/25

これはバブルです

 昨日発表された全国の公示価格。全国平均は2年連続で上昇したとのことですが、注目すべきは仙台の地価。商業地で全国一の上昇率は、仙台駅前で約40%の上昇。これは、完全に「バブル」でしょう。
 前にも書きましたが、最近の仙台はビル新築ラッシュ。街のあちこちで新しい建物が出来ています。その一方で、仙台に暮らしていて、景気がいい実感はほとんどありません。宮城県の財政状況は、破綻寸前とも言われるほど悪い。このビル新築ラッシュは、東京などの投資ファンドの金が廻ってきているとのこと。なにか恐いモノを感じます。このバブルが終わった後、いったいどうなってしまうのか。だれか、とめてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

ブログの不思議な力

 仙台からの引越を今月30日に決め、今日は全然手がついていなかった荷造りです。単身赴任のひとり暮らしなのに、荷物はけっこう多い。
 カレンダーをみて、数えると、仙台にはあと9日しかいられない。仙台にきて4年、そしてこのブログをはじめて3年9ヶ月です。思いもかけず、長く続きました。当初は単なるWEB LOG、つまり日記レベルだったのこのブログですが、はじめて8ヶ月目に「河北新報」の夕刊に掲載され、これがきっかけで「後に引けない」(笑)状態になりました。
 拙ブログを見つけてくれたのが、JINJINさん。「仙台夫婦善哉」をやっておられます。その情報が河北新報に伝わり(ちとオーバーかな)、取材を受け、記事になったわけです。いわば、私にとったは大恩人。
 昨日、仙台を離れる前にと、お会いしました。ご主人は何度かお目にかかっているのですが、JINJINさんとは初対面。楽しくお話させていただきました。
 ブログというメディアのパワーは、ほんとすごいと感じます。このブログをやっていて、リアルでもいろんな方とお会いすることができました。驚かされることが、たくさんありました。

 今週の記事に多くの方からコメントいただいていながら、返事を差し上げておりません。すみません。なるべく早くお返ししたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/03/14

仙台市のゴミ有料化

 仙台と東京の二重生活をしていると、ゴミの出し方が微妙に違うことに気づきます。仙台のゴミ収集が、けっこうおおまか。例えば、ビデオテープ、おもちゃ、CD、DVD、かさなどは家庭ゴミ(いわゆる、燃えるゴミ)です。こんなのが、燃えるのかと、ちょっと不思議。その一方で、新聞、雑誌、段ボールなどに紙ゴミは、収集されていません(うちのマンションでは自主回収がありますが)
 仙台市では10月から、ゴミ収集が有料化されます。昨年、議会で可決されてのは知っていたのですが、「まだ、先だなあ」と思ってました。でも、先日、ポストにこんな冊子が。

Img_8531

あの「ワケルくん」が表紙。10月からのゴミ有料化が詳しく解説された30ページ以上もある冊子です。中には「50音で引く、ワケ方事典」があって、これは役に立ちます。例えばアイロンは、家庭ゴミなんですね。
 さて、ゴミ有料化で、ゴミは削減できるのか。仙台の取り組みは注目されるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

石井屋で感じる値上げの波

 Img_8521昨日は久しぶりに上杉の石井屋へ。ここのパンは美味しいのですが、スイーツもいいです。美味しいのに、安い。ロールケーキが食べたくなってショーウインドウを見てみると、「?」。純生ロールが735円。値上がりしてますね。前は630円だったはず。単身の身で、ロールケーキ1本は明らかに多いのですが、結局買っていました(半分くらいは冷凍かな)。
 でも、735円は、あまり安い感じがしません。630円だと安いなと思うのですが。不思議です。ここではロングシューも安くてお買い得なのですが、これも630円から735円に値上げしてました。世の中の値上げの波が、石井屋にも押し寄せているのを感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/02/29

ラーメン国技場 仙台場所の閉店

 最近はとんと行っていなかった国分町の「ラーメン国技場 仙台場所」が、今日で閉店するようです。いわゆるラーメンのテーマパークですが、うまくいっているのかな、とかなり前から思っていました。

Img_8473

 約4年前に仙台に来たときに、すでにこの国技場はありした。そのときは、喜多方の「坂内食堂」や「がんこ」など、名前に聞き覚えのある店もいくつか入っていました。いつの頃からか、あまり馴染みのないラーメン店ばかりになってしまいました。自宅からはからは近いのですが、ほとんどいきません。国分町で飲んだ後、ラーメンというパターンも最近は極力自粛しているため、ここに行く機会はほとんどなくなりました。
 このラーメン国技場のような形態の店舗は、全国にいくつもあり、成功しているところもあるようです。ただ、仙台というところは、(たぶんですが)あまりラーメン文化が根付きにくい土地柄ではないでしょうか。東京では名が知れた「香月」や「赤坂ラーメン」も撤退してしまいました。やはり米文化なので、ラーメンは広がりにくいのかな、とも思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/08

大崎八幡宮に初詣

 Oosaki_hachimanうちの会社は、昨日が仕事始め。営業の仕事柄、仕事初日は挨拶回りです。市内から山形をまわって、最後は初詣をしようと大崎八幡宮へ。ここ何年かは、ここへ来てます。地元仙台の人にとってはなじみの八幡様でしょうが、東京ものとしては、初詣の時しかくる機会がありません。
 ここの「御社殿」は国宝。日本最古の建造物らしいです。お参りして、おみくじをひいてみました。東京でも初詣に行ったのですが、その時はひかなかったので、運試し。結果は「末吉」・・・。
 さて、今年はいい年になるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/22

まだ売ってた「仙台四郎スキップカード」

 年末になると毎年発売される「仙台四郎」スキップカード(バス、地下鉄のプリペイドカード)。昨日、仙台駅西口のバス乗り場で、ふと思い出し、窓口で聞いてみると、まだありました。今月の3日から限定2008枚で発売されています。もう2週間以上も経つのに、意外と人気ない?
 これ、仙台では恒例の初売りを記念して作られものなんですが、毎年同じようなデザインではあります。

Senndai_shirou

 写真の左側が昨日買った2008年度版、左は2005年版。このスキップカード、年号表示がないのでいつのかわからないんですよ。
 さて、仙台四郎のご利益にあずかれるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

ドン・キホーテの拡大

 ドン・キホーテという、オジサンにとってはちょっと怪しげな店があります。これまではほとんど縁がなかったのですが、一週間ほど前、仙台の国分町にできました(正確には立町ですが)。宮城県では3店舗めですが、繁華街地区への進出は初めてです。晩翠通りに面した新しいビルに『激安の殿堂』とかかれた看板があがっています。
Donky 札幌のように繁華街のど真ん中ではありませんが、国分町の裏側ともいっていい立町にキラキラのドンキができたことは、ちょっとした出来事ではないでしょうか。週末、メディアテークにいった際によってみましたが、店内は割と整然としています。これなら、、オジサンにも馴染めそうです。食品や、日用品も売っているので、便利そうです。我が家からは歩いて10分もかからない距離です。朝5時までやってるので、活用できそうです。
 しかし、どうしたらこんな商品構成の店舗を思いつくのか。何とも、不思議な店ではあります。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/15

土曜の朝は「ウイークエンド東北」

 このところ用事があり、週末は東京に戻ることが続いたのですが、今週は仙台にいます。昨日は会社の忘年会で、ちょっと飲み過ぎました。休日の朝は、ふだんあまり見ないテレビをみることがなぜか習慣になってます。 
 NHKでは、7時半から「ウイークエンド東北」が始まっています。これ、男女のキャスター+気象予報士のお姉さんが出演しての東北6県でのローカル番組。ニュースのあとは、「東北小さな旅」というコーナーがあります。今週は秋田内陸線での旅。雪深い秋田の鉄道は、電化されていない単線。なかなか見られない光景です。
 この時間帯、東京でも首都圏ローカル番組をやっていますが。キャスターは全国ニュースと同じ人なので、ローカル番組とはあまり感じません。
 今日は事件があって「ウイークエンド東北」は中断してしまいましたが、いつもはゆったりとした土曜日のお相手としてくれる番組です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/13

光のページェント、始まりました

 昨日の夜から、仙台冬の風物詩「SENDAI光のページェント」で、定禅寺通がきらめいています。

Hikari1_2

Hikari4

Hikari6

Hikari3

PENTAX K10D


 昨晩は、初日とあって多くの人で賑わっていました。
 今年もあとわずかですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/12/09

クリネックススタジアム、ですか

 ネーミングライツ、命名権のビジネス広がっているのでしょうか。先日、渋谷にいったら渋谷公会堂がいつの間にか「渋谷C.C.Lemonホール」になってました。(これです)知りませんでしたよ。サッカーのベガルタ仙台のホームグラウンドも、ユアテックスタジアムになっています。
 フルキャストが退場した、楽天イーグルス本拠地・県営宮城球場の命名権は、日本製紙に決まったそうです。会社名はもちろん知っているのですが、これまでの先入観では大きい製紙会社というイメージです。「日本製紙スタジアム」になるのでしょうか。
 河北新報の記事によると、グループ企業が作っているクリネックスをいれた「日本製紙クリネックススタジアム宮城」など複数が候補に挙がっているそうです。いっそ「クリネックスティシュースタジアム宮城」はどうでしょか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/22

仙台は景気がいいのか?

 昨日の日経新聞の東北版に興味深い記事が2つ。ひとつは、仙台にホテルのウェスティン進出がする見通しらしい。旧東北学院の中高校跡を森トラストが買収。そこにウェスティンが入るとのこと。
 仙台にはホテルは多いですが、高級ランクに属するホテルは少ないと感じます。その意味で、ウェスティンの進出は意味がある気がします。このところ、仙台の中心部は新築ビルの建設が目立ちます。日経新聞によると、再東京など大都市圏の再開発が一巡し、仙台が新たな投資先として仙台に資金が流入しているといいます。
 一方、以前から指摘されていた仙台のタクシー過剰問題。国交省は来年1月から8月までタクシーの新規参入や増車を禁じる「緊急調整区域」に指定する方針。これに対して業界では対応が遅い、との声が上がっていると記事にはあります。
 仙台は景気がいいのでしょうか。それとも単なるバブルなんでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/10/31

仙台といえば、牛タンだが

 昨日の夜は本社から人が来てくれたので、夜久しぶりに飲みに飲みに出ました。弊社では、東京から来る方のご接待(?)は、だいたい牛タン屋か、寿司屋です。今回は、牛タン屋の「利久」のやっている「一刻家」という店に行きました。ここは、もつ煮込みがおすすめです。

Img_7999

 温玉入り、かなりいけます。
 また、旬の秋鮭のハラス焼(ハラスとは鮭の腹の部分です)も、美味。秋、季節は旬の食材を楽しむには、素敵な季節です。

Img_8004

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/25

エスパルキッチンがリニューアルしたが

Img_7988 長らくリニューアル改装中だった、仙台駅地下のエスパルキッチンが、先週の金曜にオープンしましたね。当日はかなり混雑でしたが、今週になってやっと普通に戻った感じです。以前より店の数が増えて24店舗だとか。
 ざっと一回りしてみて感じたのは、店の作りはどこも当然新しいのですが、なんか新しさを感じません。どうしてかな。ここに入っているテナントが、東京などの首都圏でよく見かける店のせいだと気づきました。地元のブランドは、(ちゃんとは調べてませんが)4店くらいでしょうか。
 食材は地産地消を基本にしているので、できるだけ東北でとれた野菜、果物、魚を買うようにしています。今度のリニューアルで、愛用していた地元の鮮魚店「松や」がなくなってしまったのは、残念です。最近、惣菜(揚げ物とかです)を買わないことにしているので、ここにある総菜を扱った店は使いません。これもリニューアル店にもうひとつ興味がわかない理由かもしれません。
 新しいエスパルキッチン、小さなデパ地下という感じですか。確かに便利です。でも、こんな光景をみると、仙台って、東京のコピーだな、って感じます。この「東京化」のおかげで、仙台には山形、福島などから人が集まって来るわけだし、それゆえ東北では一人勝ち状態になっているんですね。東京化が、必ずしも悪いわけではないとも思います。でも、もう少し地元の店にもガンバって欲しいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/05

結局は、うち飲み

 昨日、卒論の下書き(草稿)を大学に送りました。先月はこれにかかりっきりだったので、自分としてはまずはひと区切り。「自分をほめてあげたい」ってことで、久しぶりに飲みにいこうかと思いました。でも、昨日は仕事で盛岡へ出掛け、仙台にもどったのが夜の八時半。なんか、飲みに行くのも面倒くさいな・・・。
 Img_7904昨日個族のことを書きました。一人で、レストランとかいってしまう女性が増えているとか。私としては我が家で飲んだほうが、落ち着きます。で、ダイエーで惣菜を買い込んで、ひとり自宅で宴会にしました(ちょっと寂しい)。
 一人で飲みに行くのも、なんか、気を遣ってしまいます。オジサンには、ひとり、うち飲みがいいようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/03

ますますテレビを見なくなった

 ここ最近、勉強とかで忙しく、あまりテレビを見ない日々です。番組改編時期のお馬鹿なワイド番組はまったくみません。日常でも、朝は、起きたらNHKのニュースを6時過ぎまでみるくらい。ジョギングから帰ってきてからは、朝飯を作りながら、ラジオ3でネットしているJ-WAVEの GOOD MORNIG TOKYO聞いてます。仙台で、首都圏の交通情報が流れるのもちょっと変ではありますが、この番組はいい感じのノリなので、もっぱらこれです。
 夜も、夕食を食べてるときは映像がないと、なんとなく落ち着かないので、NHKを流してますが、ドラマは全くみなくなりました。
 世の中は、大画面テレビが普及しているようですが、うちは当分縁がないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/02

パン屋に困る

 仙台に引っ越してきてすぐの頃、「パン屋が少ないな」て感じました。それ以来、あまり状況は変わっていないかもしれません。自宅周辺には、三越のデパ地下にあるんですが、会社帰りにパン買っていくとこが、意外とないのです。問題のひとつは、ダイエーにベーカリーがないこと。何年か前に改装したのに、ベーカリーコーナー作らなかったのは、不思議。だから「死んでるダイエー」とか言われるんでしょう。
 更に痛いのは、仙台駅のエスパルキッチンが改装中なこと。ここにあるポンパドール、よく使っていたのですが。昨日は、ちょっと早めに帰って、さくら野のベーカリーに寄って、パン買ってきました。「アルザス ローレン」というパン屋さん。東京は銀座、松屋にもあるらしい。はじめて利用しました。

Img_7897

 パン屋さんが絶対的に少ない気がします。パン屋はじめようとしている人は、仙台がいいですよ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007/09/06

仙台の市政だより

 Hyoshi_07091昨日、マンション一階においてあり、表紙が綺麗なのにひかれてもらってきた「仙台 市政だより」。この冊子はどの自治体でもだしている市(区)のお知らせですね。東京のほうだと、新聞に折り込まれてくる(うちはめぐろ区報)のですが、仙台では日経新聞のためか。自分で手に入れないといけなのです。
 今月の表紙は、宮城県美術館のアリスの庭。美術館の本館と佐藤忠良記念館の間にあるスペース。美術館には何十回いっていますが、ここは入ったことがありません。写真をみると、気持ちよさそう。
 市政だよりをめくってみると「芸術の秋を満喫しよう」という記事が。仙台はクラッシックに力を入れているんですね。また、アートのテーマにしたイベントも載っていました。たまには、市政だよりをみるのもいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/04

仙台の図書館が便利になりました

 なんか市からのお知らせのようなタイトルですが、仙台市図書館のシステムが新しくなりました。先月の24日から本の貸し出しなどのインターネットでのサービスが開始されました。これまで、仙台の図書館では例えば「借りている本の延長」は、図書館まで本を持っていって、手続きをしなければいけませんでした。しかし、システムが更新され、インターネットから貸し出しの延長ができるようになりました。また、借りている本の確認や、予約(これは9月28日から)もできます。
 先週末、メディアテーク内の市民図書館にいって、手続きをしてきました。(このとき、なぜか住所確認できるものが必要なのは、不思議)その場で仮パスワードを発行してくれます。これを図書館のWEBで変更すれば完了。早速、借りている本の延長をしました。図書館までいく時間がないな、と思っていたんで助かります。
 このブログでも散々文句を言っていたのが、きこえたかな? まだまだ改善して欲しい点はありますが、ますはとても便利になり、よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

去りゆく東一連鎖街

 仙台は一番町四丁目商店街(中心に三越があるゾーンです)の奥に、通称「東一連鎖街」があります。古いバラック風の飲み屋街が並ぶ一帯です。ここが再開発されることになり、いよいよ本格的に動き始めました。いきつけの(?)クリーニング屋さんがこの一画にあります。洗濯物を持っていった時、お聞きしたのですが、店舗は賃貸ではあるのですが、いつから再開発の工事が始まるかはよくわからないそうです。
 昨日の夕方、この飲み屋街をのぞいてみたら、かなりの店が営業をやめていました。いつから工事が始まるかはわかりませんが、古風な一帯がなくなるのは、ちょっと寂しい気がします。

Img_7783

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/31

仙台に伊勢丹がくるかも

 昨日報道されたニュースですが、仙台・一番町にあるファッションビル141が、隣にある三越に一括して賃貸する方針を固めたとのこと。河北新報のネットkolnet から引用させていただくと、

  仙台市青葉区でファッションビル141(地上6階、地下2階)を営む一・四・一(仙台市、小関忠夫社長)は地下2階—地上4階の6フロアと6階の一部を、隣の三越仙台店に一括して賃貸する方針を固めた。入居中のテナント86店に立ち退きを求め、2008年6月までに三越と賃貸借契約を結ぶ。三越仙台店は売り場面積が東北の百貨店で最大となる。5—6階の市施設のエル・パーク仙台はそのまま運営される。

 一括賃貸の背景には、売上の減少があったようです。更に記事では、三越と経営統合した伊勢丹が、新売り場に出店する可能性がある、とも書かれています。141と三越は地下が繋がっているので、なんとなく一緒の感覚でしたが、違うビルなのを再認識しました。家から至近のところにありながら141には、地下の食料品街か、本屋の丸善に行くくらいです。確かに、あまり魅力がある店が少ないかもしれません。
 仙台は、中央のデパートは三越だけで、あと地元の藤崎とさくら野と、買い物をする立場では、あまり選択肢がありません。噂される高島屋や西武などが進出してくれたほうが、競争になっていいと思うのですが。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/08/09

お祭りと、夜店

 昨日で七夕まつりも終わり、仙台は盆休みモードです。会社からの帰り道が、七夕の会場なので、昨日は人混みの中を歩いてきました。

Img_7677

 沿道には夜店がでて賑わっています。やきそば、たこやき、お好み焼き、金魚すくい・・・、お馴染みの店が並びます。この夜店に、子どものころは心躍りました。大人になっても、お祭りというと、その夜店を楽しみにしていた私です。でも、いつの頃から、夜店に心騒がなくなってしまいました。いつごろだったか。そして、どうしてなんだろうな、と思います。やはり、歳をとったということなんでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/08

七夕まつりの不思議

 仙台では七夕まつりが開催中です。早いもので、もう4回目の七夕まつり。いつまで仙台にいるのか、単身者としてはちょっと複雑な心境です(笑)。

ちょっと変わった七夕飾り
 Img_7656

 今年は。一昨日の月曜から今日、水曜までと平日の開催です。そのせいで、ゆっくり楽しむことはなく、会社帰りに見物です。このお祭り、日にち固定なんですね。これを例えば金曜から日曜と、週末に固定する考えはないのかな、とふと思いました。このほうが、経済効果は大きいでしょうから、いいのではないでしょうか。東北各県の主要なお祭りと、七夕まつりは微妙に日程がずれています。ちょうど七夕が最後になるような日にちの設定になっていることにも気づきました。
 また、昨晩遅くに一番町にいったら、七夕飾りにカバーがされていました。今日、雨の予報だったためでしょうか。そもそも、この七夕飾り、毎年つかんでしょうか。これも不思議なことです。

Img_7674

 さて、来年も仙台で七夕をみることになるんでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/24

図書館、やっぱり不便です

 勉強やら会社の仕事やらで、せんだいメディアテークにある図書館から本を6冊ばかり借りました
。ふと気づくと、明日が返却期限の日。でも、まだ読み終えていなくて、本来なら貸出期間の延長を
したいところ。でも、明日から3日ほど秋田方面へ出張のため、図書館まで足を運ぶことができませ
ん。延長するには、図書館までいって、他の予約が入っていなければ、2週間の延長ができるのです
が、それができないのです。
 こんなとき、目黒区の図書館ならWEBでいとも簡単に貸出期間の延長ができます。それも2回まで
できるので、予約のない本なら都合6週間連続で借りることができます。私が図書館から借りる本は
、ほとんどが大学の課題用なので、他に借りたい人などいません(笑)。
また、一回に20冊まで借りられ、これも資料用途としては、便利です。またWEBで欲しい本の予約も
できます。
 かたや、仙台市の図書館は1回7冊まで。WEBでの予約もできません。なんで、こんなに差があるの
か、不思議なくらいです。政令指定都市としては、これくらいのサービスが標準なのでしょうか。

Img_7584


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/18

スターバックスが、仙台に登場

Img_7525 昨日、セブンイレブンに立ち寄ったとき、とあるものを見つけました。いつ、仙台にくるのかな、と待ち焦がれていたもの。コンビニで売っているスターバックスで、正しくは「スターバックス ディスカバリーズ」という商品です。(ここをみてください)これが首都圏で発売されたのは、一昨年の9月。ずいぶん前です。もう、仙台ではお目にかかれないと思ってましたよ。
 こんなところに、首都圏と東北の違いを感じますね。スターバックスの店舗は、いくつもあるのに、なぜかコンビニ・スターバックスは売ってませんでした。やっという感じ。まあ、たかがスタバですが。首都圏では、タリーズもコンビニ向け商品を発売していて、ブラックはいい感じです。さて、タリーズは仙台にいつ上陸するのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/14

新緑の杜の都、美術館と博物館へ

 仙台もやっと暖かくなってきました。昨日は、冬用の毛布を洗いましたよ。週末、天気が優れなかったのですが、昨日の午後から、晴れてきました。閉じこもりもなんだし、昼過ぎから散歩がてら、宮城県美術館にでかけました。いま、絵本の「ぐりとぐら」の挿絵で知られている山脇百合子さんの原画展「ぐりとぐらとなかまたち 山脇百合子絵本原画展」が開催されています。

Img_7253

美術館に ちょっと堅苦しいイメージをもたれる方も少なくないですが、この展覧会は気軽に足を運べる楽しい企画です。会場は、親子連れで賑わっていました。挿絵という馴染みのある作品で、アートに親しめる素敵な企画展だと思います。

 宮城県美術館から、歩いて仙台市立博物館へ。その道は、新緑の緑が鮮やかで、ほんと気持ちがいいです。毎朝、ここをジョギングしていますが、この季節は、緑がまぶしいほど。

Img_7257

 仙台市立博物館では、新館オープン20周年を記念して「伊達な優品勢そろい」が開催されていました。この日は最終日で、駆け込みの鑑賞です。所蔵品から選りすぐった展示品が並んでいましたが、特に驚いたのは螺鈿の工芸品。伊達藩に職人がいたことに驚きました。

Img_7269

 新緑の仙台、ふたつのミュージアムを楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/21

定禅寺通りで「けやきに花を」

 仙台、定禅寺通りで16日から「けやきに花を」と題されたアート・プロジェクトが始まっています。このプロジェクトは毛糸を使ったインスタレーション制作活動をしているアーティストの門脇篤さんが
街は舞台。さまざまな人が、興味や得意なことを持ちよって、裸のけやき並木に花を咲かせるアート・プロジェクトです。
と呼びかけて行っているものです。
 今朝、定禅寺通りにいってみたら、綺麗なアートが展開されていました。

Img_7170

Img_7174

 毛糸が織りなす色と、彫刻、けやきが春の定禅寺通りを素敵に着飾っています。今日、明日と週末お花見イベントも開催されます。散り始めた桜を楽しんだ後に、定禅寺通りに足を運んではいかがでしょうか。

「けやきに花を」公式WEB
BLOGもあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/04/11

有料のお花見

 仙台の桜は、咲き始め。今週末は、お花見ができそうです。お花見といえば、昨日の新聞に面白い折り込み広告が入ってきました。

Img_7108

「西公園のお花見 桟敷席ありマス」という広告。お花見名所の西公園で、有料の桟敷席があるらしい。知りませんでした。料金は一人あたり4時間1000円。ちなみに、この場所を運営しているのは、西公園花見協賛会というところ。ちょっと不思議。ちなみに、WEBはココ
 
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/03/18

仙台、立町あたり

 今週は、仙台での週末。寒が戻ったようで、寒いですが、久しぶりに街を歩いてみました。仙台の繁華街は、言わずとしれた国分町ですが、その裏側ともいえるのが立町です。この地名、たちまち、と読むんですね。
 国分町が近いせいもあって、ラブホテルがあったりもしますが、街並みは歴史を感じます。カメラで撮してみました。

お蕎麦屋さん。どれくらいの歴史があるんでしょうか。
Imgp0405

いまどき、こんな本屋さんはなかなか出会えません。
Imgp0412

「田中製氷」というお店。国分町に近いせいか、氷を売っている店があります。店構えは、風情を感じます。
Imgp0409

ちょっと不思議なお店。
Imgp0403

立町、今度は、夜探検してみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/21

たれ、からしが付いてない納豆

 納豆好きです。でも、痩せませんが(笑)。仙台駅、エスパルキッチンで見つけた納豆は、一見ふつうの納豆ですが、食べるときに気づきました。たれ、からしが付いていなんです。珍しいですね。川口納豆も付いていませんでしたが、この納豆はふつうのパック入り。パッケージには『おばんです』の文字。

Imgp0022

 製造元は、「萬歳食品工業」。WEBをみてみると、食品工業といいつつ、納豆専業の会社のようです。地元、仙台市にあり、創業80年。
 納豆のたれ、いつのころからか付き始めたのでしょう。たれを、ほとんど惰性で使っていますが、これがなくてもいいことに、今更ながら気づきました。醤油とからしを自分の好みに合わせていれればいいんですね。
 この萬歳食品の納豆、素朴ながら、とても美味しいです。ファンになりました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/02/01

除湿器の出番が少ない冬

 仙台の冬は今年で3回目ですが、毎年悩みの一つが結露です。我が家はどうも保温性が高いようで、朝起きると、ベランダに面しているガラス戸が水でびっしょり。過去2回の冬は、毎朝ぞうきんで拭き取る対応だったのですが、室内の背広にカビがはえてしまうこともしばしばで、ついに昨年の秋に、除湿器を買いました。
 Img_6821 使ってみると、よく水が溜まります。ほんと気持ちがいいほどです。でも、今年は暖冬です。仙台の1月の平均気温は、記録的な暖かさだったとか。そのおかげで、結露もぐっと少ない。今朝は昨日の暖かさとは一転、冷え込んだのですが、結露はありません。
 せっかく買った除湿器ですが、ちょっと出番が少ないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/30

S-tyleの新創刊

 仙台のタウン情報誌の「S-style」が、新創刊とか。いわゆるリニューアルですね。S-styleといえば、「せんだいタウン情報」から2004年暮れに、S-styleへ変貌。それから、2年ほどで、再度刷新です。こんどは、女性をターゲットにした雑誌になりました。もはや男どもは相手にしないということでしょうか。
 女性向きとはいい、興味があり買ってきました。特集は「仙台の夜ごはん」として、いわばグルメ特集。確かに美味しそうな店が並んでいます。しかし全体を通してみると、もうみっつくらい魅力不足って感じ。そもそも表紙が「美味しそう」ではありません。

 Img_6812

 タウン情報誌が、厳しい状況はわかります。情報の新鮮さでは、インターネットにはかなわない点も多い。また、無料でおまけにクーポンがついている店情報誌「ホットペッパー」も強敵でしょう。でも、それだからって女性に特化しなくてもいいのでは、と思います。単なる情報を伝えるだけでは、いわゆる情報誌は厳しいかもしれません。でも、インターネットや、無料メディアには欲しい情報がないのも事実です。
 出版界の常識では、短期間にリニューアルを繰り返した雑誌が生き残る確率は、高くはありません。さて、S-styleはどうなるでしょう。

以前に書いたS-styleの記事

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/20

東一市場の「ぼんてん酒場」

 仙台には立ち飲みが少ない、と嘆いていたのですが、最近新しい店ができています。一番町、三越のそばの風情のある店が集まる東一市場に立ち飲みや「ぼんてん酒場」ができてました。Bonten1

 この酒場は、酒、食べ物がすべて300円均一、とわかりやすいシステムです。カウンターに陣取って、まずは生ビール。それにもつ煮込み。

Bonten2

 300円にしては、たっぷり入った生ビール。煮込まれたもつも美味しい。
 ハムカツなんてのもあります。

Bonten3
 
立ち飲みは楽しめるお店です。

「ぼんてん酒場」
仙台市青葉区一番町4丁目5‐19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/13

仙台市図書館は使いやすくなった?

 せんだいメディアテークにある市民図書館をよく使います。ここを含む仙台市の図書館がコンピュータの入れ替えとかで、昨年末から、今月の8日まで休館していました。9日から公開されたウェブのデザインは、見違えるほどセンスのいいものに模様替えしていました。
 さて、実際の図書館は使いやすくなったのでしょうか。一回に借りられる冊数は、これまでの5冊から7冊に増えました。これ、ほとんど前進していないですね。実家のある東京都目黒区は、20冊です。ちなみに、なんで、半端な7冊なんですかね。
 また、目黒区では当たり前のようにできているウェブからの貸し出し予約は、まだ実現されていません。予約は、図書館まで出向かねばいけないのは変わりません。折角、システムを入れ替えたんだから、ウェブでの予約は実現して欲しかったところ。これ、使い出すとほんと便利です。
 
 仙台市民図書館の入っているせんだいメディアテーク。このメディアテークとはフランス語の図書館のbibliothèqueと、媒体média からの造語で、「メディアを納める棚」といった意味です。公営の図書館は、文化のレベルをある意味で示していると思います。仙台市には、もっと頑張って欲しいです。

仙台市民図書館のウェブ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/12/20

「キッカジ券」って知ってますか?

 昨晩仙台のNHKニュースで放送されていたちょっと気になる話題。「男の家事大賞 フォト&メッセージ」と題された公募が仙台市の主導で行われていて(実際の運営は「せんだい男女共同参画財団 )その写真作品がエル・パーク仙台などで展示されています。
 この「男の家事大賞」は昨年、応募が少ないことで全国的な話題になりました。(昨年書いた記事)性懲りもなく、今年もやってたんですね。せんだい男女共同参画財団のWEBをみてみると、面白いモノを見つけました。『キッカジ券』です。これは、
「きっかけ+家事」男性の家事のきっかけになるように、「お願いしたいコト」や「お願いされたいこと」を記入してパートナーに渡す券
とか。(詳しくはここを)なんかずれてるな。どうしてここまで男性の家事にこだわるのか、わかりません。私は何があってもいいように、日々家事のトレーニングを欠かしていません(笑)。いまだなにひとつ、満足にできませんが・・・・。自分のことを棚に上げて言うと、確かに私の回りにいる男どもは、まともに家事をしない人も少なくありません。でも、行政主導で、そこまでやらないでもと思います。
 単身赴任の身としては、男の家事参画だけ注目されているのが、ちょっと気に障ります。いかなる事情があろうとも、一緒に暮らせない家族もいることを、少しでも配慮して欲しいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/11/14

早くもいちごが店頭に

 昨日、会社の帰りに仙台駅地下の「いたがき」で、いちごを売っていました。仙台産のとちおとめです。まだ、11月も半ば、涼しくなってきたとはいえ、季節は秋です。早いですね。旬の山形産・ラフランスと一緒に店頭に並ぶと、ちょっと変な感じです。
 この時期のいちごですが、みずみずしく甘い。11粒で、390円と高くはありません。

 Img_6340

 手元にある電子手帳に収録されている『ホトトギス俳句季題便覧』によると、「いちご」は夏六月の季語です。果物には、旬という感覚が薄れつつあるようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/11/01

美味しい海鮮あんかけ焼きそば

 昨日仙台の中心部へ、仕事で出掛けました。昼時、錦町公園のそばで、前から気になっていたお店四川中華の「長城」へ。ここ、確か担々麺が美味しいと聞いたのですが、メニューをみると「海鮮あんかけ焼きそば」が美味しそうで、思わず注文。

Img_6273

 具がたっぷり、ボリュームがあります。味も、微妙に甘みがあるあんがいいです。美味しいあんかけ焼きそばは、意外と少ない。これは、おすすめです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/24

バス車内の英語アナウンスって

 昨日は、一日雨。会社帰りに、歩けば15分ほどの距離、ついバスに乗ってしまいました。降りるのは仙台駅から2つめ、商工会議所前なのですが、車内の案内アナウンスを聴いていると、ふと気づいたことが。日本語のあと、なんと英語でやっているではないですか。この英語アナウンス、前からやっていたかな……。2年半も仙台に住んでいながら、初めて気づきました。
 東京のバス、最近乗っていないので分からないのですが、英語のアナウンスあったかな。仙台に住んでいて感じるのは、日本人以外の人が少ないなということ。たまにしか、外国人の方に会いません。以前4年半ほど住んでいた金沢では、街が広くなかったせいか、外国人によく行き会いました。仙台のバス、なかなか国際化(というより英語化)しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/14

2学期制の学校

 一昨日、朝のTBCのウォッチン! みやぎを見ていたら、「今日から新学期」ってカリスマ気象予報士の斉藤さんがいっているのをきき、????。今日は10月12日なのに? 実は、仙台市の小中学校は『2学期制』が実施されているんですね。そもそも、2学期制、ってどんなものかも理解していない。ほんの3年ほど前まで、息子が小学校に通っていたのに、知りませんでした。会社の人と話していたら、横浜市も導入されているとのこと。
 どうも、ここ3、4年くらいで広まってきたよう。仙台市は平成14年から施行しています。2学期制のメリット、デメリットはいろいろ論議されていようです。ともかくも、2学期制だと秋休みがあるんですね。そうすると、夏休みとか、冬休みは減っているんでしょうか?
 最近の初等教育は、ちょっと制度をいじくりすぎているのではないでしょうかね。もちろん昔からの制度に固執する必要はないのでしょうが、文科省は迷走している気がします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/04

「樽」が閉店

 昨晩、久しぶりに一番町の樽に飲みにいってところ、店内に思いもかけないお知らせが。「10月6日で閉店します」。えっ、と思いました。このお店、50年以上の歴史があるお店。どうして? 

Img_6063

 どうやら入っているビルを取り壊すらしい。かわりの入居先も、今探しているところとかで、いつ再開できるかめどもたっていないとのこと。残念ですね。刺身、煮物など料理も美味しいし、酒も地酒がそろっていて、ほんといい店なんです。再開できること、祈ってます。

樽WEB

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/29

久しぶりに「おでん三吉」

 仙台もめっきり涼しくなりました。夜、おでんが食べたくなり、久しぶりに国分町の「おでん三吉」へ。ここはいつも温かいサービスで寛ぎます。ひとりのときは、カウンターへ。好みのおでんをよそってもらいます

Img_6018_2

 大根に、糸こんにゃく、それにしゅうまい。このしゅうまいが、意外といけます。この三吉の親父さんは秋田出身とのことで、お酒は新政が味わえます。また秋田名物、きりたんぽ鍋もお品書きにあります。
 これからは、ますますおでんが美味しくなります。また、こなければいけません。

おでん三吉

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/09/14

ダイエーにある彫刻

 最近気がついたのですが、ダイエーの仙台店のクリスロード側に、彫刻が置かれています。ここ、いつもワゴンでお菓子などの販売をしている場所で、これに隠れて長らく気づかなかったのですが、立派な作品のよう。私は彫刻に詳しくないので、その価値はほとんどわかりませんが、すてきな作品であることは間違いありません。

Img_5749

 この作品、素人の印象では佐藤忠良さんの彫刻ではないか、と思ってます。台座の部分には作者の銘板もなく、誰の作品かわかりません。佐藤忠良さんといえば、宮城県美術館に「佐藤忠良記念館」がある、大彫刻家。
 だれによって作られた作品かはわかりませんが、彫刻は、いつもお菓子のワゴンに囲まれてちょっと寂しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/10

一期一演、楽しんだ定禅寺ジャズフェス

 ライブっていいですね。定禅寺ストリートジャスフェスティバルを楽しみました。どの演奏会場も多くの人が、楽しみながら様々な音楽をきいていました。

Img_5679_1 Img_5697_1 Img_5700 Img_5703 Img_5722


 ジャズ、ロック、ゴスペル、アコースティック、オールデイズなど音楽ジャンルは様々。すてきな時間を過ごしました。


| | コメント (8) | トラックバック (8)

2006/09/09

定禅寺ストリートジャズフェスティバルです

 今年も街が音楽にあふれる週末がやってきました。楽しいストリートミュージック。

Img_5656


| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/09/04

安くて新鮮、「こちら丸特漁業部」夜の部

 昨日、家族が仙台に遊びにきました。うちの息子は、中学生なのに新学期は8日から。それで、女房と一緒に杜の都、単身赴任の館を襲撃です(笑)。
 散らかっている部屋の掃除をしてくれて、キレイになりました。一仕事したあと、夕飯はどこにしようかと。日曜は営業していない店も多く、国分町・ラーメン国技場の上の「こちら丸特漁業部」に。Img_5566
 ここ、快適ですね。店員さんの対応もきびきびしていて、気持ちがいいです。何回かきているのですが、魚介も新鮮で、それ以外のメニューも豊富。なにしろ価格が安いです。
 それに、日曜は寿司が半額です。しこたま食べてしまいました。家族連れとかでいくには、最適です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/23

久しぶりに焼き鳥屋へ

 会社の人と、久しぶりに飲みに。焼き鳥が食べたい、ということで仙台駅東口のanjoeへ。ここ店内はジャズがかかり、ちょっとオサレめな焼鳥屋。ここのおすすめは、つくね。

Img_5474

半熟玉子と一緒に供され、つくねと玉子をからめて食べると、絶品です。
 また、煮込みも煮立ったものが出てきて、絶妙の味わい。

Img_5476

もちろん、串焼きもいいです。

Img_5472

おすすめの一軒です。

anjoe:仙台市宮城野区榴ヶ岡2−2−5  tel022-293-1337

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/08/06

七夕まつり、はじまりました

 仙台七夕まつりが、今日からです。うちからすぐぞばの一番町四丁目に(三越の前あたり)、朝クリーニング屋さんにいきがてら、見物。まだ、9時前なので、すべての七夕飾りはあがっておらす、準備中。

Dsc00138

 仙台の七夕をみるのも、はや3回目になってしまいました。いやいや。
 今日は、午後から大学の科目試験(@仙台)なので、七夕見物は夕方からです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/07/24

また貸し切り、カメイ記念展示館

 久々に仙台での週末を過ごしました。土曜日は溜まっていた仕事を片付けに会社へ。昨日、日曜は散らかし放題になっていた家の掃除と、普段着の衣替え(遅すぎ)。午後からカメイ記念展示館へ。館に入ると、お客さんはいません。受付のおじさんが照明をつけてくれます
 いま、「カメイコレクション展」を開催中です。鑑賞記事は、もうひとつのブログに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/19

仙台の「茶豆」

 梅雨明けには、まだしばらくはかかりそうな仙台の空模様です。でも、ビールはおいしい季節になりました。八百屋さんの店頭には「仙台茶豆」が並んでいます。この茶豆、本場は新潟が本場とも、山形がルーツともいわれてます。
 ここ仙台の茶豆は、本場ものほど高価ではなく、普通の枝豆と同じくらいの値段。それゆえか、お味も枝豆と同じ感ような気がするんですが。
 とおもあれ、「地産地消」を実践している私としては、この夏も仙台茶豆に凝りそうです。

Img_53682_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

ちょっと寂しい、仙台のFM事情

 今週は仙台で過ごす週末。土日といえども、いつもの習慣で早起きです(笑)。東京の週末の朝は、FMをBGMを聞くことが多いですね。J-WAVEやINTER FMだと、朝の時間帯はDJも少なく、ほとんど音楽が流れるので、寝起きの体には心地いい。
 ここ仙台では、FM局はメインなのは、Date fmだけです。これはTOKYO FM系で、あえていうと一般向けの番組が大半。東京のJ-WAVEは、ラジオ3(これいわばミニFMでしょうか)で聞けますが、それも一部。土曜の朝も、7時からはこてこての地元番組になってしまいます。かたやDate fmは、土曜朝6時から「とびだせ高校生諸君」なんて番組だし。これ、高校生がDJやってる番組ですが、ちょっと聞く気にはなりませんね。
 こと FM事情となると、仙台はちょっと寂しいです。
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/05/24

もう一時間、遅くまで開いていて欲しい

 昨晩、課題用の図書資料を借りに、せんだいメディアテークにある市民図書館に。ここ夜は8時までの開館なので、会社をそそくさと7時すぎにでて、いきました。とはいっても30分くらいしか時間はなく、Img_52092「伊万里」をテーマにした本を、急いで探して、貸ります。会社勤めとしては、開館時間は9時までにしてくれると、助かるのにと思ったりします。
 実家のそばの図書館、目黒区立八雲図書館は朝9時から夜9時までの12時間営業(?)です。それも土曜日も同じ開館時間。これは、働く人にとっては心強い味方。ほかの区はどうかと思って調べてみると、こんなサイトを発見。その名も「東京図書館制覇!」。すごいサイトです。このWEBによると、八雲図書館は東京でもベストな図書館のようです。 
 開館時間は、公立では平日朝9時から夜8時までが標準のようです。でも、メディアテーク内の図書館は、国分町も近くだし、夜9時過ぎまで開館してもいいのでは。さらに、不満なのは開館が10時と遅いこと。貸し出し冊数も5冊と、これも少ない。ちょっとなと思いますよ。市民サービスの向上、お願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/09

宮城県美術館で、クレーに会おう

 Img_5015 昨日から仙台の宮城県美術館で「コレクションの四半世紀」展がはじまりました。宮城県美術館は今年で開館25周年を迎えます。これを機にミュージアムの全館をつかってコレクションを見せる特別展が、2回企画されています。
 まず第1部として「パウル・クレーに会おう」が開催されています。この美術館は国内でも有数のクレー作品を保有しています。また、併せてクレーが生きた時代、「ドイツ表現主義」の画家たち;カンディンスキー、キルヒナー、ココシュカ、ヘッケル、マルクなどの作品も展示されています。クレー作品は4月が前期、5月を後期に分け、展示替えをしながら、計18点が展示されます。第1期では、淡く美しい色と、細い線描で描かれた小品「金色の縁のあるミニチュアール」(1916)や赤、オレンジ、黒、水色の矩形と円が織りなすシンプルな「橋の傍らの三件の家」(1922)がとくに印象に残ります。
 また、ヴァシリー・カンディンスキーは、抽象表現に到達する以前の傑作「商人たちの到着」や「水門」が展示されています。
 表現主義の時代の作品は、クレー、カンディンスキーを含め、理解するのが難しい。素人美術愛好家にとっては、とても手強いです。

 この「コレクションの四半世紀」では表現主義以外にも、国内近代絵画、現代美術、そして佐藤忠良作品が展示されています。ボリュームがあり、見ごたえがあります。何回も足を運びたい美術展です。

なお、パウル・クレーの出展作品リストは、以下のブログに記載してあります。

sendai art crossing

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/04/07

仙台の洒落た立ち飲み屋

 立ち飲み屋好きの私です。が、ここ仙台では、立ち飲み屋そのものが少ない、というかほとんどないです。とこれが、先日仙台駅前で、ちょっと洒落た立ち飲み屋を見つけました。さくら野の裏にあるOGGI DOMANIというお店。昨日、会社の帰りに寄ってみました。

Img_4984

 ネットで調べてみると、しっかりとしたWEBもあり、このお店昨年の6月にオープンしているんですね。知りませんでした。実はこのお店、立ち飲み屋と呼んでは失礼なんですね。スペイン酒場のバルスタイルのお店で、東京の繁華街あたりにある、私みたいなオジサンがくだを巻くような店ではないようです。私がほんとにお気に入りなのは、こんな立ち飲み屋。(→ここをクリック
 しかしながら、オジサンもたまにはお洒落にお酒を飲みたいこともあります。そんな夜にはぴったりです。

OGGI DOMANI ウェブ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/03/21

伊集院さんも訪れる、古風なバー

 昨晩の仙台は、寒かったですね。強い風が吹き、ちらちら雪が舞ってました。夕食を「うちご飯」したあと、久しぶりに仙台のバーにいきたくなり、国分町にでてみました。手元になぜか7年ほど前の雑誌「Esquire」のベストバーガイドがあり、このなかの一軒にいってみました。
 国分町のはずれ、ふつうのオフィスビルの地下にあるバーです。扉を開けて入ると、古風なつくりの店内。落ち着いた雰囲気。カウンターに座って、まずはギムレット。マスターはかなり年配の、おだやかな風情の方。ふと、壁をみると『文・伊集院静  絵・長友啓典』と書かれた小作品が。マスターにお聞きすると、伊集院静さんが常連とのこと。必ず奥さん(篠ひろ子さん)とみえるとか。
 カクテル、2杯めはドライマティーニ。伊集院さんがお気に入りだそう。この店のマティーニのつくりかたは、ちょっと変わってます。まず、ドライベルモットだけをミキシンググラスにいれてステアして、すこしベルモットを捨てる。そのあとジン(ビフィーターズ)をいれて、ステア。まろやかな仕上がりのマティーニです。
 
 このお店、「クラドック」です。広瀬通り沿い、国分町の一丁目。くつろげるカクテルバーです。

 ※場所ですが、広瀬通の左側を、国分町通りから西方面にいきます。晩翠通りの手前、目立たないオフィスビルの地下にあります。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/03/03

「こちらまる特漁業部」のランチ

 仕事で仙台市内に出掛けることも多いのですが、思いの外、市内で外食の機会はありません。昨日は、久しぶりに市内、繁華街で昼メシです。
 仙台の酒飲みの方ならご存じですね、「こちらまる特漁業部」。ちょっと変なネーミングのお店ですね。ここの店の、メインは居酒屋としての夜の営業ですが、ランチもかなりいいです。実は夜、いったことがなく、ランチだけしか知りません。
 ランチですが、かなりのボリュームもの。この日はちょっと張り込んで「海鮮丼」を頼んでみました。

IMG_4845

海鮮丼は、10種の魚介が、たっぷりのご飯の上にのっています。そのうえに海老フライ、鶏の唐揚げついてます。海鮮丼と揚げ物の取り合わせは、ちょっと強烈。それに小鉢、味噌汁がついて1000円です。ほんと、すごいボリューム。
ここのランチは、ほかにも天丼とか、お寿司とそばのセットとか、日替わりとか、いろいろ選べます。
こんな店が、会社のそばにあるといいんですが。おすすめのランチです。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/03/02

仙台駅あたりは「空洞化」してる?

 仙台駅のショッピングゾーン「エスパル」、ここの地下のエスパルキッチンはよく会社帰りに利用していました。生鮮食品とか、お総菜、酒の肴とか、けっこう重宝していました。このエスパルキッチンの中のスーパー「グリーンストア」が先月末で閉店。この店、食料品からお酒まであり、便利だったんですが・・・。
 また、クリスロードにあるパン屋の「ドンク」も2月末で閉店。ドンクのホームページによると、ここは全国でも数少ない直営店のひとつだったよう。(昨日までは掲載されていたのですが、今は削除されてます)
仙台駅周辺は、集客力が落ちているんでしょうか。老舗の映画館「仙台東宝」も先月に閉館。昨年もアイエ書店、 デパートの十字屋の閉店がありました。
その一方で、パルコが進出する予定の場所では、工事が始まっています。駅からは少し離れていますが、東北学院大の中高跡地は、森トラストが買い取ったとか。ここでも造成作業が始まっています。少しでも駅前が活性化してくれるといいのですが。やはり空洞化現象なんでしょうか?ちょっと心配です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/01

宮城でやっとコンビニATMが開始です

 以前から指摘されていた宮城県内のコンビニATMの不在。やっと解消されましたね。一昨日から一部のローソンで開始。そして今日からはセブンイレブンでも始まりました。特にセブンイレブンは、県内約300カ所で稼働とのことで、便利になります。政令指定都市では最後だとか。
  IMG_4837-2宮城のコンビニATMの稼働が遅れたのは、七十七銀行が導入に慎重だったせいのようですが、ちょっと遅すぎましたね。新聞の報道によると、このATMでも七十七銀行の扱いは夜の9時までとか。まだまだ不便さの解消とはいかないようです。
 私は、コンビニのATMは、手数料が高いイメージがあって、ほとんど使いませんね。特に最近は、メインバンク(すごく大げさ)の東京三菱銀行が、三菱東京UFJ銀行になり、現金をおろせる場所が増えたうえ、旧UFJ銀行は平日夜の12時までATMが稼働しているので、不便を感じなくなりました。
 でも、うちからいちばん近いローソンにもATMがあり、三菱東京UFJは24時間おろせるので、それなりに使えそうです。
 この宮城のATM導入に際し、銀行によっていろんな考えがあるのだな、とあらためて思いました。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

2006/02/09

「かき徳」でランチ

仙台、一番町にある牡蠣料理の専門店「かき徳」。仙台の方なら、ご存じですよね。前からいこうとと思いながら、いまだ入ってことのない店。この前、昼時に勾当台公園付近までいったので、思いついていってみました。
店にいったのは、12時ちょっと前だったのですが、既に満席状態です。
ランチメニューは、「かきフライ定食」、「かき丼」それに「かきすき丼」、どれも1000円以下のリーズナブルな料金です。
「かき丼」はカキフライを卵とじに仕立てたもの。「かきすき丼」は、カキをすき焼き風に煮込んだもののよう。迷いましたが、まずは正統派「カキフライ定食」(800円)を注文。

IMG_4741

塗り物の器に、カキフライが6個入ってます。カキフライは、そんな大ぶりではないですが、ジューシーな味わいで、美味しいです。
この「かき徳」、夜はいろいろメニューがあるようです。こんど、懐具合が暖かいときに、いきたいですね。


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/01/27

「火山」という名のラーメン屋

仙台のラーメンファンには有名な「ラーメン国技場」のすぐ向かい側に、一風かわったラーメン屋さんがあります。その名も「石焼きらーめん火山」。以前から入ろうと思っていたのですが、この店夜しかやっていないので、なかなか入る機会がありません。先日、やっと入ってみました。

なにせ、ネーミングが火山です。どんなラーメンがでてくるんでしょう。「石焼き味噌らーめん」を注文してみました。しばらくして出てきたのは、熱くなった石鍋に入ったラーメンとたっぷりの野菜。そこのスープを注ぐと、「ジャー」とすごい音がして、スープが沸騰します。

IMG_4615

30秒くらいたったら、食べられます。人参、もやし、キャベツ、豚肉など豊富な具がいっていて、ボリューム感たっぷりです。これに小ライスがついてくるので、ラーメンと一緒に食べてもいいし、最後にそうすいにしてもいいです。
寒い冬には、おすすめです。

石焼きラーメン火山:仙台市青葉区国分町2-5-10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/21

女子大生のアイディアでつくった駅弁

今週は実家に帰京です。帰りの新幹線に乗る前に、久しぶりに駅弁屋さんをのぞいてみました。暫く食べていなかったせいか、いつのまにやら「新製品」が登場しています。そのなかで気になったのが「仙山芭蕉めぐり」。芭蕉、というのが引っかかって、買ってしまいました。

basyobento1

かなりの豪華版です。せっかくですから(?)「おしながき」を紹介しますね。
・三陸産若布(わかめ)と山形県六浄豆腐の酢の物
・仙台名産笹蒲鉾梅肉のせ
・生麩の牛肉巻
・牡蠣と帆立のチーズ焼き
・紫蘇巻き胡麻揚げ
・卵焼き
・秋鮭の柚香焼き
・菊の胡麻和え
・煮物盛り合わせ
紅花寿司
・山形名物おみ漬け
・仙台名物小茄子漬け

美味しそうでしょ。この駅弁は、松尾芭蕉が訪れた仙台・山形地域をイメージしてつくったもの。また、宮城学院女子大と宮城大学の学生さんが、アイディアを提供してつくられました。弁当のパッケージには、2人の女子大生の名前が書かれています。

basyobento2

値段は1200円とちょっと高めですが、ユニークな味が楽しめる駅弁です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/20

「週刊文春」の発売日が木曜になりました

仙台では、週刊誌の発売日が首都圏とずれがあります。例えば、「週刊朝日」は、首都圏では月曜日ですが、仙台では火曜日。同様に「週刊文春」と「週刊新潮」は首都圏では木曜日ですが、仙台では金曜日と一日遅れ。その一方で、漫画誌「コミックモーニング」は首都圏と同時発売の木曜日発売。

それが、今週から「週刊文春」、「週刊新潮」とも東京と同じ木曜日発売になりました。

IMG_4621

朝、コンビニを通りがかったら、「週刊文春」を売っていて、?と思っていたのですが、ほんとそうなったんですね。これまで、全国紙の日経新聞には木曜に広告がのっていて、文春ユーザーの私は、悔しい思いをしてました。考えてみれば、新幹線で2時間足らずで着く距離なのに、発売翌日しか手に入らないのはおかしいなと思っていました。輸送費の問題などで、発売日にずれがあるようです。

10年ほど前、金沢に移り住んだ頃には、「週刊文春」は2日遅れの土曜日発売でした。(今はどうやら金曜日発売らしい)。今回、木曜日に発売になったのは、どの地域までなんでしょうか?ちょっと気になります。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/01/19

「こうしゅう」の大トロチャーシュー

仙台の我が家のそばにも、ラーメン屋さんが数多くあります。いろいろな店にいって、開拓せねばと思ってもついいつもの店にいくことが多い私です。この前の週末、久しぶりに仙台ですごしたので、メディアテークの帰りに「こうしゅう」にふらふらといってしまいました。
ご存じの方も多いでしょうが、ここは「にらなんばんらーめん」が名物です。とんこつベースのスープに、太麺。ここの白菜キムチとニラキムチを、自由に入れて食べるシステム。とんこつスープと、なんばんの辛さが、すごく合います。
味もこってり、あっさりを選べますが、いつもいけないとおもいつつ、こってり味を選んでしまいます。それに限定の「「大トロチャーシュー」のオプションを頼んでみました。このチャーシューが、かなりのボリューム。ちょっと堅めのチャーシューです。なかなかの迫力もので、癖になりそうです。

IMG_4607

こうしゅう:仙台市青葉区木町通1-2-18


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/15

仙台では「どんと祭」です

IMG_4598昨晩は仙台では「どんと祭(どんとさい)」が、神社で行われました。松飾りやしめ縄などの正月飾りを焼く火祭りの行事です。この「どんと焼き」は、一般には、「左義長」とか「どんど焼き」と呼ばれていますね。東京育ちの私には「どんど焼き」が刷り込まれています。以前住んでいた金沢では「左義長」でした。「どんと祭」は宮城県での呼び名のようです。こう呼ぶのは、ここ宮城だけでしょうか?ちょっと気になります。
仙台では大崎八幡宮や東照宮で大がかりに行われるようですが、私は家の近くの「瀧澤神社」にいってみました。小さい神社ですが、暖かそうに火が燃えています。家に飾ってあった正月飾りを焼き、お参りして、神社の方から甘酒をいただきました。仙台での「どんと祭」初体験、ちょっと暖まりました。

| | コメント (14) | トラックバック (6)

2006/01/13

セブンの「豆のサラダ」が復活です

IMG_4588昨日、セブンイレブンにいったら思いがけいものに再会しました。「豆のサラダ」です。ちっちゃいカップに入った、豆とコーンがドレッシングで和えられたサラダです。ショーケースには「新発売」ってありました。でも、これ以前よく買っていました。仙台でも売っていたんですよ。知ってますか?
一昨年、この「豆のサラダ」がセブンイレブンの店頭から突然消えました。その時の顛末をこのブログにまで書いたんです。東京では売っているんですが、久しく仙台では店頭には並んでいませんでした。
このサラダ、独り者にはほどよいサイズ。酒の肴、朝ごはんの一品にと、とてもいいです。豆なので、ヘルシーですし。豆のサラダの復活、ちょっとうれしいです。

IMG_4592


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/06

近頃の「会社初もうで」事情は?

昨日から仕事始め。仕事がら、挨拶回りです。その後、会社の人と、初もうでにいってきました。会社関係で初もうでにいくのは、ほんと久しぶりですね。
20年以上前、今とは違う会社にいたころ、福岡で仕事をしていました。その頃の仕事始めの日は、女の子はみんな和服で出社です。20人足らずの小さな部署でしたが、全員で初もうでに行った記憶があります。仕事始めの日は、ほとんど仕事らしいことしなかったと思います。はやばやと、新年会に突入していたのでは。最近はそんなのんびりしたこともなくなりましたね。初日からいきなり仕事モードだったりします。

ちなみに初もうでにいったのは、大崎八幡宮。ここは国宝に指定された建物ですが、はじめていきました。会社関係に参拝者が目立ちました。ここで面白いものを発見。「扇子おみくじ」です。小さい扇子型のおみくじ。

IMG_4557

大吉でした。今年はいいことあるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/22

お得な飲み放題って?

いよいよ年の瀬、世の中は忘年会シーズンですね。明日あたり、多いでしょうね。会社での最近の飲み会では、「飲み放題コース」での設定が多いです。この飲み放題、お得なようですが、実は料理が貧弱なこと、多くないですか?私は酒飲みですが、それでも飲み放題で満足できる宴会、少ないです。料理が明らかに手が抜かれているな、と感じることがよくあります。ホントにお得な飲み放題の店はないんしょうかね。
昨晩一番町で、前から気になっていた飲み放題の店にいってみました。ホテルユニバースにある「シェルブール」です。ここは平日のみ60分850円で、飲み放題をやってます(実際はお通し310円が加わります)。飲めるものはビール、焼酎、ウイスキー、ワイン、カクテルなどかなりの選択肢があります。ふつうのお酒はだいたい揃ってます。60分をこえると、30分ごとに400円。
ここ、料理が豊富で、ボリュームがあります。たとえばオニオンリングは、7個も盛られていて320円、煮込みは小さいながら土鍋に入りで(半熟玉子が入ってます)、500円。なかなかです。

IMG_4412

IMG_4414

この店、時間限定なのがポイントです。うまく使うと、経済的に飲めます。飲み放題って、お得なように感じますが、実はそうでないかもしれません。賢く使わねばいけません(自戒)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/20

かわいいお菓子です、「喜久福」

前から食べたいなと思ってて、なかなか買えなかったお菓子があります。お茶の井ヶ田の「喜久福」です。地元の方はご存じでしょう。仙台駅にも売っているのですが、冷凍で販売されているので、お土産には買いそびれてました。先日、一番町の店で、買いました。
この喜久福、小さくてかわいい大福です。「抹茶入り生クリーム」、「生クリーム大福」、「ずんだ生クリーム」の三種類あります。サイズはふつうの大福のひとまわり小さい感じ。
「ずんだ生クリーム」は、真ん中に生クリームがあり、そのまわりをずんだがくるんでいます。口の入れると、ずんだと生クリームが絡み合い、そこに大福の餅が加わって、美味しいです。ふつうの大福とは違う、ソフトな味わい。今度はぜひ、お土産に持って帰ろうと思います。

IMG_4388

お茶の井ヶ田WEB


| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/12/15

らーめん香月の撤退と、麺屋 喜多郎

20年以上前、東京は明治通り沿い、恵比寿と渋谷の間に「香月(かづき)」というラーメン屋があり、人気店でした。当時では珍しい背脂を使ったラーメンを食べた印象は強烈でした。この香月が、その後恵比寿駅近くの現在の店舗に移転。そこでは、いつも大行列の人気店でした。でも、最近はどうなんしょうか?
仙台の一番町にあった「香月」がいつの間にか撤退していました。夜、何回か行きましたがいつもお客さんは少なかったから、しようがないかもしれません。今週、仕事で五反田を通りかかったとき「ここの香月があったはず」と探してみましたが、ありませんでした。どうやらここも撤退したようです。
仙台の「香月」のあとには、「麺屋 喜多郎」という店が入っていました。昼時にいったのですが、かなり繁盛していました。注文したのは蔵出し合わせ味噌らーめん。あっさり味とこってり味から選べます。こってり味を選んだのですが、野菜たっぷりでしつこさはなく美味しいです。ただ、麺がちょっと弱い感じ。

IMG_4321

私の好みは、香月のほうかな。なぜあの味が、仙台に人には人気がなかったんでしょうか。ひょっとしたら、はやりの味ではなかったのかもしれません。ラーメン屋が、人気を持ち続けるのは、難しいことですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/13

きれいです、SENDAI 光のページェント

きのうの夜から、仙台の冬の風物詩「SENDAI 光のページェント」がはじまりました。家からは定禅寺通までは近いので、9時ころ、見に行ってみました。折しも、雪が降り始め、ちょっと寒いページェント初日です。

IMG_4345

IMG_4359

IMG_4363

ページェントの季節が巡ってきて、仙台の冬も本番です。

☆光のページェントをご覧になった方にTBさせていただきます。


| | コメント (14) | トラックバック (3)

2005/12/07

仙台四郎のスキップカードの季節です

年の瀬を感じるこの頃。今年も仙台では、スキップカード(地下鉄、バスのプリペイドカード)の仙台四郎バージョンが発売されました。去年も買ったのですが、今年も縁起物としてさっそく手にいれました。2006年にちなみ2006枚の限定販売です。

IMG_4313

2006年のものは、赤地のデザインです。写真の左のが2006年版、右が2005年版です。イメージは変わってませんね。
去年買った2005年のは、お守りみたいに持っていたのですが、なにjかご利益はあったかな?一年振り返ってどうだったかと考えてみると・・・。このブログも皆さんのおかげで、アクセス数も大幅にアップしたし、その面ではいい年だったと思います。
さて、ちょっと早いですが、来年は仙台四郎さんが幸せを連れてきてくれるでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/02

年末ジャンボ宝くじの盛り上がり度

昨日は東京で仕事。途中、有楽町を通りかかったら「宝くじ売り場」が盛り上がっていました。恒例の『年末ジャンボ宝くじ』ですね。お姉さんがアナウンスで購入をアナウンス。ちょっと妙なキャラの人間看板(?)も登場です。

takarakuzi2

思わず、買ってしまいました。

takarakuzi仙台にいると、宝くじ売り場も目立ちません。東京のように行列をつくって買う、という光景にもあうこともないですね。会社のそばにも売る場があるのですが、ひっそりしています。所さんポスターは貼ってあるのですが、盛り上がりはあまり感じられませんんね。まあ、たかが宝くじで盛り上がっているのは、東京くらいかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/12/01

ヴァージンメガストアの閉店と無印良品

IMG_4102先月の初めに仙台駅前のエスパルに「無印良品」が開店しました。ここは、CDショップの「ヴァージン メガストア」があったところ。無印良品は、すぐそばのLOFT内にも比較的大きなショップがあります。こんな近くに2店舗つくるなんて、ちょっと常識では考えられませんが、きっと採算はとれるんでしょうね。
仙台には、オジサンの趣味にあう雑貨屋さんが少ないです。フランフランくらいかな、買う気がおきる雑貨屋は。無印良品は、ある面でくせがない品揃えなので、わりとよく使います。文房具、食器などをよく買いますね。
また、閉店したヴァージン メガストアは、あまり大きくなかったので、一度も利用したことがありませんでした。最近は、忙しいこともあって輸入CDは、もっぱらAMAZONで買ってしまってます。仙台だと、一番町のHMVにいくくらいです。無印良品とヴァージンメガ ストアの入替は、妙に納得できる出来事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/11/24

早くも仙台いちごを食べました

季節の上では小雪を過ぎ、これからが寒さ本番の季節。でも、果物屋さんにははやくも「いちご」が並んでいます。一番町のいたがきには、仙台産のとちおとめが。

IMG_4226

550円とちょっと高かったですが、買ってみました。ちょっと冷蔵庫で冷やして食べてみると、酸味がちょっと強いかなと、と感じますが、美味しいいちごです。
まだ、果物屋さんの店頭にはラ・フランスや柿が並んでいるのに、はやくもいちごとは。季節感がなくなってしまいます。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/11/20

駄菓子らしくない「仙台駄菓子」

dagashi1仙台のお土産品のひとつに「仙台駄菓子」があります。初めて、お土産に買ってみました。駄菓子というと、子供のころ買った、安いお菓子ですが、この「仙台駄菓子」はもうちょっと高級なもの。遠い昔に松島湾に漂着した「南京人」から伝えられたのが「仙台駄菓子」の始まりとのこと。歴史があるお菓子なんですね。
駄菓子が7袋はいった詰め合わせを買ってみました。でれも、ふつうはあまり見かけない感じのお菓子です。まずは、ピンク色のかわいいお菓子を食べてみたのですが、ふわっとした歯触りに、甘酸っぱい味。不思議な食感です。
食べるのが楽しい「仙台駄菓子」です。

dagashi2


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/11/17

味噌らーめん好きにおすすめ:味噌蔵 壱麺

昼御飯に急にラーメンが食べたくなって、会社のそばの味噌ラーメン専門の店にいってみました。「味噌蔵 壱麺」です。この店、表通りに面していないのですが、昼時は繁盛しています。
この店のラーメンはあっさりの白味噌ラーメンと、こってりの赤みそラーメンがメイン。あとつけ麺もあります。注文したのは、こってりの赤味噌ラーメンと餃子です。
餃子は、口に運ぶと、肉汁がじわっとでてきます。

icimen_gyoza

おすすめ赤味噌ラーメンは、正統派の味噌です。そんなこってりでもありません。

ichimen

これからの季節には、暖まる味噌ラーメンがいいですね。

味噌蔵壱麺:仙台市宮城野区榴岡3-7-16


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/15

男性の家事と弁当作り

先週末、ネットを賑わせたちょっと寂しい仙台の話題がありました。仙台市が募集している「男の家事大賞」の応募が少ないとか。「河北新報」のネットでの記事kolnetから引用させてもらいます。

収納上手や料理名人など、家事が得意な男性を「家事の達人」として認定する仙台市の「男の家事大賞」への応募が集まらず、関係者が気をもんでいる。家事や育児に奮闘する男性のエッセーやアイデア、写真などを募集しているが、応募は10日現在で2件だけ。このため当初、18日だった締め切りを30日まで延長することにした。

こんな大賞があるのは、もちろん知りませんでした。昨年は57件の応募があったそうですが、今年はわずか2件。仙台の男性って、家事が嫌いなんですかね?でも、こんな「男の家事大賞」とかやっても、男どもの家事への意識が高まるとも思えません。だって家事って、なにか見返りがあるからやっているのではないので、それを賞とかもらって褒められても、私だったらうれしくはないですね。単身赴任の身としては、家事とされることはすべてやらねばいけません。洗濯、料理、掃除、ゴミ出し・・・。

先週から昼飯に弁当を作って持っててます。とはいっても、仕事が内勤ではなく、外出や出張も多いので、週に1,2回しか持っていけそうにないですが。弁当持参の理由は、いくつかあるのですが、それはさておき、弁当作るのって思っていたより手軽です。もちろん手をかければきりがないのですが、冷凍食品をうまく使ったり、前日の夕飯に食べきれなかった総菜とかを利用すれば、簡単にできます。「単身赴任者大賞」があったら、応募しますよ(笑)。

昨日もっていった簡単弁当です。
IMG_4144

仙台市では「男性の一日平均家事時間を5年間で30分増やすよう数値目標を掲げ、男性の家事参加を促すキャンペーンに取り組んでいる」そうですが、家庭の事情は、それぞれ違うのだし、総論的に男の家事時間の増加を促進するのは、どうかなと思いますね。

男の家事大賞WEB


| | コメント (19) | トラックバック (3)

2005/11/14

活気あるせんだいアートアニュアル

せんだいメディアテークで「せんだいアートアニュアル」が開催されています。このイベントは、全国から美術、映像など作品のジャンルを問わず広く出展を募集する公募展です。今年で5年目、今回のテーマは「至福のとき」。メディアテークの5,6階のギャラリーに作品が展示されています。
作品は、圧倒的に若者のものが主流のようです。古典的な油彩も少しはありますが、圧倒的にインスタレーション、インタラクティブアート、ビデオアートなど、コンテンポラリー系の作品が占めています。
なかなかオジサンには理解しがたい作品も多いのですが、気になるのものがありました。

IMG_4132

「マイティジャッックと海底軍艦」と題されたオブジェです。作者はどんな人なんでしょう。海底軍艦知っている世代は、かなりの年のはずですが・・・・。

一昨日は審査員による公開審査。審査員の一人に明和電機さんも。会場内で、例のいでたちで熱心に、また楽しそうに審査されていました。

IMG_4137-2

コンテンポラリーなアートをみるのも、刺激があっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/31

様々な表情の仏像に出会えた「円空さん」

仙台市博物館で開催されていた「円空さん」にいってきました。会期が昨日までなので、まさに駆け込み。話題の展覧会とあって来場者で賑わっていました。円空は、江戸時代の僧侶ですが、生涯で12万体とも、10万体ともいわれる膨大な仏像を、木彫りでつくりました。
会場では、釈迦如来、薬師如来、観音菩薩、不動明王など円空の多彩な仏像が展示されています。この展覧会の副題「ほほえみの仏像」のとおり、様々なほほえみ、安らぎの表情に仏像をみていると、こころが和んできます。よくこれだけの仏像を集めたな、と感心してしまいます。
如来や、菩薩には魅力的なものがいっぱいですが、特に気にいったのが「柿本人麿像」。3体の柿本人麿像が展示されていたのですが、どれも表情、ポーズが違い、魅せられます。
また、「千体仏」はかわいい傑作。千体仏とは大型仏像をつくったときの破片材を利用してつくった、超ミニチュア仏像。小さくても、表情はしっかり作り込まれているところが、すごい。
会場の最後に展示してあった「護法神像」は、自然の木をうまく使った仏像。インスタレーションのようです。
円空の作品をまとめてみられる機会は、そうはありません。素敵な企画展だと思います。

「柿本人麿像」(左)と「千体仏」  IMG_4000

☆「円空さん」をご覧になった方にTBさせていただきます。


| | コメント (8) | トラックバック (4)

2005/10/30

久々の「石井屋」のパン

2週間振りに、仙台の週末。ふと思い立って、昼ごはん用に上杉のパン屋「石井屋」にいってみました。このパン屋さんは仙台の方なら、きっとご存じですね。クルマで買いにくる人も多く、警備員を配備している恐るべきパン屋です。うちからチャリで5分くらいですが、何故かいってませんでした。ほんと、久し振りです。
店内に入ると、いっぱいパンがあって楽しくなります。ついつい買いすぎてしまいます。

IMG_3989

アイディアにとんだパンがいろいろ。トレイに取ったのは、「ヘルシー野菜ピザ」(ブロッコリー、赤ピーマンなど彩り鮮やか)「ポテト&角煮パン」(パンに角煮って思ったのですが、ポテトサラダとの組み合わせが意外と合うんです)「ごまプリン」(ゴマの味があっさり)そして「チョコロール」(ボリュームがありますが、甘さ控えめ)。これだけ買っても、777円。この価格のリーズナブルさも、魅力ですね。
食べ過ぎてしまいそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/10/28

デパ地下の牛タンメンチ

牛肉の輸入再開をいちばん気にしているのは、仙台の牛タン屋さんではないでしょうか?最近、会社の近くの『利久』にいったら、お昼の牛タン定食が、ふつうのタン塩焼きのものは1400円になっていました。以前は、確か1000円でしたね。
昨日、三越のデパ地下にあり『柿安ダイニング』には「粗挽き牛タンメンチカツ」が健在。このメンチ、中身がまさしく粗挽き肉の感覚で、牛タンの感覚が味わえる一品。

IMG_3969

1個、242円とちょっと高めですが、昨日は夜の7時半過ぎにいったので、2割引。仙台ならではのお総菜ですね。美味しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/26

仙台の、チェーン店のらーめん屋

仙台には、チェーン店を展開するらーめん屋さんが、いくつかあります。最近では、「一風堂」、「赤坂らーめん」が街中にできました。「一風堂」は最近も賑わっているんでしょうか?mackさんの情報では、「山岡屋」ができています。ここは、札幌にいくと、至る所でみかけるらーめん屋さんですね。また、札幌ラーメンといえば、「味の時計台」もあります。こIMG_3936
こはものすごい店舗があるチェーン店ですね。
私が最近気に入っているのが「らーめん初代一国堂」です。この店、2年くらい前に、札幌の薄野の店で食べていらい気に入ってます。店のホームページによると北海道意外だと、仙台と宇都宮しか店舗がないようです。「エビわんたん」がいいです。また、お昼のセットメニューもお得(らーめん+餃子3個+小鉢+麦飯+お新香で880円なり)。
東京では味わえない店なので、おすすめです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005/10/24

玉澤総本店の「黒砂糖まんじゅう」

先日、「仙台幸子」さんの話題を取り上げたとき、宮城のお土産として人気の高かった玉澤総本店の「黒砂糖まんじゅう」を買ってみました。このお店、うちのそばの一番町にあるのですが、なぜかいままで入ったことがありませんでした。

kurosatoumannzyu

茶色のお饅頭が、美味しそう。口に含むと、控えめな甘さの餡が、しっとりとした皮に包まれています。上品な味わいです。
この黒砂糖まんじゅう、レギュラーサイズと、ミニサイズの2種類あります。仙台土産に、いいですね。

玉澤総本店WEB

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/10/18

仙台幸子が人気ですか?

IMG_3909かなり前から噂で聞いていたきいていた「仙台幸子」さん。ここにきて、更に盛り上がっているよです。R25の最新号(10月13日配布号・最近はなかなか手に入りません)に、『「仙台幸子シール」って知ってる』という記事があります。内容はいまさらって、感じなんですが、この記事で引用されている『仙台・宮城の「おすすめおみやげランキング」』(出典 WILD Page)によると、

1位 仙台幸子(グッズ)
2位 萩の月
3位 井ヶ田の喜久福
4位 玉澤総本店の黒砂糖万頭
5位 支倉焼

と、仙台幸子グッズが堂々の一位。
折しも、仙台のロフトでは「仙台幸子 ちょっぴりしあわせ ポイントカード」をやってます。来年の1月までの限定版ですが、仙台幸子さんがキャラに使われています。
さて、ご利益はありますか?

IMG_3921


| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005/10/15

単身赴任と、期日前投票

来週の日曜は、宮城県知事と宮城県議の補欠の、2つの選挙の投票日。ですが、来週末は東京に帰る予定。そこで、今日から宮城県議の補欠選挙の投票ができるので(昨日が公示日)、朝、期日前投票に行ってきました。場所は青葉区役所の会議室。ここだと、本来の投票所より近くて、かえっていいかも、。
期日前投票は、はじめて。9時過ぎにいったら、先客(?)がお一人いました。最初に簡単な「宣誓書」を書き、そのあと本人確認をして、投票です。投票日に投票するより、ちょっとだけ時間がかかります。2つの家を行き来する単身赴任者には、この期日前投票は便利です。

ちなみに仙台市には選挙のマスコットキャラの「てとりん」がいます。かなりのゆるキャラですね。こんなもの、もらてっきました。
IMG_3905

てとりん→仙台市選挙管理委員会

tetorin


| | コメント (0) | トラックバック (3)

2005/10/12

国勢調査用紙が、やっときました

国勢調査、いっこうに我が家に調査員さんがきませんでした。確かに平日は帰宅が8,9時ですが、10月初めの週末は、仙台にいて、在宅時間もけっこう長かったと思うんですが、結局訪問はなし。東京の実家では9月の下旬にきています。
新聞によると、私が住む青葉区で調査員が大量に辞退したとか。

仙台市青葉区を担当する国勢調査員80人が一斉辞退し、調査業務に混乱が生じている問題で、仙台市は6日、市職員約100人を国家公務員扱いの調査員に任命し、事情説明と調査票の回収を始めた。10日まで休日返上で取り組むという。(河北新報)

この3連休は東京に帰っていたのですが、仙台の家に昨晩もどったら、来てましたよ、調査票。ポストにはいっていました。やっときましたね。連休中にきたようです。すでに回収の時期なんですが。さて回収はいつくるのやら。

訪問調査が基本の国勢調査。単身家庭とかの調査は大変ですね。知り合いの単身赴任のかたは、毎週ご実家に戻られています。このような方は、訪問して調査票の配布、回収はほとんど不可能。国勢調査の方法も、すこし考えなければいけないのでは。

| | コメント (4) | トラックバック (10)

2005/10/11

仙台ゆかりのお菓子? 支倉焼です

東京の実家よりメールがきて、東急百貨店で開催している「宮城の物産展」に知らないものがでている、と連絡がありました(笑)。その中から、土産にと買ってみたのが「ふじや千舟」の「支倉焼(はせくらやき)」です。もちろん仙台にゆかりの深い支倉常長にちなんだ名前ですかね。

hasekurayaki

柔らかいクッキーのような生地になかに白餡がはいっている和洋折衷のお菓子です。軽い味わいで、お茶にも、コーヒーにも合いそうです。仙台の甘いものといえば、「萩の月」や「ずんだ餅」「白松がモナカ」が有名ですが、この支倉焼も、おすすめです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/10/07

宮城県知事選挙、ですね

昨日、通勤途中のさくら野百貨店の前に、人だかり。テレビカメラがきて、誰か演説しています。そう、宮城県知事選挙の公示日でした。今月の23日が投票日です。おしかりを受けるかもしれませんが、この選挙、もうひとつピンと来ません。単身赴任者の欠点のひとつに地元との関係が薄い、ということがあります。家族が一緒でないので、ここ仙台、宮城で生活しているという「生活感」があまりない。どこかで仮住まい、という意識があるようです。
でも、それではいけないですね。「河北新報」の夕刊で、候補者の方の経歴、主張をみてみました。私の感じた範囲で書くと、官僚上がりの浅野知事の後継者、宮城県議の自民党推薦の方、それに教員を長らく勤めた方の、三人です。
浅野知事の印象が強いので、後継者はなにかと大変かもしれませんね。浅野さんは、朝のジョギングでよく行き会いましたし(国際センターあたりがジョグコースです)、エルヴィス・ファンの先輩、ということもあって、個人的にはすごく親しみをもっていました。
単身赴任者としても、これからの宮城をどうするか、どの人に、知事の職を委ねるか、きちんと考えなければいけません。

ちなみに、この知事選には楽天も協力。ポスターにも選手が登場しています。これも宮城ならでは、と思います。

poster

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/02

小さな店ですが、見逃せない「らーめん六三四」

前から気になっていたラーメン屋にいってみました。「らーめん六三四(むさし)」です。昼時に店の前をとおりかかったら、繁盛したいたので、美味しいのかな、と思っていました。
先日、県庁近くで仕事があり、ちゅうど昼時だったのでよってみました。店は小ぶり、テーブルが4つくらいと、カウンターが8席くらい。まだ11時45分くらいだったのですが、席の半分くらいは埋まっていました。
席について、頼んだのは「特製六三四らーめん」。

特製らーめん:730円  IMG_3811

薄いスープに背脂、それに太い縮れ麺の組み合わせ。もやしがたっぷりです。とろっと柔らかいチューシューに半熟玉子がのっています。味わいは、東京・恵比寿にある「香月」(仙台にも店がありますね)のラーメンに似ています。背脂がちょっとこってりですが、スープがさっぱりなので、バランスがとれています。
味噌らーめんもあり、今度はこれを食べてみようと思います。おすすめの一軒です。

らーめんや六三四:仙台市青葉区上杉1-3-23

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/09/20

菓匠 三全のずんだまんじゅう

昨日まで3連休でした。今週末も3連休の幸せ。最初の連休は、女房の実家へ。仙台駅でお土産は何にしようかと悩んでいると、ちょっと見慣れないモノを発見。仙台土産としては超有名な「萩の月」の菓匠 三全の店でずんだまんじゅう」なるものを発見。ずんだもちは、いうまでもなく仙台の名物ですが、「ずんだまんじゅう」は、ありそうで、はじめてみました。前からあったかな、と思いつつ、買い求めてみました。

IMG_3759

すごく小さいおまんじゅう。薄緑色の皮で、ずんだがはいった餡がくるまれています。ずんだ餅のような、ヘビーな味わいではありませんが、ずんだの味を充分楽しめます。ずんだ餅が苦手な人にも、おすすめできる、かわいいおまんじゅうです。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2005/09/19

名画の宝石箱:大原美術館展

IMG_3757宮城県美術館で開催されている「大原美術館展」には、「名画の宝石箱」というサブタイトルが付けられています。会場をみると、まさにその言葉が実感できます。大原美術館の至極のコレクションから、82点が選りすぐられて展示されています。その中には人気の高いモディリアーニの『ジャンヌ・エビュテルヌの肖像』もあります。
会場に入るとまずバルビゾン派のコロー、ミレー、印象派のドガ、セザンヌ、ナビ派のボナールなど、19世紀後半の名画が並びます。まずは、わかりやすい絵で、大原美術館の世界へと導いてくれます。
そのあとは、ムンクのちょっと恐い一連の版画や、ピカソのエッチング、赤が印象的なシャガールの『アレキサンドル・ロムの像』など西洋の秀作が並びます。また美術館創始者の大原孫三郎の庇護を受けた児島虎次郎の一連の作品も、存在感があります。特に『朝顔』は、あでやかな朝顔とういういしい和服姿の少女が、まぶしい世界を作り上げています。
紙に木炭、鉛筆、墨などで描かれたマティスの素描。画材の違いにより、作品の印象が違い、面白いです。
アベルの『母と子』は赤、黒の対比が何かを語りかけているような、重厚感のある作品。

日本の絵画は、ちょっとごつごつした作品が、多く選ばれている印象。萬鉄五郎の『雲のある自画像』、梅原龍三郎の『竹窓裸婦』が、特に気に入りました。

ぜひ倉敷の地にいきたくなった、すてきな美術展です。
IMG_3754


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/09/18

大原美術館と、地域創造

昨日から宮城県美術館で「大原美術館展」が始まりました。大原美術館といえば、昭和5年に倉敷の地に開設された日本で初めての私設ミュージアム。この美術展の関連企画として大原美術館理事長の大原謙一郎さんの講演会があり、参加してきました。宮城県美術館の講堂が8割ほど埋まり、席には大原美術館館長の高階秀爾さんの姿もありました。
講演会のテーマは、「美術館と地域創造」。大原美術館の創始者、大原孫三郎を祖父とする謙一郎さん。大原美術館の成り立ち、そして岡山県・倉敷という地方での美術館運営について、熱く語ってくれました。公立の美術館は、いま厳しい運営状況です。作品の新規購入費のここ何年かゼロの美術館も多い。宮城県美術館も例外ではありません。
そのような時代に、大原美術館のような私設美術館も厳しい状況は変わらないかもしれませんが、地域のアート振興のため、頑張って欲しいなと思います。大原さんはこう話されていました。

人の心を豊かにし、美の創造を後押しし、世のため人のために働く美術館。

地域振興と美術館、いましっかり考えたい課題です。

美術展のことは、明日書く予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/14

いまさらですが、ホワイトバンドを手に入れました

IMG_3725前から、気になって探していたホワイトバンド。本屋とか、何軒かみたのですが、発見できず。先日、仙台駅のエスパル内のフランフランでゲット。恥ずかしながら、このホワイトバンドを知ったのは最近。テレビのCSで、アメリカのニューズチャネルCNNをみていると、よくCMが入っています。日本国内のテレビではこのCM見かけたことがない。
この事をご存じの方も多いのでしょうが、このホワイトバンドは【ほっとけない世界の貧しさキャンペーン】のためのもの。ホワイトバンドには「3秒に1人、子どもが貧困から死んでいます。食べ物がない、水が汚い、そんなことで。この状況を変えるには、お金ではなく、あなたの声が必要です。貧困をなくそう、という声を表すホワイトバンドを身につけてください。」というメッセージが込められています。でも、このホワイトバンドのこと、会社の若者にきいたら、知らなかったり、正確に知らなかったり、まだ充分に浸透していないかもしれません。

9月10日にはイベントが全国であり、私は残念ながら参加できませでしたが、ここ仙台でも開催されたようです。このキャンペーン、WEB内のNEWSは、ブログで情報が発信されてます。また仙台でも「ホワイトバンドせんだい」と題されたブログで、タイムリーにニュースなどが公開されています。

このホワイトバンド、批判とかもあるようですが、まずは心の姿勢をただすための道具かなと、私としては感じています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/09/13

フランフランがなくなってる!

仙台の家で使っているグラスを、うっかり割ってしまったので、一番町のフォーラスにあるフランフランにいったら、なんと閉店!え〜、って感じ。フランフラン(Francfran)は、センスがいいので食器とか、小物とか、香りなどをたまに買います。実家のそばの自由が丘にも店舗があり、よく使います。仙台には、駅前のエスパル、長町のモールの中、そしてフォーラスに店舗がありました。その3店舗の中で、近いし、店舗もいちばん広く、重宝していました。

フランフランほど流行を敏感に感じ取り、魅力ある店づくりをするところが、閉店することは、ちょっと意外。超若者向けのフォーラスの中にあったのがいけなかったのか(それも8階とちょっとロケーションが悪い)、それとも仙台に3店舗は、多すぎたのか、ちょっと気になります。東京では景気が回復している気配は濃厚のようですが、仙台にいるとそんな実感はありません。景気のせいでしょうか?

IMG_3705
Francfranエスパル店で買った素敵なグラス。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/09/12

定禅寺ストリートジャズフェスの楽しみかた

この週末、仙台の街は音楽に包まれました。恒例「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」の2日間。定禅寺通りまで至近のわが家では、窓を開けていると、音楽が聞こえてきます。
このジャスフェス、JAZZといっても、ストリートで演奏している音楽ジャンルは、ロック、フォーク、アカペラなど多彩。楽しむほうとしては、飲みものなどを手にして、気に入った音楽が聞こえてきたら、立ち止まって聞き入る、なんて気ままな楽しみかたがいいようです。

IMG_3667    IMG_3686

やはりジャズを楽しみたい、とうことなら定禅寺通りの演奏がいいですね。どのグループもレベルが高く、swingしています。ストリートでの演奏もよかったですが、意外とおすすめなのがメディアテークの1階での演奏。椅子もあって、ゆっくり楽しめます。

IMG_3694
Acoustic 3Dの演奏。チャーミングなボーカルでした。

こんなものをゲット。ちょっとした、記念品かな。ジャスフェスの記念パッケージのキリン・淡麗です。昨日の夜、7時半過ぎに市民広場のところでかったもの。最後の6本(1000円)だったみたいで、売り切れ記念(?)に、実行委員の方に握手してもらいました。

IMG_3699

やはり、生の演奏はいいですね。素敵な週末でした。


| | コメント (28) | トラックバック (7)

2005/09/02

十字屋仙台店閉店と、ダイエー

仙台駅前のデパート、十字屋が11月末で閉鎖されることが発表されました。このデパートは、たまに地下の食品店を利用するだけなのですが、店からうける印象から「厳しそうだな」と思っていました。場所は、仙台駅にいちばん近く、立地条件はよかったのですが、いかんせん店舗に魅力が足りませんでした。
いま、デパートは激しい競争の中にあります。郊外の大規模スーパーとの競合もあり、「河北新報」によると東北の百貨店の総売上高が8年連続で減少しているとのこと。改装、、リニューアルをして、新たな魅力を創出しなければ、生き残れない状況ですね。
十字屋は、ダイエーの子会社。もしもの話ですが、十字屋が他の資本と提携していたら、違う展開になっていたでしょう。ダイエーそのものが、赤字を出している子会社の面倒を見られない状態。ダイエー自身も、仙台だと泉店は閉店です。

ダイエーの仙台店は、会社の帰りにたまに寄るのですが、ここも正直言って「ちょっとな」って感じです。以前は、食料品売場は夜の11時まで営業していたので、便利だったんですが、最近それが10時までに営業短縮。どうも仕入れも絞っているようで、このまえ夜の8時頃いったら、刺身とかはほとんどありませんでした。再生を目指しているんですが、前より顧客サービスは悪化している印象。再生への道のりは、ちょっと厳しいかもしれません。

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2005/08/31

BLOGにみる衆議院候補の方たち(補足版)

先週に引き続き、ブログについて好きにしゃべらせていただいた記事がのっているので、何部も買い込んだ「河北新報」夕刊は選挙一色。それはそうですね、昨日は、衆議院の公示日。うちは青葉区なので、宮城一区らしい。(こんなこともはじめて知りました)昨日の時点で、この宮城一区には候補者は3人。どの方も、私と年が近い40代後半。親しみが湧きます。
どの候補者にするかは、選挙公報とか、政権放送をみて、決めたいと思います。ちょっと興味が湧き、各候補者のWEB、特にブログはあるかな、と探してみました。
民主党の郡和子さん。WEBの中にブログの日記がありました。全部は拝見していないのですが、親しみを感じる日記がつづられています。これからの選挙戦のレポートに注目です。
自民党の土井さん。WEBにはブログはみつけられませんでした。この方は、宮城県議ですが、以前は選挙情報専門サイト・政治家ブログ:ELE-LOGで、ブログをされていたのですが、今はやめちゃっているのでしょうか?
共産党の角野さんは、WEBそのものを発見できませんでした。(もし、あるのなら教えてください)

選挙とBLOG、これは面白いテーマです。候補者の方が、選挙戦、日々の様子を書かれていことは、単に面白いということだけでなく、その方の人となりがよくわかり、候補者選びの大きな参考になると思うのです。
候補者の方はもっとブログを活用されてもいいのではないでしょうか。

追記(上の文章、間違っていたこと書いてます。すみません):つがるさんからご指摘いただきました。公示期間中はネットでの活動は公選法で規制されているとのこと。したがってブログは駄目なんですね、選挙が終わるまで。でも、情報発信のツールとしては、最適のネット、ブログが選挙期間中に使えないのは、法令が時代に即していないように感じます。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2005/08/30

単身赴任と、選挙

今日、衆議院選挙の公示ですね。今回の選挙は、なんというか「劇場化」してしまった政争ですね。誰が刺客なんてこと、言い出したんでしょうね。本来のあるべき選挙、とは到底思えません。
さて、先週「単身赴任と、住民票」について書いたんですが、私は住民票が仙台にあるので、選挙はここ仙台の候補者に投票。これには、ちょっと困ってます。どの候補者を選ぶか、決めかねます。国会議員とえども、地元との関わりを重視して選びたいところ。まだ仙台、宮城の地元事情にあまり詳しくないので、なにが今問題なのかがよくわかっていません。単身赴任の身なので、地域との関わりが薄く、もう一つ地元の事が実感としてとらえられません。
まずは、選挙公報と、候補者のWEBを拝見して、決めるしかなさそうです。

【ちょっと宣伝】
ちなみに、今日の「河北新報」の夕刊に、仙台のブログをやられている方たちとの座談会の後編が載る予定。よかったらご覧になってくださいませ。(河北新報のWEBにもアップされるはず)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/08/25

隠れ家のような焼き鳥のお店:火鳥

ときどきお邪魔する「ぶらっと! 仙台横丁」さんのブログで知った焼き鳥屋さんに、昨晩いってみました。「火鳥」(HINOTORI)お盆の前の金曜に、会社の同僚といったのですが、満席で入れませんでした。ちょっとびっくりしたのは、そのとき生ビールの無料券をもらったこと。なかなかの心遣いです。
場所は、三越の裏手の東一市場の向かい側です。以前紹介した「めしのかどや」の向かい側ビルの2階です。お店に入ると、ちょっと暗めで雰囲気があります。カウンター席に8人くらいと、テーブル席に8人くらい座れるかな。こぶりのお店です。
焼き鳥6本コースを注文。焼き方も、塩加減ほどよく、美味しいです。焼き鳥ながら、上品さが感じられる串が供されます。お酒は、日本酒、焼酎が中心ですが、珍しい銘柄が並びます。日本酒はほとんどが知らないものでした。雑誌KAPPOの最新号に掲載されています。マスターとお話したところでは、「あまり載りたくはなかったんですが・・・」とおっしゃってましたが。
1人でも、カップルでも、女性同士でも、気軽に焼き鳥が楽しめるお店ですね。

IMG_3565

火鳥:仙台市青葉区一番町4丁目6-15  022-267-0071

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/08/24

河北新報掲載で、ブログについて思うこと

IMG_3568 昨日、盛岡から仕事で仙台に戻ったのが、夜8時過ぎ。明日のブログのネタはどうしよう、なんて思いながら、駅の売店で「河北新報」夕刊を買ってみると、なんとこの前参加させてもらった座談会の記事が載っている!盆明けには掲載されると、なんとなくお聞きしていたのですが、「まさか今日とは」。恥ずかしいですね。

記事は、2回にわけて掲載されます。来週の火曜に、続きが載るようです。また、河北新報のWEBの「ネットひろば」にも同じ記事が載ってます。

続きを読む "河北新報掲載で、ブログについて思うこと"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/23

ニューウエーブ半田屋の価格破壊力

通勤経路に途中にあったどんぶりめしの「半田屋」がリニューアルオープン。これが、これまでの半田屋とはかなり違った店舗です。セルフサービスではなく、吉野家みたいにカウンターがあり、おねえさんが注文をとる形式。メニューから選ぶのですが、定食が中心です。180円、250円、350円の各定食。180円はジャンボコロッケ定食、納豆定食など。250円は唐揚げ定食、肉じゃが定食、野菜炒め定食、350円はハンバーグ定食、焼き魚定食など。また、ラーメン200円、そば、うどんは120円、カレーライス250円。どれも安いです。
セルフサービスの半田屋価格を、この店舗でも実現。この価格で、儲かるんでしょうか。びっくりです。

IMG_3562
野菜炒め定食:250円、納豆をつけても300円!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/08/10

「河北新報」で、座談会に参加してきました

このブログをやっていると、思ってもなかったことが起こります。今年の2月には、宮城県の地元紙「河北新報」の取材をうけ、夕刊に載せてもらいました。(以前の記事はこちら)これは夕刊紙の「ネットひろば」の『ブログ仙台発』という企画の、栄誉ある(?)第一回目として掲載されました。
ひと月ほど前、取材していただいた記者さんより連絡をいただきました。それは、この『ブログ仙台発』は、残念ながら終わることになり、その最終回として、これまで紙面に登場したブロガーによる座談会を企画しているので、参加して欲しいとのこと。え〜って、感じですが、まだお会いしたことのないブロガーの方とお話できる機会なので、お受けしました。
昨日、その座談会がありました。参加されたのは、「ヨシオトオルが行く」の吉尾さん、「アームレスリング日記」の増戸さん。河北新報の方を交えて、2時間ほど楽しくお話させていただきました。(あんな、勝手な内容でよかったのででしょうか?)
ともあれ、仙台でブログを作られている方とお話させていただいたのは、貴重な体験でした。新聞には近々、載るようです。ちょっと恥ずかしいですね。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2005/08/09

ごまそばが美味しい「養生庵」

仙台も暑い日が続きます。暑い日には、やはり冷たい蕎麦が食べたくなり、先週末家のそばのそば屋さんへ。ここは「ごまそば」が売りの店。「養生庵」という、ちょっと風情のある名前です。
「ごまそば」は、蕎麦に黒胡麻を混ぜ込んで、うってあるもの。

IMG_3454

のどごしが爽やかなお蕎麦です。ここでは野菜天そば、じゃこ天そばなどがおすすめ。また、サイドメニューで、小さな牛丼、カレー丼、高菜ごはんなどもあり、メニュー選びも楽しい。
うちの近くの本町店と、仙台駅東口そばのMTビル(森ビル)にもお店があります。森ビルのお店は、会社のそばなので、昼ご飯に利用しています。
東京などに比べると、蕎麦屋さんの数が少ないの仙台では、貴重なお店かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/07

秋田の「あじゅうり」って?

昨日、果物屋さんの「いたがき」で、ちょっと変わったものを見つけました。その名も「あじゅうり」。秋田産なのですが、見た目はちょっと細長い瓜です。

IMG_3456

一個380円なり。朝食のあと、食べてみました。

IMG_3464

まだ、ちょっと食べ頃より早かったのか、少々固め。味は、やはり瓜っぽい。この「あじゅうり」、ネットで検索してもヒットしないのですが、最近でてきた果物なのでしょうか?ちょっと不思議な果物(野菜)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/06

仙台七夕まつり、スタバも飾りに参加

IMG_3451昨日、札幌から夜の8時過ぎに仙台へもどると、仙台駅の周辺はすごい人出。七夕まつりの前夜祭の花火大会の日だったんですね。残念ながらみられなかったです。
今日から七夕まつり。うちから一番町までは近いので、朝クリーニング屋さんにいきがてら、見物してきました。まだ、10時前だというのに、かなりの人です。今年は、前夜祭が金曜、七夕が土曜から三日間と、いい巡り合わせです。
七夕の飾りは、お店とか、企業が独自にものを作っていて、よくみると、デザイン的になかなか凝ってたりします。
たとえば、スターバックスも参加。テーマカラーの緑を使った、お洒落な飾りです。

IMG_3447

個性ある飾りを探すのも、七夕の楽しみです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/07/29

辛口のお土産は長茄子漬で

この季節、仙台の八百屋さんでは長なすを見かけます。日本の茄子の種類は、かなり多いようです。仙台長なすをはじめとして、南部長なす、秋田長なすなどのあるようです。(農業産業振興機構のWEBに詳しいです)
この仙台ながなすを使った「長茄子漬」は、隠れた仙台土産といっていいのでは。この長茄子漬、仙台駅でも大々的に売られいないので、ともすると見逃してしまいます。初めて買ってみました。

naganasu

ちょっと辛めの、茄子の漬け物です。ご飯のお供、酒の肴にはぴったいです。これは「ゆたかや」のものですがWEBには長茄子漬けの歴史がありました。
甘い物が苦手な方には、おすすめの仙台土産かもしません。

ゆたかや

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005/07/28

「なんばん」って、青とうがらし?ねぎ?

先週末、まえから気になっていたラーメン屋にいってみました。県庁のそばの「花やぐら」というお店。ここは「なんばんラーメン」が名物。仙台の街で、たまになんばんラーメンの店を見かけます。東京近辺だと、私の知ってる限り、なんばんラーメンが食べられる店はないです。
「みそ野菜ラーメン」のをたのんでみました。メニューには『なんばんとはねぎのことです』とあります。

hanakagura

ねぎがたっぷりのっていて、そこに一味唐辛子がかかっています。要はちょっと辛めのねぎ味噌ラーメンみたいな味です。スープはあっさりして、美味です。
ところでこの「なんばん」の意味なんですが、例えば「鴨なんばんそば」のなんばんはねぎですね。でも、仙台名物の牛タンに欠かせない付け合わせの「味噌なんばん」、このなんばんは青とうがらしですね。青とうがらしを味噌づけしたもの。なんばんの意味は、広いのでしょうか。

また、仙台で私がお気に入りのラーメン屋「こうしゅう」の「にらなんばんラーメン」。このにらなんばんは、にらキムチです。そうすると、「なんばん」の意味は・・・・?よくわからなくなってしまいました。どなたか教えてくださいな。

花やぐら:仙台市青葉区本町3-2-12

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/25

街の中の彫刻:佐藤忠良の作品に気づきました

うちからはすぐそばある仙台タワービル。隣が旧中央警察署です。ここの一階にサンクスがあり、国分町の帰り(?)によったりします。このタワービルの一階のエントランスにさりげなく彫刻があります。先日、よくみてみたら、これが佐藤忠良さんの作品「娘の像」。佐藤忠良さんといえば、宮城県出身の著名な彫刻家。私はなんとも彫刻には弱いのですが、手元にある『日本の美術館をを楽しむ』(朝日新聞社)では「塑造による具象表現に徹し、写実とヒューマニズムに基づいたブロンズの人間像を発表してきた」とあります。
宮城県美術館には佐藤さんからの寄贈作品に基づき、「佐藤忠良記念展示室」があります。ここ一回いきましたが、印象に残っていません、やはり、私にとって彫刻は勉強が必要なようです。
この「娘の像」は、ほとんどなにも身につけていない少女が表現されています。
こんな場所に、さりげなくある彫刻。なにかいいな、と思いました。

IMG_3400


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/24

ビッグイシュー 日本版が仙台でも販売

IMG_3398ホームレス自立支援のための雑誌「ビッグイシュー」が、昨日から仙台でも売られています。このことを、せんだいメディアテークにおいてあったチラシ(右の写真)で知り、141の前で販売されていた方から買ってきました。このチラシのよると、市内10カ所で販売されています。河北新報のネットでの記事(コルネット)によると、

仙台市内のホームレス10人がこの日、午後2時から約3時間、仙台市中心部など10カ所で街頭に立ち、「ホームレス支援の雑誌です。よろしくお願いします」と声を張り上げた

とあります。また仙台には昨年12月の調査で253人のホームレスがいるとのこと。
最新号のビッグイシューの特集は『非日常の夏休み』、インタビューはOASIS。以前も取り上げましたが、商業雑誌としてみると、デザインとかにもう少し凝って欲しいな、と思いますが。
ホームレス支援という観点では、ここ仙台でもぜひ成功して欲しい。これから、街頭で見かけたら買ってみようと思います。

IMG_3395


ちなみに販売場所などのお問い合わせは下記のところです。
ビッグイシュー仙台販売事務局 050-3364-7160 mail:bigissuesendai@logtime.jp

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2005/07/18

「甘仙堂」のくるみゆべしとごまゆべし

以前、イトーヨーカドーでの諸国うまいもの市で販売されていた川口納豆を取り上げましたが、その時にいっしょにあった、「甘仙堂」のくるみゆべしとごまゆべしをお土産に買ってみました。仙台駅一階のエスパルの名店街でうっていました。

yubeshi

くるみゆべしは、もちっとした食感、ごまゆべしは、くるみが入っています。なかなか。福島、岩手にもゆべしは多いですが、宮城県にも美味しいゆべしが多いようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/14

ほやの不思議な味

一昨日、同じ単身赴任の境遇でブログをされている「単身赴任医」さんと一杯。仙台駅で待ち合わせだったので、そのあたりで店をさがすことに。仙台駅の周辺って、意外と店がないような気がするんですが。
そこで、いつもいくとこが決まってしまいます。名掛丁の「大ばん」です。以前「仙台・幸町から写真日記」のsendai-saiwaiさんも取り上げていらしゃいましたが、落ち着いたいい店です。会社のメンバーともよくいくのですが、ある人のお薦めは「さば赤味噌煮」。仙台味噌を使って、いい味をだしてます。
仙台、宮城の地物にほやがあります。ちょっと珍味に近い、個性が強い海産物ですね。独特な風味で、新鮮なものは美味しいです。(新鮮じゃないのはダメですね)この日食べたほや酢もなかなかです。

IMG_3231

このほか、この時期はカツオの刺身も旨かったです。楽しい一夜でした。(単身赴任医さん、ありがとうございました)

大ばん:仙台市青葉区中央1−6−7

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2005/07/13

宮城県美で一人のギャラリートークは

この前の日曜日、宮城県美術館のギャラリートークがあるのを知り、いってみました。午後1時からだったのですが、まずは受付のおねえさんに、集合場所を尋ねてみると「・・・?」って感じで、すぐにわかんなかったです。結局集合場所は常設展の入り口のところ。で、いってみると参加者は私ひとり!担当の学芸員さんとマンツーマンになってしまいました。学芸員さん曰く「参加者は1人とか、ゼロのことも多い。たまに10人くらいのときがあって、そのときはあがちゃうんですよ」と。1対1になってしまったので、私の個人的な美術のバックグランドをお伝えして、ちょっと贅沢なツアーをしていただきました。
あたりまえですが、学芸員さんは展示してある絵のことは詳しい。一人でみるのでは、到底わからないことを、たくさん学ばせてもらいました。個々の絵のこともそうですが、ツアーの最初に教えてもらったことに、興味深いことがありました。それは「宮城県美術館」は、「宮城県立近代美術館」といったほうがその概念が正確に伝わる。つまり、県立=税金で運営している、近代=所蔵作品は近代以後のもの。なるほど、と思いました。
ともあれ、これだけの知識が得られるギャラリートーク、利用しない手はありませんね。また、決められた時間以外でも、お願いすれば作品解説をしてくれるとのこと。また、お願いしようと、わがままに思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/11

冷やし中華発祥の店にやっといきました!

仙台にある「龍亭」という北京料理のお店が、冷やし中華発祥の店ということ、ご存じですか?仙台の転勤になったときに買ったガイドブックで知り、そのうちいってみようと思っていたのですが、いかないままはや15ヶ月。昨日、いってみました。11時半開店とのことで、11時40分ころいったらすでに、先客が2組。どうも観光の方らしい。席についてメニューをみると「涼拌麺」(冷やし中華)があり、「ごまだれ」と「醤油だれ」の2種類。ごまだれを注文。
待っていると、まずはお皿に盛られた具が出てきました。錦糸卵、ロースハム、くらげ、蒸し鶏、きゅうり、チャーシューの6種。そしてすぐに麺が登場。麺には海老とレタスがのっています。
IMG_3229

具をどうしようかとちょっと迷いましたが、全部麺にのせました。かき混ぜて、麺を食べてみます。ごまだれが、まろやかで美味しい。麺はちょっと細めです。
さすが、元祖のお店と思わせる味です。でも1260円はちょっと高いかな。

龍亭WEB

| | コメント (18) | トラックバック (3)

2005/07/09

小さいながら充実のめし処:かどや

IMG_3211一番町、三越のそばに「東一市場」というちょっと不思議なゾーンがあります。狭い路地に、バー、串揚げ屋などの飲食屋や、ペットショップ、フィギュアの店などが混然と並んでます。その中に「かどや」なるめし屋があります。以前から気になっていたのですが、今朝入ってみました。
店内は15人も入ればいっぱいの、小さな店。でも、カウンター、ケースにおかず、総菜などがたくさん並んでます。ざっとその種類は、50種以上。焼き魚、煮物、サラダ、小鉢類など選ぶのに迷います。品数は、仙台の名店「はんだや」より多いのでは。
IMG_3212迷った末、チョイスしたのは、「鮭」、「ラジウム卵」、「切り干し大根」とご飯(小)と味噌汁をつけて、640円。値段はほどほどですが、この品数の多さはちょっと驚きでした。
朝は、7時前からやっているようで、店内は徹夜明けの若者で賑わっていました。かなりディープなめし屋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/08

「仙台学」とは?

先週末、仙台駅前のジュンク堂書店を散策していたら、ちょっと気になる雑誌を見つけました。そのタイトルは『仙台学』。創刊号とあったので、思わず買ってしまいました(創刊号というのに弱い)。以前、本屋で「東北学」なる雑誌(書籍?)を見かけたことがありますが、仙台学なるものは、はじめて。仙台のコト、研究しよういうのでしょうか。内容は雑誌ふうの作り。巻頭のエッセーは直木賞作家の熊谷達也さん。熊谷さんは対談記事にも登場。またこれも地元の作家・伊坂幸太郎さんのエッセーもあります。
巻頭のグラビアは、昔の仙台の写真です。また、特集は「路地から始まる」なるもので、仙台の路地についての取材を中心とした記事です。
なんとなく、昔を懐かしむ感覚の記事が多いような気がしますが、これが編集方針なんでしょうか?「仙台学」という学問風のタイトルに対して、レトロ風の記事がちょっと合わないような。次号予告も掲載されていなかったんで、今後どんなタイミングで続くのか、しりたいところです。

IMG_3207


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/07/06

国分町の隠れ家?「いち政」

IMG_3201仙台に転勤になったときに、会社の人に国分町にある居酒屋さんを紹介してもらいまいした。それ以来、15ヶ月がたち、やっといってみました。「いち政」という屋号のお店です。国分町の「すずらん通り」にあります。(すずらん通りってどこ?という人も多いですよね。国分町通りと稲荷小路を結ぶ狭い小路です)
この「いち政」、店内は10人ちょっと入ればいっぱいのスペース。小さいがゆえに、とても落ち着きます。ここのおすすめはやはり新鮮な魚介。この日は、カツオ、ヒラメのお造りが美味しそう。また、クジラ関連のメニューもあり「クジラの竜田揚げ」なんていう懐かしいものもありました。お酒は浦霞でした。また、ご主人自らが打つ蕎麦もあります。残念ながら、お腹がいっぱいで食べられませんでしたが。
店内をみると、ちょっと小粋な画が描かれた提灯が。

IMG_3202

ご主人に尋ねてみると、松下紀久雄さんいう画家さんの画だということ。この松下さん、推理作家として有名な佐賀潜さんの弟さんだそう。(WEBもありました)

ひとりで、ぶらっと酒と料理を楽しむのは、いい一軒です。

いち政:仙台市青葉区国分町2−10−32 電話022-295-4156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/05

仙台の野菜が安いらしい

先週末、久し振りに「仙台朝市」にいってみました。この市場、好きなんですよね、活気があって。私の得意なパターンは、土曜日の夕方5時前後にいって、値引きモードに入った野菜、果物を仕入れること。相変わらず、安かったですよ。なんでこんなに安いのかな、と思って、持てないくらい買い込んできました。
昨日の河北新報の夕刊に、こんな記事が。「野菜激安−農家『箱代も出ず』」と。この記事によると、

仙台市内での野菜の価格が下落している。全国的な豊作に加え、六月以降の好天で地場産がまとまっているからだ。

ということらしい。仙台朝市の値の例が記事になっていて、「きゅうり一山5本150円、ブロッコリー2個で百円、なす一山(6個)が百円」とか。私も、空豆が山のようにはいっている袋を105円、ほうれん草2把で100円で買いました。ここ、3年くらいではいちばん安いらしいです。
ただ、単身独り者には、山のような量があっても、使い切れない。ちょっと残念です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/06/29

宮城の地酒と、旬の料理がそろう店

IMG_3185昨日は久しぶりに飲みに出ました。仙台で飲み屋街が多いのは、もろろん国分町ですが、仙台駅のそばにもいい店があります。おすすめなのは、アーケード街、クリスロードそばの『自遊庵 ねぎぼうず』です。
この店は、旬の素材を使った料理が、かなり美味しいです。付き出しは、うにという豪華さ。これ、がせうに、っていうんでしょうか。こくと旨味があって、美味。
また、お品書きにも魅力的なものが並びます。例えば、昨日頼んだもののひとつ、「根曲がり竹」。小さな竹の子です。これを茹でてあるのを、塩をつけて食べると、いいです。

IMG_3188


また、ここは地元宮城県の地酒にこだわっていて、15種以上のお酒がそろっています。有名な「浦霞」、「一の蔵」や、飲んだことのない「夢幻」「宮寒梅」といったものまであり、全部試してみたくなります。

和風の店内ながら、ジャズがかかっていて、落ち着いて楽しめる店です。

自遊庵 ねぎぼうず:仙台市青葉区中央2-6-22  tel 022-262-4355 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/17

「力寿司」のパワーランチ

毎回、楽しい仙台の写真と記事を紹介されている『仙台・幸町から写真日記』さんが「力寿司」のことを書かれているのを拝見し、久しぶりにお昼を食べにいってみました。(「まいうー」の旗があがってましたよ)会社のそばなのですが、昼時は混んでいるので、たまにしかいきません。

注文したのは、日替わりランチで、ちらしと魚のあら汁のセットで、850円なり。
chikarazusi

この「力寿司」のランチメニューの特徴は、種類が豊富なこと。メニューを数えてみたら、30種類近くありました。握り寿司はもちろん、海鮮丼系や、寿司と天ぷら、そばのセットもの、さらにはチャーハン、チキンカツといった寿司屋に全然関係ないメニューもあり、量的に充実。魚が苦手な人でも(?)、楽しめます。でも、ランチのおすすめはやはり、握り寿司です。ボリュームがすごい。この店の魅力は、単品でも、メニューの数でも、とにかく「多いこと」が売りかもしれない。でも、味を求める人は、ちょっと物足りないかも。

☆以前書いた「力寿司」の記事はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/10

仙台地下鉄の東西線の行く末は

IMG_3046地元仙台の雑誌に「仙台経済界」というものがあります。前から本屋やコンビニで見かけていたのですが、買ったことはありませんでした。先日、その臨時増刊号の『仙台のプロジェクト』と題された一冊を発見(?)、思わず勝ってしまいました。これから仙台で計画されているプロジェクトを特集したもの。なかなか興味深い内容です。
この『仙台のプロジェクト』の目玉は、地下鉄東西線の動向。新たな地下鉄は、仙台西部の八木山公園付近から東部の荒井までの約14キロを結ぶもの。10年後の2015年の完成を目指しているとか。総事業費は2753億円にもなるプロジェクト。
注目したいのは、その採算性。現在ある地下鉄も、昼間とかに仕事で利用することがあるのですが、けっこうすいてます。電車の運行頻度も、たとえば夜の帰宅ピーク18、19時台でさえ、7分間隔です。この雑誌の記事によると、当初見込んでいた一日の乗降客数16万人も、実態はその半分以下とか。ということは一日8万人弱? 計画されている東西線は一日11万9千人を見込んでいるとのことですが、現状の地下鉄の数字をみると、ちょっと見込みが甘いのでは、と思います。
来年度には着工するという地下鉄新線ですが、ほんとに採算性が検討されているのか、ちょっと心配になっています。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/06/03

仙台の銀行事情について

とあることで、みずほ銀行で振り込みをすることに(みずほ銀行から振り込むと、手数料がただだからなのだが)。調べてみると、みずほ銀行は、宮城県には、仙台に支店が一店舗あるだけ。たしかこの銀行、大手の銀行が合併したバンクのはずで、仙台のような大都市に、支店がひとつとは不思議。そのせいか、昼頃いくと、ものすごく混んでいたりします。わが実家がある東京の自由が丘には、狭い街なのに、みずほの支店は2つもあります。
同じように、都銀の三井住友銀行東京三菱銀行UFJ銀行も仙台にはひとつしかありません。それぞれ、合併してできた銀行なのに、何故でしょうか。店舗を統合してしまったのでしょうか。
宮城では、コンビニにATMもないですし、このバンク環境、ちょっと不思議です。

| | コメント (14) | トラックバック (3)

2005/05/27

ミルキーウエイと仙台ファミレス事情

仙台では、ファミレスに入ることはあまりありません。ファミリーレストランだから、1人では入るのは、ちょっと、というわけではないのですが・・・。仕事が遅くならなければ、夕飯は外食しないことにしているせいかもしれません。
先日、会社のそばにある「ミルキーウエイ」というファミレスに初めて入ってみました。このファミレス、東北ではよく見かけます。東京にはないのか、と調べてみたら東北一円と何故か栃木だけにある。かつてはスーパーのダイエー系だったようですが、いまは違うみたいですね。
この「ミルキーウエイ」は、ハンバーグ、ステーキなどが主体のレストランです。ランチタイムにはサラダーバーが336円で食べられるのが、いいですね。野菜をたっぷり食べたい人にはおすすめ。

ハンバーグが売り、お味はまあまあです

IMG_2967

ちなみに宮城県にはデニーズがありません。隣県の福島にはあるのに、何故でしょう。洋食系のファミレス大手で、仙台で見かけるのはガスト、ロイヤルホストそれにCOCO'Sくらいですね。クルマで走っていても、ファミレスは少ないような気がします。やはり地元の大御所「半田屋」が強いんでしょうか?

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2005/05/26

楽天イーグルスのSUICAを買いました

久し振りに連勝した楽天イーグルスです。お祝いにグッズをご紹介。いつのまにか種類が増えました。前は地味な色だなと思っていたチームカラーのエンジ色も、市内各所で見かけるようになるとそんなに気にならなくなりました。
グッズといえば仙台駅で面白いものを見つけました「楽天イーグルス応援Suicaイオカード」です。JR東日本のWEBでみると、発売されているのは仙台駅など宮城県内の10駅。また、2万枚の限定販売とのこと。でも、3月27日から販売をはじめているようですから、かれこれ2ヶ月。そんなに売れていないでしょうか。
ちなみに、このSuicaはデポジット500円を含んで、2000円。使おうか、記念にとっておこうかちょっと迷ってます。

右がSuica、左がスキップカード
IMG_2972

また、仙台周辺のバスと地下鉄に使えるプリペイドのスキップカードにも楽天イーグルス版がありました。これは『イーグルス宝さがし』のイベントに使うカードだってようですが、イベントは終了してしまいました。

そろそろ気候も暖かくなってきたので、球場まで足を運ぼうかな。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005/05/25

十字屋のデパ地下は、使い出があります

以前、仙台のデパ地下のことを取り上げたとき、何故か割愛してしまった「十字屋」。このデパート、場所は駅前にあるのですが、ちょっと地味です。確か、スーパーのダイエー系列でしたか。sashimi

ここのデパ地下、意外と実力の持ち主(十字屋の関係者の方、すみません)です。昨日、会社の帰りの寄ってみました。ここの鮮魚は種類も豊富で、値段もリーズナブルです。昨日ゲットしたのは「きびなごの刺身」、定価はsawara
250円ですが、閉店間際だったため、150円。また宮城産の「さわら」を買い、焼いてみましたが、美味でした。

野菜類も、値段はスーパー並。一パック379円の亘理産とちおとめを買いましたが、新鮮でした。スーパーのDでは、安いいちごは悪くなりかけだったりするのですが、ここはそんなことはありません。

十字屋のデパ地下、店内はちょっと狭く雑然としているのですが、うまく買い物をするとスーパーよりいかもしれしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/19

仙台でのCD、DVDの買い方

実は私、歌手エルヴィス・プレスリーのファン歴30年以上なのですが、今年は生誕70年の記念すべき年。ちなみに、浅野宮城県知事も、小泉首相もエルヴィスの大ファンとういのは有名な話し。前置きはさておき、この生誕70年を記念して、本国アメリカでエルヴィスの妻だったプリシラや、マイケル・ジャクソンと一時結婚していた娘のリサ・マリー・プレスリーなどにインタビューした特集番組が放映されたようです。そのCDとDVDがアメリカで発売されているので、一番町のHMVにいってみたのですが、ありませんでした。そこでAMAZON探してみたらCDはすでの日本に在庫があるようで「通常24時間以内に発送」との表示。で購入。このような特殊なものは、やはりAMAZONがいいです。

IMG_2841

仙台には、CDショップはHMV、タワーレコード、VIRGIN MEGA STOREと大所の輸入ものを扱う店は揃っています。私としては、規模がいちばん大きいHMVの一番町店を利用することが多いです。あらかじめ買うものが決まっているときは、AMAZONでいいのですが、ぶらっと店によって、気に入ったものを選びたい、というときは、やはり普通のショップの方がいいですね。
その点、仙台は比較的CD店事情は恵まれているのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/17

アートスペースとしてのメディアテークは?

一昨日、青葉まつりで賑わう定禅寺通のメディアテークにいってきました。目的は先日紹介した「幻のつくば写真美術館からの20年」の関連シンポジウム:国際シンポジウム「東アジア写真都市ネットワーク会議」(−越境する視点−ソウル、香港、台湾 隆起する写真都市)をきくためです。韓国、台湾より写真評論家の方が来られて、それぞれの国の写真界の現状や、作品を紹介していて、とても勉強になりました。

IMG_2849

ただ残念ながら、参加者は少なかったですね。これだけのシンポジウムを企画したのに、もったいない。前にも書いたように、写真展そのものも来場者は多くありませんでした。また、この日の同時刻には宮城県美術館では国立西洋美術館の中村氏による「今日の安井曾太郎」と題された講演会がありました。なんで、同じ時に行ったのか、ちょっと疑問です。私としては安井の講演も聴きたかったところです。
「せんだいメディアテーク」の5,6階はギャラリーとして、写真展、美術展が行われています。何回かいきましたが、今回の「つくば写真美術館からの20年」のような、充実したいい企画も多いです。しかし、来場者は多くないです。メディアテーク側は、もっと宣伝、広報活動に力をいれてもいいのではと思いますし、地元の人も、もっとこのギャラリーのイベントに注目して欲しいところ。
このギャラリー、もっとアートスペースとして、活用して欲しいなと思います。ここ仙台には、美術作品を提供する場としては、宮城県美術館と仙台市立博物館があります。この2つの館では、100万都市仙台の美術環境としては充分とはいえないのでしょうか。関係者にも、メディアテークをもっと美術展の場として使って欲しいと、願っています。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/16

仙台で、青葉祭り初体験です

この時期、お祭りのシーズンです。京都では「葵祭り」、東京では「神田祭り」がこの週末ありました。仙台では「青葉まつり」が開催。昨年は見損ねているので、今回が初めてです。
このお祭りは「山鉾 巡行」と「すずめ踊り」が見物。とくに伝統芸能である「仙臺・すずめ踊り」は、この青葉まつりのメインイベントのようです。「すずめ踊り」っていうのちょっと肩の力が抜けている感じのネーミングですが、400年以上の伝統があるもの。

suzume5  suzume2 
suzume4
  suzume3

このすずめ踊りは、団体戦のようです。一チーム30〜50人くらい。踊る人と、お囃子担当の人、それに旗を持つ人がいます。踊る人は、大きく裏表で色の違う扇子を使いながら、躍動感のある動きです。お囃子は、笛、太鼓、鐘などの構成。お囃子もシンプルな音で、陽気な音を奏でます。踊りそのものは、簡単そうですが、踊ってみると難しいのかな。
踊りを見ていて思ったのは、衣装がそれぞれの団体ごとに凝っています。色、デザインも個性があり、みていて楽しいです。
ひとつ不思議に思ったのは、踊り手の大半が女性だったこと。男性の踊り手は極めて少なかった。何故かな?

| | コメント (16) | トラックバック (3)

2005/05/15

甦る「つくば写真美術館」

仙台のメディアテークで、「幻のつくば写真美術館からの20年」と題された写真展が開催されていて、昨日みにいってきました。この『つくば写真美術館』とは1985年に行われた「科学万博ーつくば’85」の開催に合わせ、期間限定で開館されたもの。この美術館では「パリ・ニューヨーク・東京」という写真展が開催されました。3つの都市の写真家170人、400点の作品が展示。
この、「幻のつくば写真美術館からの20年」は、当時の写真に加え、85年のつくば写真美術館以後の作品を加えた250点を展示しているのものです。写真展は『第1部 「85/」復活! 幻のつくば写真美術館』、『第2部 「/05」ニュー・ジェネレーション 継承者たち』の2部構成になっています。

IMG_2844
前置きがながくなってしまいましたが、これだけの写真家の作品がみられる写真展は、東京でもめったにありません。印象に残った写真を簡単に触れてみます。第1部では、マン・レイの「白と黒」は不思議な女性ポートレイト。水俣病の報道で有名なユージン・スミスの「楽園への道」は心に引っかかる一枚。木村伊兵衛の作品は3点、その中でも構図の妙と、人物の表情に引かれる「青年」がいいです。桑原甲子雄の「薬局」は不思議な世界を醸し出す佳作。荒木経惟 の「『少女世界』より」(上の写真)は、自身がモデルとなったアラーキーワールド。第2部では、森山大道の作品にひかれます。3点の作品のうち「五所川原」は写真の中に入ってしまう錯覚に陥ります。オノデラユキの「関節に気をつけろ」は、モノクロの奇妙なメッセージ作品。

この写真展は当時「パリ・ニューヨーク・東京」が宮城県美術館の協力で行われたため、仙台で企画されたようです。これだけの写真展ですが、広い会場には5人ほどしか鑑賞者がいませんでした。ちょっと残念です。首都圏には巡回されないんでしょうか? 見ごたえのある写真展です。

幻のつくば写真美術館からの20年WEB
この写真展のことをかかれているブログにTBさせていただきます。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/05/14

餃子の専門店:おゆき

餃子が食べたくなって、国分町の「おゆき」にいってみました。ここは餃子専門店で、餃子以外はおでんくらいしかお品書きにありません。カウンターだけの大きくない店です。「おゆき」という店名から、おばちゃんがやっているのかなと思ってはいると、餃子を焼いてくれるのは、若いおにーちゃんでした。

IMG_2829

お皿にのってきた餃子は、ちょっと小さめ、いにら、にんにくの味がかなりきいています。ビールとよく合います。10個で500円。餃子とご飯などがセットになった「餃子定食」もあります。
ただ、この店夜だけの営業なのが残念です。

おゆき:青葉区国分町2-1-26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/11

ごみの分別、仙台の場合は

先日、台所の食器用水切りかごを処分しようと思い、どのゴミ収集日かなと確認してみたろ、ちょっとおかしことに気がつきました。仙台のごみ分別は「家庭ゴミ」(週2回回収)、「プラスティック製容器包装」(週1回収集)、「缶・びん・ペットボトル・廃乾電池類」(週1回回収)に分かれています。この「家庭ゴミ」は、いわゆる可燃ゴミ、「プラスティック製容器包装」は不燃ゴミ、だと思うのですが、この家庭ゴミに生ゴミ、紙くずなどに加えて『容器包装以外のプラスティック製品』も入ります。たとえばおもちゃ、ビデオテープ、CD、MDなどはこのプラスティック製品。あと、アイロン、ポット、かさ、更に化粧品の瓶までも捨てていいとのこと。(市の資料による)
私の常識だと、生ゴミと一緒にすてていいのは、、紙くずやせいぜい衣類くらい。ちなみに実家の東京・目黒区では可燃ゴミは『生ごみ、少量の樹木の枝・葉(10kg以下程度)、再利用できない紙くず、食用油、衣類・紙おむつ など』となってます。(目黒のゴミWEBはここ
今更ながらですが、ゴミの分別の仕方は、自治体のよってずいぶん違うんだな、思いました。

仙台のゴミ減量サイト:ワケルネット

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2005/05/09

安井様式の魅力:安井曾太郎展にいく

梅原龍三郎と並び、日本の洋画界を代表する画家、安井曾太郎の没後50年を記念した「安井曾太郎展」が宮城県美術館で開催されており、きのうみにいってきました。安井の絵は、何点かみていると思いますが、この美術展では時系列の安井の系譜をたどり、作品をみることができます。
安井の作品は「安井様式」と表現される独自のスタイルをもった油絵です。この「安井様式」ということ、はじめて知ったのですが、どういうものか、会場の解説を引用してみます。

あざやかな色彩に白や黒を併用して強い対照を持ち込み、同時に大胆な省略とで形態をデフォルメする

安井の作品は肖像画に特徴があります。代表的な「金蓉」は明暗のコントラストを抑え、色彩を生かした作品。その鮮やかさが印象的です。また「座像」はビビッドな色彩と、強い輪郭線、描かれた女性の個性的な表情は、単なる肖像画とは思えないメッセージを感じます。
また、安井の静物画はその構図に特徴があると思います。「卓上静物」や「桃」は、不安定な構図と、白いテーブルが印象的。これも、大胆な輪郭線が描かれ、独特の画風を作っています。また、風景画で印象に残ったのは「霞沢岳」、何種類もの緑色で描かれた、静かな印象に風景画です。

安井の作品を時系列にみて、安井のすごさがわかりました。見ごたえがある美術展です。

IMG_2811


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005/05/08

古い味わい:元祖 炉ばた

かつてよく「炉端焼き」の店に飲みにいきました。カウンターの中で、魚、野菜などを焼いて、焼き上がると長い棒にのせて出してくれる。オープンキッチンの元祖かもしれません。最近はあまりみかけなくなりました。
仙台の国分町に「元祖 炉ばた」という店があります。ガイドブックなどで見ると、「炉ばた発祥の店」とあります。昨晩、いってみました。IMG_2807
店にはいると、ぐるりとカンター。中に女将さんが座っていて「おばんです」と迎えてくれました。店内は、古い日本家屋のたたずまい。とても落ち着く空間。おかみさんの席には、お燗をするための道具(なんと呼ぶのかな)があったりします。炉端焼きのお店ではないんですね。炉のまわりでお酒を飲むので、炉ばたということらしい。
お品書きは、刺身、焼き物、煮物、天ぷらなど、豊富。山菜などをつかった旬の料理もあります。席に着くと、まずお通しが3品供されます。お浸し、魚の焼き物、煮物で、1260円。これでしばらく酒が飲めます。日本酒は、基本が「雪の松島」。お酒を頼むとおかみさんがお燗の加減をきいてくれました。
とても落ち着くお店です。私のようなオジサンにはぴったりです。

炉ばた:仙台市青葉区国分町2-10-28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/07

牛タン屋さんの最近事情は

gyutann私の黄金週間も終わり、仙台に戻りました。最近、牛タンの価格が高騰しているとの噂をきき、昼飯は久しぶりに会社のそばの牛タン屋さんにいってみました。ここは、東京から出張で会社の人が来たときに、いったりします。ランチメニューの「サービス定食」を注文。これは、牛タンの塩焼きと、牛タンカレーがセットで1000円とお得メニューで、よく頼みます。この牛タンが、塩焼きの牛タンから、「味噌漬け」の牛タンに変わっていました。食べてみると、やはり明らかに味が違います。牛タン独特の歯ごたえがなく、なにかソフトな歯触り。前と違うタンをつかっているんでしょうか。「牛タンはやはりあの食感がいいな」と思ってしまいました。

以前、テレビでみた情報では、豪州産の原料が高騰しているとか。確か、駅弁の「牛タン弁当」も値上げしてたのでは。連休中に東京で入ったラーメン屋で、前にはあった牛タンラーメンが販売休止になっていました。
仙台の名物、牛タン屋さん、現状はどうなんでしょうか?ちょっと気になります。

| | コメント (6) | トラックバック (4)

2005/04/29

仙台地ビールと、第3のビール

ゴールデンウィークですね。昨晩、東京にもどるとき、新幹線車内でいっぱいやろうと、仙台駅地下のお酒のコーナーで、仙台地ビール「伊達政宗麦酒」を買ってみました。これはヴァイツェン・ビール、すっきりとした飲みごごち。この地ビールの製造元のWEBによると、他にピルスナーの「支倉常長麦酒」ケルシュの「仙台七夕祭り」があるようです。この地ビール、350ミリリットルで、370円とちょっと高め。
いっぽう、巷で話題の「第3のビール」。最近アサヒビールも「本生」で参入、市場が盛り上がっているよう。これ、とにかく安いです。350ミリリットルで131円(セブンイレブン価格)。このは正確にいうとビールではなく「ビール風飲料」というらしいんですが、味はビールと変わらない気がします。

たとえば「本生」は原料が大豆ペプチド、サッポロビールの「ドラフトワン」はエンドウ豆。各社、独自の技術でつくっているよう。サッポロビールに勤めている友人が、「特許があるので、他社はかんたんにつくれない」といっていました。でも、あっというまに、他の会社も作ってしましまいましたね。日本企業の開発力はすごいな、と実感します。ビール好きの私にとって、これからの季節は消費量が増えます。第3のビールを買うことが増えそうです。

☆第3ビールファン、地ビールのこと書かれている方にTBさせていただきます。

beer

| | コメント (7) | トラックバック (2)

2005/04/27

図書館、オンライン検索の使い勝手

たまたま、必要な書籍があって、仙台市立図書館のオンライン検索を使ってみました。この検索システム、採用している図書館は多いようです。検索で、欲しい書籍が見つかりました。どこの図書館に所蔵しているかわかります。でも、できるのはそこまで。そこから、「現在、どの図書館に在庫しているか」。また、「貸し出し中の場合は予約する」ということができません。本を借りるためには、図書館まで足を運んで、在庫を確認するしかないんでしょうか?そこで貸し出し中だったら、無駄足になります。

実家の東京・目黒区立図書館の検索システムは、各図書館在庫の表示に加え、在庫があったら貸し出しの予約ができます。一定期間取り置きしてくれるので、都合のいいときに図書館に出向けばいいわけです。また、現在貸し出し中でも、予約ができます。貸し出し可能になったら、メールにて連絡をくれる仕組み。これ、なかなか便利です。
開館時間も、うちのそばの図書館は平日朝9時から夜9時。これも便利。ちなみに仙台市民図書館(メディアテーク内)は平日10時から夜8時まです。せめて朝は9時から開館して欲しいです。

図書館のシステム、その自治体でずいぶん違うんだな、と改めて思いしりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

色紙だらけのラーメン屋:ラーメン横丁

うちに、らーめん屋さんのチラシが時々はいってきます。お品書きには、なかなか美味しそうなものが並びます。昨日、いってみました。「ラーメン横丁」というお店で、一軒のお店ながらなぜか横丁です。ここは『とりもつラーメン』が有名。

IMG_2776

とりもつラーメン:650円

煮込まれた鳥もつに、もやし、にら、キャベツなどの野菜が細めの麺とからみあい、独特の味わいです。ちょっとヘヴィーなラーメン。

ふつう(?)の、広東麺とか、五目ラーメンなどの麺類や、定食類も充実。昼飯どきは繁盛しています。このラーメン屋さんの店内には、ものすごい数の色紙が飾ってあります。ホテルが近いせいでしょうか。目についたとこのにはマッチ(近藤真彦)、木の実ナナのものがありました。なかなか個性的なラーメン屋さんです。

ラーメン横丁:仙台市青葉区本町2−19−28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/20

さっぱり、富士屋の醤油ラーメン

わが家(仙台)のそばに「富士屋」というラーメン屋さんがあります。前から気になっていたのですが、営業時間が夜の8時までと、まず会社帰りにはよれません。また、土曜日は休業。この前の休みの日曜に、やっといってみました。

カウンターと、テーブルが3つほど。そんなに広くない店内。メニューをみると、「中華そば」、「チューシュー麺」に「ワンタン麺」! 迷ったのですが、中華そば大盛りを注文。

IMG_2724

中華そば大盛り:850円

麺に、チャーシュー、メンマ、ねぎの加えてゆで卵、ナルトがうれしいです。麺は中太で、ちょっと縮れ麺。スープは、あっさり醤油味で、いいお味です。

この店、古川市に本店があるとか。シンプルですが、あとをひくラーメンです。こんどはワンタン麺を食べてみよう。

富士屋:仙台市青葉区本町2-14-26

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/19

至高の一杯、ホシヤマ珈琲店

前に「談話室滝沢」の閉店のことをかいたときに、とある方から仙台にある「ホシヤマ珈琲店」のことを教えていただきました。滝沢と同じく、社員教育には熱心な珈琲店とのこと。店は一番町の本店と、仙台駅前のアエルにあるようですが、先日、本店にいってみました。
店にはいると、さすが落ち着いた雰囲気。長いカウンター席と、テーブル。カウンターの向こうには、数多くのコーヒーカップが置かれています。
オーダーしたのは「ロイヤルブレンド」、1050円。ちょっと高いです。

IMG_2727

品のあるカップに注がれたコーヒーは、さすが美味しいです。ただ、残念ながら私はコーヒーマニアではないので、突っ込ん味の評価ができません(笑)。
テーブルの上に置かれた灰皿も、よく磨かれたガラス製。使うのがもったいないような感じです。

このホシヤマ珈琲店では、コーヒーの入れ方を教えてくれる「珈琲教室」も開催しているようです。美味しいコーヒーを探求しているお店なんですね。お値段はちょっと高めですが、至福の時を過ごすには、いいかもしれません。

ホシヤマ琲店:仙台市青葉区一番町4-9-1 かき徳玉澤ビル3F

| | コメント (22) | トラックバック (3)

2005/04/13

歴史を感じる大町あたり その3

仙台ではあられの店をよくみかけるような気がします。いちばん有名なのは春日町の「伊達あられ本舗」でしょうか(ここもいずれ紹介しなくてはいけません)。
大町にも一軒、美味しそうなあられ屋さんをみつけました。みさわや」です。おおきくない店ですが、なにか店に風情があります。店にはいると、いろんなあられが並んでいます。迷いましたが、胡麻のはいったあられを買ってみました。

IMG_2738

袋に「炭火焼き」とあります。なんか美味しそう。食べてみると、軽い歯触りながら、味はちょっと醤油が濃いめ。日本茶とよく合いそうです。
つぎにいくときは、何を買おうかと楽しみになるお店ですね。

みさわやWEB:お店の職人さんのことなどが紹介されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/12

歴史を感じる大町あたり その2

IMG_2718
大町にも、なかなか惹かれる居酒屋があります。なかでも、前から気になっていた焼き鳥屋さんの「よこ鳥」に入ってみました。店内はそんな広くなく、カウンターがあり、奥に畳の席があります。いかにも焼き鳥屋といった風情です。
焼鳥屋といえば、まずは「煮込み」でしょう。さっそく注文。美味しそうです。(上の写真)
大根がよく煮込まれていて、いいです。
焼き鳥も、よさそう。盛り合わせ8本、980円というのがあり、これを頼んでみました。

IMG_2720

どの串も、焼き具合がちょうどよく、お酒に合います。お酒といえば、この店は、日本酒に加え、焼酎も多くの種類があります。

気軽に足を運ぶには、いい店です。

よこ鳥:仙台市青葉区大町2丁目13−15

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/11

歴史を感じる大町あたり その1

仙台一の歓楽街はいうまでもなく国分町ですが、その隣町の「大町」。ここは、なかなか歴史がありそうな町並みです。毎朝のジョギングで通りかかるのですが、個性豊かな店があり気になっていました。この前の休み、探検に出掛けてみました。

IMG_2695  IMG_2697 >IMG_2699 いちばん左は「菅井光男かばん店」です。オーダーでかばんを作ってくれるのでしょうか。「オーディオパーツセンター」とか渋い定食屋さんもありました。 大町で前から気になっていたのが「上村(うえむら)豆腐店」

IMG_2700

私は豆腐とか、納豆とか、大豆関係が好物、さっそく店に入ってみました。美味しそうな豆腐や、がんもが並んでいます。 「ざる豆腐」と「御譜代ずんだ」というのを買ってみました。

IMG_2713

「御譜代ずんだ」は仙台ならでは、緑大豆を使った豆腐。どちらも、甘みがあり、豆腐の風味たっぷりの味わいでした。ここはどうも有名なお豆腐屋さんらしいです。なんでも120年以上の歴史があるとか。また、買いにいきたくなる店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/08

また食べたくなる北○のあっさりラーメン

仙台一の歓楽街、国分町には、ラーメン屋も多いです。私は地元仙台では、飲んだあと以外には、あまりラーメン屋に入らないので(意外ですか?)、レパートリーがなかなか増えません。昨日は久しぶりにラーメンが食べたくなって、一番町の「北○」に入ってみました。この店、仙台のラーメン好きの方には有名のよう。一年前に仙台にきた直後に入って以来、なんと1年振りです。
注文したのは「チャーシューメン」

IMG_2675
チャーシューメン:800円


あっさりめの煮干しだしのスープに、細い縮れ麺がよくあい、美味。とろりとしたチャーシュー、のり、玉子、メンマがのり、バランスがいい、正統派の一杯です。
最近はこってりめのラーメンが多い中で、さらっと食べられるラーメンです。

北○:仙台市青葉区一番町4−4−23

☆ココログの新機能、さっそく使ってみました。どうでしょう?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2005/04/05

富貴豆のどら焼は、味わい深い豆の香り

宮城はひょっとするとどら焼の宝庫かもしれません。以前紹介した榮太郎の「なまどら焼」も美味しいですが、仙台駅の名店街にいくと、いろいろなどら焼きを見かけます。
この前、東京に帰るときに土産物を探していて、見つけたのが『ずんだ茶寮』の「富貴どら焼」。このどら焼、北海道の上富良野でとれる青えんどう豆の「富貴豆」をつかったもの。ふつうどら焼きといえば、餡ですから、豆が入ったのはわりと珍しいですね。この「富貴どら焼」、一口サイズの、こぶりのもの。

IMG_2663

口に含むとほのかな甘さです。ちょっとしたお茶うけにいいです。

富貴どら焼 6個入り735円 (ちなみに「ずんだ茶寮」は「萩の月」の菓匠 三全がやっています。)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/04/02

楽天イーグルスが地元で根付くために

昨日の楽天イーグルス、ホーム開幕戦は西武に快勝です。不振だった磯部を1番に据え、鷹野を5番に置いた打線の組み替えが功を奏し、打線爆発。仙台駅構内や、東口のBiviの大型映像での試合中継には、多くの人が見入っていました。ここ仙台での関心はどうなんでしょうか?おそらくこれまでパ・リーグファンは多くなかったはずで、岩隈というピッチャーの凄さを初めて知った、という市民も多いのでは。

楽天イーグルスが、今後もファンを集め続けるには、まずは勝ち星をあげることですが、現在の戦力では多くの勝ち星は期待できないかもしれません。しかし、戦力は長期的な観点で育成しなければいけないし、そのために今、なにをすればいいのかが重要。また監督の采配面でもいまのところ「田尾野球」らしさは感じられない。個性的な野球が、やはりパ・リーグの持ち味でしょう。選手一人一人の個性的なプレーを楽しめる試合を期待したいです。

新球団の経済的な効果はどうなんでしょうか。私の感想としては、街は意外と盛り上がってないな、って気がしますが、市民の皆さんの感想はどうでしょう。

まだ春が浅い仙台ですが、今日も松坂相手に好試合を期待したいです。

☆イーグルス開幕戦のこと書かれているにTBします。

| | コメント (14) | トラックバック (8)

2005/03/30

仙台では楽天イーグルス気分が盛り上がってますが

楽天イーグルス、今週金曜には仙台での開幕戦が行われます。仙台では、開幕気分がもりあがりつつあります。残念ながら昨日も、敗戦。ほんと、頑張って欲しいです。仙台駅の西口と東口を結ぶ地下道が「楽天ロード」になりました。いつも間に出来たんでしょう。昨日の昼間には「ビクトリーロード」ってかいてあったんですが、夜みたら撤去されてました。なぜ?

IMG_2628

また、今日仙台駅構内には「楽天イーグルス オフィシャル ストア」が開店です。期間限定でない初のショップだとか。グッズの品揃えはどうでしょうか?

DSC00005

また、こんなビールも登場。「スーパードライ」、と、「本生」のイーグルスバージョンです。

IMG_2635

ぜひ、ファンを熱狂させてくれるゲームを期待したいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/29

【ご報告】つぐみちゃん、無事帰ってきたようです

16日から行方不明になっていたつぐみちゃんが帰ってきたようです。

娘が帰宅しました

よかったですね。

このブログをご覧になり、ご自身ブログに記事にしていただいた方、また、ご心配頂いた方、TBいただいた方、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/03/28

楽天イーグルス、がんばれのボトルです

プロ野球、パ・リーグが開幕しました。私は、30年以上、近鉄ファンでした(過去形)。今シーズンは、どこを応援しようかと、迷い、いまで決まっていません。地元の楽天イーグルスか、それとも敬愛する仰木監督率いるオリックスか。結局、両方とも応援することになりそうです。
楽天は、初戦はエース岩隈の快投で、勝ちましたが、昨日は26対0!、なんだこれは、って感じです。やはりこの新球団は、ちょっと戦力的には厳しいのかな。

ともあれ、応援しようと三越でみつけた楽天泡盛、買ってきました。楽天がキャンプをしていた久米島産泡盛の楽天ボトルです。
楽天、がんばってください!

泡盛楽天ボトル・久米島の久米仙「び」(三年古酒 25度):1260円
IMG_2622

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2005/03/26

昼間にも食べたい壱萬屋の辛味噌ラーメン

最近、国分町で飲んだあと、何回かいってお気に入りになりつつあるラーメン屋があります。三越のそばの「壱萬屋」が、そのお店。夜6時半からの営業なので(深夜3時までの営業)、どうしても飲んだくれたあといくことになります。
ここのおすすめは「辛味噌ラーメン」。まろやかな味噌味です。インターネットで検索した情報だと仙台味噌など、何種類の味噌を合わせているとか。

辛味噌ラーメン:750円 IMG_2608

ラーメンの具は、もやし、挽肉に、白菜と溶き卵が加えらているのが特徴。食べていると甘みがあり、美味しいです。
この「辛味噌ラーメン」も美味しいですが、「支那そば」もメニューにあり、これはまだ食べていませんが、よさそうです。また、餃子もあります。
夜だけの営業、というのがもったいない店です。

壱萬屋:仙台市青葉区一番町4−7−6

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/03/24

【緊急】お願いです。

仙台で先週16日に、行方不明になった娘さんがおられます。
下記URLをご覧ください。
つぐみ どこにいるの

もし、なにか心当たりがありましたら、知らせてあげてください。

また、仙台、宮城および周辺地区でブログをお持ちの方、ぜひ記事にしてあげてください。

さっちゃんさんからのメールで、知りました。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2005/03/22

仙台駅前の書店の閉店に思うこと

先週、河北新報で仙台駅前の書店「アイエ書店」が閉店というニュースが報じられました。このことについて、stella_coeli2さんが詳しくかかれている記事からトラックバックさせていただきます。アイエ書店、会社帰りや東京から新幹線で戻った際に、よく寄りました。ただ、この書店では、雑誌類や、ラジオ講座のテキストしか買ったことがありません。昨日の夜もよってみたのですが、本屋として私としては「惹かれるもの」がないんです。書籍を買いたいな、という気分がなぜかおきないのです。stella_coeli2さんはこれを書店が「発散する匂い」がない、とうまい表現をされています。大規模店ではありませんが、狭い店舗ではないので、なにかもうすこしやりようがあったのではと、残念な気がします。
また、アエルの向かいの「ブックスオオトリ」も先週閉店しています。ここもかつては仙台書店として、歴史のある本屋さんだったようです。
活字離れ、ネット書店の隆盛など、中小規模の書店には厳しい時代ということはわかります。しかし、書店側の努力は、最大限されているんでしょうか?この点については、大いに疑問です。書店には、本が溢れ、新刊書が店頭に並ぶ期間は短い。読者にいい本の情報を届けるため、書店の役割はこれまで以上に重要になってくると、私は思っています。
また私を含め、読者の責任もあるかもしれません。気軽にアマゾンなどのネット書店を利用せずに、地元の本屋さんで買うようにすることも大切かな、と思ったりします。本好きにとって、ぶらっと本屋に立ち寄り、面白い本に出会うことこそ、最高の楽しみです。この楽しみはネット書店では、味わえないものですね。
いい本屋さんが、ここ仙台にできてくれることを願っています。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2005/03/12

楽天イーグルスのオフィシャルストアができました

rakuten_shop一昨日、「東北楽天ゴールデンイーグルス」のオフィシャルストアが開店しました。場所は仙台駅の東口です。昨日ちょっとのぞきにいってきました。オフィシャルショップですから、大きい店を想像していたのですが、かなり控えめな店舗です。はっきり言えば、ちょっとしょぼいです。この店5月末までの限定オープンとのことなので、その後ちゃんとしたショップをつくるんでしょうか。
店内には、イーグルスグッズが並んでいますが、まだ品揃えはそんなに多くないです。応援バット、メガホンや、タオル、バッチなどが目につくくらい。今後、マグカップなどグッズは増えていく予定らしいのですが。
また、イーグルスの応援歌を歌っている「モーニング娘。」のグッズも売ってます。これはオジサンには、興味がわかないものですが、ファンにとっては要チェックらしいです。

昨日はオープン戦で一場投手が好投。開幕までもうすぐ。このショップも賑わいをみせてくれるといいですね。

ミニタオルハンカチです。
IMG_2548

☆ショップを記事にしているブログにTBさせてもらいます。


| | コメント (0) | トラックバック (6)

2005/03/11

立ち飲み屋を探してます

IMG_2517私が子供の頃、酒屋の一角で飲ませる「角打ち」なるものがありました。うちのそばの酒屋でも、夕方にはオヤジさんたちが楽しげに一杯やっていたことを思い出します。今は、そんな酒屋もほとんどなくなりました。今、気軽に飲めるのは、立ち飲み屋です。
酒飲み会社員(私のことです)にとって、仕事を終えたあとの一杯は至福の時です。東京あたりだと、気軽に飲める「立ち飲み屋」があちこちにあります。安いし、気軽だし、長居もしないし、ちょっと飲むにはいいですね。
仙台には、こんな気軽な立ち飲み屋がないかな、と探してみましたが、ほとんどないですね。そんななか、立ち食いそばながら、夜は酒も飲める「」という店があります。仙台朝市のそばと、広瀬通り沿いに店があります。ここでは夜はビール、酒(日高見)などにちょっとした肴があり、軽く晩酌ができます。しかし、営業は午後9時までで、遅い時間には飲めません。ちょっと残念。

IMG_2537

東京・渋谷に「富士屋」という立ち飲み屋があります。ここは、酒の肴が豊富で、いつも賑わっています。1500円もあれば、上機嫌になり、不思議と俗世間を忘れて、酒の世界に浸れます。めったにいけませんが、お気に入りです。こんな立ち飲み屋さん、仙台はないんでしょうか?

☆ブログで見つけた立ち飲み屋ファンにTBします。

| | コメント (22) | トラックバック (1)

2005/03/08

最近のラーメン国技場はどうでしょうか?

仙台にあるラーメンのテーマパーク「ラーメン国技場仙台場所」。ここに先週3店舗が新入幕、ということをきいて、久しぶりにいってみました。今回、新たに入ったのは「信濃神麺 烈士洵名:しなのしんめん れっしじゅんめい」、「熟成細麺 宝屋」、「らーめん ひなの」の3店。この国技場は一昨年のオープン当時は『1年間で売り上げ下位の店は別の店と入れ替わる』という方針だったようですが、今はどその方針はどこへやら。新たに入った店のかわりに退場した3店舗「栄屋」、「柿岡や」、「日向屋」はいづれも昨年の8月、9月に入幕した店ですから、わずか半年しかかやらなかったわけです。
新入幕の店のうち、「信濃神麺 烈士洵名」はラーメンテーマパーク初出店とかで、どんな感じかと入ってみました。あっさりしたスープと太い麺が特徴。残念ながらあまり印象に残らない味でした。

大麦焙煎 味玉麺 750円  IMG_2529


東京・お台場には「ラーメン国技館」(同じような名前です)が今年の一月にオープン。ここは当初から店を半年ごとに入れ替える方針で運営されています。仙台の国技場はどうなっているんでしょうか。昨日の夜いってみのですが、盛況とはほど遠い状況でした。もうちょっと特徴をだしていかないと、リピート客はあまりできないかもしれません。

☆ラーメン国技場、国技館のことかかれているブログにTBさせてもらいます。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/03/05

地酒と新鮮な魚介を味わえる「絆」

kizuna2以前、このブログで取り上げた栃木の銘酒「鳳凰美田」。このお酒を買っている酒屋さんから、仙台で鳳凰美田が飲める店を教えていただいた。なかなかいく機会がなかったんですが、先日いってみました。
一番町にある『海鮮料理 絆』がその店。全国の地酒と、新鮮な魚が楽しめる店です。お酒は50種以上あります。地酒の銘柄はあまり詳しくないんですが、東北の宮城、山形、福島や広島、三重、新潟、高知、愛媛など全国各地のものが並んでいます。山形の銘酒「十四代」がかなりの種類あり、店で飲み比べ会のやっているようです。「越の寒梅」、青森の「田酒」、「久保田」の萬寿もあります。
また料理は、刺身、焼き物など、魚介が堪能できるお品書きが揃っています。また、お寿司もあります。
かなりのお酒の種類ですが、この店のご主人のこだわりで揃えているよう。私が好きな北陸のお酒は、福井の「黒龍」以外なかったのはちょっと残念。このお店、定期的にきき酒会を開催していて、常連になると日本酒におぼれることができそうです。

kizuna

海鮮料理 絆:青葉区一番町1−10−1(東北学院高校のそばです)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/03/04

駅弁「楽勝弁当」で、勝利は間違いなし?

今月の26日には、パ・リーグの開幕です。楽天ゴールデンイーグルスは、どんな戦いぶりをみせてくれるのでしょう。仙台駅では楽天ゴールデンイーグルスの応援駅弁「楽勝弁当」が販売されています。昨日、新幹線で出張にでたので、買ってみましたよ。

はでな「楽勝弁当」の文字です。 IMG_2490

この弁当のパッケージには〔ボール:メンチカツ/バット:棒カツ/ベース:エビカツ 三つの勝つで三連勝〕とあります。

IMG_2493
「楽勝弁当」1000円:NRE製

おかずは、メンチカツ、棒カツ、エビカツに、たっぷりのキャベツ、ゴボウサラダ、フィットチーネ、ポテトサラダと、揚げ物主体の弁当としては、意外とバランスがいいお弁当。このフィットチーネは、球場の芝生をイメージしたとか。なかなか芸が細かいです。
食べてみると、思いのほかボリュームがあり、ビールが欲しくなりました。公式戦が開幕したら、駅で買い求めるファンも多いことでしょう。
バラエティ豊富な仙台駅の駅弁に、また美味しい新顔が増えました。ぜひお試しください。


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/03/01

仙台の立ち食いそば屋とそばつゆ事情

ちょっとマイナーな話題ですが、立ち食いそば屋は、究極のファーストフードではないでしょうか。仙台の街ではこの立ち食いそば屋は少ないです。東京近郊でよくみかける「富士そば」や「小諸そば」も仙台にはありません。ちょっと残念です。そばつゆには関東風と関西風がありますが、ここ仙台のそばつゆは関東風の、醤油がきついつゆです。若い頃、福岡に住んでいた頃があり、そこの薄味のうどんつゆ(福岡はうどんが主流)がなんとも物足りなかった思い出があります。

国分町「そば福」のかけそば、濃い醤油のつゆです。  IMG_2468

この2種のつゆは全国で、どう分布しているんでしょう。ちょっと興味があります。東北でも、日本海側はどうなのかな?青森は確か関東風でした。また、金沢、富山などは関西風でしたね。

仙台の数少ない立ち食いそば屋のひとつに「神田そば」がありますね。この神田そばが、新機軸の店舗「東一屋」と名づけた店舗をやっています。ここは立ち食いそばながら、注文を受けてからそばを茹でるシステム。そばもちょっとこしがあり、つゆも少し薄味で、なかなか美味ですよ。
たまに立ち食いそばを食べたくなる私です。

「東一屋」の野菜かき揚げそば。かき揚げもさくっとしていて、いいです。  
IMG_2466

☆ブログで見つけた美味しそうな立ち食いそばにtbします!


| | コメント (27) | トラックバック (3)

2005/02/24

古風なる居酒屋です:コップ酒千代

IMG_2434もっぱら家での呑むことが多い私です。仙台でいちばんの飲み屋街の国分町まで歩いて5分のとこに住んでいながら、飲み屋の開拓(?)は進みません。

IMG_2437国分町でかねてから入ってみたいと思っていた飲み屋があります。「コップ酒 千代」です。いいでしょ、この店名。この店、土日が休みで、なかなかいけませんでした。昨日、ついにいきました。カウンターだけの10人くらいが座れる、小さい店です。

店に入ると、サラリーマン風(私もそうです)の方でほぼ満席。カウンターの向こうにお品書きが貼られてます。お酒はビール、日本酒(上の写真・コップ酒260円)、焼酎。肴は、おひたし、焼き鳥、湯豆腐、中落ち、ニラ玉など、なかなか美味しそうなものが揃っていて、2000円足らずで、充分ほろ酔い気分にひたれます。気軽に、会社帰りに寄れる飲み屋です。おすすめ。

コップ酒千代:仙台市青葉区一番町4-9-23

年季の入った鍋で出される湯豆腐:320円
IMG_2433

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/02/16

気軽にいける居酒屋:樽

IMG_2390昨日、河北新報にこのブログが掲載されましたが、まだ会社の人にはばれていないようです。ちなみに昨日のアクセスは、はじめて1000をこえました。
新聞に写真入りでのったので、ささやかにお祝いをしました。(もちろんひとりです。ちょっと寂しい)
お祝いといっても、単に呑みにいっただけなのですが。文化横丁の一画にある「樽」です。店の名前は、西洋ぽいですが、純粋な居酒屋です。この店、かなり年季がはいっています。肴の品揃えはかなりのもの。刺身、揚げ物、煮物などメニューは豊富です。

酒の肴にオーダーしたのは「カレイの刺身」と「うどと筍の炊き合わせ」。

IMG_2384  IMG_2387

ここでは日本酒は、地元宮城の「一の蔵」、「日高見」、「墨廼江(すみのえ)」に加え、安東水軍、天狗舞など他県の名酒も味わえます。
日本酒好きには、おすすめの店です。

樽:仙台市一番町2-6-10  


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/02/15

載ってしまいましたね

「河北新報」夕刊に載りました。こんな大きな扱いとは思っていなかったんで、恥ずかしいです。仙台の他の方のブログをさしおいて、掲載されてしまい、恐縮しています。なお、WEBは以下サイトで見られます。
河北新報WEB:ネットひろば

IMG_2397

はじめてこのブログにおこしいただいた方へ
このブログ『単身赴任 杜の都STYLE』は2004年7月4日からはじめています。今のところ、毎日記事をアップしていますので、お好きな記事をごらんください。記事のトータル数は240ほどあります。
気にとまった記事があれば、よろしければコメントを残していただくとうれしいです。また、ブログサイトをお持ちの方の、共通テーマへのトラックバックは大歓迎です。

| | コメント (26) | トラックバック (1)

地元紙「河北新報」にこのブログが紹介されます

IMG_2383先日、宮城の新聞「河北新報」から取材を受けました。このブログを、仙台発のブログとして紙面で紹介したいとのことでした。記者の方がみえて、インタビューと写真までとられてしまいました!
毎週火曜の夕刊に『ネットひろば』というページがあり、今日の新聞に掲載されるようです。多分、写真とか載ってしまうので、恥ずかしいのですが・・・。この新聞の夕刊は、幸運なことに(?)宮城県でも一部地区のみの発刊だそうです。

また、今日の夕方以降に「河北新報」のWEBでもみられるようです。
トップページの中の「ねっとひろば」→「トピック」に掲載されてます。
お暇な方は、ご覧ください。

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2005/02/08

新名物?「仙台いちごまんじゅう」を食べてみました

地元宮城の食材を使った「宮城発の新名物菓子づくりプロジェクト」というのがあるらしい。そのプロジェクトの第2弾として「仙台いちごまんじゅう」と名づけられた御菓子が発売されてます。(仙台、宮城の方はとっくにご存じですよね)
さっそく、買ってみました。私が買ったのは三越の地下なのですが、夕刻にいったら売り切れで、この前の土曜日に、気合いを込めて(?)朝10時すぎにいって、ついに獲得。

仙台いちごまんじゅう:1コ94円 IMG_2305

食べてみましたよ。う〜ん、ちょっとな、というのが感想です。WEBにある紹介文にはこうあります。

白餡にフリーズドライした仙台いちごの小さな果肉を散りばめた、一口サイズのかわいいお饅頭です。皮にもフリーズドライ仙台いちごの粉末が入っていて、包みを開いた途端に、ふわっと広がるいちごの香りと優しい風味は、今までになかった新しさ。

あまりけなすのもなんですが、そもそも「フリーズドライ」のいちご、というのは美味しさを感じないんですが、どうでしょう。口に含んだ感じも、いちごの香りが広がる、といったほどでもないし。宮城のいちご、美味しいのに、その「実力」が発揮されていないなあ、と感じました。
それに「いちごまんじゅう」ってネーミング、”まんま”ですよね。もうひとひねり欲しかったなあ。

私には同じ三越のデパ地下で見つけた、菓匠・三全(「萩の月」で有名)の「いちご大福」のほうが美味しかったです。このいちご大福、口のなかで、ふわっとした食感が広がり、いい感じです。

いちご大福:1コ105円
IMG_2307

地元の皆さん、もう「いちごまんじゅう」食べられましたか?


| | コメント (16) | トラックバック (2)

2005/02/06

「ごくせん」をみて、共学化のことを考えた

テレビの「ごくせん」が評判らしい。視聴率が初回から25%をこえ、話題になっているとかで、昨日はじめてみてみました。おもしろいですね。なんかアニメがそのままドラマになったような感じで、テンポがいい。こんな学校「ありえない」って思うんですけど、引き込まれてしまう魅力がありますね。主演の仲間由紀恵は、綺麗すぎて個人的にはあまり興味がない女優さんだったんですが、この「ごくせん」では好演、いいです。脇役の宇津井健、井上順もいい味を出してます。
昨日のストーリーは、舞台の高校(男子校)が共学化されることになり、学校説明会に来た秀才少女と、在校生が起こすトラブルと交流を描いた、いってしまえばシンプルなお話。

さりげなくテーマに盛り込まれている「共学化」、いま首都圏の私立中学、高校ではひとつの流れですね。たとえば千葉県の進学校の市川学園は男子校から共学に、東京の歴史がある女子校の嘉悦中学、高校が18年度から共学に。学校の生き残り、発展のためには共学化が、ひとつの趨勢であるようです。
ここ宮城県では、県が推進する県立高校の共学化が、かなり問題になっているようですね。ニュースで見る限りでは、一部の高校の共学化に根強い反対があるよう。なにか事情があるのでしょうか。これは時代の流れと反対に向かっている気がしますが。地元出身でないと、わからないことがありそうですね。

☆おもしろく読ませていただいた「ごくせん」ブログにトラックバックします。

| | コメント (28) | トラックバック (8)

2005/02/03

天下一品+こむらさきのラーメン

仙台で有名なラーメン屋に「天下一品」があります。ここはこってりスープが特徴の「天下一品」のチェーン店。何店か店舗があるようですが、昨日国分町にある「こむらさき」店にはじめて入ってみました。
ネットなどの情報によると、御主人が最初に修行したのが、熊本の有名なラーメン店「こむらさき」。最初は仙台で九州ラーメンの店をやっていたが、ラーメン好きのご主人が「天下一品」の味にほれこみ、いまでは天下一品味の店にしたとか。
店で頼んだのは定番の『天下一品』らーめん。

「天下一品ラーメン」:670円
IMG_2282

本当に久しぶりに、天下一品のラーメンを食べました。シチューみたいなスープがまさに特徴で、これに尽きます。昔、京都で最初に食べたときには、衝撃的でしたね。
「こむらさき」のラーメンは独自に味つけをしているともききますが、でてきたのはまさに天下一品味のラーメン。私としてはこってり系でも、この路線はキツイな、と感じました。年取ったからかもしれません(笑)。でも、同じこってりでも東京のラーメン二郎系は結構すきなのですが。
仙台名物ラーメンらしいので、一回は試してみてもいいかもしれません。

こむらさき:仙台市青葉区国分町2-11-11

☆「天下一品」ファンにTBします。

| | コメント (20) | トラックバック (4)

2005/02/01

仙台にありそうで、ない店

今月25日のGAPが仙台にできます。GAPをよく使うので、うれしい。去年仙台にきたとき、GAPがないのにちょっとびっくりしました。大都市なのに、という感じです。
単純に東京との比較はしても意味がありませんが、東京にあって仙台にない店は、いくつかあります。これはその企業の考えがわかって、ちょっと興味深い。
ファミレスの「デニーズ」は仙台にはありません。隣県の福島にはあるのですが、どうしてでしょう。このデニーズ、調べてみると、大阪府、兵庫県にはあるのですが、京都府にはありません。なにか方針があるんでしょうか?ちなみに「ロイヤルホスト」とか「ガスト」はあります。
量販店の「ビックカメラ」も仙台にありません。仙台駅前に「ヨドバシカメラ」があり、あと「ヤマダ電機」、「コジマ」はあります。ビックカメラは東名阪と福岡、札幌にはあります。ビックは人口が多い都市から出店しているんでしょうか?
コンビニでは「サークルK」、「am/pm」はありません。「セブンイレブン」は仙台にはありますが、出店には厳しい基準があると聞いたことがあります。東北地区には、青森県には出店してません。私が以前住んでいた北陸地区(石川、福井、富山)にはいまだ出店してません。どのような基準があるか、知りたくなります。
ちなみにスタバは、いっぱいあります。ドトールコーヒーがやってるスタバみたいな「エクセルシオールカフェ」は東北には仙台にある一店のみ。ドトールはいたるとこにあるのに。ちょっとこれも不思議。

☆GAPこと書いているブログにTBしますね。


| | コメント (21) | トラックバック (1)

2005/01/24

市民からみた「せんだいメディアテーク」

IMG_2224昨日の「新日曜美術館」は、東京・森美術館で開催中の「アーキラボ:建築・都市・アートの新たな実験展 1950-2005」の特集でした。「アーキラボ」とはフランスで毎年開催されている建築の国際会議のこと。展覧会のWEBによると

各時代の建築家たちが模索していた建築理論とその実践を紹介しながら、さらに最新のダイナミックな造形、そしてしなやかな建築の未来の可能性を描いていきます。

とあります。
建築の創造性、独自性は限りがないはずですが、一方、建築を使う側に立つとその創造性ゆえ、「使いにくい建物」ともなりがち。建築の独自性の歴史は建築家と使用者とのせめぎ合いの歴史かもしれません。ふと「せんだいメディアテーク」はどうだろうな、と思いました。
以前にも書きましたが、仙台の定禅寺通りに立つ「せんだいメディアテーク」は有名な伊東豊雄さんの設計で、かなり独自性のある設計です。全面ガラス張り、オープンスペースが基本です。エレベーターもガラス仕様(?)ですし(上の写真)会議室などもガラスばりのところもあったりします。

そもそもメディアテークってどんな意味?これは造形語で、「テーク」はフランス語で入れ物や棚の意味とか。つまりメディア(媒体)の棚ということ。ちょっとわかりにくいかも。設計者の伊東さんはこういっています。

「内側に閉じがちな公共建築と都市の境界をメディアのように開きたい」

これは納得できますね。ただこのメッセージが充分市民に届いているのか?仙台市民としては半人前の私ですが、メディアテークの空間を充分楽しんでいます。仙台の皆さんはどうでしょう?

IMG_2221

こんな本をメディアテークのショップで見つけました。
せんだいメディアテーク 写真集

せんだいメディアテークWEB

☆せんだいメディアテークのことを書かれているいくつかのブログにTBさせていただきます。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005/01/18

牛タン丼はいかがですか?

吉野屋の牛丼はいつ食べられるようになるかわかりませんが、同じようにアメリカからの輸入禁止の影響を受けている牛タン屋さんも大変でしょうね。仙台名物の牛タンですが、これをご飯にのっけた「牛タン丼」というのもあります。
ここ仙台では、メニューのバリエーションが豊富で有名な牛タン屋「利休」で、新メニューとして「牛タン丼」が登場しました。

この「牛タン丼」は、ご飯の上に、キャベツやレタスの刻んだものがのせてあり、その上に牛タンが盛られています。ご飯にはちょっと甘めのたれがかかった一品です。

IMG_2154

牛タンは堅めの食感ですから、牛丼のようにご飯と一緒にがばっと食べる食べ方はちょっと出来ません。でも、ご飯と牛タンを一緒に食べる感覚もいいです。私としてはやはりふつうの牛タン定食がいいいなとも思いましたが。牛タンファンはぜひお試しください。
「牛タン丼」はテールスープがついて1000円(ランチタイム料金)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005/01/06

楽天イーグルスのユニホームに・・・?

昨日、楽天ゴールデンイーグルスのユニホームが発表されましたね。第一印象は「地味だな」と思いました。感じたことをまとめてみます。
1.基本色が「クリムリンレッド」(えんじ色)なため、印象が地味になっている。このえんじ色は楽天のテーマカラーかもしれませんが、この色をメインに使うことはなかった。ワンポイントに使うなど、デザイン上で工夫すればよかった。
2.ユニホームのデザインも、一昔前の野球ユニホームのデザインを感じさせる。もっと今風、刺激的なデザインでもよかったのでは。
3.ユニホームにはRAKUTEN、EGALESの文字はあるが、「東北」の文字は見えない。地域密着を謳うなら、TOHOKUなりのロゴを入れて欲しかった。

また、イメージキャラクターも、あんまり可愛くないなあ。
楽天という新しい会社だけに、ユニホームには斬新さを期待していましたが、ちょっと肩すかしをくらった感じです。モー娘。に応援歌を歌わせることは、すごいと思いましたが、このユニホームにはがっかりしてしまいました。
皆さんはどんな感想でしょうか?
※ユニホームのこと書かれているブログ、いくつかにTBさせていただきます。

| | コメント (14) | トラックバック (20)

2004/12/30

廉価版笹かまぼこと、牛タンせんべい

昨日、仙台から東京に戻りました。午前中、仙台でも雪が降っていましたが、東京でも初雪。帰省(?)土産、何にしようかと考えました。仙台土産といえば「牛タン」、「笹かまぼこ」でしょう。しかし、仙台駅でお土産牛タンをみて、ちょっとびっくり。300グラム(二人前らしい)の牛タンが2300円余りもする。確かに美味しいんだけど、ちと高い。で、駅のお土産屋さんで、こんなもの見つけました。

gyutannsenbei

乾燥牛タン入りのおせんべいです、その名も「牛タンせんべい」(まんまですね)。牛タンの味がかすかにする軽いおせんべいです。塩味と味噌味がある芸の細かさで、各18枚入りで630円なり。

さて、もう一つの名物、笹かまぼこですが、仙台駅のお土産ゾーンを歩いていると、お姉さんが盛んに試食をすすめてくれる。ちょっとでも目が合ったりすると、もう逃げられないって感じ。これも冷静に考えると決して安くない。ふつうの笹かまでも、10枚で1000円以上する。
時間があったので、私の行きつけ市場「仙台朝市」にいってみました。そこでお買い得品を発見。
笹かまでは有名店のひとつ「佐々直」のかまぼこが10枚で263円。一枚は確かに30グラム弱と、ちとこぶりだけど、安いことには違いありません。うちで食べるのには、これで充分ですよ。さすが仙台朝市です。

新聞紙にくるんでくれましたが、そこに書かれた数字は、お店のオヤジさんが代金を計算したものです。
sasakama

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/12/23

霜ばしら、きれいな御菓子です

冬至を過ぎ、暖かいと思われたこの冬も、昨晩仙台では雪がまっていました。クリスマスイブの24日、休みをとって昨日東京に戻りました。今回のお土産は「霜ばしら」。ちょっと不思議なお菓子です。

shimobashira

以前、コメントでSAGANさんに教えていただいたのですが、やっと買えました。
「霜ばしら」は白く綺麗な飴です。口に含むと、薄甘さが広がります。ほんとに霜ばしらを食べている食感の飴です。この飴が白い粉の中に入っています。

shimobashira2

この粉は米の粉で作った「らくがん粉」。さらさらした雪を思わせる粉で、フライパンで熱して、塩と混ぜるとお茶うけになるらしい。

「霜ばしら」、仙台の九重本舗玉澤の御菓子。10月から4月の季節限定ですが、寒いこの時期に、熱いお茶といただくにはぴったりです。

ここで買えます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2004/12/21

仙台の新雑誌 S-styleとは?

IMG_1881雑誌好きの私です。仙台駅の地下道に貼ってあったポスターで、「S-style」という雑誌が今日創刊と知り、思わず買ってしまいました。ぱらぱらめくってみると『なんか見覚えあるな・・・』、よくみてみると「せんだいタウン情報」のリニューアル版なんですね。以前の記事でこの「せんだいタウン情報」をくさしましたが、それがばれたか(?)、装丁も変わってのリニューアルです。判型はA4版になり、写真もきれいな印象。

でも、これまでは月2回の発刊だったのが、これからは月刊のよう。情報誌としては月刊化は冒険でしょうね。タウン情報ですから「旬の情報」は命です。月刊で新しい情報を発信できるか。私としては疑問。やはり最低月2回のペースで、「旬」の情報を発信して欲しいところ。
首都圏の老舗情報誌「ぴあ」も最近、判型を大きくし、発行日を月曜から木曜に変えるトライアルをしています。その一方で首都圏でR25がフリーペーパーとして成功(R25のWEB)したことは見過ごせない事実です。
紙のメディアを使った有料の情報誌は難しい時代になっています。仙台という中規模な都会での、情報のメディアの行く末を心配させる、S-styleの新創刊です。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2004/12/19

玉子焼専門店です、「たま栄」

IMG_1860仙台の街はすっかりクリスマスムード、うちのそばの「光のページェント」、昨晩はすごい混雑でした。クリスマス、そして年末、正月。一年はほんとに早い。

正月には欠かせないのが玉子焼。子供のころ、お節では玉子焼が楽しみ、というか玉子焼ばかり食べていたかも。仙台で玉子焼の専門店を見つけました。大町にある「たま栄」。玉子焼屋と言えば東京・築地の松露が有名ですが、ここの玉子焼はいたってシンプル。


品揃えは3種類。なにも入っていないただの「玉子焼」(504円)、それに「かに入り」(630円)と「うなぎ入り」(1260円)。玉子焼を買ってきました。甘みのあるまさに玉子焼という味。お正月には賑わいをみせるのか、ちょっと気になる店でした。

たま栄:仙台市青葉区大町2−2−33 (晩翠草堂前のすぐそばです。ご主人によると夕方5時頃には店じまいするそう)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004/12/13

きれいです、光のページェント

IMG_1824

IMG_1832

仙台冬の最大のイベント、「光のページェント」が始まりました。定禅寺通の木々が電飾を施され、きれいです。
昨晩9時過ぎに東京から戻り、撮影に出掛けました。まだ、かなりの人で賑わっていました。
なかなか、素人には写真がうまく撮れません。残念。

※12月23日:ブログ人「日本応援地図」にトラックバックします。

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2004/12/09

仙台四郎と「仙台初売り」

年の瀬も押しつまってきました。あと20日余りで新年です。師走のこの時期にこんなものをGETしましたよ。

IMG_1792.JPG

仙台四郎をキャラクターにしたスキップカードです。仙台の方はご存じかと思いますが、スキップカードというのはバス、地下鉄で使えるプリペイドカードです。これは限定版で、12月1日から販売されています。
仙台四郎とは以前も紹介しましたが、「商売繁盛の神様」。仙台の隠れたヒーローかな?

仙台の商店街にはこんな仙台四郎が。

IMG_1788.JPG

このプリペイドカードを買って、初めて知ったんですが、仙台には『仙台初売り』というものがあるんですね。これはどうやら仙台にとって一大イベントらしいです。
「仙台初売り」について、地元・仙台のひとに事情をきいてみました。伝統のある仙台初売り、正月の2日か3日に商店街が一斉に初売りをすることをさすようですが、最近は大手量販店が元旦から営業を始めることで、地元商店街とのせめぎ合いがあるようです。伝統とコンビニエンス(利便性)、この二つをどう両立させるかは、かなり難しいかもしれません。

この商店街の仙台四郎のこと、HNがまさに「センダイシロー」さんのブログ「仙台についてイーグルスについて」にて知りました。トラックバックさせていただきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/12/04

ずんだ、牛タンの話題作!

ずんだファン、牛タンフリークの皆様、お待たせしました。この仙台名物の素材を使った作品を発見。以前紹介した「牛タンカレーパン」を販売しているミッシェルに、またおもしろいパンとお総菜がありました。

まずは「牛タンライスコロッケ」

IMG_1737.JPG

牛タンを煮込んだものが、(たぶん)バターで炒めたライスで包まれてます。ライスと牛タン煮込みの味が微妙にからみあって、いい感じです。
そんなにしつこくなく、ぺっろっと食べてしまいました。

そして「ずんだメロンパン」

IMG_1744.JPG

薄い「ずんだ色」をしたメロンパンです。食べる前は、ずんだを練り込んだメロンパンかと思っていたのですが、実は違いました。
                                     IMG_1747.JPG

メロンパンの中にはずんだが入ってます。口の中で、甘さが広がります。

牛タンを具にした「牛タンコロッケ」とか、「ずんだ」が入った「ずんだあんパン」はありますが、この「ライスコロッケ」や「メロンパン」は結構めずらしいかもしれません。

牛タンライスコロッケ:250円 ずんだメロンパン:136円
ミッシェル:仙台市宮城野区榴ヶ岡4−2−3 MTビル1階

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/11/29

「国分町フェスティバル」ってすごい!

昨日、市民広場・勾当台公園で国分町フェスティバル2004というイベントがありました。国分町といえば、仙台随一の飲み屋街。で、このイベントは『国分町の魅力が勾当台公園に大移動!!!』とポスターにあります。でも、飲み屋街の魅力を公園でどう見せるのか・・・、気になって出掛けてみました。

メインイベントは、市民広場での「ステージショー」。会場でもらったチラシには『歌姫・お笑い・ボサノバ演奏・ニューハーフ店合同ステージショー』その模様の一部ですが、ともかく写真をご覧あれ。

チアガールですかね。
IMG_1709.JPG

これはなんでしょ?
IMG_1711.JPG


ゴスペルシンガー達、かな
IMG_1716.JPG

このイベント、大盛況でした。でも、休日の昼間、市役所の隣でこんなことやるって、けっこうすごくないですか。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/11/28

仙台のデパ地下3:さすが総合力の三越

三越のWEBを調べてみたら、なんと全国に20店舗以上、海外にも10店舗以上あるんですね。最近新宿の三越は、リニューアルして大規模書店のジュンク堂やLOFTが入って、話題のよう。
ここ仙台の三越も老舗の高級感がただよいます。デパ地下は地下1階、隣のファッションビル「141」の地下と合わせて2ゾーンで展開、かなりのスペースです。さすが三越、と思わせる充実度です。
鮮魚は「松や」がテナントで入り、地物の魚もいっぱい。藤崎と並ぶ品揃え。野菜、果物のスペースは広くはありませんが仙台の有力野菜、果実店「いたがき」が入り、質のいいものが並びます。
スイーツ、お菓子も地元の名店、全国ブランドの店が並び、イートインコーナーも充実。お総菜は「柿安ダイニング」と「京料理美濃吉」が美味しそうです。
ただ、お酒類は貧弱ですね。これは藤崎には及びません。
東京の感覚で「デパ地下」といえるのは、ここ仙台では三越だけかもしれません。

昨日、三越のデパ地下で見つけたもの。「萩の月」で有名な菓匠 三全の洋菓子屋「ロワイヤルテラッセ」の『キャラメルシュー』。キャラメルの甘さが美味しい、こぶりのシュークリーム。(1コ126円)
IMG_1692.JPG

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004/11/27

仙台のデパ地下2:藤崎は鮮魚が充実です

仙台では老舗のデパートの藤崎。店内も、昔ながらのデパートという印象です。
ここのデパ地下は地下1階、2階と2フロアーがあり、広い【デパ地下ワールド】が展開されています。お菓子、スイーツは地元の有名店を含め、いい店が多く入っていますね。仙台、宮城のお土産品はだいたい買えるのではないでしょうか。スイーツもなかなか美味しそうなものがあります。「資生堂パーラー」、「ポエムドメリー」もあります。
パン屋も「ポンパドール」「フォション」があり、どちらで買おうかと迷います。お酒、ワインのコーナーは充実。東北各地の地酒もかなり揃っていますね。
かたやお総菜はちょっと役者不足の感。食べたいものが少ないです。

地下2階はマーケット形式の食料品売場。ここでは鮮魚売場がいいですね。価格はデパート値段で、ちと高いですが、質のよい魚介が並んでます。たとえばこの季節は、ばちまぐろ(宮城産)、さわら(宮城)、どんこ(福島)、生たこ(福島)などが並んでいます。いい魚を買うのは、ここででしょうね。さすが老舗のデパートです。

★デパ地下で捕獲したもの
岩手県産館ケ森高原豚:ヤークトヴルスト
IMG_1654.JPG

藤崎ブランドのお米 宮城県南郷町産 ササニシキ
IMG_1657.JPG

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/11/26

仙台のデパ地下1:さくら野はお総菜がお勧め

仙台駅前の「さくら野」のデパ地下が、先週リニューアルオープン。ここ仙台のデパートに出掛けるのは、もっぱら「デパ地下」です。おかずとかの買い出しがほとんど。仙台初心者の私が、仙台のデパ地下をどのように感じているか、レポート(ちとオーバー)してみます。
まずはさくら野。デパ地下を改装、一新しました。

イメージキャラクターは「おばんです」
IMG_1637.JPG

以前と比べて、総菜、お菓子、スイーツのゾーンがかなり強化されてますね。気にとまった店は、中国茶の専門店「茶語」、飲む酢の店「オークスハート」、山形のこんにゃく専門店「丹野こんにゃく」などです。
お総菜、弁当などは美味しそうなものが揃っています。おにぎりの「川井亭」、稲荷ずしの「稲荷ずし山田」、中華点心「手包」など。
その反面、スイーツ類はちょっと少ないかな。また、魚介、野菜のゾーンは、従来と同じスペースで展開。魚介類、野菜、果物は地物も少なめで、私としてはちょっと不満です。たとえばインドネシア産の「めばちまぐろ」がかなりの量でならべられていたのには、ちょっとがっかりしました。野菜も、宮城のものをもっと揃えて欲しいですね。
でも、前とはかなり違うデパ地下になっています。また行きたくなりました。
明日は藤崎のこと書こうかな。

「キラリのデパ地下グルメblog。」を発見。美味しいもの満載です。

★デパ地下で捕獲したもの(中華点心:手包)
牛タン餃子(1コ80円):塩気がきいていて、酢醤油などつけずに食べると美味。
IMG_1649.JPG

牛タンまんじゅう(1コ90円):小ぶりですが、牛タンの歯ごたえあり
IMG_1647.JPG


| | コメント (12) | トラックバック (0)

2004/11/23

海鮮常長辨當は、また食べたくなります

全国の駅弁を紹介している「駅弁資料館」を拝見すると、仙台の駅弁について『駅弁業者3社が激突し常に数十種類の駅弁が入手できる仙台駅は、ハズレの駅弁を入手することが難しいほど駅弁の品質が高い。』と評されています。確かに、仙台駅はレベルが高いと思います。で、またまた駅弁の紹介。
今回はかの支倉常長にちなんで名付けられた「海鮮 常長辨當」。支倉常長は、約400年前に、仙台藩主・伊達政宗によってヨーロッパへ派遣された使者ですね。このお弁当の特徴は、宮城・三陸自慢の食材を使ったこと。なかなか豪華な駅弁です。

海鮮 常長辨當(1000円)IMG_1569.JPG

【お品書き】
・紅とろ鮭塩焼き(石巻近海沖獲り)
・ほやのへそ 味噌漬け(仙台藩の伝統料理)
・厳選たらの炙り焼き(天日塩仕上げ)
・鯨の懐かし揚げ(金華山沖から)
・帆立貝の照り焼き(三陸とスペインを繋ぐ海の幸)
・えりんぎ茸のパン粉揚げ(Classicを聴いて育ちました)
・高政の笹かまぼこ(昔ながらの石臼製法)
・蔵王こんにゃくのたらこ和え、厚焼き玉子 大根味噌漬け
・田舎野菜の煮付け
★舟形の笹包み:春獲り子女子(こうなご)めし

「鯨の懐かし揚げ」なんかなかなか食べられるものではありません。私のような酒飲みにとっては、お酒を片手に食べたいお弁当。おすすめです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2004/11/11

旬の素材生かした駅弁2つ

仙台駅は駅弁が豊富です。駅弁は旅路の友ですが、ふだん出張に出かけるときときや、東京に帰るときに美味しそうなので思わず買ってしまいます。
最近、この季節の素材をふんだんに使った駅弁を食べてみたので、ご紹介します。
まずは、「南三陸 松島かきめし」です。牡蠣と言えば広島が有名ですが、宮城の牡蠣も忘れてはいけません。先週東京に帰ったとき、地元のスーパーマーケット(クイーンズ伊勢丹)でも宮城県産生牡蠣を売っていました。その宮城は松島の牡蠣を使った駅弁。1000円也。10月から3月までの限定販売です。

【製造者「こばやし」の紹介文】その牡蠣のエキスとひじきで炊きこんだ磯の香り豊かなご飯に、ぷりぷりの牡蠣と錦糸玉子、もみのり、彩りに福神漬けを盛り付けました。
IMG_1444.JPG

また、宮城県ではホタテも捕れます。そこでこのホタテを堪能したいなら「帆立まるごと弁当」。この駅弁はちょっと小ぶりですが、ホタテは充分楽しめます。700円。

これも「こばやし」製。一年中販売しているようです。
IMG_1519.JPG

仙台にお越しの際は、是非味わってみてください。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004/11/08

仙台市民は楽天よりライブドアがよかった?

楽天が、一場投手を自由獲得枠で獲得することが決まりました。これで楽天のダルビッシュ投手のドラフト一位指名はできなくなりました。
仙台の皆さんは、やはりライブドアの方がよかったんでしょうか?今週号のAERA(11月15日号)では『仙台・堀江人気の理由』という記事を組んでいます。この記事は今月2日の夜(楽天決定の日)から3日にかけて、仙台市民100人に「楽天とライブドアのどちらにきて欲しかったか」を尋ねたもの。
8割の79人が「ライブドア」がよかったに対し、「楽天」がよかったのはわずか18人。
そうなんですね。思っていたよりライブドア支持が多い気がします。よく言われる「後出しじゃんけん」という批判は、的を射ていないと思いますが、ライブドアの「心意気」には私の感じるところがあります。できれば近鉄を買収して欲しかったです。
AERAは記事をこう結んでいます。
かくも地元で不評な東北楽天の船出である。行く末は厳しい。
パリーグファンとしては、仙台、東北で是非イーグルスが成功して欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/11/05

仙台こうれんの手焼せんべい

仙台のお菓子といえば、「萩の月」とか「白松がもなか」、「ずんだ餅」など甘いものが多いですね。甘くないものはないのか、という方におすすめなのが『仙台こうれん本舗』の手焼せんべい。
「こうれん」とはちょっと妙ですが、昔せんべい屋をはじめた尼さんの名前(紅蓮尼)だそう。
お煎餅だけの店。しょうゆ味、ごま味、さとう味など7種類。しょうゆ味のお煎餅は、軽い食感で、何枚でも食べられそうです。

IMG_1516.JPG

仙台こうれん本舗:仙台市青葉区本町2−19−6
(県庁のそばです。出店はないよう)
WEB

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/11/02

楽天に決定! 仙台でも号外

注目のプロ野球、楽天に決まりましたね。ここ仙台では、夕方から特番、仙台駅東口(宮城球場側)ではイベントと大騒ぎです。
号外も配られました。

IMG_1500.JPG

IMG_1499.JPG

街にはこんな、ディスプレイが。

IMG_1497.JPG

新球団の成功を祈ります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2004/10/28

ワケルくんが結婚したらしい

一昨日、HNKのニュースをみていたら「ワケルくん」が結婚したっていう話題が報道されてました。(もちろん仙台地域のニュースですよ)ワケルくん、そうです、あのゴミ減量に取り組む仙台市自慢(?)のキャラクターですよね。
そのワケルくんがおめでたくも、結婚したそう。お相手は「セツコこさん」。

クリックすると画像が大きくなります
p.gif

テレビでは藤井仙台市長が登場して、「子供もつくって、家族ぐるみでゴミ減量に取り組みたい」といった主旨のことを言ってました。ご本人はいたってまじめなんでしょうが、なんかみているほうはちょっと笑ってしまいます。もちろんゴミの分別、減量には努力しなければいけないんですが・・・。
子供の名前、もう決めたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/10/22

仙台銀座って?

この前の日曜に、街を歩いていたらちょっと気になるものを発見。

IMG_1370.JPG

「仙台銀座」なる看板。
入ってみると、極めて小規模な商店街でした。

IMG_1374.JPG

かつてはここが仙台の中心だったんですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/07

仙台のタウン情報誌には満足せず

首都圏で駅やコンビニにあるR25というフリーマガジン、最近ますます人気のようで、発行日の木曜日の朝になくなってしまうとこも多いらしいです。女房がたまに獲得してくれてて、東京に帰ったとき読むのですが、充実度は相変わらずですね。コラムの寄せ集めみたいな冊子ですが、テーマや文章の切り口も新鮮なものが多く、読み応えがあります。
仙台にはいくつか情報誌があります。その中で「せんだいタウン情報」が代表格のようです。隔週水曜発売。今のぴあと同じ判型で、200ページちょっと。内容は特集記事からはじまって、新しい店の情報、映画、アート、スポーツ、CD、DVD情報。テレビ、ラジオ番組表まである盛りだくさんの内容。でも、なんかもうひとつな感じ。

最新号と先号IMG_1275.JPG

続きを読む "仙台のタウン情報誌には満足せず"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2004/10/04

牛タンボールはちょっと変わった味

仙台と言えば、「牛タン」ですね。米国産タンが輸入禁止になっても、大手の牛タン屋さんは営業を続けてます。牛タンの料理といえば、焼いたものにテールスープ、麦飯が定番。でも、派生的にたとえば牛タンカレーなんてのは結構ポピュラーで、レトルトものも売ってます。
うちのそばのお肉屋さんには「牛タンボール」なるものがあります。

IMG_1135.JPG

たぶん牛をミンチにしたものの中に、牛タンを刻んだものを混ぜ、ボール状にして衣をつけて揚げたもの。直径5センチほどのまんまるいボールです。
口にいれると、結構歯ごたえがあり、牛タンの堅さと旨味が美味しいです。

この、牛タンボール、一番町四丁目商店街の「濱屋」というお肉屋さんで買えます。一個74円なり。

濱屋のweb(三越のそばです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/09/26

仙台の和菓子

仙台で美味しいと噂の和菓子屋さんにいってみました。市民会館のそば、御菓子司「賣茶翁」(ばいさおう)。店は、小ぶりながら、風情のある建物。店内に入ると歴史を感じます。ショーケースに和菓子が並んでいます。

手鞠菊IMG_1127.JPG

甘さは控えめの、上品な味でした。店の奥には、お茶を飲める和室もあります。男、独り身ではなかなか行けませんが、おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/14

仙台にはワケルくんがいるよ

ひとり暮らしをしてみて大変だな、と感じるのがゴミ出し。ほんと、ゴミって増えますね。分別も手間です。いま、仙台ではワケルくんてコがいて、「キチンと分けてますか」て呼びかけてます。
ここ仙台は、例えば名古屋ほどごみの分別は厳しくないのですが、不満に思うことがあります。それは仙台での区分で「プラスチック製包装容器」のゴミ出し。東京では「燃えないゴミ」とか呼んでるやつで、【プラ】のマークがついているもの。これが週一回の収集。
どこの地域でも同様でしょうが、いまの消費社会ではこの【プラ】のごみが圧倒的に多い。スーパー、コンビニの袋。刺身とかお総菜の入ってる容器、ラーメンなどのパッケージ、すぐにゴミ袋がいっぱいに。生ゴミなどの家庭ゴミ(燃えるゴミ)より多い。家庭ゴミが週2回の収集なのに、プラスチック製包装容器は週一度。皆さん、お困りになってないですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/07/14

こんなにいつも涼しいのかな

仙台は今日も涼しい朝です。昨日も最高気温は20度、今日も同じよう。
東京は昨日は36度、びっくりするような暑さです。体が、すっかり「仙台気候」に慣れてしまって、この時期東京にいくと、「ホント、暑い~!」と感じます。
平年気温レベルで比べると、この時期では最低気温は東京、仙台は3度以上違いますね。夏の仙台は、快適と言われる所以でしょう。
引退後、仙台に永住される人が多いのも、この快適な夏のせいもあるのかなと思いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/13

美味しいパン屋さんや~い!

仙台に住み始めて、3ヶ月余り。この街には、美味しいパン屋さんが少ないのでは、と危惧し始めてます。
いつも食料を調達するダイエー仙台店にはベーカリーはないし・・・。スーパーでパン屋さんがないのは珍しいですよ、ダイエーさん。
今日は、会社帰りにポンパドールによってパンを買ってみました。ここって、チェーンの中では、美味しいパンをそろえてますね。
どなたか、美味しいパン屋さんを教えてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/07/08

仙台の丸の内?

いま住んでいるところは、仙台市内の本町というところ。ここは宮城県庁、仙台市役所どちららも徒歩5分圏内。ある人に言わせると「東京で言うなら、丸の内に住んでいるようなものだよ」と、羨ましがられます。でも、オフィス街なので、朝5時過ぎから業務用ゴミの回収車の「ガゥワー」という音や、近くの宅配便屋さんの荷物の運び込みの「がたがた」音とか、なかなか賑々しく、落ち着いて寝てられません・・・。このあたりの役所とか会社とかで働いていたら究極の「職住接近」ということになるのだけど、私は20分くらい歩いて仙台駅近くの会社に通ってます。
会社の同僚の男性陣は、みな転勤族。だれも通勤時間は30分以内ですね。東京だったらこうはいかない。2時間近くかけても「痛勤」している人も少なくない。この季節、東京の満員電車は「ネクタイ」「背広」族には堪えます。それに比べれば、仙台の通勤は天国?

IMG_0116.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/06

定禅寺通りの響き

仙台の通りは、綺麗な名前がついているものがいくつもあります。「定禅寺通り(じょうぜんじどおり)」、「晩翠通(ばんすいどおり)」、「青葉通り」、「広瀬通り」。イメージがふわっと広がる、杜の都らしい美しい響きのネーミングで好きです。私の実家のあたりでは、通りの名前なんて、環八(環状8号線)、目黒通、駒八通(駒沢通と環八を結ぶ通り)・・・など色気がないです。
また町名も「木町通」「堤通雨宮町(つつみどおりあまみやまち)」「角五郎(つのごろう)」など歴史を感じられるものがいくつも。このような地名は、意図的に守ってきたのでしょうか?
以前住んでいた金沢市では条例を作って、古い町名を復活させていました。たとえば主計町(かずえまち)、飛梅町(とびうめまち)など。古い地名は行政が意志をもって守らねば、滅びていくものではないでしょうか。

ちなみの拙宅は、この「定禅寺通」りに近い、地下鉄の「勾当台公園」(こうとうだいこうえん・これもいい地名ですね)から徒歩2分くらいのとこにあります

IMG_0120.JPG

| | コメント (0) | トラックバック (0)