« 日本のGDPが5位? | トップページ | セブンイレブンの麻婆麺 »

2023/02/20

椰子の木がある集合住宅

 とあるわけがあり、横浜の金沢シーサイドタウンにいきました。金沢シーサイドタウンといっても地元の方以外には、どこなのか分からないでしょう。横浜市金沢区の海岸線一帯はかなり前に埋め立てられた土地です。いちばん馴染みのあるのは横浜・八景島シーパラダイスでしょう。八景島は埋めてでできた人工島です。
 Wikipediaの「金沢地先埋立事業」の項目には、
「金沢地先埋立事業(かなざわちさきうめたてじぎょう)は、神奈川県横浜市金沢区の沖合を約660万m²にわたり埋め立て、都心部より工場を移転させ都市機能を再整備するとともに、住宅や海浜公園を造成する都市計画事業。横浜市六大事業の一つとして1971年(昭和46年)に着工し、1988年に完成した。」
 とあります。
 主にUR都市機構によってこの一帯は金沢シーサイドタウンとして整備されました。シーサイドラインが交通機関として整備されました。大きな括りでのニュータウンでしょうか。
 
 金沢シーサイドタウンを歩いていてみつけたのが、椰子の木。なぜ、集合住宅の中にあるんだろう。シーサイドだからかな、きっと。いろんなことを考える人たちがいるのですね。

Photo_20230220064101
2_20230220064101

 

| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。