アニメ・コミック

2016/04/04

秘密探偵JAのこと

 漫画家望月三起也さんが亡くなりました。先日、肺がんで余命宣告を受けていたことがネットで報じられていました。しかし最近も活動されていたようで、先月には「漫画家デビュー55周年記念 望月三起也作品展」が池袋の東武百貨店で開催されました。
 望月三起也といえば「ワイルド7」が代表作として語られますが、私にとってはなんといっても「秘密探偵JA」です。小学校の時、「少年キング」を毎週買っていました。サンデー、マガジンに比べてマイナーな週刊誌をなぜ買いだしたかは覚えていませんが、この「少年キング」に連載されていたのが「秘密探偵JA」です。ウィキペディアには
「1964年に、日本版{『007』ともいうべき『秘密探偵JA』を『少年キング』に連載、ヒットさせる」
 とあります。が、「秘密探偵JA」についてウィキペディアには項目がありません。
 「秘密探偵JA」が子供の頃、心わくわくして読んだ漫画でした。気になってネットで調べると、1年ほど前に電子化されていました。オリジナルの版があったのでしょうか。欲しくなりましたが、全15巻で6千円ちょっと。迷いますね。
 素敵な漫画で子供心を楽しませてくれた望月三起也さん。ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/08/05

ビッグコミックオリジナル、戦後70周年増刊

 コンビニで先週末に見つけた『ビッグコミックオリジナル 戦後70周年増刊号』を読み始めました。コミック週刊誌で戦後70周年を取り上げ、増刊号にするとは異例の取り組みではないでしょうか。表紙には
「戦争を生き抜いた漫画家が見たもの。現代を生きる漫画家が見つめるもの」
 とあります。
 冒頭にはピンナップがあり、表は藤田嗣治「アッツ島玉砕」、裏は古今戦争漫画“超”コラージュ。これだけでもかなりの重量感です。作品を描いているのは、水木しげる、滝田ゆう(亡くなっています)、松本零士、山上たつひこなど大御所が揃っています。
 また、「わたしの戦後70年談話」として無着成恭、横尾忠則、片岡義男らが戦後70年に対する思いを話す記事もあります。
 戦後70年と向き合ったビッグコミックオリジナル増刊号、500円とレギュラー号より高いですが、それだけの価値はあります。小学館の力作と言っていいでしょう。7月30日発売なので、もう売り切れたかもしれませんが、おすすめの1冊です。

70


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/04

最後の「小さな恋のものがたり」

「小さな恋のものがたり」を久し振りに手にしました。オールド世代の方はご存じだと思います。みつはしちかこさんによるチッチとサリーの物語です。新聞広告で最新刊の第43集がでたのを知り、買ってきました。読む時間がなく、先日読み終えました。
 すでにネットで情報が伝えられていますが、「小さな恋のものがたり」はこの第43集が最終刊です。チッチとサリーの恋ものがたりは「一応の区切りをつけました」(みつはしさんのあとがきより)と、終了です。「ちいさな恋のものがたり」が雑誌にはじめて連載されたのは1962年。もう50年以上も前のこと。歴史的な長寿まんがです。
 実は、編集者をやっていた頃、みつはしちかこさんを何年かさせていただいていました。もう30年ほど前のことです。みつはしさんも私も若かった頃です。月に1回、みつはしさんの自宅や仕事場に原稿をいただきにいったことを思い出します。
「ちいさな恋のものがたり」が終わってしまうのは残念ですが、膨大な作品はこれからも読み続けられることでしょう。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/23

インベスターZで投資を学ぶ?

 投資は世の中のトレンドなんでしょうか。「モーニング」で連載されている「インベスターZ]はタイトルの通り、投資をテーマにしたコミックです。超エリート進学校の中等部にトップの成績で入学した主人公が、「投資部」に誘われ、なにも知らないまま億単位の投資を始める。序盤はこんなストーリーから進んでいきます。「投資部」は学校の運営費用を捻出するために投資を生徒だけで行っている部、という設定です。
 投資家を中学生、高校生に設定したというところが面白いところですが、作者は「ドラゴン桜」の三田紀房。ドラゴン桜といえば、東大受験をテーマにして大ヒット、テレビドラマ化されました。その三田紀房が描くのが、進学校を舞台にした投資の世界。投資をテーマにしたコミックは少ない(ほとんどない?)ので、その点でも興味深い連載です。
 連載の冒頭で「投資部」の運用利回り目標は8%という数字が示されていました。現実の投資の世界では、8%の利回り維持していくのは、かなりテクニックと運が必要でしょうか。
 今週号では「損切り」をテーマにしています。主人公の先輩からこんな台詞が
「損切りは決して失敗ではない。むしろ次の成功へのチャンスと思え」
 そうですね。でも分かっていながら、簡単でない損切りです。
 所詮コミックの世界ではありますが、投資家には参考になることもありそうな「インベスターZ」 今後はどんな展開になるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/25

島耕作、30周年

 昨日手にした『モーニング』の最新号表紙は、「社長島耕作」です。「祝30周年」と書かれています。連載が始まって30年ということは、開始されたのは1983年のこと。社会人になって3年目か。大昔です。島耕作は最初「課長島耕作」それから「部長島耕作」「取締役島耕作」「常務島耕作」「専務島耕作」そして「社長島耕作」と出世してきました。また『イブニング』には「係長」「ヤング」の島耕作の連載されていました。
 モーニングを読み始めたのはいつからでしょう。ウキペディアによれば創刊は1982年ですが、週刊になったのは86年らしいので、そのあたりから愛読し始めたかもしれません。「課長島耕作」も単行本をまとめ買いして読みました。
 役職廃止なんて会社もありますが、まだまだ課長、部長といった役職名は企業内では重要なのでしょうね。島耕作が出世してきた30年は、日本の企業も大きく変わりました。希望に満ちた80年代初頭からバブル景気を経て、失われた20年へ。いまや成長することが難しい社会になってしまいました。企業人にとっては、厳しいことも少なくありません。
 島耕作は、連載中の物語では業績不振を理由に社長辞任を表明しました。大企業のサラリーマンとして、理想の出世を成し遂げた島耕作は、これで終わるのでしょうか。それともまだまだ元気に活動するのでしょうか。しょせんコミックの話ではありますが、日本に元気にする活躍を期待しています。

30


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

赤塚不二夫さん死す

 子どもの頃、おそ松くん六兄弟の名前を一生懸命、覚えた記憶があります。(全員の名前言えますか。私はもう分かりません)長らく闘病生活をしていると聞いていた赤塚不二夫さんが亡くなりました。われら、昭和30年代前半の生まれ世代にとっては、忘れることができない漫画家です。数々のキャラクター、奇天烈なギャグと台詞。ギャグマンガをひとつのジャンルとして確立させた、まさに天才です。
 手塚治虫、石ノ森正太郎、藤子不二夫と、子供の頃は、漫画読むの楽しかったな。今のコミックより、線や構図はきっとシンプルで、ストーリーもストレートだったはずなのに、熱中しました。作品でも、実人生でも破天荒そのものだった赤塚さん。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007/10/12

ドラゴン桜の続編

 今週号の「モーニング」の表紙、なんか見慣れたイラストが。
「ドラゴン桜」か? いや、違うらしいです。「エンゼルバンク」なる作品が新連載です。表紙には「ドラゴン桜外伝」とあります。早速読んでみると、ドラゴン桜の最終回から何年かたったとこからスタート。こんどのテーマは東大受験ではなく、転職です。下手なのか上手いのかよくわからない絵は相変わらず。主人公もあの桜木先生です。
 東大受験で奇跡をおこす物語は、荒唐無稽ながら面白かったです。さて、いまや転職も当たり前の時代、どんなストーリーを展開してくれるのでしょうか。

Img_7925_2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/09/15

おじさんと、週刊コミック誌

morning

最近は子供が、マンガに凝ってます。「少年ジャンプ」とか「少年サンデー」、週刊誌にはまっているよう。私も、40年近く前に、読みました。当時、マイナーだった「少年キング」を愛読していました。
最近は、もうマンガ誌はほとんど読まなくなりました。以前は「ビッグコミック」系もいくつか読んでいたのですが、いま必ず買うのは「週刊コミックモーニング」だけ。それも毎週読むのは『クッキングパパ』、『取締役 島耕作』それに『OL進化論』くらい。テレビ化されて話題の『ドラゴン桜』や『はるかセブンティーン』などが飛ばし読みです。私のようなオジサンは、コミック誌などよまれるのでしょうか?

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005/01/31

ドラえもんの魅力、いつまでも

先週、週刊分冊本のことを書いたのですが、もう一つ、この分冊を買っていたことを思い出しました。「ぼく、ドラえもん」です。小学館から1年ほど前にでた、月二回刊の"DORAEMON OFFICIAL MAGAZINE"です。これ、子供のために買っているんですが、創刊号が確かすぐに売り切れていたせいもあって、定期購読にしてます。創刊当初は子供に加え、若い女性などもターゲットにしている、ときいた覚えがあります。
子供は最近、もうドラえもん年齢をすぎたようで、熱心にこの本を読まなくなってしましました。放置されていたのを読んでみましたが、なかなかよくできた本です。今号(2005年2月5日号)の特集は『ドラミちゃんも好き&気になるサブキャラクターオールスターズ』です。ドラミちゃん、ミニドラ、出来杉くんななどのキャラが詳しく説明されてます。また、毎号付録が付いているんですが、今回は三大付録付き。なかでもポケットティッシュ専用「ドラえもんテッシュボックス」がいい。ファンにとってはこれで650円は安いかもしれないですね。

IMG_2277

年に1回の映画版が、今年は休みとか、声優の大山のぶ代さんが交代とか、ちょっと明るくない話題が続いているドラえもんですが、夢をいっぱい与えてくれるアニメです。これからも、子供にも、大人にも夢を与え続けて欲しいと思いました。
☆ドラえもんファンのブログ、いくつかにTBさせていただきます。

| | コメント (8) | トラックバック (7)