« 東京マラソンは開催だろうな | トップページ | パラリンピックのチケット »

2021/08/18

週刊文春が中吊りを終了

 そうだろうな、と頷くニュースが週刊文春が中吊り広告を終了するというニュースです。
「週刊文春」編集部は17日、8月26日発売号を最後に電車内の中づり広告を終了すると発表した。広告の締め切りが誌面制作の制約になることなどが理由。今後は宣伝費を「週刊文春 電子版」に投入し、強化していくという。>(8月17日 日経新聞)
 また、「週刊新潮」も同日「東京メトロに掲載している中づり広告を9月末に終了すると明らかにした。」とタイミングを合わせたかのような発表です。
 そもそも、電車の中吊り広告はどれほど効果があるものなのか。いまは、東京の電車では、車内広告はほとんどデジタルサイネージがメインになっています。中吊り広告はほぼ目に入らなくなっています。
 中吊り広告をみて「週刊文春を買おう」と思っても、駅には売店も少なくなっています。雑誌を置いてないキオスクもあり、買うのに困ったりする。
 でも、中吊り広告をながめるて暇を潰す、ということができないのはちょっと寂しいです。時代はここでも変わっています。

| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。