« サンリオピューロランドへいく | トップページ | フードコートの名店 »

2021/06/26

迷走する東芝

 東芝、どうなっているのか。まさに迷走です。昨日開催された株主総会で、永山治取締役会議長と小林伸行監査委員会委員の2人の取締役再任が否決されました。上場企業の株主総会で、取締役の候補者が否決されることなんて、めったにないでしょう。東芝は規模からみて大企業です。NHKのニュースでは「異例」と報じていました。
 議決権の行使で、取締役の候補者を否決することなど、やったことがない。本来はもっと厳しくやるべきなんでしょうが、候補者は表面的にしか知らないわけだし、問題でなければ、賛成票を投じます。
 でも、東芝の株主はNOと言った人が多数派だったということ。よっぽどこの人たちはひどいことをした、ということ。
 東芝は父が定年まで勤めた会社なので、相続で株を持っていました。しかし、粉飾決算で上場廃止の危機になったときに全株売りました。それが良かったのか、悪かったのか。東芝の行く末は、とても気になります。

| |

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。