グルメ・クッキング

2017/03/13

温野菜のしゃぶしゃぶ

 家族と「温野菜」にいきました。あちこちで見かけるしゃぶしゃぶの店です。ここのメインメニューはしゃぶしゃぶ食べ放題にしたのですが、よく出来たメニューです。
 食べ放題は肉の質によって値段のランクが設定されています。しゃぶしゃぶ食べ放題というと、肉、野菜が食べ放題というイメージがありますが、温野菜では【おつまみ・野菜のおかず】 、【お鍋のお楽しみ】 【ご飯・〆】 というメンニューもあり、これも食べ放題です。2時間の食べ放題ではとての全部は食べきれない。これが店側の狙いかもしれない。
 温野菜、という店舗名からヘルシーなイメージがあります。お客さんは女性が目立ちました。食べ放題ながら、おしゃれな環境を作っていて、うまいなと思います。
 温野菜は牛角、土間土間を展開するレインズインターナショナルがやっているフランチャイズです。外食産業も競争は激しいですが、アイディア次第では面白い展開ができる。しゃぶしゃぶを食べながら、そんなことを考えました。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/04

恵方巻き商戦

 昨日の節分、夜の8時過ぎにフタコの食料品売場を通りかかったら、どこの店にも恵方巻きがまだ並んでいました。とある店ではこんな時間なのに列が。美味しいのか、有名なのか。
 恵方巻、冷静に考えると高い。鮮魚店では1本2000円近くしていました。さすがにたくさん売れ残っていましたが(笑)。恵方巻き商戦も年々過熱しているようにみえます。
 コンビニでは学生バイトに販売ノルマが課され、自腹で購入したり、家族に買ってもらうバイトもいるとの報道もあります。クリスマスケーキと同じ商法です。恵方巻きが終われば、バレンタインだし。売る方も大変です。
 自宅近くのスーパーに寄ったら、3割引きになった恵方巻きを1本買ってきました。これくらいの金額ならまあ、納得かな。まだ在庫はたくさん在りました。いつまで続くのか、恵方巻き商法。


2017


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/29

セブンの焼き鳥盛り合わせ

 コンビニの総菜は日々入れ替わりながら、いろんな商品が棚に並びます。セブンイレブンも頻繁に品揃えを変えていますが、先日、「焼鳥の盛り合わせ」というのを見つけました。居酒屋などで焼鳥盛り合わせを注文すると、串に刺した何種類かの焼鳥が皿にのってきます。
 でもセブンの盛り合わせは串なし。3種の焼鳥がトレーに入ってます。

Photo_2

 そもそも串に刺さっていないものを焼鳥というのか、なんてつまらないことを考えます。
 以前は串に刺さっていた焼鳥がセブンで売られていて、よく買っていたのですが、いつの間にか棚から消えてしまいました。その後継品(?)がこの盛り合わせかな。
 ユーザーリサーチから焼鳥は串なしのほうがいい、ということになったのか。セブンイレブンの事情を知りたいとっころです。まあ、どうでもいいことですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/19

用賀でとんかつ

 世田美にいった帰りに用賀で「すずや」に行きました。新宿に本店があるとんかつ屋です。とんかつ屋と言えば、キャベツ、ご飯、味噌汁がおかわりし放題が刷り込まれていて、和幸、さぼてんがご贔屓です(笑)。「すずや」もおかわりし放題です。ランチ時間の15時ぎりぎりに店に着き、キャベツをたくさんいただきました。

Photo_3

 一昨日の朝日新聞に「格安とんかつ、勝つのは?」という記事がありました。
「牛丼チェーンやファミリーレストランが、とんかつ店への参入や事業強化を続けている」(2017年1月17日 朝日新聞)
 と、とんかつ店は収益が見込める事業らしいです。松屋、ガスト、丸亀製麺などがとんかつ屋に参入しています。
 用賀にも松屋がやっているとんかつ屋「松乃屋」がありました。
 格安とんかつ屋は確かに安いのですが、きゃべつとか食べ放題ではないし・・・・・。格安なのに足が向きません。とんかつ屋の魅力とはなんだろう。どうでもいいことですね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/15

カレーは作らない?

 この前の週末、ピンチヒッターで夕食を作りました。あいにく商売の予約もフル稼働で、簡単に作れるメニューの定番、カレーと肉じゃがです(笑)。カレーはルーを使うお手軽レシピです。
 カレーの材料をスーパー(自由が丘のピーコック)に買いにいったのですが、カレールーのコーナーにいってちょっと驚きました。カレールーよりレトルトカレーの品揃えが多いのです。レトルトカレーはほんと沢山あります。一方、カレールーはバーモントカレー、ジャワカレー、ゴールデンカレーなど昔からの定番が中心で、あまり代わり映えしない感じ。
 いつだったか最近は家庭でカレーさえ作らなくなったということをききましたが、真実かもしれません。ルーを使えばカレーなんて簡単にできるのに、レトルトを選んでしまう人が多いのか。お一人様が増えていることも理由かもしれません。
 たかがカレーですが、状況は変わっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/11/11

えがわの水羊かん

 福井では冬に水ようかんを食べます。このことを思い出しました。戸越銀座で「えがわの水羊かん」を見つけました。福井の水ようかんでは(多分)いちばん有名な店。

Photo

 冬の水ようかんですが、冷蔵して食べます。「えがわの水ようかん」はふつうの水水羊かんより甘さが穏やか。シンプルな美味しさす。


Photo_2

 水羊かんを買ったのは坂井市のアンテナショップ。戸越銀座にあるのなんてちょっと驚きでした。久しぶりに冬の水ようかんをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/15

なすそうめん

 きょうの料理の土井善晴さんレシピの「なすそうめん」を作りました。なすそうめん、初体験ですが、旬のなすを使った一品は美味でした(夕食に急いで作ったので、盛り付けがスパゲッティみたいで恥ずかしい)。

Photo

 土井さんのレシピではなすを煮込んで、そこにそうめんをいれて更に煮込む調理で温かい麺メニューです。なすそうめんにはいろいろなレシピがあり、クックパッドには600以上も掲載されています。
 先週号の週刊文春連載コラム「この味」で平松洋子さんがなすそうめんについて書いています。これによれば金沢の家庭料理だそう。このなすそうめんは冷たい麺メニューです。
 金沢には4年半ほど住んでいましたが、なすそうめんは食べたことがありませんでした。家庭内だけで食べる料理なのかな。
 ともあれ、なすとそうめんの相性は良好なので、様々ななすそうめんが作れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/09

ビキナーズの特集レシピを作る

「きょうの料理ビキナーズ」のテキストを買ってしまったので、難平か料理を作りました。NHKの「きょうの料理ビキナーズ」は毎日5分、週4回の放送。月の後半は前半分の再放送なので、実質10本=50分分しか番組はありません。
 そのため、毎月発売のテキストはテレビ放送分のレシピに加え、放送されないレシピで構成されています。今月号にあるごちそうサラダが美味しそうだったのでいくつか作ってみました。坂田阿希子さんによるレシピです。

「カリカリベーコンと豆のサラダ」 豆、ベーコンに紫キャベツがポイント。
Photo

「ポークソテーと紫キャベツのコールスロー」 ドレッシングにオレンジジュース、クミンなどが入り、ちょっと複雑な味。
Photo_5

「えびとくずし豆腐のサラダ」 えび、豆腐を使った中華風サラダ。
Photo_6

どれも美味しかったです。また作ってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/09/08

料理テキストはやはり紙かな

 成城学園の駅ビルにある三省堂書店に入ったら、NHKの料理テキスト「きょうの料理」と「きょうの料理ビキナーズ」の9月号を買ってしまいました。衝動買いです。
 買ってしまったので、料理をできるだけ作ってみようと、時間のあるときは取り組んでます。まだ放送がオンエアされていないので、まずは放送がない隠れレシピから一品。
 
Photo

 大庭英子さんレシピの韓国料理「チャプチェ」を作りました。チャプチェ作るの初めてです。
 保管のことを考えると、デジタルがいいのですが。デジタル版より紙のテキストのほうが、調理中見やすいです。
 出来上がったチャプチェは、ほどよい薄味。大庭さんのレシピは簡単ながら美味しいです。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/07

再び「宇都宮みんみん」へ

 一昨日の宇都宮ツアーで、また「宇都宮みんみん」の餃子を食べてしまいました。宇都宮に到着したのが曜の昼時なので、本店はあきらめ来らっせ店にしました。ここはいくつもの餃子店が入っているミニ餃子テーマパーク。
 拙ブログを調べると、過去ここには2回来ていました。「宇都宮みんみん」の本店は来らっせ店からすぐそばにありますが、10年以上前に来ていましたが全然覚えていません。年をとりました(苦笑)。
 みんみんの餃子の特徴は野菜が多いこと。ホームページによれば
「白菜をたっぷり使った野菜主体のあっさり餃子です」
 とヘルシーな餃子。
 このみんみん餃子は、「焼き」「水」「揚げ」の3種類。それぞれ餃子は6個で250円。この日は焼き×2+水×1を注文。計18個ですが、なんなく食べられます。野菜主体の具であるためでしょう。
 今度は久しぶりに本店にいってみたいです。そしてビールを飲みながら熱々の餃子をいただきたい。いつのことになるのやら(笑い)。
 

Photo_3


3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/12

久々に随園別館

 イッセー尾形のでる舞台のシアターが新宿御苑なので、公演前に「随園別館」で食事をしました。この辺りでは有名な中華料理屋です。もう20年くらいご無沙汰かな(笑)。確か人気店だったので、混んでるかなと思いながら17時半すぎにいってみると、意外やそうでもありません。
 演劇鑑賞の前なので、大酒を飲むわけにもいかず、点心でビールにしようと小籠包をたのむと、何故か品切れ。そこで水餃子と春巻きをいただきました。

1

 厚い皮で包まれた水餃子は食べごたえあります。春巻きもぱりぱりの食感が美味しい。
 いろいろ食べたいところですが、公演時間が迫ってきたので、五目焼きそばをたのみました。具がたっぷり入って、ボリュームがあります。濃くも無く、薄でもない絶妙な味付けの焼きそばも美味しい。
 どの料理も価格はリーズナブルです。財布に優しいみせだと思います。久しぶりに訪れた随園別館。こんどはゆっくり飲みたいものです。

3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/19

百軒店の鳥升

 久しぶりに渋谷の百軒店にある「鳥升」に行きました。1階のカウンター席を抜け、狭くて急な階段を上がると、大広間の座敷があります。靴を脱いで、古いテーブルで一杯。今時、こんな飲み屋は多くはありません。
 店名から想像されるように、焼き鳥、鳥の唐揚げ、鳥皮ぽん酢などなど鳥料理がメインです。ビールは黒ラベル。

Photo

 料理はどれも美味しい。ずっと前から変わらない味なのだろうな。この料理は1階で作り、料理用エレベーターで2階に運ばれます。これもかなりの年代物です。メンテナンス大変だろうな、なんて心配をしたりします。
 30年以上前に戻ったような古風な居酒屋「鳥升」です。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/26

食べログの評価

 先日、友人に連れられていった店の口コミがひとつしかなかったので、宣伝に協力(?)しようかと思ったので、久しぶりに食べログに口コミを書き込みました。
 もう何年も見るだけの食べログなので、口コミの投稿システムが変わったように感じました。以前は口コミを投稿するとすぐに掲載されたような記憶があるのですが(間違っていたらすみません)、現在は口コミ投稿実績がないと掲載されないようです。
 知人が先週開店したレストランの食べログサイトに、何人かの人(この方々も存じ上げてます)が口コミを書いたのがアップされていません。写真だけがアップされ、そこから辿ると口コミを見ることができます。
 関係者が宣伝のためだけに高い評価をつけても駄目、ということです。また、掲載される5点満点の評価も単純平均ではありません。
「食べログのお店に付けられた点数は、レビュアーによる採点の単純平均ではありません。レビュアー毎にお店の点数に与える影響度が異なります。」
 と公式ホームページには記載されています。
 食べログの評価をどこまで信用するか。微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/22

フルーツを味わうレストラン:果樹園B2

 中高の友人に連れられて個性的なレストランに行ってきました。千駄ヶ谷にある果樹園B2です。ユニークな店名の「フルーツダイニングレストラン」。フルーツダイニングレストラン、って? ホームページには
<「もっとフルーツを日常に取り入れられないか?」「料理にフルーツを。」 それを実現するためのレストランが新しいダイニングの形「果樹園B2」です>
 とあります。フルーツを料理の素材に積極的に取り入れた料理を供しているレストランです。
 この日はディナーのコースメニューをいただきました。

旬のフルーツ盛り合わせ
前菜の盛り合わせ
特製果樹園サラダ
その日のフリット
お肉の煮込み

 
 ビール(サッポロの白穂乃香)、赤白ワインの飲み放題がついて4800円ほどでした。素材、隠し味にフルーツを使った料理はどれもレベルが高く、酒にも合います。店の空間も快適、ゆったりしたソファに座ると、ほんとにくつろげます。
 ただ残念なのは、お客さんが少ないこと。19時前から22時ころまでの滞在中、(たまたまでしょうが)他のお客さんはいませんでした。ももっと宣伝したほうがいいかも。
 千駄ヶ谷の駅から徒歩5分ほど、ホープ軒のすぐそばです。いい店です。

果樹園B2


 B1


B2


続きを読む "フルーツを味わうレストラン:果樹園B2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/03/12

マクドナルドで昼食

 二子玉川でランチにマクドナルドに入りました。平日、午後の2時近い時間だったのですが、店内はほぼ満席です。報道によれば直近の業績は回復しています。
「2月既存店売上高が前年同月比29.4%増となり3カ月連続で増加した」(3月4日 日経新聞)
 新メニューが好調で、商品名公募の「「北のいいとこ牛っとバーガー」の販売も堅調とか。
 ランチで食べたのはえびフィレオ。フィレオって何だ? と思いますが、要は海老かつです。、なかなか美味しいですが。サイドにサラダ、ドリンクにコーヒーを選ぶセットメニューで670円。リーズナブルな価格でしょう。
 ただ店内で食べていると、くつろげません。席のスペースが狭いせいです。以前、渋谷の店に入った時も同じことを感じました。スタバと比べると、その差は明確です。マクドナルドの不振についていろいろいわれていますが、店内の居心地が良くないことが原因のひとつではと思います。
 マクドドナルドの真の復活があるのか。まだまだ時間がかかるかもしれません。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/24

京都の話:人気の親子丼だが

 ちょっと前の話ですが、京都マラソン前々日に京都入りし、前から行きたかった「ひさご」を訪れました。祇園にほど近い蕎麦屋ですが、親子丼が有名な店です。20年近く前、編集の仕事をしている時、取材で京都に行き、先輩に教えてもらった店。昨年、京都マラソンの翌日に行った際には定休日で(月曜が休み)、今年出直し。
 マラソンのゼッケンを受け取った後、夕食にと店に。昔の事は記憶がないのですが、ほどよい広さの店内です。祇園、八坂神社が近く、親子丼は有名な店なので、席はほとんど埋まっています。
 お客さんが出されたお茶を「Green Tea?」と店員さんに尋ね「違う。・・・いや、Green Teaです」なんて会話が聞こえます。お品書きは英語が併記されています。お客さんは外国からの観光客のほうが多いようです。外国の方は親子丼にはどんな感想をもつのかな。
 お目当ての親子丼は玉子の半熟具合が絶妙で美味です。

Photo_2

 満足して店を後にして、バスで四条に戻ろうとバス亭へ。そこでは多くの観光客をおぼしき人がいました。中国語、韓国語が聞こえます。今更ですが、京都の観光事情も変わっているようです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/13

美味なベジ丼

 久しぶりに吉野家に入りました。お目当ては「ベジ丼」。このメニューが登場してからかなり経ってますが、食べたことがなかったのです。吉野家といえば、牛丼大盛りが定番だったのですが(笑)、たまにはヘルシーメニューもいいかなと。
 野菜だけの丼です。吉野家の発表では「11種類の温野菜(ヤングコーン、オクラ、ブロッコリー、サツマイモ、赤パプリカ、黄パプリカ、インゲン、ニンジン、キャベツ、ニラ、玉ネギ)」が盛り付けられ、これを「うま塩ダレ」で味付け。
 食べてみると、温野菜は食感があり、味付けもほどよい加減です。カロリーは421kcal。牛丼並の669kcalに比べるとかなり少ない。野菜だけでは物足りたりなければ、ベジ牛(604kcal)、ベジカレー(623kcal)もあります。
 松屋、すき家にないユニークなメニューですが、その人気はどれほどなのでしょう。定番メニューとして定着して欲しい一品です。
 
Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/06

鎌倉小川軒のレーズンウィッチ

 先週、神奈川県立近代美術館にいった際、鎌倉小川軒に寄りました。そのとき買ったレーズンウィッチが1個まだ冷蔵庫にあったのを(賞味期限切れ)食べました。以前、スーパーでここのレーズンウィッチを買ったことはありますが、店は初めていきました。
 小川軒と言えば、東京では代官山、目黒、新橋、御茶ノ水にあります。この4軒はどこも同じなのか。
「長男・忠貞は代官山小川軒(レストラン)、次男・摩樹夫は目黒小川軒(洋菓子)、三男・洋は御茶ノ水小川軒(レストラン)」(御茶ノ水小川軒のホームページより)
 と、目黒と新橋は同じ経営で、兄弟による3系統ということです。
 では、鎌倉は? どうも親戚筋みたいです。
 でも鎌倉小川軒も手広く店舗を展開しています。鎌倉の店はこじんまりとしてましたが、全部で5店舗あり、東京駅の一番街にも出店しています。
 レーズンウィッチという強力な商品を持つ小川軒。そのパワーはなかなかのものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/04

節分商戦もいろいろ

 昨日は節分ということで、恵方巻きをあちこちで売っていました。美味しそうでもないので、買わずにおきました。節分にちなんだ食べ物はいくつもあるということを折り込みチラシで知りました。
 地元のいなげや、サミットのチラシには恵方巻きがいくつも載っているほか、手作りする具材があります。完成品は高いから自分で作るほうがいいかも、と気付きました。
 チラシには恵方巻き以外に節分にちなんだ食べ物があります。節分そば、節分いわし、そして節分春巻。節分いわしは丸焼きだけでなく、「鬼に金棒!さつま棒 いわし梅しそフライ」とか「いわしの甘辛煮」もあります。
 節分を商機にしようとするスーパーの意気込みに感心します。でも、節分チラシ商戦には地元ダイエー、東急ストアなど大手は参戦していません。いなげや、サミットといった地元密着型のスーパーは節分商戦で成果があったのか。とても興味があります。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/23

行列のチーズタルト

 自由が丘にいつも行列のチーズタルトの店があります。スイーツ好きはご存じだと思いますが、「ベイク チーズ タルト」です。開店してもうかなり経つのにいつも行列です。そのうち列もなくなるだろう。そうしたら買ってみようと思ってましたが、行列はなくなりません。
 平日の夕方、列が短かったので並んでみました。店内にはできたてのチーズタルトが並んでいます。

Photo

 6個で1242円、1個207円のチーズタルトです。チーズタルトなどめったに食べないので、評論(?)できないのですが、美味しいと思います。
 このチーズタルトのルーツは北海道にある洋菓子店きのとや。東京に進出して、いまや大阪、福岡、海外にも進出しています。チーズタルト一品でここまでできるとは、凄い。
 また買いにいきます。


Photo_2

ベイク チーズ タルト 自由が丘店洋菓子(その他) / 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅
昼総合点★★★★ 4.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/22

岐阜屋でラーメン+α

 新宿に野暮用ででかけたついでに、久しぶりに思い出横丁に寄りました。昼飯時だったので、まだ営業している店も少なかったのですが、その中でいつも店を開けている「岐阜屋」に入りました。この店、中華屋のようですが、朝から夜までやっているので、場所柄昼から居酒屋みたいな感じです。
 店に入るとお客さんの多くは(昼時ですが)チューハイ、ビールなどを飲みながらくつろいでいます。さすがにきっちりとしたスーツを着たビジネスマンはほとんどいません。女性もいません。今時はマスメディア、ネットで情報が拡散して、ひなびた店にも若者、女子がいたりしますが、ここ岐阜屋は独自のワールドのままのようです。
 ラーメンと餃子をいただきました。いい意味で年季が入った美味しい料理でした。ごちそうさまでした。

Photo

岐阜屋中華料理 / 新宿西口駅西武新宿駅新宿駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/01/12

料理教室のビギナーコース

 何回か通っている東京ガスの料理教室にまた参加してきました。前回、前々回は一般コースだったため、黒一点でした。男性一人はちょっと気が重いので、今回はビギナーズコースに参加してきました。
 どれくらい男性がいるかと心配していたのですが、参加者15人中男性は(私を含めて)4人で、シニア、若者、新婚カップル。これくらい男性がいると気兼ねなく料理に専念できます(笑)。
 コースのメメインニューは、ハンバーグです。「ハンバーグ~3種のガルニチュール添え~」「ブラックペッパーライス」「コーンスープ」の3品を作りました。ビギナーコースなので、初心者向けに丁寧に教えてくれます。たとえばタマネギのみじん切りは、自己流でやっていた方法とは違っていました。新鮮です。
 料理は参加者がペアになって作るのですが、ペアを組んだ女性はビギナーとは思えない手際のよさです。主婦歴○十年らしい。なぜビギナーコースに参加したのかな。
 ほどよく快適な料理教室のビギナーコースでした。


20160108


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/10/20

きょうの料理をつくる

 NHKに「きょうの料理」という番組があります。男子でもこの番組名はきいたことがあるでしょう。もう50年以上も続いているとかで、超長寿番組です。最近、ちょっとした興味から見ることがあります。今月はテキストを衝動買い(?)してしまったので、ちょっと熱心にみております。
 当然、見るだけでは駄目で、この前の週末には2品、夕食のためにつくってみました。「きょうの料理」の今月のテーマは「肉と根菜相性おかず」です。一品目は「豚れんこん」。井澤由美子先生のレシピ。

Photo

 れんこんを輪切りにせず、縦に包丁をいれるという調理が斬新なレシピで、フライパンで蒸し焼きにする調理です。
 もう一品は「ごぼじゃこきんぴら」。このレシピは放映されないおまけ料理で、肉はつかっていません。きんぴらなのに薄味で美味です。

Photo_2

「きょうの料理」で紹介されるのは、どれも作り方がややこしくありません。25分という番組枠で4、5品つくるので、時短レシピです。
「きょうの料理」という番組、どんな人たちがみているのでしょう。クックパッドのユーザーとはダブるのかな、なんてつまらないことを考えながら手料理をいただきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/22

朝6時から空いているパン屋さんだが

 近所に巷で評価の高いパン屋「トシオークーデュパン(Toshi Au Coeur du Pain )」があります。一昨年5月の開店以来、ネットでも高い評価を得ています。食べログの評価でも3.6点台をキープし、TOP5000にランキング。All Aboutや雑誌にも紹介されています。しかし、店の情報は少なく、facebook pageで情報がたまに発信されているだけです。
 「トシオークーデュパン)」は店主川瀬さんがパリ仕込みのパンを焼いています。この店の特徴は朝6時から営業していること。6時からやっているパン屋は珍しいでしょう。朝食前にできたてのバケットが買えるのは嬉しいです。
 いいことばかりではありません。店の定休日が月、火の週休2日制。これもパン屋では珍しいのでは。シルバーウィークの昨日、今日もお休みです。祝祭日だからといって、振替営業することはありません。


Photo

 この写真をとった今朝6時すぎも、2人のお客さんがきて、定休日の張り紙をみてがっかりしていました。
 美味しいパンを食べるのはちょっと大変です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/29

ノンアルコールビールに合うつまみは

 店で見かけて買ってみた「サントリーオール」のビターオレンジ。青い缶は夏限定。オールフリーはアレンジバージョンをよく出しているみたいです。ウエブサイトをみると、「ビターオレンジ」は昨日発売で、先月末には「コラーゲン」(コラーゲンが2000mg入っている)がでて、「レモン&ライム」も売ってます。9月には「香る林檎と白ぶどう」を出すそうです。
 これだけ変わり種がでると、もうビールテイスト飲料というより、ノンカクテルビアカクテル商品といった感じです。ビールの代替え品ではなく、純粋にノンアルコール飲料を楽しむ提案をしているサントリーの戦略のようです。
 ビターオレンジを飲みながら、どんなつまみが合うのか。酒のつまみが合うのか。それともコーラなどの炭酸飲料を飲む感覚でスナックなどを食べながらのほうがいいのか。ソムリエならどんなチョイスをするのか。なんてつまらないことを考えました。
 キリンフリーのサイトに「キリンフリーに合う愛情レシピ」が紹介されています。「豆腐ステーキ あさりあんかけ」、「春キャベツのヘルシー餃子」、「お肉を使わないヘルシー筑前煮」などヘルシー、あっさりめのレシピが目立ちます。
 ビールをやめて、毎日オールフリーとかにするとダイエットできそうです。でも体に本当にいいのかは、よくわかりません。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/12

カルピス+牛乳

 暑くなってきました。朝、5時半過ぎから走りましたが、ペースは上がりません。夏のジョグを終えた後は、カルピスを飲むことが習慣になっています。いまはカルピスマンゴーを飲んでます。
 今日は牛乳で割って飲みました。合わせるにはマンゴー、ぶどうなど白くないカルピスが好み。いつの頃からか始めた飲み方ですが、世間的にもやっている人は多いみたいです。カルピスのホームページの「よくある質問」には
「牛乳とカルピスをあわせるときの、おいしい分量はありますか」
という質問があります。回答は
「カルピス1に対し“冷たい牛乳” 5~6の割合でお試しください。その後は、お好みの濃さに調節してお楽しみください」
 です。カルピスは~5倍希釈が推奨されているので、水で割るときよりちょっと薄めです。
 牛乳で割るのは初心者で、ネットで検索すると麦茶やコーラで割るなんてのもありました。ホームページにはカルピスを使ったレシピがいろいろあり、その中には味噌ラーメンなんかもあります。カルピスはなかなか奥が深そうです。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/07/08

キングパフェで有名な店

 武蔵小山にキングパフェで有名な「王様とストロベリー」があります。キングパフェとは高さ60センチの巨大なパフェです。お値段は2800円也(以前は2300円だったのが値上げされています)。誰かこのような代物を注文するのだろう。一人で全部食べられる人はいるのでしょうか。
 
Photo_2

 前から1回入ってみたいと思っていた店ですが、ムサコで昼飯を食べることになったので入ってみました。この店は巨大パフェだけが売りですが、本来の姿(?)は喫茶店です。コーヒー、紅茶、ケーキなどが普通にいただけます。店頭は派手なPOPが目立ちますが、店内はクラッシックが流れる落ち着いた雰囲気です。
 メニューから「635セット」をいただきました。635=ムサコということで、税抜き635円のセット。スパゲッティとケーキ-、ドリンクのセットで、いくつかの選択肢から選べます。喫茶店のナポリタンと苺のショートケーキ、コーヒーを選びました。ナポリタンはオーソドックスな味です。

Photo_3

 いつかは巨大なパフェに挑戦したくなる不思議な「王様とストロベリー」です。

続きを読む "キングパフェで有名な店"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/18

ムサコでシベリアと甘食

 武蔵小山(ムサコ)に時々いきます。会員になっているスポーツクラブの定休日に他店が使えるのですが、武蔵小山に店舗があり、たまにいきます。また、今月からムサコでセミナーがあるので、一ヶ月ほど週一でいきます。
 アーケード商店街で有名なムサコですが、アーケードをはずれたところに見逃せない店がいくつもあります。駅からほど近い一角。飲み屋、お総菜屋、そして高田道場があるあたりに「パン工房こみね」を見つけました。

Photo_3

 このパン屋さん、最近減りつつある昔ながらの店です。こじんまりとした店内にはいろんなパンが並んでいますが、その中に「シベリア」と「甘食」を見つけました。このパン(お菓子?)を売っている店は珍しい。おまけにシベリアは160円、甘食は2個で120円と庶民価格です。シベリアは餡子がぎっしり入って、食べ応えがあります。甘食は普通な感じ。
 このパン屋さん、地元では有名らしいです。アーケードからはずれたムサコも魅力にあふれています。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/12

イケアのミートボール

 イケアはインテリア店ですが、スウェーデンフードマーケットがあり食材、飲料も売っています。レストランもあります。このあたりがニトリとは違う店ところで、テーマパーク的なショッピングゾーンを形成しています。
 ここでスウェーデン・ミートボールというのを買い、夕食に作ってみました。レストランでもメニューにある定番商品らしい。ミートボールはスウェーデン料理でチェットブラーとして有名ということを、ネットで調べてわかりました。
 冷凍状態のミートボールをオーブンで加熱。これに一緒に買ったミートボール用クリームソースを調理してできあがり。
 オーソドックスなミートボールという味わいです。ストアには自作するためのレシピがあります。このレシピによれば、牛と豚の挽肉を同量で混ぜ合わせ、これに卵、生クリーム、タマネギ、ラスク粉(またはパン粉)、ゆでたジャガイモを混ぜ合わせて作ります。
 イケアでスウェーデン料理。ちょっと面白い体験でした。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/04

久しぶりの金田

 以前の会社の同僚と一杯。彼のアイディアで自由が丘の金田にいきました。地元の名店ですが、ホントに久しぶりです。18時半頃と混み合う時間帯ですが、幸い2階の席が空いていました。
 何年か前、オヤジさんが亡くなりました。今はどうしているのかちょっと心配していましたが、店は相変わらずの賑わいです。
 料理も前と変わらず、丁寧に作られ、美味しいです。焼き鳥、しめ鯖、肉豆腐、さつま揚げなどなど、いろいろいただきました。
 金田の創業は昭和11年とのこと。多くの文化人に愛された店です。トイレにいくとき、手前の壁に山口瞳の生原稿が貼ってありました。初めて気付きました。こんなところにひっそり貼ってあるなんて。
 金田は時を経ても変わらず素敵な空間です。美味しい夜を過ごしました。

Photo

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/27

マクドナルドの新メニュー

 業績不振が深刻なマクドナルドが巻き返し策として新メニューを始めました。マックを含め、ハンバーガーショップにはめったに行きませんが、最近のマクドナルドの状況に興味があり、久しぶりの入ってみました。
 新メニューの特徴は、「バリューセット」のサイドメニューでフライドポテトに加え、サラダやスイートコーン、チキンナゲットが選べるようになり、ハンバーガー・サイドメニュー・ドリンクで1000種以上のメニューができるということ。またヘルシーな「ベジタブルチキンバーガー」、、「ベジタブルチキンマフィン」などが新登場しています。
 武蔵小山で用事があったので、12時ちょっと前に店に行きました。新メニューのベジタブルチキンバーガーとサラダ、プレミアムローストコーヒーをセットメニューで注文。サラダにはこれも新しいドレッシング「低カロリー玉ねぎ」をつけました。
 ベジタブルチキンバーガーはライトな感覚で確かにヘルシーっぽい味わい。サラダもほどほどのボリュームがあります。この「ベジタブルチキンバーガー」のセットメニューは通常640円ですがクーポンを使ったので450円。640円はちょっと高いかなという感じです。
 12時過ぎになっても、店はそんなに混み合っていません。目立つのは男子高校生です。マクドナルドは新メニューで業績を巻き返すことができるでしょうか。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/15

亀戸餃子の世界

 秋葉原に用事があったので、ふと思い出して亀戸へ。お目当ては亀戸餃子です。何十年前に一度だけ入っただけの店をなぜ思い出したのか。自分でもよくわからないまま、店へ。
 店の名前の通り、餃子の専門店です。店に入ると「飲み物は?」とおばちゃんにきかれます。大瓶をお願いすると「餃子、2枚焼きます」と言われます。
 壁にあるお品書きには、食べ物は餃子しかありませんん。あとは飲み物だけ。餃子は2枚(2皿)以上注文するのがこの店のルールです。したがって「餃子をお願いします」とわざわざ注文する必要はありません。
 一皿に餃子は5個。一皿目を食べ終わると、黙っていても2皿目が出てきます。2皿目を4個食べ終わると、「もっと焼きますか?」と聞いてくれます。まだ食べたかったら「お願いします」と注文。

Photo

 午前11時半頃でしたが、店内はほぼ満席。皆さん、黙々と餃子を食べています。5皿、6皿積み上げる若者もいますが、多くは地元のおじさま、おばさまで3皿くらいでお会計しています。
 餃子は1皿250円。あっさりとしているので、いくらでも食べられる感じ。久しぶりの亀戸餃子ワールドは素敵な空間でした。

続きを読む "亀戸餃子の世界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/05

予約なしでは入れない店

 ゴールデンウィーク、地元の商店街は「スイーツフェスタ」とかを開催していて賑わっています。たまには外食でもと家族ととある店にいきました。この店、開店時からずっと賑わっています。ガラス張りのため、外から一部の客席がみえるのですが、空席になっていることが少ない。ほとんど、お客さんが楽しんでいる光景が見られます。
「直出し ワインセラー事業部」というちょっと変わった名前の店ですが、自由が丘の駅から5分ほど歩くロケーションとしてはいいとはいえない店舗ですが、繁盛店であることは間違いがありません。
 予約した方がいいかと思い、16時半過ぎに電話して17時半から席をとりました。あっさり予約がとれたので、そんなに混んでいないかとおもっていました。しかし、店にいき食事を始めてから、何組も予約なしのお客さんがきましたが、すべて「今日は予約で満席です」と断られていました。やはり、繁盛店です。
 なぜ繁盛しているのか。お客さんの多くは女性のグループ、カップル、女性を含んだグループがほとんど。休日ということもあってか、おじさんだけのグループは見当たりません。
 この店の売りは店名通り、ワインです。原価+1000円で提供というサービスがポイント。料理は魚介を中心にしたメニューで、カルパッチョ、マリネ、サラダが豊富で、ヘルシーなものが多い。女性受けするメニューという感じです。
 食べログの口コミをみると女子会に使っているグループが目立ちます。意図的に女性を意識した店にしているのかな、とも思えます。繁盛店には繁盛する理由がある。そんな当たり前のことに気付かされた直出し ワインセラー事業部でした。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/24

荻窪のカッパ

 先日記事にした荻窪銀座街には何軒か焼き鳥屋があります。有名なのは「鳥もと」ですが、この店の隣にも焼き鳥屋(もつ焼き屋)があります。前から気なっていたのでネットで検索するとよさそうな感じです。
「もつ焼き専門店カッパ」という看板があがっていますが、カウンターが15席ほどのこぢんまりした店。狭いゆえか、いつも満席に近い状態です。先週、入ろうとみて満席で入れず。再度、昨日いってら幸い席がありました。
 カウンターに中にお姉さんが一人。この方がもつ焼きを焼き、酒を出し、お勘定をして、店を取り仕切っています。料理はほぼもつ焼きのみです(他にはお新香があるくらい)。もつ焼きもハツ、レバ、軟骨といった定番に加え、おっぱい、とろ、といったちょっと珍しいものもあります。
 この店が人気なのはやはり安さ。もつ焼きはどれも一本100円。お勘定ではと皿にある串の数を数えて、計算ししてくれます。いつも賑わっているので、なかなか入れませんが、また立ち寄りたい店「カッパ」です。

Photo


続きを読む "荻窪のカッパ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/03/18

炒飯の万博

 荻窪の街を散策しているときみつけたちょっと変わった飲食店に入ってみました。その名を「炒飯の万博」。なかなかユニークな店名です。その名のとおり、炒飯の専門店ですが、店構えもユニークです。

Photo_3

 かなり派手です。でも店内はそんなに広くはありません。カウンターが5席ほどと、4人掛けのテーブルが2つ。こじんまりとしたスペースです。
 メニューにはさすがにいろんな炒飯があります。最初は店のおすすめという万博叉焼炒飯をいただきました。

Photo_2

 炒飯の上に大きな叉焼がのっているボリュームある一品。炒飯も中華料理店のものとはちょっと違います。独特な味わいです。美味しくいただきました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/03/07

荻窪の煮込みや「まる」

 荻窪南口からほど近い飲食店が並ぶ一画に前から入ってみたいと思っていた店に、昨日やっといってみました。通称赤星、サッポロラガーが飲める店希少な店で、「煮込みや まる」です。店名の通り煮込みが売りです。
 店に入るとコの字型のカウンター、10席ちょっとのこぢんまりとしたスペース。古民家のような趣きのあるインテリアです。カウンターの中で、おかみさん(と言っても若い方)が1人で切り盛りしています。
 名物の煮込みは、もつ煮込み、牛すじ煮込み、肉豆腐の3つ。初心者としてはもつ煮込みをいただきました。塩味が美味な煮込みです。

Photo

 赤星を飲み干し、熱燗をいただきます。肴は出汁巻き玉子。これも薄味で美味しい。

2

 隠れ家のような「煮込みや まる」は1人飲みでゆっくりくつろげる素敵な店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/26

四谷の角打ち、鈴傳

 四谷の税理士さんのところに出かけた帰り、ちょっと飲もうと前から気になっていた店に行ってみました。一人酒といえば立ち飲みですが、四谷には角打ち「鈴傳」があります。ネットで知った店ですが、勇気を出して店に入ってみました。角打ちにはそれぞれお作法があり、なかなか緊張します。
 幸い、ひとつテーブルスペースが空いていました。角打ちですからお酒と料理を注文するごとにお金を払うセルフサービス方式。まずは、石川県白山、菊姫のにごり酒に煮物。

Photo_2

 煮物と日本酒は合いますね。
 この店は日本酒が豊富です。鳳凰美田の梅酒もありましたが、続いてこれも石川県の手取川をいただきました。フルーティな味わいのお酒を久しぶりにいただきました。
 日本酒ファンにはおすすめの鈴傳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/24

荻窪の加賀藤

 荻窪駅の北口あたりには飲み屋が点在しています。飲み屋にいく機会は滅多にないのですが、たまには探検してみようと前から気になっていた居酒屋・加賀藤に入ってみました。夜6時15分くらいだったのですが、カウンター席はほとんど満席です。一人でお飲みになっているお客さんが多いです。
 席についてお品書きをみると、もつ焼きが売り物のようですが、まずは煮込みをいただきました。豆腐がたくさん入ったあっさりとした煮込みです。

Photo

 もつ焼きもいただきました。シロ・レバ・タン・ハツカシラ・ナンコツ・コブクロ・ガツが揃っています。
 ところで加賀藤ときくと、加賀屋を思い出します。加賀屋ももつ焼き、煮込みが名物。加賀藤、加賀屋、関係があるのかな。変なことが気になります。
 地元の人に愛される加賀藤。こんな店が地元にあるといいのにと思いつつ店を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/21

マラソン大会が終わり和幸のとんかつ

 今回の京都マラソンでは新年になってから、遅まきながらトレーニング量を増やしました。通常、フルマラソンには3ヶ月前から準備が必要とされてますが、ずるずる練習を本格化しないまま、新年を迎えました。そこから走る距離を増やし、同時に体重を落とすことを目標に練習を開始。まさに泥縄です。
 ダイエットはやはり食事量を減らすことがいちばん。中でもカロリーの高い揚げ物を減らすようにします(なかなか思うようにいきませんが)。
 さて、大会も終わったので、念願の(?)とんかつを食べてきました。とんかつと言えば、和幸というのが私の定番。キャベツ、ごはん、味噌汁がおかわりできるというのがその理由です(笑)。このシステムのためか、昼飯時はいつも混雑しているので、ちょっと時間を外して店へ。
 セットメニューのさざんかというのを注文。

Photo

 当然ながらとんかつは店によって値段はまちまち。かつ屋あたりだともう少し安いですが、ゆったり食べようとすると和幸になってしまします。久しぶりの和幸のとんかつ、美味しくいただきました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/21

セブンイレブンの豆サラダ

 単身赴任をやってた頃には酒のつまみによく買ったセブンイレブンのミニカップの豆サラダ。ふと思い出して棚をみると、まだ在りました。商品の入れ替えが激しいコンビニではかなりのロングセラーです。
これを自分で作ってみようと思い立ちました。しかしいざ作ろうとするとこれが難しい。セブンイレブンの豆サラダには、4種類の豆(いんげん豆、ひよこ豆、枝豆)、コーン、玉ねぎが入ってます。このところ時期、枝豆を手に入れるのが難しい。冷凍物はありますが、塩ゆで。味付けしてない枝豆が欲しい。
またドレッシングも何を使っているのかな。企業秘密だろうな。ミニカップではなく、セブンプレミアムの豆のサラダには「マヨネーズとフレンチドレッシングをベースにした」とありました。
自作ではやまやで豆の缶詰めを見つけ、これとコーンを混ぜて、マヨネーズをベースに塩、胡椒で味付けしてみました。
でもセブンイレブンの豆サラダとはかなり違ったものになりました。たかが豆サラダですが、なかなか難しいです。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/13

富士食堂の世界

 どこにもありそうで、意外とないのが昔ながらの定食屋。大戸屋は小綺麗な定食屋ですが、古くからやってる定食屋は少なくなりました。荻窪にある富士食堂はまさしく昔ながらの定食屋です。荻窪駅そば、歴史を感じる店が並ぶ中にある大きくない店舗です。
 昼は日替わり定食が何種類かあります。店の前の黒板に書かれてます。

2
 
 店に入るとなにか和む感じ。それはお客さんがカジュアルなためです。昼飯時に街で見かけるスーツ姿の人はいません。みんなノーネクタイでくだけたスタイル。昔の立ち飲み屋を思い出しました。
 黒板に書かれた定食から「肉だんごとオムレツ」をたのみました。程なくして定食がきました。

3_2

 メインの肉だんごとオムレツに加えて副菜の白菜の浅漬け、冷や奴。それに丼飯、味噌汁がついてなんと550円。安いです。富士食堂は庶民の味方です。
 毎日通いたくなる富士食堂です。

1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/19

マルちゃん正麺のレシピ本

 マルちゃん正麺のレシピ本『マルちゃん正麺Walker』を本屋で見つけ買ってしまいました。KADOKAWAのWalkerシリーズですが、正麺を使ったレシピが84掲載されてます。こんな雑誌で商売できるのかと疑ったのですが、アマゾンでは品切れです。
 正麺は最近は「煮込んで食べるマルちゃん正麺」まで登場して、種類が10種類になっています。ライバルのラ王は煮込んで食べる麺は出していなのでリードしているかも。
 バリエーションに富んだレシピが掲載されていますが、つけ麺、焼きそば、炒めラーメンなどに仕立てたものが面白い。早速正麺醤油味を仕入れ、つけ麺を作ってみました。レシピにある具は在庫がなかったので、チャーシュー、メンマという定番。

Photo

 つけ麺スープは、付属のスープに水、酢、砂糖、ほぐした梅干しを加えて作ります。ただレシピ通り作るとちょっと量が多い。麺はつけ麺にするとちょっとコシが弱い感じです。麺が中太麺だからでしょうか。でもなかなかなつけ麺が出来ました。
 正麺が売れているからこそできるレシピ本の企画でしょう。いろいろ試してみます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/12

シェーキーズ@荻窪の閉店

 先日気が付いたのですが、荻窪南口にあったシェーキーズがいつの間にか閉店していました。看板がないので店舗があるビルの2階をみると店がなくなっています。荻窪で働き始めてから、いつかは行こうと思っていたシェーキーズですが、残念です。ネットで調べると10月末で閉店しました。同時期に原宿店も閉店しています。キティランドの並びにある店です。
 シェーキーズといえば、ピザ食べ放題です大学生の頃(遙か昔ですね)にシェーキーズにはいきました。そのころから食べ放題で、10枚以上食べた記憶があります。若かったからできたのでしょう(笑)。
 シェーキーズの店舗はどこのあるのとサイトで調べてみると、まだ都内には8店舗あります。新宿、渋谷、池袋など繁華街の店はまだ生き残っています。荻窪のシェーキーズは人通りが少なめな南口にあったので、経営的には厳しかったのでしょう。
 シェーキーズのランチバイキング、ディナーバイキング(食べ放題)というやり方はいまどれほど人気があるのでしょう。バイキングの内容は平日だとピザ・スパゲッティ・フライドポテト・カレー。ディナーバイキングだとサラダバーがつきます。ランチはヘルシーとは言えないかも。それにカロリーは間違いなく高そうです。
 ピザの食べ放題にはあまり魅力を感じない年になった今ですが、シェーキーズの今後の動向が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/08

荻窪のメロンパンとカレーパン

 荻窪にも何軒かパン屋さんがあります。よく買うのは「ノザンセートル ドゥ ドゥマン」ですが、南口あたりに小さいながらいいパン屋さんがあります。
「ブーランジュリー レテ」と「Honey」の2つのパン屋さんはメロンパンとカレーパンが共通点。「ブーランジュリー レテ」はメロンパンが売りです。これも美味しいですが、カレーパンもいいです。

Photo_3
 
「Honey」は小さなパン屋さん。広くない店内に多くのパンが並んでます。昼時はサンドイッチが人気のようですが、ここもメロンパン、カレーパンがいい感じに焼き上がっています。
 駅からちょっと歩きますが、どちらも個性派のパン屋です。

Honey

 

続きを読む "荻窪のメロンパンとカレーパン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/12/05

たかがミックスナッツですが

 ナッツ好きです。特にミックスナッツがいいですね。豆は健康にいいですが、ミックスナッツはカロリーが高く、ヘルシーとは言えません。しかし、ナッツとアルコールは相性が良くめられないとまらないです(笑)。どこのミックスナッツかといえば、共立食品の「ミックスナッツ缶オリジナル」が欠かせません。いつも酒のやまやで買ってきます。缶入りの600グラムミックスナッツが1000円弱です。
 この「ミックスナッツ缶オリジナル」はネットでも販売しているところは少ないです。共立食品は売る気があるのかとちょっと疑問になります。製造元の共立食品はナッツを得意としているメーカーで、木の実倶楽部というウエブサイトも展開しています。ナッツのマーケットの規模はどれほどかはわかりませんが、ここに特化した会社のようです。
 ナッツ好きはマイナーなのか。どうでもいいことですが、ちょっとだけ気になります。今日もカロリーを心配しながら、ナッツを食べてしまいました。美味しいです。豆の世界から逃げ出すのはちょっと無理のようです。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/22

吉野家のオーダー

 たまには昼食を外で食べようと荻窪駅近辺を店を探すも、これといったところが見つからず、結局吉野家に入りました。先日、ミスター牛丼とも呼ばれた安部修二が一線を退いた9月、日経新聞にインタビューが掲載されていました。日経電子版を読み返してみると、こんな安倍の言葉がありました。
「僕はアルバイトから始まり、入社して店長見習い、店長、『スーパーバイザー』と呼ばれる指導役、とステップを経るごとに、牛丼の奥深さが分かっていった。すごいものだとね。だから、コンペティター(競争相手)たちは吉野家を嫌いなくせに、マネをする。まんま、マネだから。そのぐらい優れたものなんです」
 松屋も、すき家も吉野家の後を追い、成功しました。でも牛丼は吉野家です。
 吉野家で牛丼大盛を食べながら、お客さんのオーダーをきいていると面白い。「つゆだく」はわかりますが、「特盛りご飯普通」なんてオーダーしてるお客さんがいました。注文を受けた店員さんが初心者だったみたいで、先輩から@伝票にはKと書けばいい。ご飯軽め」と指導されていました。メニューにないのに、定番化してるようです。
 吉野家は食券制ではありません。ライバルの松屋が食券制なのに、かたくなに伝票で注文を受けています。メニューにないオーダーを受けるため、伝票制なのか。そんな疑い(笑)も浮かびます。
 牛丼にこだわる吉野家は、まだまだ元気です。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/14

今や老舗、お米屋さんのおにぎり

自由が丘の商店街に早朝からおにぎりを売っている店があります。本業拝見玉川屋という米屋ですが朝6時頃からおにぎりが店内に並びます。その種類は20種近くあるでしょうか。
パン屋のようにトレーとトングで好きなおにぎりを取るスタイル。たらこ、昆布、きゃらぶき、鮭、おかかといった定番に加えて、牛肉、照り焼き、ハンバーグなどちょっと変わり種もあります。
コンビニおにぎりほどに派手さ、バラエティーはありませんが、買うのが楽しいおにぎりです。かなり久し振りに昼食にと出勤前に寄ってみました。ご主人が丁寧に包んでくれます。笹の葉ではないですが、おにぎり用包装紙でくるんで、その上で紙の包装紙で包む丁寧さです。
 この玉川屋、20代のころ会社の昼食用に買った記憶があるので、もう30年以上葉続いていることになります。ちょっとした老舗と言っていいでしょう。これからも美味しいおにぎりを作ってくださいね。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/24

花豆と塩豆

 ミックスナッツ好きです。常にやまやで売ってるミックスナッツ缶を常備して、いつも豆をかじってます。豆と言えば、以前記事に書いた荻窪の「大島いり豆」で豆を買いました。いろんないり豆の中から今回チョイスしたのは、花豆と塩豆です。
 花豆、塩豆というものは知ってはいますが、最近食べたことがありません。そもそも花豆、塩豆はマーケットに広く流通しているのでしょうか。ネットで検索してみるといくつかヒットしますが、多くはありません。
 豆といえば麻布十番の「豆源」。ここにはさすがに花豆、塩豆を商品ラインアップに揃えています。でも高価です。「大島いり豆」の塩豆は150グラムで200円(税込み)に対し豆原は178グラムで378円。花豆に至っては165グラム200円に対して135グラムで324円。豆源は良質の豆を使っているのでしょう。
 いり豆はいまでは生活に馴染みのないものですが、食べてみるとクセになります。「大島いり豆」は荻窪の名店といってもいいかもしれません。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/15

崎陽軒のシュウマイ

 横浜美術館にでかけたので、中華街に寄ってみました。相変わらずの賑わいですが、目立つのはオーダーバイキング。それと小籠包、肉まんなどを店頭で食べる人たちです。中国料理世界チャンピオンの肉まんなるものが何軒もありますが、これはいったいどれほど価値があるものなんでしょう。いまだわかりません(笑)。
 そんな中、崎陽軒があります。地味目な店舗です。中華街の中では目立ちません。しかし、崎陽軒の店はたくさんあります。ウエブサイトをみると、横浜駅だけで16店舗もあります。仕事場がある荻窪のルミネにも、二子玉川にもあります。かなり手広く展開しています。しゅうまいといえば崎陽軒ですね。
 ウエブサイトには工場見学の案内があります。予約状況をみると既に予約が可能な1月いっぱいすべて予約で満席になっています。人気です。
 中華街の店で昔ながらのしゅうまいを買ってきました。相変わらずの味という感じです。しゅうまいといえば崎陽軒。懐かしくいただきました。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/10

焼き鳥日本一は健在

 仙台にいた頃はよく買っていた「日本一」の焼き鳥。会社の帰りに仙台駅で買って家飲みの肴にしたり、東京へ戻る新幹線でビールのつまみにしたり…・・贔屓にしていました。
 そもそも「日本一」とは大胆です。よほど商品に自信がなければ日本一とは名乗れません。経営者はかなりの自信家かもしれません。企業情報をみると、運営しているのは「株式会社日本一」会社名まで日本一とは!
 焼き鳥日本一の店舗は、最寄り駅のひとつ手前、学芸大学駅にもあります。会社帰りにスポーツクラブに立ち寄るときには、この駅で降りるので、焼き鳥を買いました。相変わらずコストパフォーマンスがほどほど高い焼き鳥です。
 ホームページを見ていたら荻窪にも店があることを発見。会社帰りにもいけますね(笑)。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/06

マクドナルドでランチ

 ふと思いついてマクドナルドに入ってみました。日曜の正午前の時間帯です。混雑しているかも、という予想は外れ、レジには列はありません。マスメディアで伝えられるように、いまだ業績は振るわないのしょうか。先々月、8月の既存店売上高が前年同月比25.1%減ったと発表されていて、減少幅は2001年7月の上場以来最大です。
 マクドナルド不振の原因は、商品、サービスの魅力不足が指摘されています。店頭でメニューをみても、食べたいと思わせてくれる商品は少ない。結局、定番のダブルバーガーを選ぶことになりました。
 値段もセットメニュー(ハンバーガー+ポテト+ドリンク)だと600~700円と、安いと感じるゾーンではありません。コンビニとの競合も指摘されますが、日経新聞の記事では
「マクドナルドを避けた消費者は、ちゃんぽん店『リンガーハット』や讃岐うどん店『丸亀製麺』などへ流れているケースもあるようだ」
 と指摘し「郊外などでマクドナルドと競合する店舗があり、一定の受け皿になったとみられる」ともいいます。 
 マクドナルドは反転攻勢できるのか。興味深いところです。

 Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/21

ファストフードの元祖駅そば

 時間がないときに食事はもっぱら立ち食いそばになってしまいます。今では「立ち食いそば」といいながら、椅子が据えられている店が増えました。業界大手(?)の富士そばは全席椅子があり、それ以外のチェーン店も座席があったりします。
 その点、今でも立ち食いを基本としているのが、駅ホーム、構内にあるそば屋です。僅かな時間しかないときには、とても重宝する駅そば。JRホームにはたくさんありますが、どこも立ち食いそばです。
 最近、荻窪の中央線ホームにある「大江戸そば」を使ったのですが、店内は5,6人も入れば満席という狭い店です。「昔はこんな狭い店があったな」なんて思わせてくれます。基本の(?)かき揚げそばといただきました。

Photo

 信濃町に行ったときに、構内にある「田舎そば」に入りました。ここも7、8名程度の収容の狭い店舗。ここでもかき揚げそば。

Photo_2

「大江戸そば」「田舎そば」と店名は違いますが、どちらもJRの関連会社が運営しています。各地でいろんな店舗名で運営していて、統一したブランド名がありません。ちょっと不思議。
 究極のファストフード駅そば。たまにはいいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/10

日高屋でカタヤキソバ

  巷にラーメン屋は多いですが、中華屋は少ない。中華丼、五目そば、タンメンなど歴史ある(?)中華メニューを食べる機会は減りました。しかし、日高屋には中華の定番メニューが揃っているのが嬉しい。
夕飯を外で食べることになり、職場帰りに荻窪の日高屋に入りました。既にオーダーするものはカタヤキソバに決めていました。
以前、荻窪の日高屋のショーウインドウにカタヤキソバがあるのをみて、信濃町の日高屋に入ったら、ありませんでした。カタヤキソバがメニューにない店もあるようです。また新宿の店でランチタイムに頼んだら「ランチタイムはやってません」と言われてしまいました。
 日高屋のカタヤキソバは長年の懸案事項でした。
オーダーしてから5分くらいで供されたカタヤキソバ。熱々で美味です。これで580円はリーズナブル。日高屋にはタンメンもあります。さすが熱烈中華食堂と名乗るだけのことはあります。
 信濃町の日高屋を午後7時過ぎに通りかかったら、お客さんで賑わっていました。前より増えているようです。日高屋の株(正確にはハイデイ日高)は買いかもしれません。カタヤキソバから株のことを考えた夕飯でした。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/04

荻窪のいり豆屋さん

 荻窪に通い始めて4ヶ月が過ぎようとしていますが、まだ街の大方は把握していません。飲み屋2軒とパン屋1軒が取りあえず知ってる程度です。そろそろ涼しくなってきたので、昼休みに探索に出かけてみました。そこで、かねてから気になっていた店に入ってみました。
 荻窪駅近くの狭い路地。あゆみブックス、日高屋など店が並ぶ一画にある「大島いり豆」。なんと、いり豆の専門店です。いり豆だけを扱っている店はとても珍しい。ネットで検索するといくつかありますが、これまでの人生でお目にかかったことはありません。
 店内にはいろんな豆が並んでいます。広くない店内でおじさん(正確にはもう少し高齢)が応対してくれます。選ぶ余裕もなく落花生(皮をむいたもの)を購入しました。手に取ったのは塩味がないもので、別に薄塩の落花生もあることに、買った後で気づきました。
 家に帰ってこの落花生をいただきました。塩気のないあっさりして軽い味わいで、とてもいい。食べ始めると止まらなくなります。市販のピーナッツとは全然違います。
 いり豆の専門店には落花生の他にも、いくつもいり豆がありました。いろいろ買ってみようと企んでいます(笑)。

Photo


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/08/13

カップヌードルそうめん

 新聞で見たような記憶があったカップヌードルのそうめんをスーパーで発見したので、買ってみました。正式には「カップヌードルライトそうめん」。
 カップヌードルなのに冷たいそうめんが食べられるという異色の商品。単純にお湯を入れて3分待つ調理法ではなく、作り方は3ステップ方式です。
パッケージに記載されている方法は
1.熱湯を具と麺がぎりぎり隠れるまで入れる。
2.30秒経ったらかき混ぜる。
3.更に2分30秒経ったら、氷を180グラム入れ、かき混ぜる。
 冷えたら出来上がり。
どこまで冷えたら食べ頃なんだろうと迷いながら箸をつけると、麺はシッカリと固い出来上がり。そうめんなので、つゆもあっさりとして、なかなか美味。カップヌードルながら、198キロカロリーとヘルシー(?)。
 フツーのカップ麺に氷を投入して、冷やしバージョンを作ったことがありますが、麺が柔らかくなって出来はいまいちでした。日清食品も面白いものを作ります。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/11

甘食のお味は

 うちからは歩いて20分ほどの奥沢。ここには2ヶ月に1回ほど歯医者に通っています。20年ほど前にこの街に住んでいたので懐かしさもあります。その頃から商店街はあまり変わっていません。
 土曜日は起業塾があったため、3ヶ月振りくらいに歯医者へ。その帰りに商店街にあるパン工房コモスに寄りました。小さな店ですが、豊富なパンが並ぶ愉しいパン屋です。迷って棚に並んでいる甘食とメイプルラスクを買ってきました。
 甘食という食べ物は、遙か昔子どもの頃はよく食べたものです。しかし、最近はパン屋でほとんど見かけません。ネットで検索しても、ほとんど見つかりません。本郷三丁目、東大の手前にある明月堂で売っていたのですが、食べログでは掲載保留になっています。閉店しているのでしょうか。
 奥沢・パン工房の甘食は健在です。2個で200円と廉価。早速いただきましたが、割とさらっとした食感です。子どもの頃に食べた甘食は、口の上側にべたっと付きませんでしたか? なにせ、大昔の記憶なので怪しいですが。
 甘さが美味しい甘食。滅びないで欲しい甘食。また、買いにいきます。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/13

肉の万世のとんかつ

 起業セミナーがあり、先週の土曜日から毎週秋葉原にいってます。アキバにいくことなどあまりないので、昼休みに街を散策してます。昨日は、昼飯に「肉の万世」にいってみました。
 いまさらですが、肉の万世という店名(会社名も同じ?)というのは、なんとも味わいのあるネーミングです。万世橋のところにある肉料理の専門店というがその由来でしょう。ウエブサイトによれば創業は昭和24年。創業65年というわけです。秋葉原は本店です。
 肉の万世といえばステーキなど牛肉料理が浮かびます。しかしカツサンドで知られるようにとんかつもやってます。秋葉原本店ではランチにとんかつを供しています。本店の地下1階は呉越同舟というビアホールですが、昼食時はとんかつをメインにしたランチが食べられます。
 ボリュームあるロースカツ150グラムの定食が1100円。ご飯と味噌汁はおかわり自由。それに100円追加でドリンクバーもあります。昼食時なのに、お客さんは少ない。ちょっとした穴場です。コスパ重視の人には向きませんが、落ち着いて食事ができます。
 肉食系にはオススメ、肉の万世です。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/07

肉じゃがレシピの不思議

 肉じゃがのじゃがいも、煮崩れしませんか? 夕飯のおかずに肉じゃがが簡単料理なので、たまに作ります。料理の初心者なので、レシピを見なければ作れません。手元にある料理本に従って作っています。
 でも、料理本のレシピ通り作ると、じゃがいもは煮崩れます。居酒屋で食べる肉じゃがとは違う一品になります。どうしてだろう。「煮汁が半分になるまで」とレシピにはありますが、この通りにやるとじゃがいもは崩壊状態になるでしょう。
 レシピが正しくないのか。それとも作り方がよくないのか。昨日の夕飯にも肉じゃがを作ったのですが今回はAPP Storeでダウンロードしたキッコーマンの料理アプリに従ってやってみました。レシピでは「じゃがいもが柔らかくなるまで」という指示です。煮崩れないほどに煮込む、ということですね。これならいい感じかも。
 肉じゃがはおかずの基本メニューです。しかし、作り方は意外と難しい。料理というのは奥深いと思い知りました。

Photo


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/05/18

なか卯の存在感

 外で昼食を食べねばならず、とある商店街でなか卯を見かけたので、入ってみました。前にも記事で書いたのですが、牛丼大手3社(松屋、すき家、吉野家)はその業績が定期的に日経新聞に載ります。15日の朝刊にも「牛丼3社、増税越え増益へ 」と3社が消費増税後も、好調な業績であることが報じられていました。
 日経は牛丼屋が景気のバロメーターと考えているのか。大手3社に比べると、ほとんど報道されないなか卯は独自のファストフードチェーンです。会社情報をみると、今はすき家のゼンショーの子会社になっています。元は大阪で始まった店ですが、現在の本社は東京。店舗数は480ほどと大手3社の半分くらい。
 なか卯の特徴は丼に加えてうどんがメニューにあり、メニュー数が多い。牛すき丼と小うどんのセットを食べました。値段は大手の牛丼屋よりちょっと高めの設定ですが、コストパフォーマンスは悪くありません。
 
Photo

 独自の存在感があるなか卯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/10

荻窪の鳥もと

 珍しく夜の荻窪を散策。駅のルミネ側はすこし風景が変わっていました。駅前にあった焼き鳥屋「鳥もと」は、いつの頃か移転していました。かうてはビールケースを積み重ねたテーブルで一杯やるスタイルの人気店でした。
 この鳥もと、駅前からちょっと移転して綺麗な店になっていました。店内に入ると、立ち飲みカウンターと椅子席のカウンター、テーブル席があり、なかなか広い。カウンター席に案内されて、ビールと煮込み、焼き鳥を注文。

Photo

 煮込み、焼き鳥は専門店ながらの味わいで美味。焼き鳥屋ですが、岩かきなどの魚介類もお品書きにあります。鳥もと、ぶらりと立ち寄るには良い店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/04

山田うどんの味わい

 北関東エリアを車で走ると目に付くのが「山田うどん」。かかしをモチーフにしたマークがユニークなチェーン店ですが、最近人気のようです。5月1日の朝日新聞夕刊には一面で「埼玉らしく山田うどん愛」と特集が組まれてます(他にニュースが無かったのかな)。
『愛の山田うどん ---廻ってくれ、俺の頭上で!! 』『みんなの山田うどん: かかしの気持ちは目でわかる!』なんて本がでて、熱いファンは増えているとか。
 山田うどんは以前、マラソンの帰りに入ったことがありますが、あまり印象に残っていません。先日、千葉方面にドライブに出かけたら、沿道に山田うどんを見つけ、入ってみました。一時半すぎでしたが、ほどほどに席は埋まっています。
 山田うどん初心者なので、メニューをみると迷います。結局、おすすめらしいかき揚げ丼セット(580円)をたのみました。麺とかき揚げ丼のセット。うどんとそばか選べるのですが、立ち食いそば屋のクセでうっかりそばを注文してしまいました。山田うどんだから、うどんですよね。


 Photo

 かき揚げ丼といっても、かき揚げをたれで煮込んで玉子とじにしてあります。お味はちょっと濃い目。かき揚げ丼もそば(たぬきそば)もミニサイズではないので、ボリュームあります。
 山田うどん、その味わいは独特です。我が家のそばにないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/03

さのまるといもフライ

 週末に栃木へ小旅行でしたが、昨日は佐野にいってきました。佐野といえば、昨年のゆるきゃらグランプリで1位にかがやいた「さのまる」の故郷(?)です。さのまるグッズを求めて、道の駅どまんなかたぬまへ。
 ここにはたくさんのさのまる商品があります。面白い一品を買ってみました。ぽてとちっぷすですが、「いもフライソース風味」です。

Photo

 いもフライというのは、佐野の歴史あるB球グルメです。道の駅の店で売っていたので、これも買ってみました。

Photo_2

 いもフライはソースをかけて食べるのが正式な流儀(?)らしい。それで、いもフライソース風味。
 佐野は佐野ラーメンが有名ですが魅力はそれだけではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/02

宇都宮餃子

宇都宮にいって来ました。目的地はその先なのですが、途中宇都宮名物の餃子をいただきました。
宇都宮餃子では「みんみん」が有名ですが、宇都宮駅の店は1時すぎでも行列。そこでチェーン店の餃子館に入りました。
ここは健太餃子が売り。六個で300円とリーズナブル価格。どんこ餃子と合わせて12個も食べてしまいました(笑)。
美味しい宇都宮です。

undefined

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/11

いせや総本店へ

 先月、吉祥寺では有名な「いせや」に行きましたが、そこは本店ではありませんでした。井の頭公園からほど近いところにあるいわば支店。いつかは本店にいってみたいと思っていたのですが、以外とその機会が早く訪れました(笑)。
 昨日、吉祥寺にとあること目的で(このことは後ほど)出掛けたので、「いせや総本店」にいってみました。いせやは、吉祥寺に3店舗の焼き鳥屋。総本店とはいささか大袈裟ですが、これが屋号というわけです。
 総本店の本店(?)は、昔ながらの店舗を改築し、2008年に新しい店舗になりました。店舗は1、2階ですが、1階に立ち飲みのスペースがあり、そこで一杯。ここが人気の店である理由は焼き鳥が1本80円という安さでしょう。まだ明るい夕方なのに店内は常連さん風情の方々で賑わっていました。
 焼き鳥好きには堪えられないいせやワールド。こんな素敵な店がうちのそばにあればいいのにと、ちょっと悔しい思いをあとに、勘定をすませました。

 Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/08

手打ちラーメンの店

 その昔、本とか雑誌に掲載されていた情報を元にラーメンを食べ歩いていた頃がありました。都内、かなりの数のラーメン屋へ行きました。それらの店でいま営業し続けている店は多くはありません。銀座に出掛けた際、思い出してとあるラーメン屋にいってみました。「ヤンヤン」という店です。
 昔は有名店だったのですが、今はどうなのかな。この「ヤンヤン」、手打ち麺が売りの店です。店舗の1階が調理場と麺打ちのスペースです。

Photo_3
 
 蕎麦屋では自家製のそばはよくありますが、ラーメン屋で手打ち麺の店は少ない。かつてはよく見かけましたが、いまはほとんどありません。「ヤンヤン」はかたくなに自家製の手打ち麺にこだわっている店です。
 お品書きにはたくさんの麺メニューが並んでいます。迷って五目そばをいただきました。

Photo_4
 
 手打ち麺は太く、コシがあり、美味でした。昔から変わらないままの店はいいものです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/27

最近の回転寿司は2段レーン

 野暮用があって三鷹方面へ。駅からちょっと歩いたところで用事が終わったのが昼前で、目に付いた回転寿司で昼飯を食べることにしました。チェーン店として展開している「くら寿司」です。回転寿司なんて久し振りです。
 店内に入ると、定員さんがお皿の取り方を、現物で説明してくれます。ちょっとコツがいります。また注文の仕方を書いた説明書を渡されます。カウンター席ですが、座席指定されます。
 席に着くと、一昔前の回転寿司とは設備が違っていることに気づきます。カウンター席ひとりずつに注文用のタッチパネルがあります。そして、肝心の回転レーンが2つあります。下のレーンは寿司が廻っています。上のレーンは何だろう? 
 このレーンはタッチパネルで注文した寿司が運ばれてきます。注文して、しばらくすると「注文の商品がまもなく到着します」とタッチパネルに表示され、同時にアナウンスされます。そして注文品が流れてきて、目の前でピタリと止まります。ここを高速レーンと呼んでいるようです(動画がアップされてます)。
 回転寿司といっても、このシステムはオーダー中心。さらにお皿は105円均一。ネタによってはボリューム感がいまひとつですが、安い。席からは職人さんの姿は見えません。ロボットが握っている寿司を食べているような感覚になります。最近の回転寿司は進化していました。

1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/15

焼きそばの梅蘭は2系列

 渋谷のLECに講義を受けに出掛けました。場所はシネタワーの中です。昼飯に焼きそばで有名な梅蘭に行ってみました。13時過ぎだったせいか、意外とすいていました。
 この梅蘭、渋谷の他にも多くの店舗があります。どこにあるのかとネットで調べてみると、どうやら梅蘭には2系列あります。どちらの系列も中華街に店を構えています。2つの梅蘭はどういう関係なんでしょう。
 さて、この店の名物は焼きそば。焼いた麺の間に豚肉・モヤシ・玉ねぎなどが入ったあんが入っているという独特な焼きそば。

 Photo

 かりかりに焼いた麺とあんがからんで、美味しいです。逆転の発想で作られた焼きそばは、まさにオリジナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/10

古風な立ち食いそば屋

 マラソン大会の会場からJR小山駅に着いたのが、12時半ころ。昼飯をと思い、以前から気になっていたところへ。ホームにある立ち食いそば屋です。最近、小山駅はリニューアルされて、駅ナカはかなり綺麗になりましたが、このそば屋さんは、以前と変わらない店構えです。

Photo

「きそば」というのが店名なのでしょうか。定員6、7名のこぢんまりとした店舗です。小さな店ながら券売機があります。これが年季が入った代物。「替え玉」というのが珍しいです。

Photo_2

 こんな券売機ですが、発券された後音声が流れました(何て言われたか忘れましたが)。店ではおばさま2人体制で、すぐにそばが出来上がります。関東風の醤油だし。かなり濃い目ですが、塩辛さはなく、適度な味わい。ちょっとそばが柔らかめです。

Photo_3

 昔東京のホームにもこんな立ち食いそばがあったな。そんなことを思い出させてくれる店でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/16

たまには日高屋

 日高屋という中華屋は、都内の至る所に見かけます。いつの間にか店舗数が増えている感じ。日高屋を運営しているのは株式会社ハイデイ日高。東証1部上場企業です。ちなみにハイデイはウィキペディアによれば「ハイ(高揚した)な一日(デイ)」という思いが込められているとか。
 このハイデイ日高の創業者で会長の神田正さんのインタビュー記事が今秋の日経新聞夕刊に掲載されていて、興味深く読ませてもらいました。わずか5席のラーメン店から出発し、約40年で300店あまりを擁する外食チェーンに育てた神田会長。日高屋が目指しているのは「昭和の時代のラーメン屋」と語る神田会長はいいます。つまり「ふらりと立ち寄れて、ちょっと酒が飲めて、という屋台のような店が理想です」とか。日高屋は居酒屋のような中華屋だったとは。
 競合するのは牛丼、ハンバーガー、居酒屋。大手が相手ですが、神田会長曰く
「食事ができて酒が飲めるという店は案外少ない。居酒屋のつまみメニューは豊富ですが、お酒の店ですから客の回転が遅い」
 と。そして、居酒屋は、
「それを補うために多くの客席が必要になり、固定費がかさみます」
 と競合の弱点を攻めた展開作戦をとります。
 この記事を読み、久しぶりに日高屋にいってみました。藝術学舎の講義の前に、信濃町駅のそばにある店舗に寄ました。夜7時前だったですが、客はそんなに多くはありません。しかし、講義が終わり9時半過ぎに店の前を通ると、店は満員状態。一杯やっているサラリーマンで繁盛しています。確かに居酒屋です。
 単なる中華屋チェーン店ではない日高屋は、今夜も賑わうことでしょう。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/11

グリル満点星の成長がしたわけ

 最近巷を騒がしている食材偽装の問題。デパート関係のほぼ全部が該当していますが、その多くはテナント店の偽装ですニュースで伝えられる店名にしばしば登場しているのが「グリル満点星」。
 デパートで食事をしたり、デパ地下で総菜を買うことなどないので買うことがないので知らなかったのですが、グリル満点星はあちこちのデパートにレストランを出店しているのが分かりました。
 麻布十番のグリル満点星は昔からありました。祖母の墓が麻布十番からほど近い元麻布にあります。そこから麻布十番商店街に歩いていく途中にグリル満点星はありました。当時(もう20年近く前のこと)から洋食の有名店でした。記憶は曖昧ですが、何回か入ったことがあったかも。今の店舗を調べると、違う場所なので移転したのですね。その後、グリル満点星は麻布十番にあるレストランから、他店舗で展開する洋食屋になっていました。知りませんでした。ウエブサイトをみると、韓国店まであります。昔のことを考えると大成長です。
 ウエブサイトには「わたしたちはチェーンレストランではありません」と宣言しています。こう書かれています。
<私たちは「上質な日常」を求めていらしてくださるお客様に「豊かな食文化」を創造し、提供し続けたいのです>
 このために偽装ですか。
 グルメたちを陥れたグリル満点星の食品偽装は、顧客を欺すのは難しくないという事実を明らかにしました。この問題は奥が深そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/31

一つ先をいく正麺

 袋麺で大ヒットを続けているマルちゃん正麺(しかし、なんでマルちゃんなんだろう?)。袋麺といえば、ラーメンと思いこんでいたのですが、正麺のラインアップにうどんが登場しました。意外な展開です。先日発売されたのは「うどん」と「カレーうどん」。天ぷらうどんとか、きつねうどんはありません。
 気になっていたので、カレーうどんを買い、作ってみました。単に麺を煮込むのではなく、まず麺を3分茹で、その後粉末スープを加えて2分煮込むという二段構えのレシピです。
 できあがったカレーうどんは、麺は生麺のようにしこしこしています。さすが正麺です。スープは少しあっさりした味です。カレー粉とかだしを加えたくなりました。正麺のサイトに掲載されている動画のレシピでは鶏もも肉、油揚げなどを加えています。正麺をベースにいろいろ工夫して、バージョンアップすると、更に美味しく仕上がるでしょう。
 正麺のライバルラ王は、やっと今月豚骨ラーメンが発売されました。正麺では前からあった商品です。インスタント麺の王者は日清だと思っていましたが、こと正麺 vs ラ王という闘いでは、正麺がリードしているようにみえます。たかが袋麺ですが、商品に開発競争は厳しいものはあります。勝者はどこになるのか。興味津々です。


Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/18

富士そばの吸引力は

 渋谷で用事があり、夕飯を外で食べることに。最近は外食をほとんど取らないので、どこで食べようかと迷ってしまいます。馴染みのないところに入っていつも後悔しているので、結局「富士そば」に。
「富士そば」は繁華街にはどこでも見かけます。以前は立ち食いそば屋でしたが、今はどの店も椅子があるそば屋。24時間営業で、いわばファーストフードのひとつ。マクドナルド、吉野屋などファーストフードを代表する店の業績がよくありません。コンビニとの競合も厳しそうです。
 富士そばの業績はどうなんでしょう。運営しているのはダイタンフードという会社ですが、この会社の業績はわかりません。公開されてもいないし、新聞での報道もほとんどありません。久しぶりに入った富士そばは、相変わらず繁盛していました。女性客もいます。客は以前より減っている感じがありません。
 元祖ファーストフードの富士そば。これからも使わせていただきます。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/16

永楽製麺所の皮と麺

 みなとみらいの帰りに、中華街によってみました。食事時ではなかったので、散策するだけでしたが、ふと思い出して、永楽製麺所にいってみました。中華街の中にある麺、餃子の皮、焼売の皮、中華材料などを売っている店は、相変わらずのスタイルで営業していました。
 ここへ来ると、いろいろな中華麺があって楽しい。ふつうのラーメンからちぢれ麺、タンメン、イーフー麺、焼きそばまでいろいろです。いろいろ買い込みたくなりますが、一度に沢山は食べられないので、焼きそばと餃子の皮を買ってきました。
 餃子の皮は、焼き餃子に適している大判です。40枚で347円とスーパーで売っているものの倍以上の値段。しかし、皮は2倍の厚さはあって、ボリュームたっぷりです。先週末餃子を作りましたが、なかなか食べでがありました。
 また、焼きそば麺は「むかしながらのセイロ蒸し麺」というのを買ったのですが、3食200円くらいの麺とは違って、しっかりとした食感があります。

Photo_4

 永楽製麺所は中華街の他、横浜のデパートに店舗があります。いまどきネットで簡単に買えるだろうとホームページをみてみると、なんと通信販売は電話、ファックスとeメールのみの注文。ホームページには「カートの入れる」というボタンがあるのにこれは機能おらず、eメールでの注文のみ。サイトには
「メールでのご注文の場合、2~3日以内に商品代金(税込み)+配送料(クール代含む)+着払いの場合は代金引換手数料の合計のお見積りを出させて頂きます」
 と見積もりをしてくれるという親切さ(?)。お客さんが確認後、発送になります。丁寧な対応です。
 昔ながらのスタイルで販売している永楽製麺所さん。味も昔のままのようです。これがいいのかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013/07/06

ボリュームのソース焼きそば

 先日、五反田で出掛けた際、昼飯時だったので、ひさしぶりにある店に行きました。五反田駅から歩いて5分ほどの中華料理店「梅林(めいりん)」という店ですが、「ソース焼きそば」が有名です。いわゆるラーメン屋ではなく、ちゃんとした中華料理店なのに、ソース焼きそばを供してくれます。

Photo

 普通盛りでも、かなりなボリューム。ソースの味が濃厚で、おなかがいっぱいになります。これだけでも充分なのの、大盛りもできます。さすがにオジサンには大盛りは無理そうです。食べログに数々の料理写真がアップされていますが、大盛りなのはソース焼きそばだけではないようで、他の料理も盛りがいいです。
 場所柄、めったに行く機会はない店ですが、こんど訪れるときは別なメニューを試してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/24

北品川で天丼

 株主総会で品川にいったので、思いついて北品川まで足を伸ばしました。いい雰囲気がある商店街で、ほ志乃という味わいのある居酒屋もあります。ちょうど昼飯時なので、ネットで見つけた大盛りで有名な中華屋にいこうとも思ったのですが、ヘビーそうなので、天丼を食べることにしました。
「三浦屋」という店で、ここも名が知られているところらしいです。天麩羅屋ですが、天丼が有名。北品川商店街の中程、メイン通りから曲がったすぐのところにある小ぶりな店です。店内はカウンターが4席とテーブルが10席ほど。12時ちょっと前に入ると、先客は3人。
 ちょっと高価ですが、お品書きから人気らしい特上丼を注文。5分ほどで、来ました。

Photo

 えび2本、さかな(何だろう?)、イカ、ししとう。天ぷらがつゆに絡められて、ご飯にのっています。美味しそう。ご主人は昔、北品川の漁師だったとのこと。きたなシュランに紹介された店ですが、そんに汚くはありません。店内には多くの色紙が貼られ、立松和平さんのものを見つけました。
 北品川の片隅にある素敵な店です。こんな店が地元にあればな、と思わせてくれる粋な一軒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/21

フルグラの拡大

 朝食に時々フルーツグラノーラを食べてます。朝はトーストがずっと定番だったのですが、半年くらい前NHKスペシャルで高倉健が朝食にいつも食べているというのをきいて、マネをしてみました(笑)。フルーツグラノーラ、略してフルグラの商品ラインアップが増えています。スーパーのレジで買っている人をよく見かけます。
 フルグラは独特な食感が特徴で、牛乳をかけてもコーンフレークのようにふにゃふにゃにならないのがいいです。フルグラを作っているメーカーは限られていて、いちばんのメーカーがスナック菓子大手のカルビー。日経新聞の記事によれば
「カルビーが『ポテトチップス』などスナック菓子に続く金脈を掘り当てたようだ。朝食で食べるシリアルの『フルグラ』だ。2013年3月期の売上高は約70億円と、前の期の2倍に増えたもよう」(日経電子版 4月11日)
 と、売り上げを伸ばしています。シリアルと言えば、ケロッグというイメージがあり、カルビーとはちょっと意外な感があります。カルビーは「国内のシリアル類市場では米ケロッグを抑え、商品別売上高で首位に立っている」ということです。
 フルグラは美味しいのですが、コーンフレークに比べるとかなり割高です。加工の手間がかかっているようなのでしかたがないのですが、毎朝食べるのはちょっと高かった。でも最近は、売れているためか、価格もこなれてきました。また、商品ラインアップも増えました。セブンアンドアイやスーパーのライベートブランドにもなっています。またフルグラを固めた携帯できるバータイプのものもあります。
 フルグラの広がりをみると、日本人の朝食も変わったなと感じます。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/05

変化する牛丼屋

 外食する機会が減ったので、この頃の街の外食事情に疎いのですが、先日珍しく牛丼屋に入りました。たまに外で食事するときは、時間とお金の節約のため立ち食いそばが多いのですが、この日は最近目に付く「東京チカラめし」というチェーン店に入ってみました。
 東京チカラめしは、居酒屋「月の雫」を展開する三光マーケティングフーズがやっている新しい形態の牛丼屋です。一号店が開店したのが2011年6月ですが、現在は130店舗を展開と急激に増えています。この店の特徴は「焼き牛丼」なるもの。たれに漬け込んだ牛肉を焼いて、ご飯の上にのせるスタイルの丼で、他の牛丼チェーンとは差別化されています。
 注文をうけてから店内の器機で牛肉を焼くので、丼が供されるまでちょっと時間がかかります。松屋とか吉野屋ででのファストフード感覚からすると、少し待たされる感じです。しかし、これまでの牛丼とは違う食感です。基本の焼き牛丼が330円と安いため、店は賑わっていました。まだ11時半頃なのに、カウンター席はほぼ満席です。
 マクドナルドの不振が伝えられるなど、ファストフード業界も厳しい状況です。その中で「東京チカラめし」の増殖はこれからも続くのか。牛丼屋事情も変わりつつあります。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/22

おでん種の専門店

 寒いこの時期にはおでんが食べたくなります。おでんにいれる種はスーパーで当然買えますが、世間にはおでんの種を専門に売る店があります。地元の商店街には残念ながらないのですが、電車で二駅目、祐天寺駅のそばに、おでん種の専門店があります。
 たまたま目黒税務署に用事があり、祐天寺までいったので、この店に寄ってみました。下谷かまぼこ店という屋号の店は、年季が入っています。かなり昔からやっていたんだろうなと感じさせる雰囲気です。

1

「はんぺん おでん種物」とあって「下谷かまぼこ店」と屋号がありますが、その前に○七とあるのは、何の意味だろう。
 ショーケースにはおでん種が各種そろっています。つみれ、がんも、ゴボウ巻き、すじなどなど、どれも美味しそうです。また調理されたおでんもあり、持ち帰ることもできます。
 迷った挙げ句、この日はつみれ、ロールキャベツ、がんも、シュウマイ巻き、ゴボウ巻きを買い、これに大根、コンニャク、玉子などを加えておでんをつくりました。
 
2

 この下谷かまぼこ店、暑い夏も営業しているのでしょうか。煮物にも需要はあるので、問題ないのかもしれません。でも売上げは落ちるだろうな、なんていらぬ心配をしたりします。おでん種専門店とは、ちょっと不思議な存在です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/12

四谷の小さなパン屋

 先日、四谷に出掛けてきました。毎年確定申告をお願いしている税理士さんの事務所が四ッ谷駅から5分くらいのところにあるので、年1回四ッ谷の街に行きます。美味しそうな店が並ぶしんみち通りを抜けていくのですが、その先に小さなパン屋さんがあります。ヤマザキの看板が上がったふつうの店です。

2
 
 外観は特徴のないパン屋ですが、店内にはいると個性的なパンが並びます。店で焼いたパンだと思うのですが、あまり見かけないスタイルのパンです。

Photo

 写真で右上はクリームパン。下は焼きそばパン。左上は確かトマトソースが入ったパンです。クリームパンは「幻のクリームパン」というネーミング。どうして幻かはわかりません。焼きそばパンもカタカナのネーミングが付いて(ネーミングは忘れてしまいました)、焼きそばパンらしからぬ風情です。
 オシャレなパン屋が多い中、四谷のパン屋さんはオリジナルです。めったに行けないのがちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/18

赤羽のまるよし

 友人に誘われて久しぶりに赤羽に行ってきました。赤羽を訪れたときの一軒目にはいつも「まるよし」です。改札口から2、3分の好ローケーションのお店。この店、ぐるっと囲んだカウンターと4人がけのこあがりが3つあります。幸い早めにいったのでこあがりに座れました。
 この店、14時すぎからやっているようで居酒屋というより、地元の食堂という感じでしょうか。壁にお品書きが貼られているのが、昔ながらのスタイルで嬉しい。

Photo
 
 まずは生ビールと煮込み。うまく煮込んであり美味。

Photo_2

 この店の名物メニューのキャベ玉。ニラ玉のニラをキャベツに変えただけの料理すが、ありそうでない一品。薄味に仕上げてあるのがポイントのようです。

Photo_3

 こんな店がうちの近くにあれば常連になってしまいそうな店です。楽しい酒をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/14

刷り込まれたそばの味

「梅もと」という立ち食いそば屋があります。東京に立ち食いそばは幾多もあります。最近目立つのは「富士そば」(ここは正確には椅子があるのでたちぐいそば屋ではないかもしれませんが、サービスのスタイルからは立ち食いそばですね)。「小諸そば」「ゆで太郎」あたりが多くの店舗を展開している立ち食いそば屋でしょうか。富士そばはホームページによれば今年の1月時点で90店舗もあります。
 それらに比べて梅もとは店舗も多くありません。ホームページをみると、14店舗。小さな規模でやっています。この梅もとが、我が母校の食堂に入っていました。正確に言えば高校の食堂の運営をやっていたんですね。当時は母親が弁当を持たせてくれたのですが、それは2時間目が終わったところで食べてしまって、昼休みには食堂でそばをいただいていました(笑)。その時からの梅もととの付き合いです。
 この梅もとが東横線の多摩川駅構内にあります。昨日、そちら方面に夕方でかけたので、久しぶりに入ってみました。基本のかけそばをいただいたのですが、ふつうのそばです。わかめをサービスしてくれて240円ですから、安いかも。舌に刷り込まれたほどではありませんが、「梅もと」という名前には懐かしさを感じます。遙か40年前へのささやかなタイムスリップでした。

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/05

簡単な料理なら作れます

 最近はほとんど外食というものをしなくなりました。好きだったラーメンも2ヶ月以上食べていないです。かといってうちで料理に凝っているというわけでもなく、昼食はほとんど冷蔵庫にあるもので間に合わせるという生活です(笑)。
 たまにピンチヒッターで夕飯をつくることがありますが、手のかかった料理はまずやりません。簡単にできるものがほとんどです。主婦のように毎日料理作っているわけではないのに、手軽にできる料理がお好みです(笑)。
 料理作りで重宝しているのが「「きょうの料理ビキナーズ」。ビギナーズというだけあって初心者向けの料理がほとんど。レシピも簡単、シンプルなもので、不器用な私でも作れます。インターネットの人気サイト・クックパッドも簡単レシピがメインで、ここもあるレシピもたまに参考にします。
 男の料理ということがはやったのはもう30年以上も前のこと。「男の料理」という本を買い込んで、熱心に作ったりしたり、料理学校に通ったりしました。最近はどうなんでしょうか。弁当男子なんて言葉もあるくらいですから、男子厨房に入る割合は増えているのかな。
 そろそろ時間ができそうなので、久しぶりに料理に凝ってみるのもいいかも、と思ったりしています。

きょうの料理ビギナーズレシピ2品
豚しゃぶともやしのスタミナソース

Photo_2

ナムル麺
Photo_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

気仙沼のクリームサンド

 地元目黒区が宮城県の気仙沼市と友好都市の関係にあります。区役所の方面から気仙沼で美味しいものがあるとお聞きして、ひとつ買わせていただきました。気仙沼クリームサンドです。気仙沼といえば、魚介類が名産です。特にフカヒレが有名ですが、クリームサンドは存じ上げませんでした。
 このクリームサンドは気仙沼パン工房が作っているものです。地元では有名な店なのかな。ネットで買えるクリームサンドは、コーヒー、ピーナッツクリーム、クルミ、ごまの4種類。ボリュームのあるパンにクリームの美味なるパンです。また、パッケージは素朴な、そしてちょっと懐かしさを感じさせてくれます。気仙沼パン工房ってどんなパン屋さんのか、とても気になります。
 このクリームサンド、ネット以外でも東京・銀座でも買えます。「東日本復興応援プロジェクト from 銀座 」が数寄屋橋の銀座TSビル(昔の銀座東芝ビル)で期間限定で開催されていて、そこでも売っています。
 ささやかな復興支援ですが、美味しいクリームサンドをいただきました。

気仙沼復興物産市
東日本復興応援プロジェクト from 銀座

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/19

カツ丼発祥の店

 カツ丼学会なんてのはないですよね。一昨日、昨日と早稲田大学で日本文化政策学会という研究者の集う場にいたのですが、昼食にカツ丼を食べたので、つまんないことが頭をよぎったわけです。というのも、早稲田大学のそばに、カツ丼発祥の店とも言われている三朝庵があるからです。
 昨日、そのカツ丼をいただいてきました。三朝庵は蕎麦屋です。確か息子の中学入試説明会のときにきた記憶があります。店内には色紙が飾られていて、有名な店という印象です。この店、まず食券を買うシステムなのが、少し変わっています。肝心のカツ丼は、少し小ぶりな感じですが、美味です。
 カツ丼って、面白い料理ですね。東京あたりだと卵とじのカツ丼がスタンダードですが、これに対してソースカツ丼というのもあります。金沢に5年ほど住んで、隣の福井に毎日のように行っていた時期があります。福井でカツ丼といえばソースカツ丼です。なんともシンプルなものですが、食べ始めると病みつきになります。また、山梨もソースカツ丼が名物。ここのカツ丼はキャベツの上にカツがのっています。また、福島の会津もソースカツ丼の産地で、こんなのがあります
 カツ丼ワールドは奥深いです。誰かカツ丼学会を作ってくれると嬉しい。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/22

多彩な品川の弁当屋台

 用事かあって品川の港南口方面へ。12時ちょっと前に旧海岸通りを通りかかったら、弁当屋台が並んでいました。そういえばこのあたり二昔前あたりと比べると、開発されてビルが増えています。会社も多いのでしょう。弁当屋台に列ができていました。

1

 屋台の中身はいろいろです。写真をいくつか撮ってきました。
 まずはタコライスとネギチャーシュー丼。
2

 大麦豚の専門店です。大麦豚って食べたことないな。
3

 インド料理。金曜日はサモサが無料。
4

 薬膳スープカレー、美味しそう。
5

 照り焼きグリルチキン弁当が500円。
6
 
 エスニック系が目立ちます。最近の弁当屋台は個性的です。素敵なランチタイムが過ごせそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/28

奥沢のパン工房「コモス」

 自由が丘にはパン屋は何軒かありますが、どこもオシャレな店ですがチェーン店で他の街にもある有名どころばかりです。自由が丘からは歩いて5分ほどの奥沢駅周辺は、庶民的な風情です。15年ほど前、ここに住んでいたのですが、なかなか個性溢れる商店街です。
 ここに見逃せないパン屋があります。「パン工房コモス」。小さな店ですが、品揃えは多種におよびます。食パン、カレーパン、サンドイッチ、ハンバーガー、あんパン、ポテトフランス、なめこフランス、スパゲッティー・・・。いつも行くたびに、迷ってしまうほどいろいろ並んでます。
 昨日、そばにある歯医者にいった帰りによってみました。ガーリックラスクと甘食を買ってきました。甘食って、意外と売ってないモノなんですよ。この店ではいつもあります。また、ラスクもガーリックの他、シナモン、メイプル、バターといくつもあります。
 うちから歩いていくと20分くらいかかります。でも、わざわざでかけてゆく価値がある楽しいパン屋さんです。

パン工房コモスウエブサイト

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/30

オーダーバイキング、採算とれているんでしょうか

 息子の入学祝いと、ついでにおやじの修了祝いで横浜中華街へ。中華街ってどの店がいいのか、美味しいのか、たまにしかこないと分かりません。食べ盛りの子もいりことで、オーダーバイキングの店にしました。2年半ほど前に来て以来ですが、今はオーダーバイキング、つまり注文できる食べ放題をやっている店、増えました。
 いったのは横浜大飯店。この店のすごいところは、2480円で時間無制限だというところ。メニューは120種以上から選べるんですからたいしたものです。平日の昼だったのですが、ほぼ満席なのも納得できます。
 このオーダーバイキング、中華街の他の店でも始めていて、競争も激しいようです。呼び込みをやっているところもありました。中には平日限定ながら1980円というところもあります。

 Photo

 競争のためか、横浜大飯店では平日の夜限定で、食べ放題、飲み放題とも時間制限なしで4080円というコースを用意しています。これで、ホントに儲かっているんでしょうか。赤字じゃ、とっくにやめているはず。ちょっと不思議であります。
 とにかく、我が家のささやかな祝宴は終わりました。もうすぐ、新学年の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/21

さぼうるのナポリタン

 近くに用事があったので、前から行きたかった神保町のさぼうるに。ここは古風な喫茶店ですが、どうもナポリタンが有名らしいです。食べログとかにはいっぱい写真が載っています。夕方17時過ぎにいったのですが、お客さんは多いです。
 お目当てのナポリタンを頼むと、5分もしないうちに持ってきてくれました。こんなのです。

Photo

 山盛り、とネットには書いてあるのですが、そこまでの迫力はありません。ちょっと大盛り、というサイズです。女性のお客さんも食べていたので、それほどの量ではありません。
 でもナポリタンを店で食べるのなんて珍しいことです。タマネギ、マッシュルームが入ったごく普通のナポリタンです。ご馳走様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/14

きっと前からやっているのでしょうね

 昨日は江古田方面に用事があって、久しぶりに遠出してきました(なにせ、最近大学以外、まったく出掛けてません)。この町相変わらず学生街の雰囲気を漂わせています。ちょうど昼頃だったので、かなり以前に入った店にはいってみました。

Tarou2

「キッチン太郎」という店です。いわゆる洋風の定食屋で、いろいろメニューがあります。揚げ物、焼き肉、ハンバーグ、オムレツなどを組み合わせで頼めます。例えば海老フライとかにクリームコロッケとか、焼き肉と鶏唐揚げとか。メニューみてると、ほんと迷ってしまうほど、沢山のチョイスがあります。
 決して広くない店内は、けっこう年季がはいっています。でも、なんか楽しい店です。こんな店が、地元にもあればいいのにと思いました。しばらく来ることはないだろうな。ちょっと残念。

Tarou


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/14

ほんと久しぶりの松茸

 この前上野の藝大にいったとき、ちょっと時間があったのでアメ横によってみました。店とかちょっと変わっていてちょっと興味深かったのですが、それはそのうち探検するとして。とある店のお兄さんが「松茸、1000円!」って言ってます。もう夕方の6時頃だったので、値下げしてるようです。
 松茸、今年は安いってきいてましたが、1000円は安い。4.5本は入っているパッケージです。これは買い、とお兄さんに言うと、別のものをすすめてくれます。値札は6800円のが「2000円でいいよ」 つい買ってしまいました。これです。

Matutake
 
 国産品です。松茸買ったの何年ぶりだろう。ほんと久しぶり。
 昨日の夕食に、女房が松茸ご飯にしてくれました。この香りも久しぶり。松茸って美味しいものなんですね、いまさらですが。ごちそうさまでした。

Matutakegohan


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/10

チョコ+南部せんべい

 先日、青森にいったときに見つけたちょっと面白いお菓子。「チョコ南部」っていうのですが、これ何? チョコの中に南部せんべいが入っているお菓子です。ここを見てもらうとわかりますが、構造(?)は、南部せんべい、南部せんべいパウダー、南部せんべいのみみ、それにピーナツをチョコレートでコーティングしたものです。
 
Iwateya

 南部せんべいの堅さとチョコの甘さがほどよい感じで、美味しいお菓子です。中に入っている南部せんべいは専用のものを使っています。売れ残ったものを使っているのではありません。
 このチョコ南部を作っているのは岩手屋(正しくは巖手屋と書くらしい)、新商品開発に積極的な南部せんべい屋です。もう6年も前ですが、こんな記事を書いたことがあります。しかし、南部せんべいとチョコとはなかなかユニークな発想ですね。たいしたもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/10

寿々木商店の塩焼き鳥

 自由が丘の駅から我が家に向かう道沿い、亀屋万年堂の本店そばにある「寿々木商店」は、鶏肉屋です。夕方、4時過ぎから店頭でオジサンが焼き鳥を焼き始めます。これが、絶品。肉の質がよく、ボリュームがある焼き鳥です。週末しかこの時間、前を通らないのですが、よく列ができています。
 昨日は雨だったためか、夕方6時頃通りかかったら、列はなく、まだ焼き鳥も残っていました(いつもは6時頃には売り切れています)。買っていこうと、お皿にのった焼き鳥をみると(ここでは、焼き鳥は種類別に整然と分かれておらず、お皿にのっているのが、そのときに買えるものです)、珍しく塩味の焼き鳥があります。これを買い求めました。
 一般的に鶏肉屋が焼いている焼き鳥は、たれの焼き鳥が多いのでは。この寿々木商店でもほとんどがたれ味。どうしてなんだろう。焼き鳥はたれが本筋なんでしょうか。
 珍しい塩味の焼き鳥をいただきました。これもまた違った味わいで、美味です。

Suzuki_syoten

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/19

つゆやきそばとB-1グランプリ

 昨日、東急ストアで珍しいモノを見つけました。「黒石風つゆ焼そば」。日清食品からでてます。こんなものが、とTuyuyakisoba1思わず買ってきて、昼食にいただきました。黒石のつゆやきそば、東京近辺ではほとんど知られてないのでは。ソース焼きそばに和風のだし汁をかけるというちょっと変わったやきそばです。
 そもそも黒石ってどこにあるの、と言う方もいるでしょう。青森県、弘前市からさらに電車で30分くらいのところです。以前、仕事でいったときちょっと足を伸ばして、そのつゆやきそば食べてみたことがあります。
 おりしも、昨日、今日と厚木でB-1グランプリが開催されています。今年で5回目で、46団体が参加する大イベントです。八戸で開かれた第1回はわずか10団体の参加だったので、B-1市場は急成長しています。全国にはほんと変わった食べ物あるんですね。ここに、黒石つゆやきそばは出展しています。B-1の中でもつゆやきそば個性的な一品ではないででようか。
 さて、家で食べたつゆやきそば、私は美味しいと思いますが、家族の評価は「微妙」でした。よろしければ、お試しください。

Tuyuyakisoba2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/16

カレーうどん屋って、どうなんでしょう

 先日、夕食をソトで食べなくてはいけないことになり、さてどうしようかと。いつもだと立ち飲み屋にでもいってごまかすところですが、体調がもうひとつで酒は駄目。そこで、ふと思いついて地元・自由が丘のカレーうどん屋にいってみました。「こんぴら亭」というカレーうどんの店です。
 この店は「牛カレーうどん」が売りで、これをたのみました。濃厚なカレーに太くコシがあるうどん。なかなか美味しいです。辛さは中辛と辛口から選べ、中辛を選んだのですが、ほどよい辛さです。これで、800円。ちょっと高い気はしますが・・・・・・。

Konpita_tei

 最近はチェーン点のカレーうどん屋も増え、自由が丘にも「かれーうどん千吉」があり、けっこう賑わっています。(カレーうどんが600円とリーズナブルなためでしょうか)。とはいっても、カレーうどん、いつも食べるものでもないし。蕎麦屋のように、バリエーションも少ない。わざわざカレーうどん屋には入ろう、とことには気にはなかなかなりません。
 さて、世の中のカレーうどん屋は、これからも増えていくのでしょうか。

続きを読む "カレーうどん屋って、どうなんでしょう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/13

高級肉屋のお総菜

 自由が丘に開店して一年ほど経つ高級肉屋と焼き肉屋の「腰塚」があります。店構えがいかにも高級で、ちょっと入る勇気がない店です(苦笑)。かれこれ一年やっているので、それなりにお客さんいるんでしょうね。ここ、高級な肉屋ではあるんですが、お総菜、弁当も売っています。コロッケ、メンチカツなんて庶民的なお品書きです。
 先日、キャベツメンチを買ってみました。1個190円なり。ちょっと高めですね。キャベツと高級そうな(笑)肉が旨味を醸し出しています。

Koshizuka

 ところでこの「腰塚」という肉屋、ネットで調べてみると日本レストランシステムがやっているんですね。日本レストランシステム、といってもどんなところかわかりませんが、具体的には「洋麺屋五右衛門」「モーツァルト」などのレストラン、自然食品のF&Fなど食の店舗を展開する会社です。ドトールコーヒーとホールディングス会社になってもいます。
 一見、自由が丘の高級客狙いの肉屋ですが、実は大規模なレストランチェーン店の経営。この業界はなかなか複雑のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

丸亀製麺とは

 先日、大学の7限目の授業まで、ちょっと時間があったので(なにせ20時10分からです)、腹ごしらえをと、246を渡ったところにあるビルにいってみました。青山オーバビルというところなのですが、その地下には飲食店が何軒かはいっています。マクドナルドもあって、昨年度は土曜の2限目授業の前によく利用しました。
 この飲食店が並ぶ中に「丸亀製麺」があります。最近、都内で見かける店です。店名から、おそらく讃岐うどんのチェーン店かなと思っていましたが、どんなところかと入ってみました。
 店はセルフサービスのうどん屋です。釜揚げうどんが売りのようなので、それをいただきました。あわせて天ぷらも。この天ぷらがちょっとボリュームモノです。

Marugameseimen1

 釜揚げうどんは久しぶりにいただきましたが、うどんに慣れ親しんでいないものにとっては、ふつうのうどんでした、

Marugameseimen2

 WEBで調べてみたら、この丸亀製麺、東京にはすでに26軒もあります。青山の店も、以前は違ったオシャレなレストランがあったところに入っています。増殖する丸亀製麺、今後の動きに注目です(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/16

青山の蕎麦屋は値段が高め

 大学へ渋谷から向かう路地の一角に、古い風情の蕎麦屋があります。「赤坂長寿庵」という店。蕎麦屋ではよくある長寿庵、その赤坂の青山店といったところでしょうか。前から気になっていたのですが、先日、授業までちょっと時間があったので、思い切って(?)入ってみました。
 店内は、10人も座れば満席、という小さなスペースです。夜7時過ぎだったのですが、お客さんはいません。少し不安になりながら、席に座ります。お品書きを見てみると、「かけそば」とか「天ぷらそば」とか、普通の蕎麦屋のメニューが並んでます。大衆的な蕎麦屋のようですが、値段をみるとちょっと高めです。いろいろ迷って、「ミニ開花丼とかけそばセット」をたのみました。

Cyozyuan

 写真をとったあと、エノキのかき揚げがきたのですが、これで1250円。なかなか贅沢なお値段ではあります。青山にあるせいなのか、それとも赤坂長寿庵が高給なのか。授業前の腹ごしらえには、もったいなかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/02

大岡山でランチ

 仕事で珍しく大岡山へ。自宅から2つめの駅ですが、ほとんど来ることはありません。ちょうど昼飯時だったので、どこへ行こうかと商店街をうろうろしているうち、ある店を見つけました。
 商店街からちょっと外れたところにある和食屋風の店。夜は割烹(居酒屋)をやっているようです。店の名前は「九絵」(くえ)。御主人に九絵定食というのをすすめられたので、それをお願いしました。

Kue

 煮魚、刺身に小鉢が2つにシジミの味噌汁と、かなりのボリューム。これで1050円です。値段はちょっと高めだけど、それだけの価値はあります。
 大岡山にもこんないい店があったなんて。夜、居酒屋としてもよそさそうです。大岡山の街は、なかなか庶民派ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/25

古い焼鳥屋「鳥升」

 渋谷で仕事先に方につれていってもらった店をご紹介します。百軒店(ひゃっけんだな)の入り口付近にある「鳥升」です。一階に狭いカウンター席と二階は座敷にテーブル。
 店名の通り、焼き鳥がメイン。この焼き鳥、串1本がボリュームがあり、肉も軟らかく、美味しい。

Torimasu1_2

 鳥皮ぽん酢も、おすすめの一品。

Torimasu2


 店はほんと古い感じで、かなり昔からやっているのでは、と思わせます。この鳥升、渋谷駅近く、マークシティのそばにも店があります」。古い渋谷を思わせる一軒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/19

はなまるうどんの値段の不思議

 大学の授業の前に渋谷で軽く夕食をと、久しぶりに「はなまるうどん」へ。ここ、讃岐うどんのチェーン店で、セルフ方式の店です。公園通りの店は、値段が気軽なせいか、いつも賑わっています。
 セルフ方式なので、カウンターでうどんの種類(ぶっかけ、とかきつねとか)とサイズ(小中大)を伝えてつくってもらいます。あとお好みで天ぷら、フライ類をとってお会計となります。
 讃岐うどんといえば、うどんに大根おろしとねぎをのせたぶっかけが定番ですが、値段でちょっと面白いというか、不思議なことがあります。ぶっかけは小サイズが294円。きつねやわかめも同じ294円。これらのお品書きには目立ちませんが、「かけ」があります。この値段が105円。ということは、わかめ、きつねの値段が189円ってこと。うどん本体(?)より具のほうが高いってことですね。
 お好みで取る天ぷらは105円のものも多く、この値差189円はずっと気になってます(笑)。かくして、はなまるうどんでは、「かけ大」+「天ぷら」が私の定番。どうでもいい話題でした。

Hanamaru_udon


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

思い出横丁のディープな岐阜屋

 久しぶりに新宿の思い出横丁へ。別名○○○○○横丁とも言われるなかなかな場所ですが、昼間いったため、店を開いているのは半分くらいです(気になったのは「つるかめ食堂」がやってなかったのですが、閉店していませんよね?)。ラーメンを食べたくなって、新しくなった「満来」に入ろうと思ったのですが、名物のチャーシューメン1400円に恐れをなして退散、思い出横丁に辿り着きました(笑)。
 Gifuya ここでいつも入るのは「岐阜屋」です。中華料理屋ですが、客層をみるとほとんど飲み屋です。昼間の12時だというのに、ほとんど客がビールとかチューハイとかで一杯やってます。私は、大学の先生に会う予定があったため、酒はやめておきました。
 いただいたのは、もやしそば。中華屋の定番メニューですが、最近はこんなものも食べられる店がへった気がします。ちゃんとあんかけになっている正統なもやしそばです。お値段が550円、それを大盛りにして650円です。この岐阜屋ではチャーシューメンは700円。ただのラーメンは、なんと400円です。安いです。
 思い出横丁の岐阜屋は、庶民の味方です。こんどは、酒をいただきたいですね。

Gifuya_moyashisoba


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/30

久しぶりの築地場内

 先日、東銀座方面に仕事に行った際、ちょっと寄り道して築地に行ってみました。既に11時頃だったのですが、市場場外は賑わっていました。ラーメン、海鮮どんぶりなどの店が並ぶ一角も、平日なのにすごい人です。
 思い立って市場場内へ。場内に入るの何年ぶりだろう。近頃は、築地を特集した本がいくつもでていて、場内も一般的になりました。外人観光客に競りを見せるのを一時禁止することからもわかるように、築地市場はメジャーな観光スポットになっています。場内を歩いていたら、日本人の見学ツアー客や、若者のグループに出くわしました。
 かつては素人が築地場内に入るなんて、考えられなかったものですが、今や一般人が当たり前のように入れる場所になってしまいました。なんか、秘密のスポットがばれてしまったような気持ちになります。私にとっての築地場内のナンバーワンスポットは「豊ちゃん」です。定番のオムハヤシをいただきました。相変わらずな味わいです。
 築地市場はいつまでここのあるのでしょう。築地にあるから、いいのです。いろいろ事情はあることでしょうが、移転して欲しくないですね。

Toyocyann

Toyocyan2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/17

進化する富士そば

 昨日、大学の帰りに夕飯代わりに富士そばへ。桜ヶ丘の店だったのですが、ここも「立ち食いそば」ではなく、席がある店舗です。さて、何にするかと券売機の前で迷っていると、目についたのが「ねぎそば」400円也。これにしましょう。注文カウンターに券を置くと「3分ほどお待ちいただきます」と言われました。富士そばでこんなこと言われたの初めてです。
 さて、しばらくして、ねぎそばができました。ねぎそば、とはあまりきかない一品です。こんなのです。

Negisoba

 そばに、ねぎと蒸し鶏にラー油がかけられたものとわかめがのっています。ラーメンの合いそうな具ですが、そばでも結構いけます。
 この富士そばでは缶ビールも販売しています。おつまみ用に笹かまぼこ、枝豆もあり、またビールとおつまみがセットになった「おつかれセット」もありました。立ち食いそば屋にビールがあれば、万全です(?)。富士そば、かなり積極的にメニューを展開して、もはや、単なる立ち食いそば屋から脱却しえているかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/25

立ち食いそばといえば、小諸そば

 東海林さだおさんの『偉いぞ!立ち食いそば』を読んだせいで、立ち食いそばに急に行きたくなりました。普通の生活で、立ち食いそばに入るのは、時間がないときと限られています。大学の授業があったときは、会社をでてからとにかく時間がなかったので、ほんとに立ち食いそばにお世話になりました。
 渋谷では、「ゆで太郎」「富士そば」「しぶそば」。品川駅では「あじさい茶屋」。10分以内で食べられるので、いいです。食べるときは、ほとんど味にはこだわっていません。というより、食欲を満たすだけ、といった感じかもしれません。
 味に少しでもこだわる、ということなら、「小諸そば」が好きです。茹でたてを原則にしているので、麺はそれなりに美味です。ここのそばは麺もさることながら、薬味のねぎが入れ放題というのがうれしい。カウンターの上にネギが置いてあって、自由にいれることができます。ネギ好きにとっては、満足を得られるサービスです。
 久しぶりに四谷の店に入って、きつねそばをたのみました。ここの揚げは大きいですね。

Komoro_soba

 おおきなキツネ(小諸って書かれてます)に、青味、かまぼこ。これで330円です。このそば屋、なかなかな実力です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/16

ちょっとディープな交通会館の地下

 仕事で有楽町へ。昼ご飯時なので、駅の前にある交通会館の地下へ。この交通会館、馴染みがあるのは1階の三省堂書店くらい。何年か前、パスポート申請にいったこともあります。交通会館って名前もちょっと不思議ではあります。
 さて、ここの地下は飲食店などのいろんなショップがありますが、入ったことがあるのは「梅園」というちゃんぽん屋だけ。よくみてみると、少なくない飲食店があります。その中で、気になった「キッチン大正軒」にいってみました。
 この店、店名の通りな定食屋さん。揚げ物が中心のメニューです。

Taisyoken2

 店内はカウンターが10席ほどテーブル席。カウンター内にキッチンで愛想のいい親父さんがお一人で料理をつくっています。店員さんも感じがいいです。
 交通会館の地下には、この店の他にも、いくつも美味しそうなところがあります。「とんかつ あけぼの」は行列ができていました。今度はここに入ってみましょう。

続きを読む "ちょっとディープな交通会館の地下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/09

迫力ものの蕎麦

 仕事の合間に、以前から気になっていた蕎麦屋に行ってみました。渋谷のはずれにある「御虎大和屋」という店です。店頭に「つけ蕎麦」って書いてあります。つけ麺、ではなくつけ蕎麦です。ちょっと考えてみると、つけ蕎麦って変な名称ではあります。ざる蕎麦とは違うのか? さる蕎麦は蕎麦つゆにつけて食べるのだが、つけ蕎麦とはいいません。
 こんな疑問を抱きながら、店に入ります。券売機があって、食券を買うシステム。そこには何種類かのメニューがあります。つけ蕎麦は、「肉」「とろろ」「きつね」「ざる」とあります。ここの特徴は、麺が一人前400グラムで供されること。ボリューム感たっぷりです。
 初めてなのでよくわからず、具が全部のっている蕎麦(ラーメンなら全部のっけにあたるんでしょうか」を注文しました。こんなのです。

Tyamatoya

 写真ではよくわかりませんが、400グラムの蕎麦に、肉、とろろ、きつねがのっています。中には冷たいつゆが入ってます。迫力満点。蕎麦はかなり固めに茹でてあり、感じの良い歯ごたえです。
 ちょっと変わった蕎麦屋です。場所は、渋谷の宇田川町。話の種にぜひ。

御虎大和屋:渋谷区宇田川町42-15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/03

公園通りの穴場中華

 渋谷のセンター街から公園通りを仕事でしばしば通ります。だいたい、午前中か夕方が多いのですが、たまに昼時になります。このあたりでは、意外と昼飯どころがないような。まだ、探検不足なのかもしれませんが、見知らぬ店に入るのは、昼飯でも勇気がいるものです。カウンターだけのラーメン屋も、オジサンには落ち着かないし。
 最近、公園通りに中華の穴場を見つけました。東武ホテルの地下にある「竹園」という店。ホテル内の店にもかかわらず、ランチはリーズナブルな金額です。定食から、麺類、御飯類までメニューも豊富。最初、ここのそばに職場がある方といったのですが、その方のおすすめは担々麺。マイルドな味ながら、コクがある美味。また、食べられる店が多くない上海焼きそばもいいです。
 公園通りに面していながら、あまり知られていないのか、昼時でもそんなに混んでいません。待たずに席に着けますし、2人用のテーブルがあるので一人でも気兼ねせずに入れます。ちょっとゆっくり昼飯したいときに利用しています。
 
Takezono


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/29

品川駅のくりーむパン

 品川駅構内で最近列が出来ている店があります。コンコースの一角にある「八天堂」のくりーむパンの出店です。確か今月になって登場し、いつも行列。この八天堂、広島の店ですが、有名店なのでしょうか。会社から帰る頃にはすごい列で買う気になりませんが、先週末休日出勤したときに、あまり並んでいなかったので、買ってみました。
「とろけるくりーむパン」だそうで、5種類あります。カスタード、生クリーム、抹茶、小倉、チョコ。とりあえず、全種類買い求めました。1個200円なり。くりーむパンですが、要冷蔵です。冷やして食べるパンなんですね。
 さて、うちに帰って早速いただきました。パン、といっても外側はしっとりした皮で、パンというより肉まんの皮みたいな感じ。中にはたっぷりのクリームが入ってます。正直いって、行列して買うまでの美味さはない気がします。これなら生どら焼きのほうがいいです。
 このくりーむパン、テレビにも紹介されて人気のようですが、東京に連れてきて商売することはないのでは。余計なお世話ですが、広島で地道にお店をやっていたほうがいいのでは。ちょっと複雑な気分にさせてくれるくりーむパンです。

Hachitendo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/24

トンテキなるもの

 仕事先の方に連れられて、「トンテキ」を食べてきました。ステーキは、牛肉を焼いたもの。トンテキは豚のステーキ。ありそうで、あまりない料理ですね。ネットで調べてみると、三重県四日市市の名物料理のようです。
 いったのは、渋谷の「東京トンテキ」という店。昼の12時10分くらいに店につくと、10人近く行列していました。しかし、10分も待たないうちに席に。メニューは「トンテキ定食」と「トンバーグ定食」など豚料理中心。おすすめはトンテキというので、その大を注文。
 ホントに豚のステーキ。厚く切った豚にソースがからめられています。かなり濃いめの味で、パワフルな一品です。どちらかというと、若者向けでしょう。でも、肉を食べた、という感じはになります。トンテキ定食で1000円と、安くはないですが、独特な味わいはリピートしたくなる魅力を持っています。今度は夜、ビールのお供にしてみましょう。
 
Tonteki

東京トンテキ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009/10/06

宅配ピザ屋がやってる串カツ屋

 昨日、大学の授業が少し早めに終わったのをいいことに、渋谷のとある店に立ち寄りました。前から気になっていた串かつ屋です。関西風、立ち飲みスタイルの串カツを食べさせてくれる店、「でんがな」です。
 梅田あたりには、もっとディープな串かつ屋があって、昔仕事でいったとき、よく立ち寄りました。「ソース2度づけ禁止」なんて書いてあるんですよね。この関西スタイルの店が、渋谷にもあります。そんな広い店ではないんですが、月曜日、生憎の雨にもかかわらず賑わっています。
 串かつをビールで楽しんだのですが、この店接客もしっかりしていて気持ちいいです。チェーン店なのか、とWEBで調べてみると、なんとPIZZA-LAとかTO THE HERBSを経営しているフォーシズなる会社の店です。ピザ屋さんが関西風串かつ屋をやっているんですね。なかなかな多角経営です。
 食べ物屋の経営って、うまく展開するとどんどん広がるのですね。このフォーシズの店舗展開をみていると、ちょっと驚いてしまいます。そして、日本人の食の幅広さにも感心しました。

Dengana


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/28

宅配寿司店の消滅

 昨日、父の命日なので寿司をとろうと、何回か使っていた宅配寿司屋に電話をしました。すると「使われておりません」の声。どうしたんだろうと、WEBページを見てみると、うちのそばの店がなくなっていました。ポイントが1200円分くらい溜まっていたんですが、ちょっと悲しい。「日本橋 比良乃」という店なんですが、日本橋と銘打っているのに、都内23区に店がないんですよ。
 近所の寿司屋から出前をとる習慣がありません、酒を買うときは楽天デリバリー経由が多いです(ポイントがつくせいです)。WEBをみると、寿司のデリバリー、いくつも店舗がありますが、うちの地区で利用できるのは2店しかありません。以前は銀のさら、という店があったんですが、ここもなくなってしまいました。最近、宣伝してた出前館(石田純一がCMにでているところですね)も同じ店舗しかないです。
 宅配の寿司屋、需要が減っているんでしょう。確かに寿司の出前なんて、贅沢ですものね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/12

渋谷の麗郷

 いつも前は通るのですが、いまだ入ったことがない店があります。渋谷の「麗郷」もそのひとつ。道玄坂からちょっと入ったところにある台湾料理の店ですが、混んでいるだろうというイメージがあって、これまでずっと素通りでした。
 先日、昼間に前を通ったので、入ってみました。昼飯時ではありますが、そんなに混んでいません。着席してから気づいたのですが、このお店、昼だからとランチメニューを用意しているわけではないんです。だからそんな混んでいないのか。
 腸づめが特に有名みたいですが、一人でそれもアルコール抜きでそんなもの食べても仕方がありません。五目そばをたのんでみました。たくさん具が入った五目そばです。麺が極太なのが特徴的。シンプルでナチュラルな味わいの一品です。
 こんどは是非夜に訪れたいものです。

Reikyo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/09/05

富士宮焼そばとは

 大学の図書館で本を借りるため、青山へ。渋谷駅から大学に向かう道の途中に、ちょっと前に開店した「富士宮焼きそば」の店があり、腹ごしらえに入ってみました。富士宮焼きそばというのは以前からB級グルメのひとつとして、その名前はきいていましたが、実際食べるのは始めてです。
 富士宮やきそばとは、そもそもどんなものなのか。Wikipediaによれば、

富士宮やきそばは、通常のやきそばとは製法や使う食品が大きく異なる。普通の焼きそばとの違いは大きく3つの点が挙げられる。
・麺のコシの強さ(麺が指定されている)
・肉かす(ラードを絞った後の豚の脂身)の使用
・仕上げに削り粉をふりかける

 そうなんですね。かなりこだわりのある焼きそばのようですね。店のメニューは焼きそばとイカ焼きそばの2種類。それに九条ネギ、マヨネーズ、温玉、マヨネギなどのトッピング。お店の一押しというマヨネギをたのんでみました。
 
Yakisoba

 すこしばかり期待していたのですが、そんなに印象的なお味ではありません。全体的に味がちょっとしつこい感じ。肉かすのせいでしょうか。同じ焼きそばなら、横手焼きそばのほうが好きです。焼きそばといえど、いろんな味があるものです。

☆ちなみに店は「こころ」です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/12

肉屋さんの総菜

 ふつう、肉屋でコロッケとか、とんかつとか総菜売ってます。うちの近所にはあまりなくて、自由が丘方面に1軒と、八雲方面にい軒。昔(このオジサンが子どものころ)にはもっとあったような気がしますが、いまはスーパーに総菜専門店まではいっているので、その総菜の多彩さにはかないませんね。
 しかし、八雲の商店街にある「栃木屋」っていう肉屋さんは、揚げ物注文してから揚げてくれる。これは嬉しいものです。このオーダー方式のお総菜、とんと見かけなくなりました。
 この店の昨日いったら改装中。妙にこ綺麗にならなければいいな、といらぬ心配をしてます。また、揚げたてのコロッケを頂きたいものです。

Nikuyasan


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/08/06

都立大学のとある立ち食いそば

 渋谷でしこたま飲んだ帰りに、都立大学駅に降り立ち、「ラーメンでなくてそばならいいだろう」(ほとんど同じです)と、立ち食いそばに寄ってしまいました。駅から歩いて2分ほど、目黒通りにある立ち食いそば。この店、いつからあるんだろう。ひょっとしたら物心ついたころからあったかも。そんな昔からあったような、古ささえ感じさせてくれる店構えです.。

Sakaeya

 どうやら「さかえや」という屋号らしい。地元の店ながら、過去1回だけ入って記憶があります。確かオジサンがやっていたと思う……。店内(とはいっても、5人も入れば満員御礼な広さ)に入ると、シェフ(?)は若いおにいさん。券売機など当然無く、「天ぷらそばください」と注文。その天ぷらそば、300円という安さ.。不況のいま、うれしい価格です。
 立ち食いそばはチェーン店が多く、この店のような独立系は少なくなりました。それにしても、いつからあったのか、このそば屋。こんどお店の人に聴いてみようかな、なんてことを考えながら帰路につきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/08

餃子の王将、その満足度

 最近の不況感のおかげか、いつも行列状態の「餃子の王将」。先日、夕刻渋谷の店の前を通りかかったら、まだちょっと早い時間だったせいか、行列がありません。これから大学の授業だったので、夕飯をここで済ますことにしました。
 店内はほぼ満席。なんかすごい熱気を感じます。店員さんもすぐに席に案内してくれて、お冷やも持ってきてくれます。オーダーもカウンター内にいる調理のお兄さんに伝えて、受けてくれました。心地いいスピード感です。王将入ったの久しぶりですが、前からこんなテンポのいい対応だったかな。おそらく、ずっと変わらないのでしょうね。こんなスピード感が、王将の好調の秘密かもしれません。
 さて、肝心の料理です。中華そばのセット(中華そば、餃子、半チャーハン)をたのんだのですが、さすがボリューム感はたっぷり。これで900円ですから、まあ安いかな。味のほうは、餃子はまあ美味しいのですが、ラーメン、チャーハンは普通でしょうか。王将繁盛の理由は、スピード感とボリューム感でしょう。

Ousyo


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/05

昔からあるちゃんぽん屋

 昨日、渋谷の並木橋付近を歩きました。大学の授業でこの辺りの調査をしなくてはいけなくなり、2限の授業が休講だったので、キャンパスからぶらぶらと歩いていきました。金王神社を右手にみて、並木橋へ向かって歩いていくと、懐かしい店を見つけました。かなり前にきたことのあるちゃんぽん屋です。
「長崎」なる店名は、なんとストレート、長崎ちゃんぽん、皿うどんの専門店です。もう、20年以上もきていないでしょう。いまだ営業していることが、ちょっと驚き。ちょうど、12時前だったので、入ってみました。店内は古い感じで、記憶はまったくありませんが、おそらく昔のままでしょう。
 席についてお品書きをちゃんぽん、皿うどん、それにぎょうざ、しゅうまいなんかもあります。ビールでぎょうざを食べたかったのですが、午後から授業があるので、断念。チャーシューちゃんぽんをたのみました。

Cyanpon

 ちゃんぽんにたっぷりのチャーシューがのってます。ちゃんぽんは、もやしがはいっているのが特徴。古風な味わいです。こんどは、夜ゆっくりと訪れたい店です。

長崎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/17

かにチャーハンの専門店

 昨日、昼飯時に渋谷の街を歩いていたら、ちょっと引っかかる店を見つけました。とあるビルの3階「かにチャーハンの店」なる看板が、そんな大きくなく掲げられています。かにチャーハンの店、という言葉に誘われて、ふらふらと店に向かいました。
 まだ、11時50分くらいだったのですが、既に満席です。ちょっと驚き。券売機で買うシステムなのですが、かにチャーハンといえども、メニューは多彩。迷って、かに玉チャーハンにしてみました。

Kani_cyahan

 かにチャーハンの上に、薄焼き玉子がのっていて、そこにあんがかけられています。かにの味噌汁付き。肝心のお味は、まあまあかな。予想を裏切る味ではありません。
 でも、かにチャーハンの専門店とはちょっと面白い発想ではありませんか。調べてみれば、チェーン店です。食べ物の店も、発想しだいいで、お客さんを集められる、ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/09

大学のそば、ボリュームたっぷりの中華

 土曜日に大学の授業は朝から、午後まで。時間割が結構タイトに組まれていて、昼休みは40分です。いまのところ、大学にきている学生も多く、昼飯時は学食も混み合います。そこで、ちょっと贅沢に大学の外の青山で、食事をしたいところですが、残念ながらあまり時間はありません。
 大学の西門のそばに中華料理店「青山一品」があり、ここにいつのころからか入るようになりました。土曜日はすいていて、料理を頼んで5分ほどででてきます。短い昼休みでもOK。それにもうひとつの特徴は、料理のボリューム。例えば、五目そば(850円)はこんなのです。

Aoyamaippinn

 ふつうのサイズの1.5倍の量はあります。完食はちと大変。さすが、大学のそばの店です。でも、なんとなく病みつきになってしまいました。今日もいってしまうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/08

神田の「まつや」

 Matuya1 昨日、珍しくも淡路町あたりで仕事。その帰りにそば屋の「まつや」の前を通りかかり、懐かしくなって思わず入ってしまいました(昼飯食べたのにね)。何年ぶりだろう。この辺りにくることほとんどないですからね。
 午後も3時近くでしたが、ほとほど賑わっています。お酒やビールを飲みながら、談笑しているお客さんもいます。羨ましい。仕事途中の身としては、もりそば一枚だけをいただきました。この「まつや」、以前は神田やぶそばのそばにある、隠れた名店として知られていたように記憶しています。今や、すっかり有名な店になっているようです。
 もりそばは、オーソドックスなおそばです。ちょっと濃いめそばつゆも東京らしさを感じます。こんどは、是非仕事帰りに寄りたいものですが。そうもいかないだろうなあ。

Matuya2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/02

渋谷の古い焼鳥屋:森本

 昨晩、渋谷で入った焼鳥屋はなかなかの店でした。ちょっと事情があって写真はないのですが(実はお客さんといったので)、とても味わい深い店です。場所はマークシティのそば、その店は「森本」という店です。渋谷近辺で飲んだくれている輩は、きっとご存じでしょう。
 店に入ったのが18時をちょっとまわった頃(そんな早くから飲むなよ)ですが、既に店内はほとんど埋まってます。全部で20人も入れるでしょうか。私を含めて3人だったのですが、たまたま直前に帰ったお客さん(何時から飲んでたの?)のテーブルが空いていたので、すぐ座れました。
 でも、この店どんどんお客さんがきます。座ったのは4人座りキャパシティのテーブルです。そこで、店の人は一人分あいている席に、カウンター空き待ちお客さんを、どんどん私たちのテーブルに相席で案内します。少しの空きスペースも許さない、といった感じです。
 肝心の焼き鳥は、オーソドックスな味わい。焼き鳥に加え、鳥の刺身も新鮮で美味です。焼き鳥マニアにはお勧めの店です。

店の情報はここを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/19

学食メニューの「青山物語」

 昨日から大学院授業も2週目にはいって、講義も本格化してきました。土曜日といえども、まだ新学期モードなのでキャンパス内には学生がいっぱいです。授業時間で昼休み時間は40分しかありません。時間もないので、久しぶりに学食にいってみました。さすがにどれも安いです。
 さて、なにを食べようか。「青山物語」というのがあります。おしゃれですね。さて、どんな一品でしょうか。

Aoyama_monogatari

 ほうとううどんと炊き込みご飯。490円、いまいちかな。この「青山物語」、ずっとこのメニューじゃないですよね。日替わり、週替わり? 別メニューのとき試してみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/04/04

久し振りの羽根付き餃子

 昨晩は会社の方と、情報交換会(要は飲みです)。場所は、珍しくも京急蒲田あたりで、お目当ては蒲田名物の羽根付き餃子です。ちょっと出かけるのが遅れて、蒲田駅についたのが夜の8時頃。最初は「金春」に行ったのですが、行列ができてます。しかたないので、「ニーハオ」の別館へ。さすがにここは席数が多いので、なんとか座れました。でも、ほとんど満席、賑わってます。
 このニーハオ、何年振りでしょうか。10年以上きてません。まだ、ここが小さな一店舗しかない頃にきました。今は6店舗もあるようです。発展してますね。さーて、お目当ての焼き餃子を頼みました。おいしいです。

Kamata_gyoza

 水餃子も食べました。これもいいです。

Kamata_gyoza2

 蒲田の餃子で、金曜の夜は更けていきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/19

焼き鳥だけの焼鳥屋

 昨日は大学時代の悪友たちと新橋で飲み会。最初はイタメシ屋にいって、当然そこで終わらず二軒目へ。新橋に詳しい友人が連れていってくれたのは、新橋らしい店。「三政(みつまさ)」というオジサンたちが集う焼鳥屋です。この店の素晴らしいところは、お品書きに焼き鳥しかないところです。タン、ハツ、レバ、ハラミなど焼き鳥の定番が揃っていますが、それ以外のメニューは、鳥の刺身(これも鳥)とお新香くらいです。

Dsc00821
 
 見事な焼き鳥専門店です。店内のオジサンたちは、ただ焼き鳥とお酒を楽しみながら、楽しそうです。残念なことに、一軒目でしこたまワインを飲んだせいで、肝心の焼き鳥の味をちゃんと覚えていません(苦笑)。こんどは、一軒目に訪れたいと思います。

三政の情報はここらあたりを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/17

KIHACHIの広がり度

 会社の帰りにたまにはお土産をと、品川駅前の店に。「そういえば、KIHACHIのショップがあったな」と思い出しました。有名なKIHACHIさんのカフェがあり、そこにマフィンのお店があります。会社帰る頃には、だいたいほとんど売れてしまっているのですが、この日はなぜか残っていました。6個を好きに選べるボックスを買ってきました。

Kihachi

 さて、このKIHACHI、かつては無国籍料理のパイオニアみたいな店でしたが、いつの間にか事業が拡大しています。WEBをみるとレストラン、パティスリー、そしてウエディングまで幅広い。レストラン部門では、無国籍料理はもちろんイタリアン、カフェ、チャイナダイニングバーまでやってます。また、パティスリーではソフトクリーム屋が多いです。ものすごい店舗数ですね。これ、全部直営なんでしょうか。喜八さん、商売上手です。
 肝心のマフィンは、どれも美味しかったです。価格も1個200円前後で、リーズナブルかな。でも、KIHACHIブランドでイメージする高級感は、ちょっと感じにくいかも。KIHACHIの最近の業績はどうなんでしょうか。ひょっとしたら、厳しいものがあるのかもしれません。

KIHACHI WEB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/02

クセになる金沢カレー

 品川にある「品達」の丼屋ゾーンでちょっと異色の「ゴーゴーカレー丼丼」。カレー丼というのも珍しいですが、ここのカレーは”金沢カレー”が売りです。金沢カレーって知っていますか? 金沢にいた頃(もう10年ほど前になってしまいましたが)、金沢カレーなんてなかったです。
 でも、金沢にはカレーのチャンピオン、ターバンカレーという特徴的なカレー屋がありました。ほんの数回しか入らなかったので(私は外でカレーを食べる習慣がないんです)、記憶は曖昧なのですが、やたら濃いカレールーだったと思います。
 最近、この特徴的なカレーが金沢カレーと命名され、少しだけ有名のようです。品達のゴーゴーカレー丼丼は、この金沢カレーのカテゴリーに入る店です。これまで、2回食べてみましたが、ほんと濃いカレーです。また、カレーにキャベツがのっているのが特徴。最初、食べたときは「ちょっときついな」と感じたのですが、しばらくすると食べたくなる味です。ラーメン二郎と似てるかも。

ウインナーカレー(ゆで玉子トッピング)

Go_go_chrurry_2

 金沢の料理は、和食では薄味が基本です。そんな土地で、なぜこんな過激なカレーが生まれて、支持されているのか。不思議ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/07

金曜の夜、「餃子の王将」の行列

 昨日の夜は、渋谷で仕事が終わったのが夜の8時近く。「お腹すいたな」女房は実家に行っていて不在、息子は塾。そのため、夕食は外食にすることにして、さてどこへ行くか。ふと思いついたのが「餃子の王将」。金曜の夜だし、餃子もよかろうと、店に向かいました。店につくと、ちょっと驚きの光景が……。
 店の前に列ができてます。20人以上います。さすがに、並ぶ元気もなくなるほどの列の長さです。

Ousyo

 すごいな、この繁盛ぶり。渋谷の王将は、山手線のガード下、広くない路地にあるのですが、この人気。その原因は、やはりその価格でしょうか。餃子6個231円、ラーメン472円、瓶ビール大瓶504円。安いです。
 やっぱり景気、良くないんですね。実感しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/07

誰でも社長と呼ばれる店

 仕事始めの日、珍しく夕方早めに業務が終わり、渋谷でいつもいっている立ち飲みやに行ってみると、まだ正月休み。このまま帰るのもなあと、「秋吉」がそのそばにあるのに気付き、ふらふらと寄ってしまいました。
 この秋吉、福井が本拠の焼鳥屋ですが、金沢に済んでいた頃、たまにいきました。店に入ったの何年ぶりだろう。懐かしくなります。若干、ボリュームは物足りないのですが、手軽な金額で焼き鳥が楽しめます。カウンターに座ると、温まったステンレスの板があり、焼き上がった焼き鳥がそこに置かれます。保温器みたいなもので、秋吉の特徴であることを思い出しました。

Akiyoshi

 この店のもうひとつの特徴(特長といってもいいかも)は、店員さんがお客さんのことを「社長」と呼ぶこと。例えば「社長、今日、タン切らしているんですよ。すみません」といった具合。金沢の店でもそうでしたから、きっとどの店でも行われているのでは。ちょっと珍しい応対です。いまどき、社長なんて呼ばれて、喜ぶ人はいないと思いますが、不思議な気分が味わえます。

秋吉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/31

和民のナポリ飯

 昨晩は家族で地元の和民へ。街はそんな人が多くないのに、店内は大盛況。銀行とかは仕事納めので、そのせいでしょうか。和民、ちょっと久しぶりですが、チェーン系の居酒屋は定期的にメニューが変わります。
 いろいろ飲んで食べて、さて締めはというところで、面白いお品書きを見つけました。「ナポリ飯」(523円)です。チキンライスとナポリタンから生まれたイタリア版そば飯、とメニューにあります。なんとも妙なるもの。

Napori_han

 ご飯に太麺(焼そば麺?)、玉子、タマネギとかで炒められていて、味はナポリタンというより、そば飯に近い印象です。居酒屋メニューにしておくには、ちょっともったいないかな。微妙な一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/18

老舗の力?

 世の中は一気に不景気。仕事でお客さんに会っても「景気悪いですね」という会話ばかり。こんな時勢にちょっと世の中の流れに反している話題ですが。先日、仕事で赤坂へ行きました。午後1時ころ地下鉄の赤坂見附駅でおりて、昼飯を求めて商店街を歩きます。
 道で500円ランチの呼び込みをしている店があります。しかし、かなり前(もう10年以上前)、とあるグルメな方に連れてきてもらった天麩羅屋を思い出し、いってみました。場所は昔のところです。ご存じの方もいるかと思いますが、「天茂」というお店。ビルの2階にありますが、内装はかなり年季が入っています。1時過ぎなのに、列ができてます。
 天麩羅屋ですが、昼は天丼とかき揚げ天丼のお品書き。天丼をたのみました。

Tensige

 揚げたての天麩羅がのっかった天丼ですが、つゆがかなり濃く、しょっぱい味わい。もう少し薄めのほうが、天麩羅が味わえる気がします。
 そしてこの天丼1300円もするのですが、列ができる人気ぶり。景気は悪いといっても、老舗にはあまり関係ないようです。昔はこんな混んでなかったのでは。世の中の外食産業、厳しいとのことですが、はやっている店はあるんですよ。店が2極化しているのかもしれません。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/04

ロージナ茶房のザイカレー

 昨日、仕事で国立のいったので、久しぶりにロージナ茶房に寄ってみました。ここ、かつては作家の山口瞳が通ったという有名な茶房です。入り口も自動ドアでなく、手動式のもの。今どき、このような店、少なくなりました。
 大学時代を国立で過ごした会社の新人くんが一緒だったので、お昼のおすすめメニューを教えてもらいました。
「やはり、ザイカレーでしょう」
 ザイカレー? なんだろう。すすめられたので、これを注文。しばらくして、持ってきてくれたのが、これ。

Photo

 辛~いカレーです。トマトベースのビーフカレーらしいのですが、ボリューム感もたっぷり。ランチメニューはコーヒーとかのセットなのですが、それがゼリーとのセットが選べます。これもしっかり量のある一品。

Photo_2

 こんな店が、うちの近くにもあればいいのに。国立の住民がうらやましいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/22

中華街の食べ放題

 昨日は会社を退職された方のプライベートな送別会で、横浜の中華街へ。中華街にいくの、久しぶりですが、最近はここも変わっているようです。メインの通りには、馴染みのない店が増えました。「世界チャンピョンの店」なんてのがあります。
 Tabehoudaiこの世界チャンピョンの店でもやっているのですが、中華街には食べ放題をやっているところがいくつもあります。それもあらかじめ並べてあるバイキングでなく、オーダーバイキングです。一品一品注文できます。いいですよね。昨晩いったのは「横浜大飯店」。ここのオーダーバイキングがなんと時間制限なしで、2480円。ちょっと驚き。次々オーダーしてみましたが、どれも美味しいです。食べ過ぎましたよ。これで、採算とれるんですかね。
 中華街も、顧客開拓、売り上げを上げるために必死なんだな、感心しました。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/20

ラーメン VS どんぶり

 昼時、会社にいるときはランチにちょっと困ります。あまり定食屋がなく、選択肢が少ない。時として一人でのランチになったとき、たまにいくのが「品達」。ここ、品川駅近くのガード下にあるラーメン屋とどんぶり屋が集まったミニな食のテーマパーク。ラーメン屋は7軒(そのうち1軒がここです)。 
 どんぶり屋は5軒。ラーメン屋は昼時はどこも行列なのですが、どんぶりのほうは、全然並んでいません。はっきり言って、あまり魅力的な店がありません。前からあった一軒は、いつの間にかカレー丼(これもなんだかですが)の店にチェンジしてしまいました。ただ1軒、おすすめなのが「はげ天」。あの天ぷら屋のどんぶり屋バージョンですね。メニューはど天丼中心なのですが、注文してから天ぷらを揚げてくれる丁寧さです。

Hageten
季節の特製天丼
 
 できたての天丼は美味です。でも、いついっても待たずに座れてしまいます。もう少し混雑しないと採算あわないのでは、とちょっと心配しています。らーめんとどんぶりの戦いは、ラーメンの圧勝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/15

渋谷区役所のインド定食

 昨日は、ちょうど昼時に渋谷に到着。ここで昼食を食べるのは珍しいので、どこにしようかとちょっと迷って渋谷区役所の地下へ。ここにちょっとした食堂があります。いかにも、役所の食堂という風情なので、区役所の食堂と思っていたら、実はC.C.Lemon ホール(旧渋谷公会堂)の地下にある食堂なんですね(それにしても、渋谷区役所の建物古めかしいです。耐震強度、大丈夫なんですかね)。
 この食堂に、ターリー屋というインドカレーの店が入っています。インドカレー屋、といってもメニューはターリー定食というものだけ。ものは試し、食べてみました。

Shibuya_chruuy
 
 カレー2種(3種から選べます)、ナン、バターライス、(写真ではナンに隠れてみえませんが)目玉焼き、ヨーグルトと盛りだくさん。大きなナンは、注文してからインド人(らしきひと)のコックさんが目の前で焼いてくれます。これで、690円とはお得。
 このターリー屋、WEBで調べるといくつか店舗があります。武蔵美のサテライト教室がある新宿センタービルにも店があります。思い出しました。「ナン、食べ放題」って看板がありました。入ったことありませんでしたが。
 渋谷区役所地下の店は、ちょっと隠れ家的なところです。お洒落な店が苦手な方(?)にはおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/02

塩振りが見事な焼鳥屋は、変わらないまま

 下北沢で田畑智子のひとり芝居をみたあと、まだ8時半くらいだったので街をぶらついてみました。この街に夜来たのは何年ぶり? 多分、10年以上来ていないのでは。古い記憶を辿りながら、ある店にいってみました。「陣太鼓」(づんでこ)という焼鳥屋。前は確か路面に面した一階だったはずですが、今はビルの二階にありました。お店のお母さんにきいてみると、二階の店舗になって9年ほどとか。
 この陣太鼓、おやじさんの塩振りパフォーマンスが有名です。言葉ではうまく表現しかねるのですが、焼き鳥に塩を振る動作が、見ものです。幸い、一人だったのでカウンター席に陣取り、パフォーマンスを堪能しました。このお店、家族経営らしく、おやじさんの息子さんだろうかたも、ちょっと派手な塩振りをみせてくれました。
 シンプルな味の焼き鳥を味わっていたら、後から来て隣に座った男性客の方に話しかけられました。
「シモキタ、変わってしまったね。この店も2階になってしまったし」
 いやいや、私と同じ感慨にふけっているのですね。そんな年配に見えないのですが。
 でも、焼鳥屋で隣のお客さんと気軽にはなせるところが、この街のいいところなんでしょう。もう少し、我が家に近いといいのですが。残念です。
 
Zundeko

陣太鼓WEB

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/30

梅蘭の焼きそば

 今月から仕事で渋谷に行くことが多くなりました。平日は、週4日は行きます。ある日、昼前に仕事先にうかがったら、昼飯に誘っていただきました。「美味しい焼そば、食べに行こう」。
 焼そば、といえば餡かけ焼きそばが頭に浮かびます。入った店は「梅蘭」。ご存じの方もいらっしゃるでしょう。ここの有名な「梅蘭焼きそば」はこんなです。

Bairan

 焼そばとは思えない姿。驚くのはこの外見だけではありません。この焦げた麺を箸で割っていくと、中に餡が入っています。写真を取り損ねたので、ぐるなびのものを参照させてもらいます。
梅蘭
 すごいでしょ。食べていて、ちょっと変な気分になります。ふつう、麺の上にかかっている餡が、麺の中からでてくるんですから。本店は横浜・中華街ですが、渋谷にもあります。
 場所はここをみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/09/11

名古屋の名物といえば

 昨日は名古屋へ出張。名古屋は7年前に勤務してした場所なので、少しだけ土地勘があります。慌ただしい日帰りでしたが、昼飯時に名古屋駅についたんで、ごはんをどうしようかと、思案。名古屋の名物はいろいろありますが、やはりこれかな……みそかつ。
 駅の地下街に、みそかつの名店「矢場とん」があります。そこで昼飯を、と思ったのですが13時になっていたのに行列。あまり時間がないので、ここはあきらめて、もうひっつの名古屋名物、きしめん屋に入りました。
 ここにもみそかつ定食がありました。この定食、なんとご飯ときしめん付きのボリューム。名古屋の名物二つを堪能しました。でも、とんかつに味噌がのってるみそかつ、何回食べても美味しいとは感じないのですが……。これって私の舌がおかしいのでしょうね、きっと。

Misokatu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/14

二郎インスパイア 再び

 今日から会社も夏休み。暑い日が続きますが、熱い話題を。先日いってみた大岡山の二郎インスパイア系なるラーメン屋は、かなりのものでした。さて、ちょっと仕事で行き詰まり、先週末衝動的に再び大岡山に。ここには、ほかにもインスパイア系のラーメン屋があります。この日、いったのは婆娑羅という店。
 ラーメンは小、中、大とあるのですが、小でも麺の量が240グラムと、ふつうのラーメンの約2.5倍と半端ではありません。また、野菜の増量は無料ですが、この量もすごい。店にその写真があり、店のご主人から「これですが、大丈夫ですか」と聞かれました。壁には、野菜増量はお客様が希望したことなので、食べ残しは厳禁とあります。
 私は小ラーメンに野菜増量で頼みました。こんなんです。

続きを読む "二郎インスパイア 再び"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/31

二郎インスパイア系ラーメンとは

 時として、ラーメン二郎が食べたくなります。ちょっと異常体質です。もう一月ほども前でしょうか、仕事帰りに突然食べたくなり、上野毛の店に出向きました。駅前とはいえど、商店も多くないところですが、夜の8時すぎにもかかわらず、ラーメン二郎は行列です。この店は、熱狂的ファンを作ります。

大ラーメンにしなくて正解でした。
Img_8724
 
 さて、この熱狂的なファンに支えられてか、世の中には「二郎インスパイア系」というラーメンがあるようです。要はラーメン二郎に影響を受けたラーメン屋さん? とでもいうのでしょうか。先日、偶然にもこのインスパイア系に入りました。
 場所は大岡山。実は「むらもと」というこれも大岡山では名店といわれるラーメン屋めざしていったのですが、スープがなくなったのか、閉店時間前にしまっていました。しかたなく駅に戻る途中で見かけたラーメン屋「凌駕」。店構えにひかれてふらふらと入ってしまいました。これが、迫力ものの一杯。いわば洗練された二郎ですね。

 Ryoga

 二郎独特の「野菜ダブルニンニク」なんてオーダーはなし。テーブルの上にニンニクがあり、自分でいれるスタイル。野菜増しも別料金。
 大岡山にはインスパイア系はあと2軒あるらしい。二郎ラーメンワールド、奥深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/26

デンマーク風ホットドッグにはまる

 会社の最寄り駅の構内にパン屋のアンデルセンがあります。パン党ではないのですが、美味しそうなのでたまに立ち寄ります。チェーン店でありながら、パンの出来はなかなかのもの。
 このアンデルセンで、最近はまっているものがあります。「デンマーク風ホットドッグ」なる一品。

_igp1886

 基本はホットドッグなのですが、(おそらく)炒めたタマネギと、製法は分かりませんが独特のソースが特徴。そして、レジで購入するときに、何故か「今日の午後4時までにお召し上がりください」と言われます。パン屋で、消費期限を宣告(?)されるのは、珍しくないですか。
 ともあれ、お近くにアンデルセンがある方は、ぜひともお試しくださいませ。美味しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/23

たまにはメキシコ料理

 いや〜、暑いですね。なにせ4年ぶりの東京の夏、大変です。仙台は涼しかったなあ。暑さのせいか、メキシコ料理が食べたくなって、女房に付き合ってもらい、代官山まで出かけました。この街にある「ラカシータ(LA CASITA)」というメキシコ料理屋。ここ、何年ぶりだろう、多分10年以上は経っているはず。
 でも、店構えは変わっていません。そんなに広くない店内ですが、ほとんど満席です。予約していたので、運良くてらす席へ案内してもらいました。昔の代官山をしるオジサンにとっては、驚きの風景が広がります。同潤会アパートがあった場所に、高層マンションができていて、すっかり都会らしい光景です。

Mexico

 料理は、ほどよいエスニックに仕上がっていて、暑い夏にはぴったりです。定番のタコスも、柔らかい皮でちょっと変わった味わい。久しぶりにメキシコ料理を堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/18

福井の焼鳥屋

 一昨日、渋谷へ仕事で行った帰り、時刻は夜の7時すぎ。桜ヶ丘のあたりの茶店で仕事を少しだけして、店をでるとふと懐かしい看板が。

Img_8727

「やきとりの名門 秋吉」。この店知っている人は。かなりの北陸通。福井を本拠にする焼鳥屋チェーンです。金沢にいたころよく行きました。東京にも店、あるんですね。ふらふらと店に入って、お持ち帰りを注文してしまいました。ここの焼き鳥、肉が小ぶりなのが特徴。

Akiyoshi
 
 なんとも古風な味わいの串です。こんどは、店で味わってみます。

「秋吉」WEB

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/07

駅弁より大丸デパ地下

 今日も諸事情により、記事のアップがこんな時間になっていました。おまけにたわいもない話題です。新幹線で東京駅から、息子と出かけることになり、それがちょうど昼飯時。駅弁でもと思いましたが、ちょっと時間に余裕があったので、大丸の地下へ。
 ここ、旅の通はご存じだと思いますが、弁当類が充実しています。大丸が新装になってからはじめて入りましたが、その種類は半端ではありませんね。短い時間で選ぶのは困難。楽しいです。エビカツ弁当にしてみました。食べでがあります。

Depachika
 
 弁当を選んだ後、飲み物も。こんなの見つけました。「デンキブランサワー」。どこで売っているんでしょう、レアな飲み物です。

Denkiburan

 大丸のデパ地下の弁当、すごいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/20

ソースが美味しいとんかつ

 時々、とんかつが食べたくなります。その昔は入札の前にはとんかつ食べたものです(笑)。昨日は横浜方面に仕事で出かけたので、ふと思いついてあのお店へ。関内にある「勝烈庵」です。ここ、何年ぶりかな、久し振りです。
 とんかつ屋さんなんですが、この店の特徴はソース。テーブルの上に置かれているとんかつソースは、店の特製。かなり前ですが、この勝烈庵ではソースだけ作っているひとがいるとか。店のWEBにもソースのことが記されています。(WEBはコレ)甘味がありながら、ソースの辛さもしっかりあります。
 肝心のとんかつも、肉の味わいがしっかりと感じられるボリュームあります。とんかつ、いいです(笑)。

Katuretuan


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/06/13

旨い雲呑麺

 五反田は実はラーメン激戦区かもしれません。駅周辺にラーメン屋が多い。有名なこの店も、この店もあります。さて、仕事で通りかかったとき、ちょっと気になる店にふらふらと入ってしまいました。店頭に「雲呑麺の美味しい店」とあったからです(笑)。「広州市場」なるお店。
 お品書きをみると、確かにいろんな雲呑麺があります。その中で、特にひかれた海老雲呑麺を注文。

Img_8702

 旨い。海老雲呑がいいです。
 この店、都内に3軒あるチェーン店ではありますが、味のレベルは高い。また行きたくなりました。


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/22

久し振り、有楽町のちゃんぽん屋

 ちゃんぽんという一品は、東京人にとってーははあまりなじみがないものです。若い頃、福岡に2年程いたので、りんがーはっというちょんぽん屋によくいきました(東京にもありますが)。さて、昨日用事があって有楽町の交通会館にいきました。ここの地下に、かなり歴史があると思われるちゃんぽん屋「桃園」があります。ほんと久し振りに店に入ってみました。
 ちゃんぽん、皿うどん、焼きそばなど麺類がお品書きに並びます。ちゃんぽん、800円なりを注文。さて、来ました。

Baien

 ちょっと小ぶりなどんぶり。具の上に盛られた錦糸卵が印象的。お味は、長崎で食べたほんとのちゃんぽんとはちょっと違う感じ。もうちょっとこってりしたスープだった記憶があるのですが。
 ちなみにこの店、従業員の方も歴史が感じられます。ちょっと年齢層が高い。安定感のあるちゃんぽん屋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/20

日曜、祝日限定のハンバーガー屋

 この前の日曜日、用事があって自由が丘の街へ。ここ休みの日はすごい人なので、あまり近づかないのですが(笑)。さて、おまけにお腹がすいて、なにか食べたくなりました。気分的にハンバーガー、だったのですが、マックは若者などでちょっとな。そこで、ふと見つけたハンバーガー屋。路上に見本が置いてあって、美味しそう。店はどこかな、と探してみると狭い階段を上った二階。
 この店「JIYUGAOKA BURGE」なるハンバーガーショップで、日曜日、祝日限定。バーのスペースを借りて、営業しているそう。今年の11月には、本格的な店をが自由が丘の違い場所にオープンする予定。で、肝心のハンバーガーです。

Jiyugaoka_burger

 チーズバーガーかチリバーガーのみ。これにドリンクまたはポテトを選んで、800円。サイドオーダーでビール(生や、バドワイザーなど)もたのめます。チリバーガーを食べたのですが、かなりボリュームがあり、チリソースも美味。これはいいです。またいきたくなりますが、日、祝のみの営業なのが残念です。

続きを読む "日曜、祝日限定のハンバーガー屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/05/19

さくら水産のランチ

 先週土曜日に三田にいった際、ちょうど昼時だったので、どこかでメシを探していたら目にとまったのが「さくら水産」。ここ居酒屋ですが、以前日経新聞に取り上げられていた格安ランチをやっているお店。ものは試しとはいってみました。
 日替わりランチは500円と安い上に、ご飯、味噌汁、生玉子、焼き海苔、お新香が食べ放題。日替わりランチのほか、サバの味噌煮定食(550円)、刺身定食(650円)などがあります。サバの味噌煮+冷や奴(100円)を注文しました。

Sakurasuisan

 でてきたのはお皿にのっているサバの味噌煮とご飯、味噌汁。あrとはテーブルの上にある生玉子、のり、お新香、ふりかけを適当にとって食べるだけです。なぜか物足りない。確かに安いけど、ちょっと味気ない感じ。どうしてだろう。私としては、やはり、いろいろ品数があったほうがいいようです。
 オフィス街の田町、土曜日でそれなりに人は入っていました。訴求力はあるんです。でも、ちょっと違和感が残ったランチでした。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/14

美味しんぼ親子が和解

 Spritsネットで見つけたニュースなので、既にご存じの方も多いと思われる話題です。漫画「美味しんぼ」の親子が和解したという話題。究極のメニューをキャッチフレーズ(?)にした漫画で、海原雄山と山岡士郎、長らく対立していた親子が、今週号の『ビッグコミック スピリッツ』誌上で、ついに心を通わせました。
 このニュースを読んだので、ほんと久し振りに買ってきました。でも、美味しんぼ、長いこと連載してますよね。Wikipediaによれば、連載開始は1983年。25年前ですね。そのころは、買ってました。本誌をめくってみると、「きまぐれコンセプト」とか「じみへん」なんてのもあります。これも、かなり前から載ってますよね。でも、表紙をみると、どうみても若者がターゲットでしょう。コミックの読者層ってどうなんだろう。代替わりしているのか、それとも固定読者が会う程度の割合いるのでしょうか。ちょっと不思議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/10

名古屋といえば

 昨日、愛知方面で仕事があり、帰りに名古屋に立ち寄り。着いたのがもう夕刻だったのですが、金曜日でもあり、少しばかり街を歩いてきました。名古屋二は、7年ほど前、転勤で住んでいました。ただ、わずか一年間だけだったし、仕事も出張が多く、街のことはほとんど覚えないまま過ごしてしまいました。
 名古屋市美術館に寄った後、名古屋名物を食べようと思い立ち、山本屋本店へ。ご存じの方もいるかと思いますが、ここの店は味噌煮込みうどんの専門店。名古屋といえば、濃い八丁味噌。その味噌を使った煮込みうどんですね。

Yamamotoya

 土鍋で煮込まれて出てきます。熱々なので、通は鍋のふたにうどんを取り食べるスタイル。久し振りに食べたのですが、ちょっとイメージしていた煮込みうどんと違う。もうちょっとボリューム感があった記憶があります。
 ちなみに、この山本屋本店の他に、山本屋総本家という屋号の店もあります。どちらが本物?
 名古屋の食べ物は、やはり味噌が基本なんですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

久しぶりのラーメン二郎

 この前、品川でラーメン二郎に行ってみました。ここの店は久しぶり。相変わらず、列をなしています。去年の秋頃だったか、上野毛の店にはじめていって、おお豚ダブルなんぞ頼んだら、かなり手こずりました。でも、まったく反省しないで、今回は「おお豚」にしてみました。トッピングは野菜ダブル+ニンニク。こんなのです。

Jiro_shinagawa

 食べるのかなりきつかったです。麺の量はふつうの3倍だとか。オジサンには無謀なことでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

青森の美味しい焼き鳥

 一昨日から、とりあえず最後の出張です。青森、八戸、盛岡と旅しています。このブログの話題は、当然(?)食べ物のことに。
 初日は青森市に宿泊。転勤の挨拶をしにいったら、当然のみに行こうということに。青森だと、ふつうは魚介類を味わうのですが、なぜか忘れられない焼き鳥屋があり、そこに付き合ってもらいました。「とり政」という店。
 焼き鳥と釜飯がお品書きの中心なのですが、お通しにでてくる浅漬けが、かなりのもの。

Torimasa2

 次に肝心の焼き鳥。特に手羽先がボリュームものです。

Torimasa

 青森の中心部からは、ちょっと離れたところにありますが、わざわざいってみる価値のある店です。

 「とり政」 青森県青森市橋本3-20-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

久しぶりの「鳥心」

 今日は「荷造り休み」をいただいております(笑)。なかなか片付きませんね。さて、夜になると街に出たくなります。どこに行こうか? おでんの三吉にもそそられたのですが、なぜか焼き鳥が食べたくなり「鳥心」へ。ここ、久しぶり。店が新しくなってからは、はじめてです。
 混んでいるかなと、20時頃店にいくと、カウンターは空いていました。まず、煮込みと焼き鳥盛り合わせ。

Img_8557

 この店は、日本酒も揃っています。今日は「栗駒山」。次につくねとぼんじり。

Img_8559
 
 素敵な時間を過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/05

オホーツク北見塩やきそば、とは

 北見の食の名物は、ホルモン(焼き肉)に加え、「オホーツク北見塩やきそば」だそうです。塩やきそば、とは初めて聞きました。ご当地のB級グルメの大会「B-1グランプリ」には、各地の焼きそばがでていますが、塩やきそばはないです。ともあれ、昨日の昼食に食べてみました。

Sio_yakisoba

 鉄板にのった焼きそば。テーブルにある食べ方によると、一緒に付いてくるホタテスープをかけて食べるのだとか。スープをかけると、鉄板がジュウと音を立て、迫力もの。
 実は、あまり期待していなかったのですが、これがかなり美味しい。ホタテ、タマネギ、キノコなどの具と麺が、塩味で炒められていて、そこへホタテのスープがからんで、いい味を出しています。B1グランプリに参加している横手の焼きそばより、この塩焼きそばのほうが好みに合います。あっさり味でながら深みがあり、具材もヘルシー。 
 塩焼きそばの食べ方は、スープに付けて食べる方法もあるうそですが、なかなかユニークな一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/19

木村屋総本店のチョココロネ

 東京から仙台に帰るとき、銀座の木村屋によってパンを買うのが習慣になってます。昨日も、あんパンとチョココロネを買ってきました。有名なあんパンは、東京マラソンのとき、女房が沿道で差し入れしてくれたのですが、走りながら食べるのは程よい大きさでした(笑)。
 チョココロネは、最近では売っている店が少なくなりました。こどもの頃は、楽しみなおやつでしたが。仙台でもほんんど見かけません(石井屋には確かあったはず)。木村屋のコロネは、チョコとピーナッツがあって、どちらもシンプルな味わい。ずっと変わっていないのでは、と感じるものがあります。この歳になると、老舗に安心感を見いだすことが少なくありません(苦笑)。

Img_8427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/01

まぐろ駅弁の悲劇のその後

 先日の「大間のまぐろまっしぐら」駅弁にまぐろがない悲劇のその後です。製造元の「吉田屋」のウェブにあったメルアドにクレームしました。
 早速、丁重な返信をいただきき、昨日新品(?)が届きました。ホントはこんな駅弁なんですね。

Img_8321

 意外とまぐろがしょぼい。晩ご飯にいただきました。で、付録がついてきました。靑森名物ですか?

Img_8326

 この吉田屋さん、「小唄寿司」という有名な駅弁の製造元でもありました。
 まずは、一件落着かなあ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/01/31

北東北のラーメンは美味しそう

 北東北のエリアマガジン「ラ・クラ」を久しぶりに買いましたよ。本屋さんで、この表紙をみたら、つい手が伸びてしまいました。今月号の特集は『通に教わる旨いラーメン』です。

Img_8320

 いい写真ですよね。おばさん、優しそうだし、ラーメンもすごく温かそう。これは盛岡では有名らしい「中河」というお見せでの撮影。この店もいったことないんです。岩手、青森、秋田の3県は、どこも食材も豊富で、食べ物が美味しい。紹介されているラーメンも、どれも食欲をそそってくれます。
 でも、ほとんどの店にいったことないんですよね。4年近くも東北にいるのにね。休日に、ラーメンを食べる旅にでましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/25

函館、あじさいの塩ラーメン

 函館3日目です。昨日は大荒れの天気で、午前中は吹雪いていました。でも、思ったほど雪は積もらず、一安心。さて、夜は疲れたので、酒抜きで食事をしていくことにしました。函館と言えば、塩ラーメン。その代表格は「あじさい」ですね。五稜郭の本店に行きました。ここは、塩ラーメンを始め、味噌ラーメン、醤油ラーメンからカレーラーメンまで多くのメニューがあって迷います。
 結局、背脂拉麺の塩をオーダーしました。塩ラーメンながらちょっとこってりとして、独特な味わい。(カロリー高そうですが)でも、雪が降る函館の街では、暖かいラーメンはごちそうです。堪能しました。

Azisai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/22

札幌のラーメンは、こってり系が主流?

 先週、札幌にいったとき、ついついラーメン屋にいってしまいました。前から袋麺で名前を知っていた「てつや」へタクシーで(好きですね〜)。味噌ラーメン、確かに美味しかったのですが、お味はこってりでした。有名な純連も、かなり濃い味です。以前、仙台にもあった「一国堂」もこってり味でした。

Img_8264

 札幌のラーメン、こってりが主流なんですかね。こってりもいいけど、オジサンにはさっぱりが合います。さて、明日から仕事で函館へいきます。ここは塩ラーメンが有名。これが楽しみです。

続きを読む "札幌のラーメンは、こってり系が主流?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/16

焼き鳥にはタマネギ

 昨日から札幌に来ています。気温は最高でも氷点下で、さすがに寒い。夜、すすきのへ飲みに出ました。お目当ての海鮮系の店がお休みで、なぜか串焼き主体のお店へ。
 焼き鳥を頼んで、出てきたのがこれ。
 
Yakitori


 一緒に飲んでいた方から指摘されて気付いたののですが、長ネギではなくタマネギが串に刺されている焼き鳥。北海道ではこれが「常識」だそう。地元の人は、「タマネギ以外、何を刺すの?」と不思議そう。
 タマネギの焼き鳥も、美味しい。長ネギ焼き鳥に慣れている舌には、新鮮です。所変われば品変わる、とでもいうのでしょうか。楽しい札幌の一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/15

クリスピードーナッツ、って

 かなり前から大行列で有名なドーナッツ屋のクリスピードーナッツ(正しくは「クリスピー・クリーム・ドーナッツ」)。
女房が「あまり並んでなかった」とかで買ってきてくれましたよ。一時間待ちなどは当たり前、のようで、さぞかし美味しいのだろうと、早速いただきました。

Cryspy


 おりじなる。・グレーズドという基本のドーナッツですが、そんなに美味しいかな。おかしいな。買って日に食べなきゃ、きっとだめなんだろうな。私、そういえばあまりドーナッツ好きではないのですね。ミスタードーナッツの前通っても、ほとんどそそられない。きっと、ドーナッツにあまり興味がないせいかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/13

サトウのメンチカツ

 昨日は吉祥寺の大学へ。卒論の内容について指導をしていただくためです。来月の5日が締めきりなので、あまり時間がありません。同級生にも付き合ってもらい、先生と話をさせていただきました。
 帰り道、ふと思い出して、吉祥寺の商店街にある肉屋さんのサトウへ。ここ、メンチカツが有名で、いつも長蛇の列です。昨日は、生憎の雨で、そんなには並んでいないので、トライしてみました。
 15分くらい並んだでしょうか。やっと買えました。この名物、初めて手に入れました。
 
Satou

 丸い形のメンチカツ。家で夕食に食べたのですが、あっさりした味付けで、美味。さすが、有名な一品です。これで、一個140円(だだし5個以上)とは安い。行列も納得できる味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/10

麻婆豆腐は作ってみたが

 時々、あるものが突然食べたくなります。この前は、麻婆豆腐が食べたくなり、夕食に作りました。我が麻婆豆腐は、市販の麻婆豆腐の素は使わず、豆板醤、甜麺醤で味付けする手作りもの。豆腐一丁、全部使って作ったので、かなりの量になりました。

Img_8239

 しかし、単身赴任宅では食べる人は当然一人。これは明らかに多い。分かってはいるんですが、つい多くの量を作ってしまいます。食材も、スーパーで美味しそうだと、量を考えずに買い込みます。いまも、しらすが在庫してます。今週末は東京に帰り、そのあと札幌へ出張の予定で、生ものは今週中にかたづけなければいけません。冷凍できるものはいいのですが、しらすなんかは冷凍は難しそう。
 もう少し、慎重に買い物をしないといけません。反省、反省。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/12/31

アメリカ産で、いくらの醤油漬け

 正月用にと、久しぶりにいくらの醤油漬けを作ってみました。前はよくやったのですが、今年は忙しいせいか、仙台でやってませんでした。さて、昨日まずは筋子(腹子)を買いにいったのですが、これが売ってないのですよ。自由が丘のピーコックにはなくて、結局碑文谷のダイエーに。ここにはありましたが、アメリカ産。ほんとは国内産が欲しかったですが、しようがありません。ちょっと粒が小さい感じ。

Suziko

 まずは、お湯につけて皮を剥がす作業なのですが、気のせいか国内産よりとれにくい(気のせいかもしれません)。なんとかできました。今晩、紅白歌合戦が始まる頃には、味見ができそうです。

Ikura

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/30

ウォーターオーブンの不思議

 Healsio_2最近の家電製品の進化は著しいですね。先日、料理に使うレンジを買いました。ヘルシオというものです。このレンジ、ウォーターオーブンと称されています。水を使って調理するレンジですね。水どう調理するの、と買う前に調べてみると、340度にもなる加熱水蒸気で調理するわけです。
 このヘルシオはシャープ製ですが、他社からも同じコンセプトのレンジがでています。でも、加熱水蒸気だけで調理するタイプの製品を家庭用ではじめてつくったのは、シャープらしいです。
 まだ、ちょっとだけしか使っていないのですが、例えばゆで卵は水を使わないでできます(加熱水蒸気用の水は要りますが)。レンジ内の皿に、卵をのせて、メニューで選んでスイッチをオンすれば、ゆで卵ができます。ちょっと不思議。このレンジ、調理の過程で、脂と塩分を落とすので、ヘルシーなのが大きな特徴。例えばスーパーで買ってきた牡蠣フライを温めただけで、脂がかなり落ちてました。
 ほんと、家電商品の進歩はすごいと感じます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/28

岩手のキムチ納豆ラーメン

「キムチ納豆ラーメン」というと、どんな味をイメージしますか。岩手の方なら、すぐにわかるかもしれません。キムチ納豆とラーメン、とてもアンマッチと思えるのですが、それがどうして、どうして、かなりいけます。
 盛岡に本店がある「柳家」は、このキムチ納豆ラーメンが名物のラーメン屋です。どんなものかというと、

Img_8208

 こんな迫力モノ。麺が見えないほど、沢山のもやし、葱。生玉子にコーン。肝心のスープはキムチ味に納豆が入っています。納豆といっても、そんな量は多くなく、納豆エキスと思うほど微妙な量。これがキムチと合い、更にラーメンともぴったり合います。味わったことのない独特な一杯です。
 この柳家、仙台にもあります。(会社のそば、榴ヶ岡です)病みつきになりそうなラーメンです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/11

カレー鍋の不思議

 この週末は仙台暮らしです。相変わらず、昼間は雑用と大学の課題と格闘。さて、夕飯はと・・・、最近気になっている「カレー鍋」にしてみました。このカレー鍋、最近はやっているらしいのですが、どのように作ればいいのやら。市販の鍋つゆはありますが、これを使わずやってみることにしました。
 ネットでレシピを調べてみましたが、NEW WAVEな鍋なので、レシピの内容はいろいろあります。どうするか。具材も様々です。カレーだと肉、人参、タマネギ、ジャガイモとかですが、そうでもなさそうです。ネットにあった一つのレシピで作ってみました。

Img_8031

 具材は豚肉、葱、人参、大根、油揚げと、冷蔵庫にあるものを総動員(笑)。で、食べて見たんですが、カレー鍋ってこんなの? いまいち、ピンとこない味。作り方がいけないのでしょうか。
 締めは、カレー雑炊。これも微妙な味。

Img_8035

今度は、市販の鍋つゆを試してみたほうがよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/24

古風なだんご屋のカツ丼

 仙台に来たときから気になっていた店があります。しばしば、クルマで前を通るのですが、いく機会がありませんでした。この前の週末、はじめていきました。その店は「藤や」です。NHKの向かい側にあるお店です。ここ看板には、だんごとあります。ちょっと古めかしい店構え。

Img_7965

 団子が本業かもしれませんが、店外には「ラーメン」「カツ丼」などのお品書きが貼ってあります。さて、店に入ってカツ丼を頼みました。しばらくして供されたのが、これ。

Img_7959

 仙台にしては、濃いめの味付け。一緒に出てきた味噌汁は、ネギだけのシンプルさ。これでも500円ですから、カツ丼としては安いのでは。
 このお店のお品書きは、ラーメン、冷やし中華、玉子丼、カツ丼、カレー、カツカレーの計6種のみ。この中で、冷やし中華は一年中食べられます。
 お客さんの1人がこの冷やし中華を頼んだのですが、面白いオーダーをしてました。「冷やし中華100円増し」。これって、大盛りの意味なのかな。200円増しはあるのでしょうか。疑問は広がります。東京のラーメン二郎の「野菜ダブルニンニク」みたいな専門用語のオーダーですね。
 この藤や、うちから歩いて10分くらいではありますが、訪れる機会がありませんでした。3年半越しの夢が叶って幸せです(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/10/16

新米の季節

 仙台にも新米が店頭に並んでいます。タイミングが悪く、在庫があったため、なかなか仕入れられなかった(?)新米がやっと入荷しました。久しぶりに仙台駅前の「玄米や」にいって、その場で七分づきで精米してもらいました。宮城県登米産のひとめぼれです。昨晩、炊いてみました。

Img_7943

 おかずは、さわらを焼いたのと、豚汁。なぜか、新米だと豚汁作りたくなるんですよね。お米は、粘りがあり、甘く、美味しいです。やはり、新しいお米はいいです。

玄米やウェブ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/10/01

久しぶりに、料理を作ってみる

 昨日は、終日卒論と格闘。ほとんど家からでない生活でした。夕方、さすがに飽きてきたので、買い物にダイエーまで出掛けました。気分転換に、久しぶりに料理らしいものを作ろうと思い立ちました。いつもは、「惣菜+簡単な自作酒の肴」で済ましている今日この頃。料理は久しぶり。とはいっても、肉じゃがですが(笑)。ちょうどうちにじゃがいもがあったので、それを使わねば、と思い至ったわけです。あと、秋刀魚が美味しそうだたったので、これも買い込みました。
 夕餉は、茶豆に、肉じゃが、秋刀魚と豪華なものになりましたよ。これになめ茸と豆腐の味噌汁を添えて、いただきました。肉じゃがは、なんか大量になってしまったので、しばらくは弁当のおかずになりそうです。
 たまには、料理もいいものです。

Img_7892


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/28

青森でタンタン麺

 昨日から仕事で青森に来ています。昼に、地元の方が「辛いタンタン麺を食べに行きませんか」と誘ってくれました。タンタン麺!とちょっと驚き。連れて行っていただいたのは小さなお店。山水苑という屋号です。
 お品書きには、ふつうのラーメンもありますが、ほとんどのお客さんがタンタン麺を頼んでいます。私も大盛りをいただきました。

Tantanmen


 辛い、というより酸味が強い味です。単に辛いタンタン麺は多いですが、このような味は珍しく、これが美味しい。青森といえば、醤油味に太麺の津軽ラーメンが特徴ですが、こんなタンタン麺もいいですね。

※連れて行っていただいたのでよく場所がわからないのですが、たぶんこの住所です。
青森県青森市長島2丁目18-13

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/21

東龍門の五目焼きそば

 定禅寺通沿い、県民会館はちょっと年季の入った建物ですね。ここの2階に「東龍門」なる中華料理屋があります。仙台の方ならご存じでしょうが、なかなかな料理を食べさせてくれます。かなり前に行ったきり、ご無沙汰でしたが、先日昼時に入ったら、かなりの混雑でした。昨晩、メディアテークに用事があったので、帰りにまた。寄ってみました。夜はさすがにすいてます。
 この 店の人気は「五目焼きそば」のようです。

 Img_7874

 とにかく、凄いボリュームです。これは大盛り750円ですが、ふつうのは650円。安い上に、美味。驚きます。この東龍門、店構えはなんの変哲もなく、テーブルも社員食堂風のもの。でも、料理のコストパフォーマンスは、あなどれません。夜、8時半で閉店なのはちょっと残念ではありますが、おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/08/29

そば屋の有名ラーメン

 昨日から秋田で仕事です。昼間は仙台よりずっと暑く、残暑が厳しい。でも、夕刻には気温も下がり、快適です。昨晩はお相手してくれる方がいたので、秋田の繁華街・川反に飲みにでました。比内地鶏とか、地元の名物を堪能した後、「ラーメンを食べよう」ということに。
 そこで、いったのが「紀文」というそば屋。ここ、そば屋なんですが、「千秋麺」と名付けられたラーメンが有名らしい。特に、夜遅くは飲んだあとのお客さんが多く、かなりの割合で千秋麺が注文されています。

Sensyumen


 細い麺に、あっさりしたスープ。チャーシュー、メンマ、ネギ、なると、玉子、海苔の具がのってます。以前食べた「名代 三角そばや」もあっさり、細麺でしたが、それとよく似た感じで、古風な一杯です。
 そばもきっと美味しいんでしょう。こんどは、昼間にきてみたい店です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/15

千円を超えるラーメン

 Misoramen昨晩は、大学の友人たちと飲み会。久しぶりに会う顔ばかりで、懐かしい。場所が銀座。飲んだ後、いけないとおもいつつラーメン屋にいってしまいました。思いついて、有楽町の「芳蘭」という店へ。ここ、昔よくいったのですが、ラーメンが高いのが特徴(?)です。
 味噌ラーメンが、1,100円。確かにコクがあって美味しいのですが、一杯千円を超えるラーメンは、ちょっと驚きます。札幌のすすき野にも同じ名前の店がありましたが、別な店なんでしょうか。銀座界隈ならではの、高値の店でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/05

豆乳茶屋の枝豆豆腐

Img_7630 仙台では明日から七夕です。うちのそばの一番町でも飾り付けが始まっています。昨日は夕方に買い物に出たとき、前から気になっていた店に寄ってみました。東一市場の向かい側にある「豆乳茶屋」。豆乳を使っただんごが食べられます。
 ここ、私が仙台にきた当時は確か単なるお豆腐屋さんだったような記憶がありますが・・・。いつのころから茶屋になっていました。店内では、豆腐や油揚げなどを売っています。ちょっと珍しい「枝豆豆腐」を買ってみました。

Img_7635
 緑色のお豆腐は、甘みがあり、醤油をかけないで食べたほうが美味しいです。いつもはスーパーの豆腐ですが(太子上村の豆腐が多い)、ちょっと高いですが、たまには豆腐屋さんのものもいいですね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/26

秋田の市場で、三角そば

 一昨日から昨日にかけて、このブログ(ココログ)がメンテナンスで、記事がアップできませんでした。さて、おとついから、秋田にきています。秋田市内で仕事なので、昼時、秋田市民市場に行ってみました。ここ、その名のとおり、一般の人向けの市場です。ここに、「名代 三角そばや」があります。そばや、といってもラーメン屋です。
 秋田では、有名な十文字ラーメンと呼ばれている「三角そばや」が、横手の十文字にあるそうです。この店で長年修行された方が、秋田市民市場に開いたのが、この「三角そばや」だそう。
 ここのお品書きは、中華そばだけです。(いまは、夏メニューとして『そのまんま冷やし』(!)が加わっていますが)さて、中華そばには並、中、大盛の3サイズがあり、地元の人に「大盛がおすすめ」と言われたので、それにしたのですが、

Sannkakusoba

 なんと、麺が2玉でした(900円なり)。透き通ったスープに、麺は細い縮れ麺。チャーシュー、メンマ、なるとに麩がのっていて、端正なラーメンです。あっさりしていて美味しいラーメンで、なんとか2玉分食べ切れました。
いつかは、横手の本店に行ってみたいところです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/23

スープカレーを作ってみました

 札幌で食べたスープカレー。らーめんと並び、札幌では名物となっているカレーは、不思議な魅力があります。道立近代美術館でダリを見た後、とある店で食べたスープカレー。初心者の私には、とにかく美味しく感じます。

下のカレーはlaviというお店の「スペシャル」。Img_7552

 昨日の夕ご飯に、スープカレーの味が忘れられず、作ってみました。まずは、市販のルーを買ってきました。ヱスビーの南インド風スープカレーというもの。
 鶏肉、じゃがいも、タマネギ、人参で、簡単にできました。確かにスープカレーらしい味の仕上がり。まずまず満足。今度はオリジナルレシピで作ってみますか。

Img_7582

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/20

美味しい「らーめん共和国」

 昨日から仕事で札幌にきています。ちょうど昼すぎに札幌駅に到着。札幌といえば「らーめん」と刷り込まれている私は(苦笑)、ふらふらと『札幌らーめん共和国』へ。ここは北海道らーめんのテーマパークですが、どこも魅力的にみえます。札幌、小樽、釧路、石狩、函館と、北海道のらーめんはバラエティーに富んでますね。迷った結果、入ったのは「初代」という小樽のお店。新味噌らーめんというのを食べましたが、大きなチャーシューがいい感じ。

Syodai

 このらーめん共和国、気軽に北海道の味が楽しめるので、旅行者には便利です。らーめんのテーマパークは、各地にありますが、ここはレベルが高いのでは。(ちなみに、ここは最近どうなんでしょうか。)また、来てしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/16

今どきの、寿司の出前

Sushi_1 母と女房の誕生祝いに、寿司を食べることに。昔は誕生日とか、お祝い事の日とか、お客さんが来たときには、近所の寿司屋から出前をとっていました。最近では、近所の寿司屋さんともお付き合いがなくなりました。
 近所のスーパーで買ってきてすますことも多いですね。昨日は、いわゆるデリバリー寿司をとりました。このデリバリー寿司、ポイントはその安さでしょう。特上クラスでも、一人前2000円弱です。ネタもそれなりで、まあ満足できます。昔からの寿司屋と、デリバリー寿司、どのあたりが違うのでしょうか。握りの技術は、差がありそうですが、そのあたりは私のレベルではわかりません(笑)。こんどは、寿司屋さんからとってみますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

仙台茶豆の季節

 初夏だというのに、一向に気温が上がらない仙台ですが、八百屋さんの店頭には、仙台茶豆が並び始めました。東京あたりだと、ほとんど馴染みがない仙台茶豆ですが、こちらでは、夏の食卓を彩る一品です。
 特にビール好きにとっては、欠かせないものですね。茹でると微妙な甘みがあって、美味しいです。ただ、まだ身がちょっと小さいし、値段も高めです。

Img_7497

 また、八百屋さんには空豆も並んでいました。春には愛媛とか遠方のものでしたが、いまは岩手のもの。これも、いい感じの食べ頃です。ついついいっぱい買い込んでしまいました。でも、一人なので、ちょっと後悔しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/09

増田屋の「たぬき丼」

 昨日で長かった「本作り」のスクーリングも終わりました。さて、大学は吉祥寺の駅から歩いて15分くらいの住宅街の中にあります。隣には法政一高がありますが、近くにコンビニさえありません。昼食は、(他に店がないので)近くにあるそば屋に3日連続でいってしまいました。屋号は「増田屋」。東京ではたまに見かけるそば屋です。小学校の同級生の家が増田屋です。ここは、のれん分けなんですかね。
 さて吉祥寺の増田屋は、庶民的(?)な雰囲気。お品書きはそば、うどん類に、きしめん、ラーメン、カレー、丼などかなりの数が揃っています。ここで、1日目はかつ丼セット、2日目は親子丼セットと丼物セット(丼とそば)を食べましたが、吉祥寺最終日の昨日は、お品書きで気になっていた「たぬき丼セット」を頼んでみました。

Tanukidon

「たぬき丼」って、あんまり見かけないですよね。運ばれてきた一品は、予想通り揚げ玉の玉子とじをしたものでした。なんか、不思議な食感です。揚げ玉がぐにゅっとなって、玉子にとじ込まれてます。これなら、玉子丼のほうがいいかも。
 このたぬき丼、どこにもあるものなのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/27

「そうめん」と「冷や麦」の違いとは?

 会社帰りに「紅花そうめん」というのを見つけました。以前、紅花蕎麦を山形で買ってきましたが、そうめんもあれんですね。紅花って、どんなものか調べていて、山形の県花は紅花というのをはじめて知りました。
 さて、この紅花そうめん、紅花の紅が練り込まれたそうめんと、白いそうめんが束ねられています。さっそく茹でてみました。

Img_7445

 細い麺は、美味しいです。前から疑問に思っていたのですが、そうめんと冷や麦の違いは何でしょう? 乾麺類の日本農林規格(JAS)によると、麺の太さで区分しています。でも、これ以外にも、原料、製法も違うようです。
 また、これも疑問だったのですが、冷や麦って私のルールでは水を張った器にいれて供するものですが、ひょっとしてざるそばみたいにしてだすやり方もあるのでしょうか。
 そうめんと冷や麦、極めると論文がかけそうです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/07

ラーメン「富士屋」の本店

 昨日は、ちょっと仕事があり大崎市(旧古川ですね)に行くことに。昼時だったので、ラーメンで有名な「富士屋」によってみました。この店の支店(といっていいのか)が仙台のうちのすぐそばにあります。そこは、なかなかの繁盛店で、美味しいラーメンを味わえます。この本店が古川にあるとはきいていたのですが、なかなかいく機会はありませんでした。
 店はそんなに大きな構えではありませんが、店内はお客さんで賑わっています。さて、注文したのはチャーシューワンタンメンの大盛り。(食べ過ぎかも)

Img_7372
 
 基本に忠実なラーメンです。ゆで玉子が特徴でしょうか。ワンタンもいいです。なんか、心がやすらぐ一杯でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/06/06

歴史がありそうなとんかつ屋:亜希

 青森に仕事で行き始めてはや4年目。昨日、昼過ぎに青森駅に着き、食事にふと思いつき、ある店に。青森に来始めてからずっと気になっていながら、入ったことのない店に。とんかつ、ステーキの『亜希』です。
 なにせ、店構えがこんな感じ。

Img_7361

 かなり歴史がありそう。暖簾の文字は、「希亜」と右から左に書いてあります。看板はこれです。

Img_7360

 単に古いだけ、って気もしますが。さて、肝心の料理は・・・。ロースカツ定食(1100円)を頼んでみました。

Img_7365

 味噌味のソースが付いてきて、これが微妙に美味しい。極めてまっとうなとんかつです。こんどは、夜きてみますか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/01

横手やきそば、再び

 昨日は、仕事で横手へ。昼御飯に、地元の方が横手やきそばの店に連れて行ってくれました。最近はB級グルメとして名をあげているこのやきそば。昨年、県立近代美術館をみにきたとき食べて以来2回目。行ったのは「藤春食堂」という店。ちょっとみると、ふつうの民家のようです。

Fuziharu


 さて注文したのは「特製やきそば」(600円)。このやきそば、大きな豚のばら肉がはいっています。

Yokoteyakisoba

 以前食べたときは、もうひとつピンとこなかったのですが、この店のやきそばは、美味しい。ソースの味が、甘辛く絶妙です。これなら、しばしば食べてもいいな、と思わせてくれる一品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/31

鶴岡で「開運丼」を満喫

 昨日は仕事で山形・鶴岡へ。仙台からはクルマで2時間半ほどかかります。この街は、はじめて行ったのですが、風情を感じられるいい街です。着いたのはちょうど昼飯時。土地勘は全然なく、街中にある『寿しの長三郎』なる寿司屋にはいってみました。
 さて、ここのランチメニューは「開運丼」という一品のみ。でもこの開運丼が、ただ者ではではありません。丼のバイキングです。なんのことかわからないですよね。まず、丼のご飯の量から「特大」(1500円)「大」(1200円)「小」(900円)から選びます(海老の味噌汁付き)そのあと、10種以上のネタを、1回限りですが、盛りたいだけ丼に取れます。
 こんな感じ(サイズは特大)。ただ、ちょっとアングルが悪く魚があまり見えませんが、めいっぱい盛ってます。
魚介の種類だけで10種以上あります。

Img_7349

 日本海でとれた魚介類でしょうか。どれも新鮮で旨みがある上質なものばかり。これで、1500円は安い。鶴岡の街はいいですね。

寿しの長三郎WEB
また、ご参考までにここもみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/23

米沢ラーメンは、シンプル

Img_7190b 昨日は、米沢へ。上杉博物館で「洛中洛外図」の原本を見に行きました(詳しいことはここで)。高速バスで、仙台から約2時間。上杉神社は桜が満開でした。
 さて、昼ご飯は、博物館のそばにあるラーメン屋「愛染らーめん」へ。米沢ラーメンですね。

Img_7188

 中華そばの大盛り。これがすごい量。麺は2玉分はありそう。ちょっとびっくり。このラーメン、至ってシンプル。醤油味のスープに、細い縮れ麺。チャーシュー、メンマ、海苔、それにナルトが2切れ。素朴な味わいが、とてもいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/20

秋田といえば

 昨日から仕事で秋田へ。千秋公園の桜が開花し、花見はこれから。さて、秋田の夜の楽しみといえば、いくつも美味しいものが思い浮かびます。酒好きには、楽しみなものが揃います。秋田初心者は、ついつい名物を食べたがります。昨晩は、はたはたの塩焼き。

Hatahata


比内地鶏のつくね。地鶏の玉子付き。

Tukune


 あと、きりたんぽ、とんぶり、いぶりがっこ、それに稲庭うどんなど、いろいろありますけど、さすが食べられませんでした。ほんと、観光客状態ですね(笑)。仙台にきた人が、牛タンたべたがるのと同じでしょう。食材豊富な、秋田の夜です。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/16

ラーメン二郎系?

 久しぶりにラーメン二郎のラーメンが食べたくなりましたが、さてどこへいくか。三田の本店は、とんでもない行列だし、わざわざいくのも大変。ちょうど通りがかった、神田に店があったので寄ってみました。でも、インターネットで調べてみると、ここはラーメン二郎の支店ではないようです。旧ラーメン二郎のフーズ系(?)とか。
 でもオーダーの「やさいダブル、ニンニク」なんてのは通用するのので、二郎スタイルですか。

Ramen_zirou_edited1

 頼んだのは大盛り、チャーシュー入り(900円)。なかなかのお値段ですね。二郎のラーメンと比べると、あっさりめ。いづれにせよ、独特のラーメンです。

☆いまやWikipediaにも項目があります。ラーメン二郎。これが詳しい。またこんなWEBもあります、情報が詳しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/13

東屋のエビカツ丼

 盛岡の蕎麦屋「東屋」は、わんこそばの有名店です。しかし、この店にいくときは、だいたい丼を食べます。特製カツ丼が一押しのようですが、この日は「エビカツ丼」を試してみました。

Img_7100

 エビカツと、エビフライが玉子でとじられ、カツとフライのそれぞれの味が違い、かなり面白い味わいの一品。もちろんお蕎麦つき。このお店には、これ以外にもいろいろ美味しそうなメニューがあります。楽しい蕎麦屋さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/06

ころも屋礼文の天丼

 仙台の一番町、東一市場のそばにある天ぷら屋「ころも屋礼文」。確か、昨年できた新しい店だと思いますが、最近この店のランチにちょっと凝ってます。カウンターだけの天ぷら屋なのですが、昼時には天丼がメニューの中心です。この日は、えび天丼(1000円)を頼んでみました。

Img_7079

 えびは5本に、魚、野菜、のりなど、注文してから揚げてくれる天ぷらがいっぱいのっている豪華な天丼です。熱々で美味。このほか天丼(700円)、ほたて天丼、上天丼などに加えて、いくら丼もあります。
 ネットで調べてみるとこのお店、ラーメンの山頭火をやっている会社が運営しているようですが、いまのところ仙台にしかありません。夜のメニューもお手軽な値段で楽しめるようです。

ころも屋礼文:仙台市青葉区一番町4丁目6番15号 金丸ビル1階

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/04

珍しい激辛の塩鮭

 いきつけの(?)エスパルキッチンの松やで、ちょっと面白いものを買ってきました。パッケージに「激辛」と書かれた紅鮭です。早速、夕食に焼いてみました。見るからに塩辛そう。

Img_7062

 ちょっと食べただけで、塩辛さが口の中に広がります。ご飯のおかずにしたのですが、一切れの半分を食べるのがやっとです。これだけ塩分が高いと、体にはよくなさそう。
 昔(私が小さいころ)、塩鮭といえば、こんな塩辛さのものだけだった気がします。いつの間にか、塩辛さがマイルドになってしまいました。ちょっと昔を思い出させる味でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/21

白龍のじゃじゃ麺を家で味わう

 昨日、仕事で盛岡へ。仕事を終えて、駅の地下で、白龍(パイロン)のじゃじゃ麺をみつけ、最後の1パックだったので、思わず買ってしまいました。このパイロン、盛岡名物じゃじゃ麺の元祖のお店とか。以前、お店でも食べましたが、この持ち帰りパックは、売りきれていることも多い。(お店の記事はこちら
 早速、うちで夕食につくってみました。肉みそがかなり個性的で、美味しいです。

Img_7029

 でも、このじゃじゃ麺、どの店でもなぜかきゅうりの切ったのがのっています。その流儀に従い、千切りきゅうりとネギをのせてみました。肉みそと麺をからめて、そこの酢、ニンニクをちょっと入れてたべると、なんともいえない味わい。不思議な食感ですね。
 食べ終わったあと、卵を割りおとし、麺のゆで汁で割ったちーたんもいただきました。

Img_7032

 家でも、名店の味が楽しめる一品です。(通販もしているようです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/15

ベーグルの美味しさ

 実はベーグル好きです。でも、ここ仙台でベーグルを味わえる店は多くはありません。仙台駅の地下に、昨年ベーグルの店ができました。また、三越のデパ地下にもできてます。東京とか、いっぱいお店がありますよね。こんなサイトを見つけました。
 昨日、仙台駅の地下でベーグルを買ってきました。朝食に、ベーコン、レタス、卵とタマネギをマヨネーズと和えたものをはさんでいただきました。美味しいですよ。

Img_7011

 仙台にも、もっとベーグルショップができるといいんですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/09

グランプリ受賞の駅弁

 先日、出張にでた際、時間がなく昼飯に駅弁を買いました。普段は、駅弁は高めなので、仙台駅なら地下の食品街で弁当を買って新幹線に乗り込むことが多い。駅弁を買ったもう一つの理由は、お目当ての駅弁があったからです。新幹線の車内誌「トランヴェール」で紹介されていた『南三陸 海宝弁当』(1000円)が美味しそうで、食べてみたいと思っていたからです。
 この『南三陸 海宝弁当』は第1回みやぎOrara駅弁コンテストでグランプリを受賞した一般公募の作品です。肝心のお弁当は、これです。

Img_6998

 はらこ飯と、牡蛎飯、それに穴子飯が一気に味わえる豪華版です。宮城の食材を使ったお弁当。かなり楽しめます。この駅弁、3月末までの限定販売だそう。はやめにお試しください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/03/04

長野といえば

 昨日、日帰りで長野市までいってきました。目的はここです。(詳しい鑑賞記はこちらをご覧ください)でも、長野といったら、善光寺しょう。以前、仕事で月に2,3回は長野に通っていた時期がありました。
 ちょうど、昼前についたので、まずは蕎麦。駅前にある「油や」という蕎麦屋に、よく入っていたので、久しぶりにいってみました。
 ここの名物は『戸隠おろしそば』。

Aburaya21

冷たいそばに、おろし、揚げ玉、なめこ、のり、さやエンドウなどがかています。ひれカツ丼(ソースカツ丼)とのセットをいただきました。久しぶりの信州蕎麦でした。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/08

いわし明太、って食べたことありますか?

 仙台駅のエスパルキッチン、魚屋のまつやで面白いものを見つけ、買ってきました。「いわし明太」です。知ってましたか? いわしに明太子を挟み込んだ一品。どうやって作ったのか、ちょっとわかりませんが、焼き上げるとなんともいい味。いわしの風味と、明太子の辛さが絡み合い、ご飯によく合います。特に大根おろしと一緒に食べると、辛さがまろやかになって、いい感じ。

Img_6849

 いわし明太、この歳ではじめて食べたのですが、実は有名らしい。ネットで検索すると、通販サイトがいっぱいでてきます。特に、明太子の産地、博多で多く作られているようです。
 ちょっと病みつきになりそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/01/29

新種の「だし」

 昨晩、東京から仙台に戻り。帰り際、ダイエーによって食料品を仕入れ。食品の棚で「だし」を見つけました。このだしは山形の食べ物です。以前、「尾花沢のだしっ」を紹介しましたが、これはちょっと違います。
 
Img_6804

 なめこ入りの「だし」です。すごくねばねばしています(当然ですが)。豆腐にのっけて食べると、これがすごく美味。お酒にも合います。飲んだくれオヤジにはうれしい一品です。

Img_6807

 東京のスーパーでも、このだしを見かけます。ひょっとするとブームになるかもしれません(ほんとか?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

美しい「シャモそば」

 郡山で、仕事の途中でラーメン屋に。地元に詳しいひとに連れて行ってもらったのは「三善」というお店。支那そば 三善という看板があがっています。昼時は、かなりの賑わいです。お品書きの中から、「シャモそば」(945円)を注文。

Img_6708

 しばらくして供されたラーメン。彩りがバランスよく、見た目が美しいラーメンです。シャモ、チャーシュー、ほうれん草、玉子、海苔、しなちく、ネギが綺麗の盛られ、ほんと美味しそう。麺は細めの縮れ。鶏だしのスープのいい感じです。
 久しぶりに、美味しい中華そばを食べました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/16

カップの川口納豆

 巷ではちょっとした納豆ブームのようです。会社の人が、「スーパーには高い納豆しか残ってなかった」と嘆いていました。納豆は、まえからよく食べています。でも、ダイエットに効果があったとは思えないですね・・・。
 昨日、会社帰りにいつものエスパルキッチンのジュピターで、納豆はあるかな、とみてみました。ここは、ちょっと有名な「川口納豆」が置いてあります。納豆は、まだありました。それも、面白いものを発見。川口納豆のカップタイプ。ここは、三つ折り納豆が名物で、古風な商品を守っている製造者です。最近は商品を拡大していましたが、カップ納豆を作っているとは。ただ、3個入りで166円とちょっと高めです。

Img_6698

 Img_6702 ここの納豆は、たれとからしはついていなかったのですが、このカップ納豆はたれ、からし付きです。ちょっと大粒の納豆を、炊きたてのご飯でいただきました。相変わらずの美味しさ。有名な納豆屋さんも、マーケットに対応しなければ生き延びていけなのかもしれません。

以前の川口納豆の記事:「村松博士製法の川口納豆」「川口納豆が増えている?」


☆2007年1月16日(火)15:00~1月17日(水)15:00の約24時間 ココログのメンテナンスが行われます。コメント、トラックバックができなくなります。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007/01/11

「龍上海」のカップ麺

 Img_6640 先日、日清食品の創業者・安藤さんが亡くなりました。子どものころ、出前一丁にお世話になりました。体にも良くはないので、最近はカップ麺はほとんど食べませんね。最近、セブンイレブンで売っている「龍上海」のカップ麺は、思わず買ってました。
「龍上海」は山形の有名なラーメン屋で、味噌ラーメンが一押し。辛味噌がのっていて、これを混ぜながら食べると、独特の辛みが美味しいです。以前、お店に行きました。(この記事
 カップ麺は、鰹だしのきいた味噌スープ。辛味噌は別パックでついていて、お湯を注いで出来上がり後、入れて食べます。カップ麺ながら、かなりの味を再現しています。今のところ、東北地区限定の発売らしいですが、また食べたくなる味ではあります。

Img_6646

セブンイレブンのニュースリリース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

山形の「三津屋」は上品なそば処

 久しぶりに山形に仕事でいってきました。今年はほんと雪が少ないですね。山形市内だと路肩にちょこっと雪が残っているだけです。一月としては、暖かいし、ほんと暖冬です。
 山形名物の蕎麦を食べてきました。はじめていく「三津屋」というお店。山形駅前では、庄司屋とならんで有名菜蕎麦屋さん。名物はもちろん板そばなのですが、量も多いので「割子そば」にしてみました。五つが重ねのそばの器と五つの薬味(とろろ、なめこおろし、納豆、のり、山菜)が供されるもの。いろいろな味が楽しめます。
 この店の蕎麦は、山形で一般的な太い田舎そばタイプよりちょっと細めの、上品なそばです。こんどは、名物の板そばを楽しみたいものです。

Mituya
(携帯写真のため、画がちょっと粗いです)
三津屋WEB

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/12/28

ソースカツ丼再び

 会津に行ってきました。昼ご飯はこれです。

Img_6613

十文字屋の「磐梯かつ丼」(1000円)。すごいです。
☆十文字屋:福島県会津若松市河東町郡山字村東15-3

続きを読む "ソースカツ丼再び"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/11

木村屋総本店の銀座カレーパン

 最近、東京から仙台に戻るのは、日曜の夜が多いです。月曜の朝早くは、この時期まだ暗く、寒いので・・・・(夜でも同じかもしれない)。いつもよりちょっと早めの夕食をとってm夜の7時前にうちを出て、新幹線「はやて・こまち」の最終(20:04発)で帰るパターン。
 このごろは、東京駅に向かう途中に銀座によって、繁華街の空気をすって帰るのが習慣になってます。パンの「木村屋総本店」と本屋の「教文館」に一瞬立ち寄り。昨日は、木村屋で銀座ベイクドカレーを買って帰りました。ほどよい辛さのカレーパンです。あんパンで有名な店ですが、ほかのパンもいけます。癖になりそうです。

Img_6490


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/22

会津の超大盛り「ソースカツ丼」

 昨日は仕事で、会津の田島へ。福島県の会津若松はソースカツ丼が名物。なかでも、超大盛りが有名な店が何軒かあることを、仕事先の方から教えていただました。その中の一軒、『むらい食堂』へ。「ひれかつどん」(1050円)を注文。
 
Dsc00017

 ソースがべったりついた分厚いヒレカツが5枚、キャベツをひいたご飯の上にのってます。いやはや、すごい迫力です。ひとくちカツを食べてみます。ソースの味が強烈です。カツの味がよく分からないかも。
 この店の人気は、実は「ロースかつどん」。これは、ヒレカツより分厚いロースカツがどんと鎮座しているもの。注文すると、「揚げるのに15分から20分かかりますが、いいですか?」ときかれる代物です。
 また、これだけべったりソースがついているのに、足りない人用に、テーブルの上にはソースがたっぷり入ったカメが置いてあります。これ使う人、いるんでしょうか?

 Dsc00016

 このむらい食堂以外にも、迫力物のカツ丼を味わえる店は、何軒もあるようです。会津若松、おそるべしです。

☆むらい食堂:住所:会津若松市門田町大字中野字屋敷107-1   tel 0242-26-1037

★ブログ「会津主義」さんの記事には、むらい食堂3種が紹介されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/21

酸っぱい林檎

 Img_6376仙台にいると東北各地の果物が味わえます。この時期は、林檎が美味しいです。林檎といえば青森が有名ですが、山形、福島、岩手のものも個性があり、魅力的です。でも、最近の林檎は、やたら甘いものが増えました。密入りだったりして、スイートな味。これはこれでいいのですが、私は酸っぱい林檎が好きです。品種で言うと「紅玉」。これが、手に入りにくい。先日、仙台朝市で、果物屋いたがきの片隅のひそっり売っているのを見つけて買ってきました。
 岩手産です。 酸味がちょっと懐かしい林檎の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/17

木村屋総本店のあんぱん

 一昨日の夜、東京から仙台に帰るとき、ちょっと電車を乗り間違え、日比谷線にいくはずが、なぜか渋谷に。幸い、ちょっとだけ時間に余裕があったので、地下鉄で銀座までいって、そこから有楽町へ歩いて、東京駅にいくことにしました。
 銀座の本屋「教文館」で芸術新潮を買った後、「木村屋総本店」に。ここ、久しぶりです。この店はなんといっても、あんぱんですね。ふだんはあんぱんなど買わないのですが、思わず3個も買ってしまいました。

Img_6208

 白あんぱんと、クリームぱん、ジャムぱんです。朝、白あんぱんを食べましたが、表面のごまと白あんが美味しいです。さすが、老舗の味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/11

「あじさい」の味噌拉麺

 札幌に仕事でいっていました。夕刻、新千歳空港で夕食。らーめん道場にある『あじさい』へ。ここは函館塩ラーメンの有名店ですが、空港内の店はメニューが前より増えたかもしれません(なにせ3年振りくらい)。
 味噌拉麺を食べてみました。

Img_6138

 具がたっぷりはいって、ボリュームがあります。味噌スープも、まろやかで美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

吉野家の牛丼を食べてみた

 吉野家で先月、一日だけ牛丼が販売された日は、まさに大騒ぎでした。ちょうど11時前に店の前を通ったら、ものすごい行列でした。とても並ぼうなんて気にはなりません。今月1日から今日まで、今度は5日間の「吉野家牛丼祭」で、牛丼が販売されます。
 昨日、昼飯の時にふと思い出して、仙台駅の東口にある店にいったみました。12時ちちょっと前でしたが、並ばずに入れました。吉野家、年に数回しか行かないので、ほんと久しぶり。さっそく「並」と「半熟玉子」を注文。

Dsc00160

 食べてみると、ふつうの牛丼ですね。ただ、肉の量が、ちょっと少ない気がしましたが、気のせいか。
 
 牛肉の輸入禁止以降。吉野家はまったく違った形態の店になってしまいました。メニューも増えましたが、吉野家で是非、食べたい、とういう気持ちは沸かなくなりました。今後、どうなっていくのでしょう。また、同じように輸入禁止の影響を受けた仙台の牛タン屋は、どうなっているのか。これも気になります。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/09/22

いぶりがっこ、味わい深い漬け物

 秋田の名物のひとつ、「いぶりがっこ」を買ってきました。漬物ですが、作り方が独特。その昔は、大根を囲炉裏の天井につるして、燻製にして、そのあと、糠漬けにしたもの。いまは囲炉裏は使わないようですが、燻製にしたものの漬物というのが、珍しいと思いますね。
 ぐっと歯触りがあり、噛みごたえがある漬物。お酒にあいます。

 Img_59762

でも、ひとりで食べると、しばらくかかりそうな量をかいこんでしまいました。どうしよう。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/09/12

今日の一麺

「行列のできる店のラーメン 仙台鶏豚辛みそスープ」を食べてみました。

Img_5666


 スープはとんこつのこってりさと、鶏のあっさりさが入り交じりあい、そこに唐辛子の辛さがからまった微妙な味わい。こんなスープのラーメン、仙台ではどこの店で食べられるんでしょうかね。

全国発売らしい→ココ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/09

盛岡で「めんこい横町」を堪能

 きのうは岩手で仕事。昼頃、盛岡駅について、さて昼飯は・・・。冷麺、じゃじゃ麺といきたいとこですが、時間がないので、駅そばの「めんこい横町」にある「らーめんの千草」でワンタン麺+とりめし。

Img_5620

 千草は久しぶり。ここのラーメンは、鶏だしでさっぱり。麺は細い縮れ。ワンタン麺は初めて食べましたが、いけます。本店は久慈にありますが、地元の人に言わせると「ラーメン博物館に出店してから、味が落ちたね」とか。

 仕事を終え、盛岡駅に戻りました。新幹線の発車時間まで30分くらいしかない。またまた「めんこい横町」へ。ここにある「立ち呑み えびすけ」へ。こんなとこに、立ち呑みがあるんなんて。まえから気になっていたんですが。
 まずは、基本の生ビールともつ煮込み。これがいけます。

Img_5623

 ビールを飲み干したあとは、地酒の浜千鳥のワンカップ。酒に詳しい方ならご存じの浜千鳥、そのワンカップ!です。

Img_5626

 楽しく、盛岡の夜を過ごして、仙台に帰りました。

めんこい横町はココ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/07

今日の一麺

コンビニで発見。新発売らしい。

Img_5613

日清のカップ麺「行列のできる店のラーメン 仙台鶏豚辛みそスープ」です。これって全国発売でしょうか。まだ食べていませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/09/06

今晩の一品

 宮城、岩出山町・佐藤農場の茶豆。豆は小振りですが、甘みがあり、美味。ビールにぴったり。

Img_5590


Img_5597

ここみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/09/01

ふたつの皿うどんの不思議

 長崎の中華街にちゃんぽん、皿うどんを食べに。典型的な観光客なので、ガイドブックを片手に、有名な中華料理屋へ入りました。「江山楼」というお店。ここは、「王さんのちゃんぽん」、「王さんの皿うどん」が有名なよう。豪華な具が入った美味しい麺です。長崎の皿うどんって、麺が細麺(ぱりぱり麺)と太麺(柔らかい麺)の2種類あるんです。久しぶりに食べて、思い出しました。
 この頃は、各地で皿うどんが手軽に食べられます。チェーン店の「リンガーハット」、ここは残念ながら仙台にはありません。この店のメニューにはいつの間にか加わったようですが、本場の皿うどんには、細麺と太麺があること。皿うどんというと、ぱりぱり麺のイメージですが、太麺皿うどんもかなりいけます。私はこちらのほうが好きです。やはり本場かな、とも思ったりしました。

「王さんの皿うどん」の太麺(上)と細麺。具は同じ。

Img_5533   Img_5535

坂の街、長崎のミュージアム情報は→ Beautiful Noiseへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/08/08

川口納豆が増えている?

 Natto昨日に引き続き、食べ物の話題を。一年ほど前に紹介した宮城県栗原の「川口納豆」。『大粒三つ折』納豆が名物らしいのですが、先日藤崎デパートにいったら、みなれぬ種類がありました。『ひきわり』納豆、これ前からあったかな。大粒が売りなのに、ひきわりとは、新たな展開でしょうか。また、『大粒三つ折』にも「ミニ」がありました。ひとり暮らしには、ミニサイズは、いいです。
「尾花沢のだしっ」とあわせて食べてみましたが、ご飯が進みます。この川口納豆、以前は十字屋デパートで買ったいのですが、閉店してまい、近場で買える店は、藤崎くらいらしい。もうすこし、気軽に買えるといいのですが。

Natto2

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/08/07

やっと食べました「尾花沢のだしっ」

 Dsc00134人気があり、品薄との噂をきいていた「尾花沢のだしっ」を、近所のOKスーパーで見つけて買ってきました。かなり前に、仙台駅のエスパルの地下で売っていたのですが、店が変わって手に入らなくなり、かなりたちます。
 これ、山形の尾花沢市の尾花沢食品(単純な屋号ですね)がつくっている郷土漬物です。地元野菜のきゅうり、みょうが、ししとう、なす、ねぎ、大葉と昆布を刻み、唐辛子を加えたもの。細かく刻んだ野菜が、美味しそう。パッケージには、ご飯、豆腐、納豆に、とあります。ご飯にかけて食べると、さっぱりして、ほんと食が進みます。冷や奴にのせたら、醤油などいらず、ほどよい味加減になります。
 暑い夏の食事には、ぴったりの「だしっ」です。

Dsc00137

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2006/08/04

肉のない、「冷たい肉そば」

 昨日は、予想外のことがありました。壊れていたデジカメが、修理完了して届いているはずなのに、まだでした。それと、もうひとつの想定外。会社の帰りに、久しぶりにデパートの藤崎に。ここのデパ地下は。一昔前の雰囲気が漂います。そこで見つけた「山形名物  冷たい肉そば」。生そばのパックです。梅雨があけ、暑い仙台では、冷たいそばが食べたくなりますね。買ってきました。
 家に帰り。早速そばを茹でます。そばつゆを水で薄め、「ん・・・、肉は?」。ありません。肝心の肉は付いてないのです(泣)。じゃー、「冷たい肉そば」」なんて名乗るなよ。
 できあがった蕎麦は、美味しいです、悔しいけど。

Dsc00130

 冷たい肉そばの美味しさのポイントは、つゆにあるんですね。ふつうのそばつゆよりかなり甘めでです。これが、鶏肉と微妙に調和して、美味しさを醸し出してるいるんです。こんどは、肉を用意して、つくってみますよ。

本物の冷たい肉そば

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/25

困ったときの缶詰頼み

 先日、家に帰って一杯やろうと冷蔵庫をのぞいたら、ほとんど酒の肴がありません。最近忙しくて、まともに買い物をしていないので、在庫を切らしてました(笑)。どうしたものかと悩んでいると、ふと思いついたのは、以前買っておいた「缶詰」。
 スーパーで100均一のものを、買ってあったのです。食べたのは、「さけ味付け」。ほどよい具合に調理され、おつまみには合格です。
 最近、巷では缶詰がちょっと流行しているよう。ちょっと前のニュースでは「缶詰バー」みたいな店を取り上げていました。缶詰といえば、私たちの世代には、子供の頃お歳暮なでもらい、いつもストックされていたことが、懐かしく思い出されます。そのころは、缶詰もちょっとっしたご馳走だった気がします。
 いまは、ほんと気軽な値段で買えます。食料がないときに、頼りになる一品です。

Img_5398

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/16

迫力たっぷり「満来」のチャーシューメン

 昨日は大学のスクーリングで新宿に。今回のスクーリングは予想したほどハードではなく、昼飯をゆっくりとる時間がありました。思い出して、西口のラーメン屋「満来(ばんらい)」に。ここ、ほんと久しぶり。ゆうに10年以上は来ていないでしょう。
 ラーメン、ざるラーメンと並んで、チャーシューメンが名物。チャーシューがもの凄い大きさです。厚さ3センチはあるでしょうか。

Bannrai
チャーシューメン:1300円

麺を食べるというより、チャーシューと格闘している感じ。麺は、平打ちの縮れ。スープはちょっと脂っぽい醤油味。チャーシューも、値段も迫力ものの、新宿名物ラーメンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/08

煮干しと醤油スープの津軽ラーメン

 秋田から帰って、こんどは青森へ。昼に久しぶりに地元のラーメンを食べてみました。地元の方につれられて行ったのが「華丸ラーメン」。ここは市の中心部からちょっと離れていますが、人気店のよう。午後一時半過ぎにもかかわらず、お客さんで店内は賑わっています。頼んだのは、ラーメン大にチャーシュー入り(730円)。

Hanamaru

 煮干しのだし味に、かなり醤油がきいたスープ。麺は細めのちぢれ麺。これが、いわゆる津軽ラーメン。シンプルでストレートなラーメンです。
 この「華丸ラーメン」、青森市の中心部にある有名なラーメン屋「くどう」の姉妹店だとか。東京あたりでは味わえない個性的な一杯です。

華丸ラーメン:青森市大字八ツ役字芦谷231-3 017-739-7730 (午後6時までの営業です)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006/07/05

ちょっと美味、ドライソーセージ入りちくわ

 青森に仕事でいった帰り、駅の売店でつい買ってしまうものがあります。「ドライソーセージ入りちくわ」です。ちくわの中に、ドライソーセージが入っているだけの、ちくわが入っているだけのものなんですが、これがなかなかいいんですね。
Img_5260

 夕方、青森で仕事を終え、仙台まで2時間半以上の旅のお供に、ぴったりです。仕事帰りながら、直帰のときはついビールで一杯。このおつまみには、とてもいいんです。
 これ、青森、八戸など青森県でしか見かけません。どこにでもありそうで、希少な一品かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/03

愛しのハニーローストピーナッツ

 かなり前から、酒のつまみにかかせないものが、「ハニーローストピーナッツ」。これ、文字通り、ローストしたピーナッツに砂糖をまぶしたもの。

Hnney_roast

 いかにも体に良くなさそうなものですが、これが食べ出すととまらなくなってしまいます。一時は、ほんとに夢中になっていたのですが、最近は熱も収まってきました。
 このハニーローストピーナッツ、国産のものはなく、ほとんどアメリカからの輸入物。外国ものが多い高級系スーパーや、お酒のディスカウンターで売っていますが、値段がまちまち。いま、うちに在庫しているのは、ストライクイーグルというブランド(?)のもので、一個297円。店によっては500円くらいするものも。
 ちょっとマイナーな一品ですが、私にとっては欠かせないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/28

ピンクと緑の冷や麦

 仙台もやっと初夏らしい気候になってきました。昼間はちょっと蒸し暑さを感じます。(東京よりいいですが)昨日、夕食は、今シーズン初めての冷や麦にしてみました。「揖保乃糸」の冷や麦がお気に入り。コシがあって美味しいです。それに、これ白い麺に混じって、ピンクと緑のが入っています。

Img_5308

 子どもの頃、このピンクとか、水色とか色のついた冷や麦を食べるに熱中したことを思い出しました。最近は、スーパーなどで売っている冷や麦は、いろのついた麺がはいっているのは少ない気がしますが、どうでしょう。
 いまの子どもは、こんなことに喜ばないのかな、とふと思ったりもします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/06/26

鳥屋さんで買う焼き鳥

 東京の実家のそば、自由が丘商店街の入り口に、子どもの頃からやっている鶏肉専門店があります。そこの店頭で、夕方から焼き鳥を焼きはじめます。これが、もうすごくそそるんです。前を通ると、ふらふらと買ってしまいます。

Yakitori

 ねぎま、ししとう、皮、つくね、レバ、どれも材料がいいせいから、すごく美味しい。
 最昨日この焼き鳥を食べてから、仙台に帰ってきました。近は、デパートにいけばオサレな焼き鳥もありますが、やはり、いいのは店頭で焼いているやつがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/23

ラーメン二郎ワールド

Img_5289

おお豚+煮玉子+野菜ダブルトッピング 900円

 この前、仕事で東京にいったとき久しぶりに「ラーメン二郎」の品川店にいきました。大学のとき、講義にもでず、よく三田の店に通ったのですが、当時は変わったラーメン屋でした。それから25年、ラーメン二郎は増殖し、独自の世界をつくっている感があります。「おお豚に野菜ダブル」はラーメン二郎言語です。不思議なラーメンワールド。
 しかし、このラーメンはすごいです。昼間に食べると、もう夕ご飯が欲しくないほど、胃にきます。オジサンは年に一回くらい食べるのがよさそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/06/15

仙台の純連

ラーメンの「純連」といえば、札幌では有名なお店。3,4ヶ月前に、この仙台店が開店。仕事でよく前を通るのですが、いつもすごい行列。この前、やっといってみました。時間をわざとはずしていってみました。予想外にすんなり入れました。ここの名物は、もちろん味噌ラーメン。

Img_5257

 姉妹店「すみれ」には、小樽でいったことがあるのですが、純連の味噌ラーメンははじめて。独特な味のラーメンですね。一言でいえば、濃いラーメン。味噌の濃度が高いスープと、太い麺。この味わいは、すみれの味噌ラーメンと同じ感じです。
 確かに美味しいとは思いますが、かなり個性的なラーメンではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/07

にらなんばんラーメンの「宝介」

 岩手にも個性的なラーメン屋がいくつもあるようです。北上に仕事でいったとき、「宝介(ほうすけ)」という店に入ってみました。この店、岩手ではいくつもあるいわゆるチェーン店らしいのですが、目玉は「ニラなんばんラーメン」。豚骨スープのラーメンに、ニラキムチ(ニラなんばん)と白菜キムチを入れてたべるもの。スープはこってりとあっさりを選べ、この日はこってりを食べてみました。

Img_5233

 仙台でニラなんばんラーメンといえば、木町通りの「こんしゅう」を思い出しますが、ここ宝介のものは、ちょっとこってり度が高い気がします。
 こってりスープと麺、そして2種のキムチが絡み合って、美味ではありますが、カロリーも高そうだし、たまにたべるほうが良さそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/06/03

有楽町で、コロッケそば

 昨夜、東京に戻ってきました。帰宅途中、有楽町の駅でふらふらと立ち食いそばの店に。ここ、かなり前から駅のそばにある「後楽そば」は、再開発のせいで、ガード下に移転。もう何年も入っていないのを思い出しました。
 「コロッケそば」を見つけ、注文。

Korokkesoba
コロッケそば340円。ネギがいれ放題なんで大盛(?)

 冷静に味わうと、やはりちょっと変な感じ。独特の味わいですね。仙台の立ち食いそばにはあったかな? 最近のおオサレな立ち食いそば屋では、あまり見かけなくなったコロッケそばは、ちょっと新鮮でした。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/05/20

もう、さくらんぼの季節

 仙台の果物屋「いたがき」で、さくらんぼを見かけました。さくらんぼの季節は6月から7月。まだ本格的な季節にはちょっと早いですが、赤い果実は、魅力的です。ちょっと高いですが、ふらふらと買ってしまいました。

Sakuranbo

 まだ、さくらんぼの甘く、酸っぱい独特の味は、ちょっと薄い感じ。しかし、初夏を感じるさくらんぼです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/10

鶏が基本、らーめんの千草

 盛岡駅の地下道にある「らーめんの千草」。地元の人から、岩手の久慈に本店があり、美味しいと教えていただいた店。なかなかいく機会がなかったのですが、やっといけました。
 お品書きをみると、基本のラーメンから、チャーシュー麺、わんたん麺など、豊富な品揃えです。迷ったあげく、「もやしらーめん」(750円)を注文。

 ここのらーめんは、スープがとる材料が鶏だけというのが特徴。当然、スープは、あっさりの醤油味。具は、チャーシュー、メンマですが、このチャーシューも鶏。また細かく刻んだ鶏肉がスープに入っていて、これが美味。もやしも、味付けがされていて、麺とからんで、いい感じです。
 一時期、新横浜のラーメン博物館にも出店していたようです。場所は、ちょっと見過ごしてしまいそうなところにありますが、なかなかのラーメン屋さんです。

Img_5093


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/05/01

江古田、居酒屋で昼飯の快楽

 昨日、息子の学校の文化祭で、江古田まで。確か、昨秋にいった以来、久しぶり。この江古田という街、学生街らしい独特の雰囲気があります。午前中、文化祭にあわせた保護者総会にでて、そのあと文化祭を見学。子供の部活動の発表をみて、あと物理部、化学部、生物部などの部屋をのぞいてみました。美大生のオジサンには、ちょっと理解不能で、早々と学校を退散。
 ちょうど昼飯時、選んだ店は「お志ど里」。この店、基本は大衆割烹、いわばこてこての居酒屋です。でも、昼の11時半から営業、定食もあります。
 席について頼んだのは、肉じゃが定食。こんなんです。

Oshidori

 これで、税込み682円。
 お客さんは、というと若者も、中年もオヤジもいます。オヤジ達は、休みですし、昼まっからビール飲んでます。
 ちょっと、楽しい店ですね。

※江古田駅のそばです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/28

まめ王国の「でん六」、ご存じですか?

 最近、「おつまみ系お菓子」にはまってます。こんな呼び名が正しいのかわからないのですが、小さい袋にあられ、豆などのいろんなバリエーションがはいったもの。要はこんなやつです。

Img_5073

 このお菓子、『北海の味』とネーミングされたもので、小さな袋に9種ものあられ、豆、スナックなどが入ってます。ちょっと口寂しいときとか、酒のつまみにいいです。
 このたぐいのお菓子、亀田製菓が大手のようですが、ここ東北には山形に「でん六」というメーカーがあり、スーパーでは、でん六製もいろんな種類のものがあります。この会社は「豆を究め、喜びを創る」が社の方針みたい。
ウェブ

またウェブのタイトルは「でん六 まめ王国」です。このページをみると、なかなか深い。漫画家の赤塚不二夫さんもこの会社のCMにかかっていたらしいです。
 まめ王国、探検のしがいがありそうです。

まめ王国ウェブ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/15

郡山にある大勝軒の分店

 池袋にラーメンの名店「大勝軒」があります。かれこれ20年も前に、一度だけ訪れたことがあります。当事もすごい行列でした。今は、2時間、3時間待ちは当たり前のようです。(この記事をみてください
 このラーメン屋さん、「つけそば」が名物。一般にはつけ麺といわれているものですが、この大勝軒が発祥だとか。この店の分店が、郡山にあります。それもどうやら2軒あります。仕事で郡山にいったので、よってみました。
 
Taisyouken
つけそば:小盛650円

 麺とスープのセット。麺にはのりがトッピング。スープは甘さと辛さがほどよく調和して、それにほのかな酸味。刻んだチャーシューと、メンマ、煮卵、のり、ねぎになるとが入って、麺を引き立てます。
 約20年ぶりに食べた大勝軒のつけそば、美味でした。

大勝軒郡山分店:郡山市朝日2-11-13 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/03/29

会津若松のソースカツ丼と、中華そば

 きのうは仕事で会津若松へ。あわただしく日帰りですが、仙台からの道のりは、かなり遠いです。郡山まで新幹線で50分弱。そこから磐越西線の快速で、70分弱。
 仕事のタイミングで、昼飯が3時頃になってしまいました。地元の方につれられていったのがラーメン屋の「めでたいや」。楽しい屋号ですね。会津若松といえば、喜多方と並び、ラーメンが有名。また、この地区に生息しているソースカツ丼もあります。
 この店では、なんと両方がメニューにあり、うれしい限り。お品書きに「ミニソースカツ丼」と「大名カツ丼」とういのがあります。地元の方によると、大名カツ丼は、ものすごいボリュームだとか。お店の方のアドバイスに従って、「中華そば(しょう油)+ミニカツ丼」を欲張って頼んでみました。
 まずはミニソースカツ丼が塗り物の器にはいって登場。ふたをとると「えー、これがミニ」と驚くボリュームです。ご飯の上に、キャベツ、その上のどーんと存在感のあるカツがのっています。カツには滴るようにソースがつけられてます。ソースは、甘過ぎもせず、辛すぎもぜず、ちょうどいい味。

Img_4960

 続いて、中華そばがきました。この店の売りのしょう油味です。ラーメンには、チャーシュー、ネギ、メンマに、懐かしいなるとかまぼこがのってます。麺は、太めの縮れ。スープは魚だしのきいた、ややこってりなもの。スープと麺がよくマッチして、かなり美味です。この中華そばも、かなりのボリュームです。大盛にしないでよかった。

Img_4964

 これだけの重量メニューで、ミニカツ丼525円、中華そば525円、計1050円という安さ!
この「めでたいや」、会津若松でも有名店だそうです。ラーメン屋さんながら、二階建ての大店舗。いったのが3時頃でしたから、そんな混んでいませんでしたが、昼時は大行列らしい。
 会津若松名物を楽しみ、満足です(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/24

二層のスープが不思議、福島・丸信

 福島にアート見学にいった帰り、福島駅前でラーメン屋に立ち寄ってみました。福島県のラーメンといえば、喜多方、白河、そして郡山と各地に美味しい店があります。しかし、福島市のラーメンがあまり印象が薄かったです。この日は、ネットで調べたちょっと気になる駅のそばにある「丸信」という店にはいってみました。
 ネットでは、ここのおすすめは醤油チャーシューメンらしので、それを注文。で、でてきたのは、ちょっとみると塩ラーメンのよう。

IMG_4930

 このラーメン、スープが二層構造になっていて、醤油ダレは底の沈んでいて、その上にダシスープがのっています。これを、かき混ぜて食べてもいいし、そのままスープから食べてもいいらしい。麺に上にのるチャーシューが、柔らかく美味しいです。麺は、平打ちの縮れ麺。
 ちょっと不思議なラーメンですが、いいですよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/20

八戸で食べる「いちご煮丼」

 先週、八戸にいったとき、駅に近いレストランで見つけたのが「いちご煮丼」。いちご煮、って知ってますか。八戸地方で昔から親しまれていた、うにとあわびの吸物です。なんとも豪華な一品ですね。「いちご煮丼」は、これを丼にしちゃったもの。うにとあわびを、卵とじにして、ご飯に乗っけた、これも豪華版丼です。

IMG_4920

 うに、あわびが素材の丼は、上品な味わいそのものです。うに、あわびに卵がからんで、あっさりしながら、魚介の濃厚さも味わえる、ちゅっと不思議な丼です。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/02/24

青森「ふく郎」、再び

 久しぶりに青森に泊まりの出張でした。この街には、美味しい魚介が味わえる居酒屋がいくつもあります。以前、このブログで紹介した「ふく郎」に久しぶりにいきました。店は多くのお客さんで賑わっていました。ここは、刺身、煮物、焼き物などシンプルな料理ながら、素材の良さを楽しめるものがそろっています。
 寒いこの季節は、やはり刺身が美味しいです。まずは「油目の刺身」を頼んでみました。油目は、一般的にはあいなめとしてなじみがある魚ですね。

IMG_4812

 しこしこした歯ごたえのある、新鮮な刺身です。また、このあたりはイカもいいです。ヤリイカの刺身です。

IMG_4814

 これも、新鮮で食べごたえのあるイカです。
 この店では、お酒も地酒がそろっていて、この日は幻の名酒「田酒」の山廃をいただきました。冬の青森は、酒と魚が似合います。

ふく郎:青森市安方1-10 (ホテルJALシティのそばです)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/23

わんこそばの東屋の「特製カツ丼」

盛岡といえばわんこそばを思い出します(花巻が発祥らしいですが)。わんこそばの店として有名な「東屋」にいってました。とはいっても、仕事途中ですので、わんこそばにチャレンジとはいきません。地元の方に「美味しいよ」と教えていただいたカツ丼を注文してみました。お品書きには「特製カツ丼」とあります。

IMG_4809
特製カツ丼:930円

かなり肉厚のカツが、玉子でとじられて、ボリュームたっぷりです。半熟状態の玉子が、いい感じ。これに、美味しいミニそばがつきます。
この東屋、サービスも気持ちよく、さらに美味しく食事ができます。おすすめのお店です。

東屋WEB

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/17

八戸の「二色丼」と「せんべい汁」

八戸へ仕事で行ってきました。とんぼ返りだったので、八戸駅前で昼食。入ったのは駅に直結しているホテルメッツの中のお店で、「いかめしや ほうりん」です。
昼のランチメニューから頼んだのは「二食丼とせんべい汁」のセット。

IMG_4765
二食丼+せんべい汁に小鉢2つで1180円

二食丼というと、イクラとウニの二食丼を思い出しますが、ここのは「めかぶととろろの二食丼」です。それに、この地区で有名な「せんべい汁」がつきます。この汁は、白菜、人参、シメジなどは入った汁に南部せんべいをいれて煮込んであるもの。南部せんべいは汁専用の「おつゆせんべい」とか呼ばれるものですね。
このセット、あっさりしていながら、暖かい汁で、寒いこの季節にはいいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/15

けっこうお気に入り、セブンイレブンの焼き鳥

焼き鳥好きの私です。会社帰りに行きつけの仙台駅地下の「日本一」で焼き鳥を買っていくことも多いですが、帰りが遅くなったりすると、セブンイレブンに寄ります。ここの焼き鳥、なかなかいけます。ほかのコンビニだと唐揚げとか、フライドポテトが多いのですが、セブンは焼き鳥が充実(?)。
昨日も晩酌の肴に、3本ばかり買って帰りました。

IMG_4767

「焼き鳥串」、「焼きつくね串」(各105円)そして「豚串」(170円)です。値段の割には、ボリュームがあり、酒のお供には充分すぎます。
しばしば品切れしているのが、ちょっと残念。酒飲みには欠かせない一品かもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/11

仙台市博物館の「三の丸ボックス」

昨日は仙台城址あたりで仕事。昼時になり、食事をしに、仙台市博物館の中にあり「レストラン三の丸」にいってみました。「三の丸」とは、博物館が仙台城の三に丸跡に位置することからつけられたようです。このレストラン、博物館の2階にあり、窓からの眺めは仙台市街が広がり、素敵です。
メニューに「三の丸ボックス」というのがあり、ちょっとかわいいネーミングにひかれ、頼んでみました。

IMG_4746

塗りの器の入っているのは、サラダ、豚生姜焼きがのったご飯、海老フライとポテトサラダ。味噌汁つき。なかなかボリュームがある洋風お弁当です。これで1000円。
わざわざ足を運んでも、損はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

「火山」という名のラーメン屋

仙台のラーメンファンには有名な「ラーメン国技場」のすぐ向かい側に、一風かわったラーメン屋さんがあります。その名も「石焼きらーめん火山」。以前から入ろうと思っていたのですが、この店夜しかやっていないので、なかなか入る機会がありません。先日、やっと入ってみました。

なにせ、ネーミングが火山です。どんなラーメンがでてくるんでしょう。「石焼き味噌らーめん」を注文してみました。しばらくして出てきたのは、熱くなった石鍋に入ったラーメンとたっぷりの野菜。そこのスープを注ぐと、「ジャー」とすごい音がして、スープが沸騰します。

IMG_4615

30秒くらいたったら、食べられます。人参、もやし、キャベツ、豚肉など豊富な具がいっていて、ボリューム感たっぷりです。これに小ライスがついてくるので、ラーメンと一緒に食べてもいいし、最後にそうすいにしてもいいです。
寒い冬には、おすすめです。

石焼きラーメン火山:仙台市青葉区国分町2-5-10

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/01/25

札幌「欅」の味噌ラーメン

札幌経由で、函館まで仕事にいってきました。札幌に1泊、函館に1泊の出張です。札幌は、来月初めから「雪まつり」がはじまりますが、それまでは観光的にはオフシーズン。宿泊した全日空ホテルは、朝食付きで1泊5000円と超ディスカウントです。
札幌についたのが、夜の8時ころ。ひとり旅なので、すすきののチェーンの居酒屋で一杯飲んだあと、ラーメンでもIMG_4654
食べるか、とおもいつつ、ふと見ると「欅」が。ここ、いつも長蛇の行列で有名なラーメン屋さん。でも、4,5人しか並んでません。思わず列の最後のつきました。3年ほど前、夏にきたとき1時間以上ならんだ記憶があります。でも、この日は、15分くらいで席につけました。まあ、こんな雪で、零下の気温の中を、長時間は並べませんよね。
この「欅」は、確かラーメン博物館にも入ってる味噌ラーメン専門店です。頼んだのは、味噌バターコーンラーメン。

IMG_4656

具にはキャベツ、キクラゲ、挽肉などを炒めたものがのり、その上に白髭ねぎがトッピング。かなりお腹にぐっとくるラーメンです。美味しいですね。私には好みの味です。寒い札幌で、暖かいラーメンはいいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/01/21

女子大生のアイディアでつくった駅弁

今週は実家に帰京です。帰りの新幹線に乗る前に、久しぶりに駅弁屋さんをのぞいてみました。暫く食べていなかったせいか、いつのまにやら「新製品」が登場しています。そのなかで気になったのが「仙山芭蕉めぐり」。芭蕉、というのが引っかかって、買ってしまいました。

basyobento1

かなりの豪華版です。せっかくですから(?)「おしながき」を紹介しますね。
・三陸産若布(わかめ)と山形県六浄豆腐の酢の物
・仙台名産笹蒲鉾梅肉のせ
・生麩の牛肉巻
・牡蠣と帆立のチーズ焼き
・紫蘇巻き胡麻揚げ
・卵焼き
・秋鮭の柚香焼き
・菊の胡麻和え
・煮物盛り合わせ
紅花寿司
・山形名物おみ漬け
・仙台名物小茄子漬け

美味しそうでしょ。この駅弁は、松尾芭蕉が訪れた仙台・山形地域をイメージしてつくったもの。また、宮城学院女子大と宮城大学の学生さんが、アイディアを提供してつくられました。弁当のパッケージには、2人の女子大生の名前が書かれています。

basyobento2

値段は1200円とちょっと高めですが、ユニークな味が楽しめる駅弁です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/19

「こうしゅう」の大トロチャーシュー

仙台の我が家のそばにも、ラーメン屋さんが数多くあります。いろいろな店にいって、開拓せねばと思ってもついいつもの店にいくことが多い私です。この前の週末、久しぶりに仙台ですごしたので、メディアテークの帰りに「こうしゅう」にふらふらといってしまいました。
ご存じの方も多いでしょうが、ここは「にらなんばんらーめん」が名物です。とんこつベースのスープに、太麺。ここの白菜キムチとニラキムチを、自由に入れて食べるシステム。とんこつスープと、なんばんの辛さが、すごく合います。
味もこってり、あっさりを選べますが、いつもいけないとおもいつつ、こってり味を選んでしまいます。それに限定の「「大トロチャーシュー」のオプションを頼んでみました。このチャーシューが、かなりのボリューム。ちょっと堅めのチャーシューです。なかなかの迫力もので、癖になりそうです。

IMG_4607

こうしゅう:仙台市青葉区木町通1-2-18


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/13

セブンの「豆のサラダ」が復活です

IMG_4588昨日、セブンイレブンにいったら思いがけいものに再会しました。「豆のサラダ」です。ちっちゃいカップに入った、豆とコーンがドレッシングで和えられたサラダです。ショーケースには「新発売」ってありました。でも、これ以前よく買っていました。仙台でも売っていたんですよ。知ってますか?
一昨年、この「豆のサラダ」がセブンイレブンの店頭から突然消えました。その時の顛末をこのブログにまで書いたんです。東京では売っているんですが、久しく仙台では店頭には並んでいませんでした。
このサラダ、独り者にはほどよいサイズ。酒の肴、朝ごはんの一品にと、とてもいいです。豆なので、ヘルシーですし。豆のサラダの復活、ちょっとうれしいです。

IMG_4592


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/12

辛い〜、南蛮味噌漬け

仙台の名物、牛タン。これを店で注文すると、必ず添えられるのが「南蛮味噌漬け」です。この南蛮とは唐辛子のこと。この唐辛子を味噌でつけたのもで、独特の味わいです。
唐辛子が丸ごとですから、そのまま食べると辛いです。この前、お土産に買ってみたのですが、さくがに家族は手をだしません。私も、酒の肴にいいかな、と思っていたのですが、実際食べてみると、辛すぎて肴にはなりにくいですね。やはり、ご飯と一緒に食べるのがいいみたいです。
でも、なぜこの南蛮味噌漬けが、牛タンと一緒にだされるんでしょうか。牛タンと一緒に食べると、確かに美味しい。不思議な一品です。

IMG_4464

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/07

個性的な龍上海の「赤湯から味噌ラーメン」

先日仕事で山形に行ったときに、会社の後輩(彼は山形出身)が「美味しい味噌ラーメンたべませんか」と連れていってくれた店が「龍上海」ここは「赤湯味噌ラーメン」が有名らしいです。さっそく大盛りを注文。

karamiso-ramen

赤湯から味噌ラーメン:700円(大盛り900円)

ラーメンの真ん中に辛味噌が乗ってます。これを味噌スープに溶かして、食べるのがポイントですね。このほか、キャベツ、ニラ、ねぎ、メンマ、チャーシューがトッピングされてます。麺は太い、縮れ麺。ラーメンのスープは、かなり油が乗っていて、辛味噌と太麺の三重唱で、かなりのボリューム。でも、美味しいですよ。

「龍上海」は山形県の赤湯本店など、県内に7店舗あります(私は山形駅そばの店にいきました)ネットで調べてみたら、先月から新横浜の「ラーメン博物館」にも出店していて、なかなか人気店のようです。
ぜひ、お試しください。

龍上海WEB

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/05

銀座で、担々麺

うちの会社は、今日が仕事始め。昨日の夜、東京から仙台へ。お節にも飽きたので、家族と銀座にでも出ようと思ったのですが、息子が部活と塾で外出。残念ながら、夕方ひとりで東京駅に。あらかじめ買ってあった新幹線が19時ちょっと前のものだったので、腹ごしらえに銀座で途中下車。ふと思い立って、以前よくいった数寄屋橋の「支那麺 はしご」にいってみました。久し振りです。
ここ「支那麺」と名乗ってますが、おすすめは担々麺です。メニューをみると、担々麺は「普通、中辛、大辛」が選べます。前は、辛さ選べたかな?中辛を選んでみました。

IMG_4547

酸味がきいた独特の味に細麺は、相変わらずの美味しさです。中辛といってもそんなに辛く感じません。
寒い夜に、体が温まる一杯です。

☆「支那麺 はしご」 銀座・数寄屋橋の東芝ビルの地下です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/21

カレーライスと、ライスカレー

この前みた映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の中で、小雪さん(役名は覚えてませんが)が「ライスカレ作ってあげる」といって、みんなで美味しそうに食べているシーンがありました。これを見てて、『前はライスカレーて、いってたな』と懐かしくなり、カレーを久しぶりに作りました。(ちなみに単身者は、カレーはめったに作りませんね。5皿分とかできても、食べきれないし)
ところで、カレーライスとライスカレーは、違うものなんでしょうか?昔は、ライスカレーって呼んでいましたね。うちの母などは、いまだライスカレー派かも。
ライスカレーの材料といえば、ジャガイモ、人参、タマネギ、そして豚のバラ肉でしょうか。本来はSBのカレー粉を使って作るのが正統かもしれませんが、手を抜いて市販のカレールーで作りました。最近の高級カレールーでは、ジャガイモとか使わないレシピもあったりしますが、昔ながらのカレーは、やはりジャガイモ、人参は必須でしょう。
久しぶりに自作のカレーを食べました。ちょっとだけ、「ライスカレー」の味がしました。

IMG_4398

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/12/17

月山の黒米入りうどん

仙台駅のエスパル地下で、ちょっと変わったうどんを見つけました。「月山黒米うどん」です。これは山形県産の古代米・黒米と小麦でつくられたうどんです。うどんといいつつ、麺の色、太さは蕎麦のようです。色は蕎麦よりちょっと紫がかった感じ。
5分ほど茹でて、盛りうどんにしてみました。

IMG_4374

食感はこしがあり、しっかりした歯ごたえで美味しいです。最近はマクロビオティックがブームとか。この黒米うどんも、マクロビな食品になるのでしょうか?
このうどんは山形県の玉谷製麺所のもの。おすすめです。

玉谷製麺所WEB

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/12/15

らーめん香月の撤退と、麺屋 喜多郎

20年以上前、東京は明治通り沿い、恵比寿と渋谷の間に「香月(かづき)」というラーメン屋があり、人気店でした。当時では珍しい背脂を使ったラーメンを食べた印象は強烈でした。この香月が、その後恵比寿駅近くの現在の店舗に移転。そこでは、いつも大行列の人気店でした。でも、最近はどうなんしょうか?
仙台の一番町にあった「香月」がいつの間にか撤退していました。夜、何回か行きましたがいつもお客さんは少なかったから、しようがないかもしれません。今週、仕事で五反田を通りかかったとき「ここの香月があったはず」と探してみましたが、ありませんでした。どうやらここも撤退したようです。
仙台の「香月」のあとには、「麺屋 喜多郎」という店が入っていました。昼時にいったのですが、かなり繁盛していました。注文したのは蔵出し合わせ味噌らーめん。あっさり味とこってり味から選べます。こってり味を選んだのですが、野菜たっぷりでしつこさはなく美味しいです。ただ、麺がちょっと弱い感じ。

IMG_4321

私の好みは、香月のほうかな。なぜあの味が、仙台に人には人気がなかったんでしょうか。ひょっとしたら、はやりの味ではなかったのかもしれません。ラーメン屋が、人気を持ち続けるのは、難しいことですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/08

チキンラーメンの戦略にはまってしまいました

先週末、東京の実家にかえったときに、女房が手に入れていた「チキンラーメン&土鍋セット」。仙台でもコンビニで見かけたので買ってしまいました。この土鍋セット、日清食品のWEBをみると、生産遅れで発売延期になっていたんですね。十分な生産量が確保できなかったんでしょうか。
この土鍋セットを手に入れたことで、うちにはチキンラーメンの食器が3つになってしまいました。

IMG_4308

「マグカップ」、「どんぶり」そして「土鍋」です。まんまとチキンラーメンの罠にはまってしまったようです。最初のマグカップはチキンラーメンミニ用だったのですが、どんぶり、土鍋はレギュラーサイズ。どれもひよこちゃんキャラがついていてかわいいです。
私はあまりインスタントラーメンを食べる習慣がないので、実はこの3点、まだ一回も使っていません。単なるコレクションになってます。ちょっともったいないかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005/11/27

「ちばき屋」のランチセット

仙台駅の東口にラーメン屋「ちばき屋」があります。この店、東京の本店は、有名な店らしいですね。仙台の店は、かなり目立たないところにあり、行列ができるというほどではありません。
昨日、昼飯に久し振りにいってみました。ここは細麺、あっさり醤油の「支那そば」が基本メニュー。ランチには、セットメニューがあります。前来たときにはなかった「支那そば+炙り焼豚寿司」のセットがあります。この炙り焼豚寿司にひかれて、注文。
炙り焼豚寿司は、ご飯を焼豚で巻いた押し寿司ふう。味のバランスがよく、美味。支那そばとよくあいます。この炙り焼豚寿司は、持ち帰りでも販売しています。ラーメン屋らしからぬ一品です。

IMG_4241

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/11/17

味噌らーめん好きにおすすめ:味噌蔵 壱麺

昼御飯に急にラーメンが食べたくなって、会社のそばの味噌ラーメン専門の店にいってみました。「味噌蔵 壱麺」です。この店、表通りに面していないのですが、昼時は繁盛しています。
この店のラーメンはあっさりの白味噌ラーメンと、こってりの赤みそラーメンがメイン。あとつけ麺もあります。注文したのは、こってりの赤味噌ラーメンと餃子です。
餃子は、口に運ぶと、肉汁がじわっとでてきます。

icimen_gyoza

おすすめ赤味噌ラーメンは、正統派の味噌です。そんなこってりでもありません。

ichimen

これからの季節には、暖まる味噌ラーメンがいいですね。

味噌蔵壱麺:仙台市宮城野区榴岡3-7-16


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/02

カップ麺になった郡山「味噌屋」のラーメン

昨日は郡山で仕事。帰りにラーメンが食べたくなって、駅前の「らーめん工房Petit味噌屋」へ。以前にも紹介しましたが、ここは、味噌ラーメン専門店「らーめん工房味噌屋」の姉妹店。店のイチオシは「味噌屋ラーメン」ですが、昨日は「白こく味噌ラーメン」を食べてみました。

IMG_4011

これは福島の大豆などを原料とした十割糀味噌を基本としたラーメン。しつこくなく、しかし深みがある味わいの白味噌ラーメンです。ラーメンには、たっぷりもやしとネギ、味付け玉子などがのっていて、美味。
IMG_4012この「味噌屋」のラーメン、いまローソンでカップ麺になって販売されています。ローソンと日清食品の共同開発とか(248円)。早速買ってきたのですが、まだ食べてません。日清食品なので、美味しいのではと、ちょっと期待していますが、どうでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/10/28

デパ地下の牛タンメンチ

牛肉の輸入再開をいちばん気にしているのは、仙台の牛タン屋さんではないでしょうか?最近、会社の近くの『利久』にいったら、お昼の牛タン定食が、ふつうのタン塩焼きのものは1400円になっていました。以前は、確か1000円でしたね。
昨日、三越のデパ地下にあり『柿安ダイニング』には「粗挽き牛タンメンチカツ」が健在。このメンチ、中身がまさしく粗挽き肉の感覚で、牛タンの感覚が味わえる一品。

IMG_3969

1個、242円とちょっと高めですが、昨日は夜の7時半過ぎにいったので、2割引。仙台ならではのお総菜ですね。美味しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/26

仙台の、チェーン店のらーめん屋

仙台には、チェーン店を展開するらーめん屋さんが、いくつかあります。最近では、「一風堂」、「赤坂らーめん」が街中にできました。「一風堂」は最近も賑わっているんでしょうか?mackさんの情報では、「山岡屋」ができています。ここは、札幌にいくと、至る所でみかけるらーめん屋さんですね。また、札幌ラーメンといえば、「味の時計台」もあります。こIMG_3936
こはものすごい店舗があるチェーン店ですね。
私が最近気に入っているのが「らーめん初代一国堂」です。この店、2年くらい前に、札幌の薄野の店で食べていらい気に入ってます。店のホームページによると北海道意外だと、仙台と宇都宮しか店舗がないようです。「エビわんたん」がいいです。また、お昼のセットメニューもお得(らーめん+餃子3個+小鉢+麦飯+お新香で880円なり)。
東京では味わえない店なので、おすすめです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005/10/03

新米の季節になりました

IMG_3819宮城でも、新米が店の店頭に並びはじめました。今年の作柄はどうなんでしょう。いつもお米を買う「玄米や」で、「ササニシキ」を買ってきました。宮城県登米産です。このお店は、1kgからでも、精米してくれます。7分づきにしてもらいました。
さっそく、夕御飯に炊きあげました。しっとりした炊きあがりで、美味しそう。新鮮な魚介とあわせ、ミニ海鮮丼に。新米、美味しいです。食欲の秋を、実感しました。

IMG_3823

玄米や:仙台市青葉区中央3−5−14

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/09/24

早ゆで45秒の佐野ラーメン

sano_ramen1先週、栃木県の小山にいった帰りに、駅で佐野ラーメンを買いました。パッケージに「早ゆでコルト45秒」って描いてあります。はやゆでコルト?・・・、コルトって拳銃の名前だったですよね。確か連発できるタイプのもの。変なキャッチフレーズですね〜。
佐野ラーメンの特徴は青竹を使って麺を打つところ。縮れた平麺ですに、醤油スープのラーメンで、佐野市にはかなりの数のお店があります。

ともあれ45秒の佐野ラーメンを作ってみました。一般的にはラーメンのゆで時間は、3分位なので、45秒はあっという間です。すぐに完成。

sano_ramen2

あっさりして、美味しいです。
このラーメン屋さんのWEBには、作り方の動画もありました。通信販売もしています。ラーメン好きの方は、試されてはいかがでしょうか。

佐野ラーメン本舗WEB

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/09/17

古代米の石焼きビビンバ

仕事で盛岡へ。昨日、夜8時過ぎに終わり、盛岡駅前の「ぴょんぴょうん舎」で、夕飯しました。ここは、盛岡冷麺で有名ですが、本来は韓国料理の店。キムチ、ナムル、焼き肉など美味しく楽しめます。
生ビールでのどを潤し、焼き肉を堪能したあと、ちょっと変わったものを見つけたので、頼んでみました。「古代米の石焼きビビンバ」。古代米というもの、食べる機会があまりないですね。WEBで調べてみると、古代米とは、稲の原種である野生稲の特徴を受け継いでいる米で、黒米、赤米などの種類があるよう。

IMG_3744

石焼きビビンバのお米は、赤く炊きあがっています。お米に甘みがあって、具と混ぜて食べると、コクがあり、美味しいビビンバです。冷麺もいいですが、この古代米のビビンバもおすすめです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/09/16

めかぶにちょっと凝ってます

IMG_3728テレビのCMでやっているので知ったスナック「素彩咲く々(そざいさくさく) めかぶ」。めかぶがスナックに、とちょっと驚き。こんな地味な素材が、って感じです。

先日、めかぶそばのことにふれましたが、最近めかぶに凝ってます。この前、仙台駅前の「十字屋」で、新鮮なめかぶを買いました。ほんの200円くらいで、ひとりでは食べきれない量が買えます。2,3日、めかぶを食べ続けることになりました。
夕ご飯には「めかぶ+納豆」のねばねばご飯を楽しみました。

IMG_3719

めかぶ+とろろ、とかめかぶ+まぐろとか、いろんなバリエーションが楽しめそうです。そばにも、ご飯にもあうので、いいです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/09/03

吉野家、ソースカツ丼の不思議

最近、仕事で郡山に行く機会がよくあります。昼御飯、駅前の「吉野家」に。たまにしか入らないで、お品書きをみても珍しい物ばかり。その中で、ソースカツ丼を見つけたので、注文してみました。

yoshinoya_katudon

ご飯の上に、キャベツ、その上にカツがのってます。前、ここ郡山で食べたカツ丼と同じタイプですね。ソースがほどよくかかっていて、なかなかです。
この吉野家カツ丼、どこのお店でも食べられなかったはず。吉野家のWEBを調べてみて、ちょっとびっくり。福島県のお店は、全店でこのソースカツカツ丼が食べられる。でも、山梨、福井といったソースカツ丼生息県(?)では、食べられる店がない。どうでもいいことですが、ちょっと不思議です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/29

お気に入りのヨーグルト

朝食によくヨーグルトを食べます。なんか体にいい気がして、冷蔵庫に入っていることが多い。たいていはスーパーとか、コンビニで買うんですが、最近気に入っているヨーグルトがあります。「フロム蔵王ヨーグルト」です。このヨーグルト、何種類かあります。「仙台いちご」、「ブルーベリー」、「白桃&ラ・フランス」、「アップル&アロエ」、美味しそうでしょ。とくに蔵王がある宮城、山形のフルーツにこだわった仙台いちご、白桃&ラ・フランスは、おすすめです。
WEBで調べてみると、この「フロム蔵王」を作っている山田乳業は、ヨーグルト以外にも、美味しそうなものを、たくさん作っています。
私は、仙台駅の地下、エスパルキッチンで買います。お近くの方はぜひお試しを。

山田乳業WEB

IMG_3574

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/26

「めかぶそば」の分布度

東北地方を仕事で行き来していると、時間がないとき駅の立ち食い蕎麦屋に、たまにはいります。この地方の駅そばの特徴的なメニューに「めかぶそば」があります。めかぶ、わかめといった海藻類は、三陸の名産です。スーパーにいっても、売っているめかぶの種類は、東京などに比べて多い気がします。
この前、盛岡駅の立ち食い蕎麦屋「はやて」で、久しぶりめかぶそばを食べました。ヘルシーな感じで、いいです。このめかぶそば、東北地方では北は青森、南は郡山まで駅そばで見かけるんですが、なぜか仙台駅の駅そばにはないんです。(仙台駅には、改札の外だと、2階と3階にあります)なぜでしょう?市内にある立ち食いそば屋の「神田そば」にも確かなかったし。どうでもいいことですが、ちょっと不思議。

IMG_3564


| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/08/25

隠れ家のような焼き鳥のお店:火鳥

ときどきお邪魔する「ぶらっと! 仙台横丁」さんのブログで知った焼き鳥屋さんに、昨晩いってみました。「火鳥」(HINOTORI)お盆の前の金曜に、会社の同僚といったのですが、満席で入れませんでした。ちょっとびっくりしたのは、そのとき生ビールの無料券をもらったこと。なかなかの心遣いです。
場所は、三越の裏手の東一市場の向かい側です。以前紹介した「めしのかどや」の向かい側ビルの2階です。お店に入ると、ちょっと暗めで雰囲気があります。カウンター席に8人くらいと、テーブル席に8人くらい座れるかな。こぶりのお店です。
焼き鳥6本コースを注文。焼き方も、塩加減ほどよく、美味しいです。焼き鳥ながら、上品さが感じられる串が供されます。お酒は、日本酒、焼酎が中心ですが、珍しい銘柄が並びます。日本酒はほとんどが知らないものでした。雑誌KAPPOの最新号に掲載されています。マスターとお話したところでは、「あまり載りたくはなかったんですが・・・」とおっしゃってましたが。
1人でも、カップルでも、女性同士でも、気軽に焼き鳥が楽しめるお店ですね。

IMG_3565

火鳥:仙台市青葉区一番町4丁目6-15  022-267-0071

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/08/23

ニューウエーブ半田屋の価格破壊力

通勤経路に途中にあったどんぶりめしの「半田屋」がリニューアルオープン。これが、これまでの半田屋とはかなり違った店舗です。セルフサービスではなく、吉野家みたいにカウンターがあり、おねえさんが注文をとる形式。メニューから選ぶのですが、定食が中心です。180円、250円、350円の各定食。180円はジャンボコロッケ定食、納豆定食など。250円は唐揚げ定食、肉じゃが定食、野菜炒め定食、350円はハンバーグ定食、焼き魚定食など。また、ラーメン200円、そば、うどんは120円、カレーライス250円。どれも安いです。
セルフサービスの半田屋価格を、この店舗でも実現。この価格で、儲かるんでしょうか。びっくりです。

IMG_3562
野菜炒め定食:250円、納豆をつけても300円!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/08/14

ソースカツ丼の生息地は?

郡山に仕事でいった時、噂にきいていたものを見つけました。「ソースカツ重」です。この「ソースカツ重」ないし「ソースカツ丼」という食べ物、メジャーではありませんが、全国各地で生息しているようです。福島県では会津がその生息地らしい。郡山は会津に比較的近いので、食べられるよう。

souce_katu

ご飯の上に、キャベツがのり、その上にソースをかけたカツがのっているものです。独特の食べ物といっていいかもしれません。
以前、金沢に住んでいた頃、隣の県の福井によく仕事で行きました。この福井も、ソースカツ丼が標準の土地。有名なヨーロッパ軒お店のWEB)というお店があります。ここのソースカツ丼は、キャベツがなく、ご飯の上に、ソースをベースにしたたれに浸したカツがのっている、かなりディープなもの。最初はなんだこれって思いますが、慣れてくると離れられなく(笑)なります。
あと山梨など、ソースカツ丼が標準の土地は、いくつかあるようです。
ちょっと不思議な一品です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/13

山形もうひとつの名物:冷たい肉ぞば

今週は山形で仕事が多い週でした。おととい再び山形へ。地元の方が、昼ご飯に「冷たい肉そば」を食べられる蕎麦屋に連れて行ってくれました。この「冷たい肉そば」は、山形名物板そばほどは有名ではありませんが、山形通の間では、美味しいと評判で、前から一度食べてみたいと思っていました。本来は河北町が本場らしいのですが、いったのは山形市内のお店「蔵屋」です。おすすめの「肉そば」大盛り。

IMG_3488

ほどよくだしがきいたつゆに、太めの田舎そば。鶏を煮込んだものがのせられています。このだしとそば、そして鶏肉がよく合い、美味しいです。夏が暑い山形(確か最高気温の日本記録は、山形が保持しているはず)には、ぴったりの一品です。

続きを読む "山形もうひとつの名物:冷たい肉ぞば"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/08/11

築400年の民家で味わう山形・板そば

IMG_3478山形で久しぶりに仕事。昼食に、地元のひとがおすすめのそば屋に連れて行ってくれました。山形市内から蔵王にいく西蔵王高原ラインにはいる手前にある「三百坊」というお店。細い道を入って、およそ店がなさそうな場所にあります。
お店は、古い日本家屋。きけば築400年の民家を、移築してお店にしているのこと。メニューは山形名物・板そばとかき揚げだけです。お品書きには「坊板そば」というのがあり、これはそばを自家栽培、自家製粉した粉で、そばをうったもの。自分のお店で製粉するところは多いですが、自家栽培は珍しいです。ちょうど夏の新そばがでたところで、「坊板そば」と「かき揚げ」を頼みました。

坊板そば(夏新そば):1890円 、かき揚げ735円 IMG_3473

そば湯は、こんな古風なもので供されます。IMG_3475

板そばとしては、上品なそばです。新そばの風味も充分。
風情のある日本家屋の座敷に座ると、目の前には緑が広がり、心がゆったりします。できれば、仕事の合間ではなく、プライベートでいきたいと思いました。

三百坊:山形市土坂字荒屋敷453−2 電話023-633-3092 ※営業は昼間だけです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/08/09

ごまそばが美味しい「養生庵」

仙台も暑い日が続きます。暑い日には、やはり冷たい蕎麦が食べたくなり、先週末家のそばのそば屋さんへ。ここは「ごまそば」が売りの店。「養生庵」という、ちょっと風情のある名前です。
「ごまそば」は、蕎麦に黒胡麻を混ぜ込んで、うってあるもの。

IMG_3454

のどごしが爽やかなお蕎麦です。ここでは野菜天そば、じゃこ天そばなどがおすすめ。また、サイドメニューで、小さな牛丼、カレー丼、高菜ごはんなどもあり、メニュー選びも楽しい。
うちの近くの本町店と、仙台駅東口そばのMTビル(森ビル)にもお店があります。森ビルのお店は、会社のそばなので、昼ご飯に利用しています。
東京などに比べると、蕎麦屋さんの数が少ないの仙台では、貴重なお店かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/28

「なんばん」って、青とうがらし?ねぎ?

先週末、まえから気になっていたラーメン屋にいってみました。県庁のそばの「花やぐら」というお店。ここは「なんばんラーメン」が名物。仙台の街で、たまになんばんラーメンの店を見かけます。東京近辺だと、私の知ってる限り、なんばんラーメンが食べられる店はないです。
「みそ野菜ラーメン」のをたのんでみました。メニューには『なんばんとはねぎのことです』とあります。

hanakagura

ねぎがたっぷりのっていて、そこに一味唐辛子がかかっています。要はちょっと辛めのねぎ味噌ラーメンみたいな味です。スープはあっさりして、美味です。
ところでこの「なんばん」の意味なんですが、例えば「鴨なんばんそば」のなんばんはねぎですね。でも、仙台名物の牛タンに欠かせない付け合わせの「味噌なんばん」、このなんばんは青とうがらしですね。青とうがらしを味噌づけしたもの。なんばんの意味は、広いのでしょうか。

また、仙台で私がお気に入りのラーメン屋「こうしゅう」の「にらなんばんラーメン」。このにらなんばんは、にらキムチです。そうすると、「なんばん」の意味は・・・・?よくわからなくなってしまいました。どなたか教えてくださいな。

花やぐら:仙台市青葉区本町3-2-12

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/07/20

仙台にないチェーン居酒屋

IMG_3352おととい、東京から戻る夜に居酒屋「和民」に。居酒屋といっても、食事だけでも楽しめるようなメニュー構成になっていて、我が家などは子供もつれていってしまいます。
世の中にチェーンの居酒屋は、多々ありますよね。白木屋、魚民、天狗、つぼ八、北の家族・・・など、安心価格で楽しめます。時として若者で賑わっていて、異様に騒々しいこともありますが。先日、仙台で飲みにいく予定があり、東京でよくいく「和民」にいこうと思って探してみたら、なぜか宮城県には店舗がみあたらない。この和民、食材の管理が徹底していて、野菜は有機野菜の導入に積極的。また「白木屋」などをやっているモンテローザも有機野菜も導入しています。ただ、和民はワタミファームという専用農場を作ってます。(写真は有機野菜のサラダ)先日は、全面禁煙の店を東京にオープンさせ、話題になりました。
そんなこともあって、チェーン居酒屋の中では「和民」にいくことが多い。でも、なぜか仙台には店がない。その他のチェーン居酒屋は、だいたいあるのですが。ちょっと残念です。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/07/14

ほやの不思議な味

一昨日、同じ単身赴任の境遇でブログをされている「単身赴任医」さんと一杯。仙台駅で待ち合わせだったので、そのあたりで店をさがすことに。仙台駅の周辺って、意外と店がないような気がするんですが。
そこで、いつもいくとこが決まってしまいます。名掛丁の「大ばん」です。以前「仙台・幸町から写真日記」のsendai-saiwaiさんも取り上げていらしゃいましたが、落ち着いたいい店です。会社のメンバーともよくいくのですが、ある人のお薦めは「さば赤味噌煮」。仙台味噌を使って、いい味をだしてます。
仙台、宮城の地物にほやがあります。ちょっと珍味に近い、個性が強い海産物ですね。独特な風味で、新鮮なものは美味しいです。(新鮮じゃないのはダメですね)この日食べたほや酢もなかなかです。

IMG_3231

このほか、この時期はカツオの刺身も旨かったです。楽しい一夜でした。(単身赴任医さん、ありがとうございました)

大ばん:仙台市青葉区中央1−6−7

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2005/07/11

冷やし中華発祥の店にやっといきました!

仙台にある「龍亭」という北京料理のお店が、冷やし中華発祥の店ということ、ご存じですか?仙台の転勤になったときに買ったガイドブックで知り、そのうちいってみようと思っていたのですが、いかないままはや15ヶ月。昨日、いってみました。11時半開店とのことで、11時40分ころいったらすでに、先客が2組。どうも観光の方らしい。席についてメニューをみると「涼拌麺」(冷やし中華)があり、「ごまだれ」と「醤油だれ」の2種類。ごまだれを注文。
待っていると、まずはお皿に盛られた具が出てきました。錦糸卵、ロースハム、くらげ、蒸し鶏、きゅうり、チャーシューの6種。そしてすぐに麺が登場。麺には海老とレタスがのっています。
IMG_3229

具をどうしようかとちょっと迷いましたが、全部麺にのせました。かき混ぜて、麺を食べてみます。ごまだれが、まろやかで美味しい。麺はちょっと細めです。
さすが、元祖のお店と思わせる味です。でも1260円はちょっと高いかな。

龍亭WEB

| | コメント (18) | トラックバック (3)

2005/07/10

山形・庄内のアンデスメロン

IMG_3220昨日、また仙台朝市にいってきました。あいにくの雨でしたが、賑わっていました。この市場にいくと、季節を感じることができます。特に店頭の果物をみると、旬のものがいくつも並んでいます。
地元のもので、いま旬は「アンデスメロン」。山形・庄内砂丘でとれるもの。露地物のメロンでは、山形産は全国3位の出荷量とか。美味しそうなので、買ってみました。

IMG_3227

ちょっと小さなアンデスメロン。切ってみると果肉が、水気たっぷり。控えめな甘さが、口の中で広がり、美味。
このアンデスメロン、「いたがき」という店で買ったのですが2個で500円でした。他の店では3個600円なる安いのもありましたが、なにせ一人なので2個で十分。山形のアンデスメロンの旬は8月上旬までくらいらしい。短いですね。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005/07/09

小さいながら充実のめし処:かどや

IMG_3211一番町、三越のそばに「東一市場」というちょっと不思議なゾーンがあります。狭い路地に、バー、串揚げ屋などの飲食屋や、ペットショップ、フィギュアの店などが混然と並んでます。その中に「かどや」なるめし屋があります。以前から気になっていたのですが、今朝入ってみました。
店内は15人も入ればいっぱいの、小さな店。でも、カウンター、ケースにおかず、総菜などがたくさん並んでます。ざっとその種類は、50種以上。焼き魚、煮物、サラダ、小鉢類など選ぶのに迷います。品数は、仙台の名店「はんだや」より多いのでは。
IMG_3212迷った末、チョイスしたのは、「鮭」、「ラジウム卵」、「切り干し大根」とご飯(小)と味噌汁をつけて、640円。値段はほどほどですが、この品数の多さはちょっと驚きでした。
朝は、7時前からやっているようで、店内は徹夜明けの若者で賑わっていました。かなりディープなめし屋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/03

村松博士製法の川口納豆

東京の実家から「大井町のイトーヨーカドーで諸国うまいもの市をやっていて、そこに宮城県できいたことないものがあるよ」との情報が寄せられました。うまいもの市には、「榮太郎」の生どら焼き、「喜久水庵」の喜久水福、石巻市・「高重」の笹かま本焼きとチーズ入り、「甘仙堂」のくるみゆべしとごまゆべし、「川口」の三つ折納豆、「べこ正宗」の牛たん味噌と牛たん塩などがあるとか。
「高重」の笹かまも知らなかったですが、「川口」の三つ折納豆って?、宮城って、納豆で有名だったっけ?WEBで調べてみると、けっこう有名みたいです。正式(?)には。川口納豆という会社ですね。電話して「どこで売ってますか?」てきいたら「十字屋、藤崎で売ってます」とのことで買ってきました。

IMG_3194

赤いパッケージに白い文字で「なんといっても味はやっぱり川口納豆」。その横に「村松博士製法」とある・・・・?パッケージの説明によると、この村松博士とは盛岡高等農林学校(現岩手大)の教授だそう。
ともあれ、包みを開いてみます。

IMG_3197

このように、包みが三つ折りなんですね。
さっそく食べてみました。ちょっと大粒の納豆です。甘みがあって、すごく美味しいです。この川口納豆は国産大豆を原料としている。パッケージの説明によると、現在日本で国産大豆を原料としている納豆は10%程度しかないそう。確かにスーパーで買う納豆とは違います。
首都圏でも買えるところもあり、通信販売もしているので、納豆好きの方はぜひお試しください。

川口納豆WEB

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/06/29

宮城の地酒と、旬の料理がそろう店

IMG_3185昨日は久しぶりに飲みに出ました。仙台で飲み屋街が多いのは、もろろん国分町ですが、仙台駅のそばにもいい店があります。おすすめなのは、アーケード街、クリスロードそばの『自遊庵 ねぎぼうず』です。
この店は、旬の素材を使った料理が、かなり美味しいです。付き出しは、うにという豪華さ。これ、がせうに、っていうんでしょうか。こくと旨味があって、美味。
また、お品書きにも魅力的なものが並びます。例えば、昨日頼んだもののひとつ、「根曲がり竹」。小さな竹の子です。これを茹でてあるのを、塩をつけて食べると、いいです。

IMG_3188


また、ここは地元宮城県の地酒にこだわっていて、15種以上のお酒がそろっています。有名な「浦霞」、「一の蔵」や、飲んだことのない「夢幻」「宮寒梅」といったものまであり、全部試してみたくなります。

和風の店内ながら、ジャズがかかっていて、落ち着いて楽しめる店です。

自遊庵 ねぎぼうず:仙台市青葉区中央2-6-22  tel 022-262-4355 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/27

宅配ピザの楽しみ

単身赴任でできないことのひとつに、宅配ピザの注文があります。もちろん、頼めばデリバリー可能ですが、ひとりであのピザを食べ切れるわけはないし、食べ残すと「冷めたピザ」(これ、昔聞いたことがある単語だな)になり、当然美味しくない。
東京に帰って、久しぶりに宅配ピザをとってみました。ドミノピザです。1000円割引のクーポンがあったのでクアトロ・プライムというのを注文。4種類のピザが味わえるお得メニュー、楽しめました。

pizza

東京の家だと、宅配ピザ屋はいろいろ選べます。家にあったメニューをみてみるとドミノ、ピザーラ、ピザステーション、ピザハット。たまにしか注文しないので味の差はわかりません。(ひょっとしたら大差はない?)
仙台にはストロベリーコーンズというデリバリーピザがあり、よく新聞にメニューが入ってきます。東京にも店がありますが、仙台が本社のピザ屋さんのよう。お味はどうなのでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/06/25

はじめての大戸屋

IMG_3175ふだんは、もっぱら自炊派のため夕飯を外食するのは帰りが遅くなったり、飲みにいくときくらい。ファミレスにも、最近はほとんどいかなくなってしまいました。こんな私ですが(?)、先日ふと思いついて『大戸屋』にはいってみした。ご存じの方が多いと思いますが、いわゆる定食屋さんです。私のとっては、大戸屋初体験です。
これまで入ったことがない理由は「家で食べられるもの」をわざわざ店で食べることはないな、と思っていたからです。家族も、同じ感覚のようで、大戸屋のような定食屋には入りたがりません。
夜の7時ころだったのですが、店内を見渡すと、半分以上が女性。あと、年配のサラリーマンの方が一人で食事されたりもしています。でも、メニューはなかなか豊富で、いわゆる「家庭料理」を越えたものもあります。この日頼んだのは「キハダまぐろの梅しそかつ みぞれあんかけ定食」です。ボリューム感はほどほど、上品な味わい。メニューをみると、ご飯を小盛りにできたりします。この「ほどほどのボリューム感」が女性にはいいのでは。でも、うちの息子のような、食べ盛りの若者にはちと物足りないでしょう。
店内はきれいで、明るい内装。それに禁煙なのも、いいです。また、いってみようと思いました。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2005/06/13

吉祥寺で、松阪牛肉団子

昨日は、再び吉祥寺へ。用事が夕方終わり、駅周辺をぶらぶら。すると行列を発見。肉屋さんの前に列ができています。この行列は、どうも名物のメンチカツを買い求める松阪牛の肉屋さん「サトウ」に並ぶ列のよう。メンチカツは1個60円、確かに安い!
でも、並ぶ気はおこらず、すぐ買える「松坂牛肉団子」を買ってきました。

nikudango

かなり黒く揚げられた肉団子です。「松阪牛」というが、ちょっとそそられます。食べてみると、歯ごたえのある美味な肉団子です。
今度、機会があればぜひメンチカツをGETしたいです。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/06/11

ハモニカ横丁とハモニカキッチン

昨日は用事があり、東京の吉祥寺へ。夕方、雨が降る中、駅前の「ハモニカ横丁」に潜入しました。ハモニカ横丁は、狭い路地にたくさんの店がある、昔ながらの横丁。いろんな店がごちゃごちゃとあります。でも、なんでハモニカなんだろう。ハモニカといえば小沢昭一さんの歌を思い出してしまう私ですが。古いですね。
この横丁の一画に「ハモニカキッチン」という立ち飲みスペースのある店を発見。思わず立ち寄ってしまいました。店頭は7,8人も入ればいっぱい、の狭さ。早速、ビールと、煮込み、枝豆を注文。

hamonica

メニューは豊富。焼鳥、冷や奴の定番から、チーズ、生ハムといった洋風ものや、ピザのような本格的な料理まで多彩です。お酒もワインや焼酎、リキュール類まで、いろいろあります。
立ち飲み屋らしからぬ、おしゃれなお店です。また、寄ってみたい一軒。

☆ハモニカキッチンで楽しんだブログにTBさせていただきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/05/30

290円ラーメンの実力

巷ではラーメンファンは多いです。東京の繁華街を歩いていると、行列している店があったりします。私もラーメンは好きな方なので、このブログでもよく紹介したりしていますが、東京のように、行列している店に、並んでまで入る気はおきません。
昨日、新宿の街で290円ラーメンの店があったので、入ってみました。その店は「日高屋」。東京、埼玉など首都圏にあるチェーン店のようですね。1時をすぎていましたが、店内はほぼ満席です。
290円の「中華そば」、大盛りして頼んでみました。大盛りでも350円です。

hidakaya

ほどほどボリュームがあります。スープは、ちょっと化学調味料の味がしますが、そんなに気になりません。あっさりしたスープに、細麺。なかなかです。350円では、文句なしですね。
有名店のラーメンって、何故か高いですよね。ふつうのラーメンで六、七百円します。チャーシューメンとかだと、へたすると1000円近くしたりします。ラーメンの世界では、まだまだ価格競争が始まっていないようです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/05/28

東京の牛タン事情

negishi昨日、用事があって東京の新宿に。昼時、食事をするとこを探していたら目についたのが「新宿 ねぎし」この店は牛タンが名物の。昼に牛タン定食を食べたことを思い出しました。しかし、店頭のランチメニューには牛タンがありません「豚ロース焼き定食」、「牛グリル麦とろ定食」とか「豚旨辛焼き定食」など、前はあったはずの牛タン+麦とろのメニューが消えていました。

豚を使ったメニューが増え、ちょっと牛タンが売りの店らしくない感じ。やはり牛タンの原価が高騰しているのが原因なのでしょうね。メニューの構成も、かなり工夫がされています。店のWEBによると、通常のメニューには牛タン炭火焼き定食があるようですが、価格は1680円もします。牛タンは、いまや高級商品になってしまったのですね。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2005/05/27

ミルキーウエイと仙台ファミレス事情

仙台では、ファミレスに入ることはあまりありません。ファミリーレストランだから、1人では入るのは、ちょっと、というわけではないのですが・・・。仕事が遅くならなければ、夕飯は外食しないことにしているせいかもしれません。
先日、会社のそばにある「ミルキーウエイ」というファミレスに初めて入ってみました。このファミレス、東北ではよく見かけます。東京にはないのか、と調べてみたら東北一円と何故か栃木だけにある。かつてはスーパーのダイエー系だったようですが、いまは違うみたいですね。
この「ミルキーウエイ」は、ハンバーグ、ステーキなどが主体のレストランです。ランチタイムにはサラダーバーが336円で食べられるのが、いいですね。野菜をたっぷり食べたい人にはおすすめ。

ハンバーグが売り、お味はまあまあです

IMG_2967

ちなみに宮城県にはデニーズがありません。隣県の福島にはあるのに、何故でしょう。洋食系のファミレス大手で、仙台で見かけるのはガスト、ロイヤルホストそれにCOCO'Sくらいですね。クルマで走っていても、ファミレスは少ないような気がします。やはり地元の大御所「半田屋」が強いんでしょうか?

| | コメント (12) | トラックバック (2)

2005/05/20

個性的な二色丼の食堂

先日、青森に仕事でいったとき、以前ここで紹介した「サーベイ青森」というガイドブックにのっていた店に入ってみました。その店は『埼玉屋食堂』で、青森の駅前にあります。アウガという駅前のビルのすぐそばなのですが、うっかりすると見過ごしてしまいそうな地味なお店です。カウンター含めて7,8人位が座れるかな、というこぶりな店。ここは、二色丼がおすすめということで、「いくらとマグロの二色丼」をたのみました。

二色丼大盛り(1200円)
IMG_2889

この二色丼、いくらもマグロも、かなり醤油がきいた味です。いくらは当然醤油漬けですが、これはかなり醤油が濃いめ。また、マグロも醤油に漬けてある「づけ」ですね。口に運ぶと、かなり濃い味で、パンチがあります。かなり個性的な二色丼ですね。
ここでは、丼のほか、汐さば、かれい、ほっけ、つぼだいなどの焼き魚とか、「本日のお総菜」として「竹の子とみがきにしん」、「みつばかずのこ」などもあります。焼き魚と、ごはん、みそ汁というオーダーもよさそうです。駅前の見せながら、お客さんは地元の方が多いようでした。
魚を食べたいなら、なかなか、おすすめのお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/14

餃子の専門店:おゆき

餃子が食べたくなって、国分町の「おゆき」にいってみました。ここは餃子専門店で、餃子以外はおでんくらいしかお品書きにありません。カウンターだけの大きくない店です。「おゆき」という店名から、おばちゃんがやっているのかなと思ってはいると、餃子を焼いてくれるのは、若いおにーちゃんでした。

IMG_2829

お皿にのってきた餃子は、ちょっと小さめ、いにら、にんにくの味がかなりきいています。ビールとよく合います。10個で500円。餃子とご飯などがセットになった「餃子定食」もあります。
ただ、この店夜だけの営業なのが残念です。

おゆき:青葉区国分町2-1-26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/13

郡山の老舗ラーメン屋:あさくさ

久しぶりに仕事で郡山へ。以前、この街のラーメン事情にふれた記事を書いたとき、G.C.Wさんから郡山ラーメンの「一麺会」を教えていただきました。この一麺会のなかでも、大正14年創業という老舗のラーメン屋が「あさくさラーメン」。郡山駅前にある、きれいな店舗です。
店に入り、お品書きをみると、みそ、しゅうゆ、しおと、ラーメンの味が揃っています。味噌好きの私としては当然、「みそラーメン」(640円)を注文。

IMG_2826

みそスープはあっさりした味。太めの麺に、もやし、ねぎ、わけぎ、玉葱、メンマの具。バランスがいい、オーソドックスなみそラーメンです。私としてはもうしょっとこってりしたほうが好みですが、そんなにこってり系が好きではない方や、小腹が空いたときにはいいかもしれません。
こんど機会があれば、しょうゆやしおも食べてみたいです。

あさくさラーメン:郡山市駅前2-3-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/27

色紙だらけのラーメン屋:ラーメン横丁

うちに、らーめん屋さんのチラシが時々はいってきます。お品書きには、なかなか美味しそうなものが並びます。昨日、いってみました。「ラーメン横丁」というお店で、一軒のお店ながらなぜか横丁です。ここは『とりもつラーメン』が有名。

IMG_2776

とりもつラーメン:650円

煮込まれた鳥もつに、もやし、にら、キャベツなどの野菜が細めの麺とからみあい、独特の味わいです。ちょっとヘヴィーなラーメン。

ふつう(?)の、広東麺とか、五目ラーメンなどの麺類や、定食類も充実。昼飯どきは繁盛しています。このラーメン屋さんの店内には、ものすごい数の色紙が飾ってあります。ホテルが近いせいでしょうか。目についたとこのにはマッチ(近藤真彦)、木の実ナナのものがありました。なかなか個性的なラーメン屋さんです。

ラーメン横丁:仙台市青葉区本町2−19−28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/23

ひっつみ汁がはいった「八戸 駅長弁当」

hachinohe-bennto2
一昨日、青森の仕事でいったとき、八戸駅で駅弁を買おうとしたら、見かけないお弁当を発見。「駅長お勧め 八戸 駅長弁当」と、水色のパッケージに書かれています。1300円と、ちょっと高めですが、何故か最後の一個(また12時前なのですが)だったので、ふらふらと買ってしまいました。
なかなか立派な駅弁です。

hachinohe-bento

青森の食材を使ったお弁当。ついている栞から、一部紹介すると、
米:津軽ロマン減農米、長いも焼き、初雪茸、鶏肉シャモロック、いかの姿めし、帆立の貝焼き味噌など。それに南部地方(岩手、八戸)の郷土料理「ひっつみ汁」が容器に入ってます。

hashi また、青森ひばのお箸がついていて、箸入れには「お召し上がりの後はお持ち帰りになられ、末長くお使いいただければ嬉しく存じます」とあります。

WEBで見つけた記事によると、この「駅長弁当」は八戸、青森、弘前の各駅バージョンがあり、それぞれ一日50個の限定販売とか。

ちょっと高めの駅弁ですが、それだけの価値はありそう。こんどは青森、弘前のものを探してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/22

じゃじゃ麺、元祖の店

仕事で盛岡へ。地元の方に「美味しいじゃじゃ麺食べよう」と、連れていってもらいました。いったのは盛岡市内の「白龍(ぱいろん) 」、じゃじゃ麺の『元祖』を自認している店です。
店に入ったのは、昼の11時50分頃でしたが、既に満席状態。なんとか相席で、座ることができました。頼んだのはじゃじゃ麺の中(サイズ)。

zyazyamen

麺に、じゃじゃ麺の味噌と、ぶつ切りにしたようなきゅうり、ねぎ、生姜がのっています。さっそく、麺と味噌をまぜ、ラー油、酢を適当に加えます。美味しいです。味噌がなんともいえない味わい。あっという間に、食べてしまいます。
麺を少し残し、テーブルの上にある卵を割り落とし、「ちーたんたん」を注文。

chy-tantan

じゃじゃ麺(中)450円、ちーたんたん50円

これも、さっぱりした卵スープで、一気に飲んでしまいます。

また、来てみたくなるお店です。

☆白龍ファンにTBさせてもらいます。

白龍 :岩手県盛岡市内丸5-15

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/04/20

さっぱり、富士屋の醤油ラーメン

わが家(仙台)のそばに「富士屋」というラーメン屋さんがあります。前から気になっていたのですが、営業時間が夜の8時までと、まず会社帰りにはよれません。また、土曜日は休業。この前の休みの日曜に、やっといってみました。

カウンターと、テーブルが3つほど。そんなに広くない店内。メニューをみると、「中華そば」、「チューシュー麺」に「ワンタン麺」! 迷ったのですが、中華そば大盛りを注文。

IMG_2724

中華そば大盛り:850円

麺に、チャーシュー、メンマ、ねぎの加えてゆで卵、ナルトがうれしいです。麺は中太で、ちょっと縮れ麺。スープは、あっさり醤油味で、いいお味です。

この店、古川市に本店があるとか。シンプルですが、あとをひくラーメンです。こんどはワンタン麺を食べてみよう。

富士屋:仙台市青葉区本町2-14-26

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/04/15

老舗「春木屋」の分店のラーメン

郡山にいく機会があったので、以前雑誌dancyuに掲載されていたラーメン屋の「春木屋」にいってみました。ここは東京・荻窪「春木屋」の分店。

「春木屋」は20年以上前から、ラーメン屋の有名店でしたね。今から20年以上前にだされた山本益博著『東京味のグランプリ 1984年版』が手元にありました。この本に荻窪「春木屋」はこう紹介されています。

めんの割合にくらべ、スープの量が多めのラーメンである。そのスープの正体が、煮干しやかつおぶしとわかるような味だが、これも不快ではない。

荻窪の店に並んで、ラーメンを食べたのは、もう20年ほど前。久しぶりに食べた春木屋のラーメンの味は、やはり煮干しのきいたスープでした。これに太めの麺がよくあっていいます。

harukiya
チャーシュー麺:950円

また郡山分店特製の餃子も、いわゆる「羽餃子」で、美味しいです。

gyouza

餃子400円

WEBによると荻窪の店では1250円もするチャーシュー麺(高い!)が、ここでは950円とリーズナブル。おすすめの一軒です。

☆「春木屋」ファンのTBさせていただきます。

春木屋WEB

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2005/04/14

盛岡名物といえば、冷麺ですね

先日、盛岡にいってきました。盛岡での食の名物は三大麺、「冷麺」、「じゃじゃ麺」、「わんこそば」とか。以前、じゃじゃ麺を紹介しまたが、こんどはいちばん有名な「冷麺」。
盛岡には何軒も有名店、美味しい店があるのでしょうが、仕事の途中ゆえ、盛岡駅前の店へ。ここは「盛楼閣」と「ぴょんぴょん舎」の2軒が有名らしいのですが、この日は「ぴょんぴょん舎」に入ってみました。この店は、店内が明るく、広々していて気持ちがいいです。ランチメニューは冷麺、焼き肉だけでなく、冷麺+石焼きビビンバとか焼き肉+冷麺のセットメニューなど豊富です。
でも、食べたいのはやはり冷麺ですね。

REIMEN

美味しいです。ちなみに盛岡で冷麺を頼むときは、辛さをきかれます。あらかじめ入れてあるキムチの量で、辛い、普通など辛さ区別があります(この辛さの表現は、多分店によって違う)。それに加えて「別辛」というのも選べます。これは、キムチを別に盛ってきて、好みに応じて麺にいれるというもの。私はこれにしてます。
寒さが厳しかった盛岡も暖かくなり、辛い冷麺が美味しい季節です。

☆ぴょんぴょん舎のファンにTBさせていただきます。

ぴょんぴょん舎 駅前店:盛岡市駅前通9−3

| | コメント (8) |