« 鮫洲あたり | トップページ | スーツ市場の縮小 »

2021/01/19

梅屋敷あたり

 京急沿線を青物横丁、鮫洲と歩き、その後梅屋敷へ。梅屋敷とは、なかなかユニークな名前です。その由来は江戸時代にあるようです。
 さて、駅を降りて、改札を背にして左側には東通り商店街で、第1京浜を渡るとぷらもーる商店街があります。このうち、東通り商店街がかなり年季が入っている感じです。「つばめやストアー」という古いマーケットがあります。歴史がありそうな看板があります。

Photo_20210119072601
 マーケットの向かい側には焼き鳥の店(竹沢商店)があります。看板には「牛豚肉臓器卸」とあります。
 商店街を歩いて行くと、路上にテーブルを出して、麺を売っている店がありました。普段は小売りをしていない製麺所のようです。ぷらもーる商店街に斉藤製麺所という店があり、そこの工場かも。緊急事態宣言でキャンセルになった麺を格安で売っていました。やきそば麺を買ってきて食べましたが美味しかったです。
 梅屋敷は奥深い街です。
Photo_20210119081501

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。