« 下がらない燃料価格 | トップページ | ベジミートボール料理をつくる »

2022/08/14

ダフ屋さんの今

 最近のコンサートチケットの買い方は、昔とは変わっています。基本はネットでぴあとかイープラスとかで、先行予約(抽選)などで早くから買うことを求められます。アーティストによってはファンクラブ先行予約なんてのもあります。
 昔はプレイガイドに朝早くから並んでかったものです。コンサート当日、会場の前には「券、買うよ」とか「おにいさん、いいチケットあるよ」と連呼しているお兄さん(なぜかお姉さんはいなかった)がいました。いわゆるダフ屋さんです。しかし、ダフ屋稼業も厳しいようです。
 一昨日の朝日新聞に、<「ダフ屋」稼業もコロナで苦境? 浅草の暴力団「解散」>という記事が。これによれば、
<東京・浅草を拠点とする暴力団「姉ケ崎会」が7月に組織の解散を他団体に通知していたことが、捜査関係者への取材でわかった。同会はプロ野球のチケットなどを転売する「ダフ屋」稼業を都内でほぼ独占していたとされるが、近年は思うような収入を得られていなかったことが背景の一つにあるとみられる。>(8月12日 朝日新聞)
 といいます。姉ケ崎会は、
都内ではダフ屋稼業を独占し、「ダフ屋と言えば姉ケ崎」とも呼ばれていた。十数年以上前は有名アイドルなどのコンサートやスポーツの試合などがあると、「アルバイトを雇ってはチケットを買い占めていた」(暴力団関係者)。>
 とされています。
 でも、電子チケットも増え、転売もできにくくなったのでしょう。コンサートのチケットを巡るビジネスも変わったようです。

202208

 

| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。