« コロナウィルスワクチン接種のその後 | トップページ | 国の税収が過去最高 »

2021/07/04

「本音を申せば」の終了と18年目

「週刊文春」の今週号で小林信彦の「本音を申せば」を読んでいたら、なんと今回が最終回ということ。突然に驚く。「数少ない読者へ」と題された最後の文章にはこうあります。
「二十年少しつづいた私のこの連載もこの回で終わる。どの程度の読者の支持があったのか私にはわからない。本当にあっという間という感じだ」
 小林信彦のエッセイを楽しみにこの週刊誌を買っていました。残念です。
 それで、ブログをはじめてから今日で17年です。この投稿で6198回の記事になりました。よほどのことがない限り、毎日記事を投稿していました。ほんと、よく飽きないよな。小林信彦のエッセイは、「数少ない読者」ではないけど、このブログは数少ない読者に支えられています。
 いつまで続くのかな。自分でもわかりません。

#小林信彦 #本音を申せば

| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。