« 「イサム・ノグチ 発見の道」@東京都美術館 | トップページ | グローバル化時代の現代美術 »

2021/08/21

笑福亭仁鶴さん、亡くなる

「生活笑百科」ずっとみています。たぶん、大昔に母が土曜の昼にみていたので刷り込まれているようです。今や惰性のようになっていますが、面白かったのは笑福亭仁鶴さんが司会をされていたとき。出演者に上沼恵美子がでていたころです。
 仁鶴さんが亡くなりました。近年は「生活笑百科」にも出演されず、オープニングに声だけきかせてくれました。仁鶴さんを最初に知ったのは「ヤングおー!おー!」だったでしょうか。関西に比べ、東京でのこの番組への熱量は高くなかったと思いますが、でも番組のパワーは覚えています。
 訃報に接し、西川きよしさんの言葉。
「ラジオでは機関銃のようにしゃべり、テレビでは爆笑に次ぐ爆笑。そして劇場では天井がぬけるほどの笑いの波、その後やすしきよしが出るのです。いつも相棒と仁鶴さんに追いつけ追い越せで頑張ってまいりましたが、ついに追い越すことはできませんでした。」
 ご冥福をお祈りいたします。



| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。