« ヨドバシカメラ、西武百貨店へ進出 | トップページ | 完全メシのカレー »

2023/02/17

映像だけではない恵比寿映像祭

 東京都写真美術館で「恵比寿映像祭2023」をみてきました。毎年2月に開催される恒例の展示です。今年のテーマは、「テクノロジー?|Technology?」です。意外なテーマだな、と感じました。
<恵比寿映像祭2023では、「テクノロジー?」というテーマを通して、多種多様な映像表現の実践を検証し、アートと技術との対話の可能性を考察していきます。>(公式サイトより)
 毎回、様々な表現で刺激的な映像にであう恵比寿映像祭ですが、今回はちょっと違っています。映像祭ながら、写真(プリント)の展示もあります。築地仁、北代省三、杉浦邦恵、山沢栄子などのアーティストによるプリント作品が2階展示室で展開されます。もちろん映像表現も、様々な表現でみせてくれます。
 驚かせられたのはHouxo QUE。ディスプレイに建築資材の単管パイプが突き刺さっています。これでも映像が映るのが不思議。
 いくつもの発見がある恵比寿映像祭です。会期は2月19日まで。

202302-2_20230216202901
202302-3_20230216202901
202302-5

| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。