« 「湘南Juke作品展 3rd+」をみる | トップページ | 「3か月でマスターする世界史」の学び »

2024/06/10

海外流出する日本人

 海外で暮らす人が増えています。少し前のデータですが、「2022年10月1日時点で生活拠点を日本から海外に移した『永住者』は過去最高の約55万7000人。」(2023年3月3日 日経新聞電子版)。
 日本人の海外移住をテーマとした書籍が最近でています。『流出する日本人 ー海外移住の光と影ー』(大石奈々 著・2024年3月)、『ルポ 若者流出』(朝日新聞「わたしたちが日本を出た理由」取材班・2024年5月)を読みました。
 前者はメルボルン大学准教授の著者が発表した論文、研究発表などに最新の統計とインタビューを加えまとめたもの。後者は朝日新聞に連載された「わたしが日本を出た理由」に新たに取材を加えまとめたもの。
 最近、一部メディアで「特に若者が日本に比べ賃金の高い海外へ移住している」といったことが伝えられています。両書とも賃金格差を理由にした海外移住は理由にはなっていないと否定しています。
 また『流出する日本人 ー海外移住の光と影ー』によれば、海外移住の動向はは若者だけに限らず、高齢者、富裕層にも起きていることを指摘しています。
 日本という国に住むことの意味。国籍とは。こんなことあまり考えることはいままでなかったのですが、改めて向き合う必要があります。

Photo_20240610070701

| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。