« 島田陽子さん、亡くなる | トップページ | 小伝馬町で「さよならはるのひかり」 »

2022/07/27

日本の経済成長率は低いまま

 一昨日ですが、今年度の日本の経済成長率が下方修正されました。
<内閣府は25日、2022年度の実質成長率が2.0%になるとの試算をまとめた。1月に閣議決定した見通し(3.2%)を大幅に下方修正した。>(7月25日 日経新聞)
 実質成長率2.0%というのは低いのか、それなりなのか。
 今日の新聞ではIMFの経済成長率予測を報じています。
<国際通貨基金(IMF)は26日、世界経済の2022年の実質成長率見通しを3.2%に下方修正すると発表した。4月時点の前回見通しは3.6%だった。>
 ここも下方修正です。これは「歴史的なインフレとそれに対応する米欧の利上げ、中国のロックダウン(都市封鎖)が逆風となる。」とされています。
 下方修正したといっても3.6%→3.2%ですから、日本の2.0%より高いです。
 そして、来年(2023年度)の実質成長率は現時点で1.1%と予測されています。日本は、ほんとに成長しないなあ。





| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。