« スーツ市場の縮小 | トップページ | 写真美術館にいく »

2021/01/21

自費出版という商売

 Facebookに表示された広告で新潮社が自費出版 のビジネスをやっていることを知りました。自費出版と言えば、文芸社の広告をよく見ますが、新潮社も参入したとは。ネットで調べてみると、昔働いていた学研もやってました(笑)。
 自費出版をするには、そもそもいくらかかるのか。例えば四六判(一般的な単行本の判型)で200頁の本を300部つくると、185万円(税別)と料金の目安が示されています。税込で計算すると、1冊6800円弱。これって安いのか、高いのか。お手軽出版ドットコムでは自動見積があり、これで四六判、300部で計算すると6桁の金額でした。
 本がどんどん売れなくなっている現在、自費出版のマーケットは広がっているのでしょうか。それとも儲からない出版社が、儲けるための方策なのか。実態を知りたいところです。

新潮社の自費出版
 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。