« 日経新聞、来年のカレンダー | トップページ | 書泉グランデという本屋 »

2020/10/19

イッセー尾形の妄ソー劇場

 久しぶりのイッセー尾形をみてきました。本来は7月に予定されていた公演ですが、コロナ禍の中、10月に延期されました。さらに、ソーシャルディスタンスで1席ずつ空けるという措置をとらねばなりません。しかし、公演は完売、満員御礼です。どうなるのかと危惧していましたが、イッセー尾形が公演を2回行うということで、無事公演が実施されました。
「イッセー尾形の妄ソー劇場 文豪シリーズ その3」と題された公演。活躍の舞台を映画、テレビに移しつつ、定期的に一人芝居をやっているイッセー尾形のテーマは文豪シリーズです。
 でも、今回の公演は元々予定されていたネタから変更して、コロナ禍のこともあり、新ネタをいくつか演じたとイッセー尾形が言っていました。文豪シリーズから離れてしまったのですが、なにかゆったりとしていて面白いです。
「ジァン・ジァンでやっていた頃を思い出した」とイッセーは言っていました。アドリブの面白さでしょうか。
 演目です。
「片側通行」「MAP」「メガネっ子」「女中さん」「立体紙芝居 雪子の冒険Ⅲ」「今でもフォークソング」
 楽しい時間を過ごしました。

202010

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。