ギャンブル

2013/10/15

自動車値引きの神様

 久しぶりに『月刊自家用車』を買ってみました。前の記事で書きましたが、もう22年ほど前、トヨタのコロナを買ったとき、この雑誌の値引きレポートに投稿し、掲載されました。読者の値引き交渉を募集するという企画ですが、これが今も継続していました。
「読者の生値引きレポート」という連載企画ですが、30ページ以上に渡る大きな記事です。この企画を司るのは値引きの神様と称される松本隆一氏です。22年前もこの人でした。ずっとクルマの値引きを仕事にされているんですね。「この道30年」といいますから、まさにスペシャリスト。
 読者のレポートもいいですが、企画の目玉は毎号掲載されている「値引き額早見表」です。人気車種の最新の目標値引き額と攻略法が掲載されてます。特に攻略法がすごい。例えば売れ行きナンバーワンのプリウスの場合。
「家族から『まわりはプリウスだらけで嫌だ』と声があがっている。でも、思い切った値引きをだしてくれなら説得できる」
 またウィッシュは
「ウィッシュは話がわかる。アイシスをぶつけるのがコツ」 
 だとか。
 値引きの神様のキーワードは「話がわかる」です。22年前に愛読していた記事で
「マークⅡ三兄弟も話がわかるようになってきた」
 という一文があったのを覚えています(ちなみにマークⅡ三兄弟とはマークⅡ、クレスタ、チェイサーのことです)。当時は大人気のマークⅡは値引きが渋かったようです。
 クルマの値引きは、価格コムにも載っていますが、いかんせん情報量が少ないです。やはり神様の記事にはかないません。クルマをこれから買おうという人にはおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)