« 東京ビッグサイトでの展示会 | トップページ | ある居酒屋のいま »

2020/09/07

六本木に大八があった頃

 先日、六本木を歩いていたら「大八」のあった場所を通りかかりました。「大八」はかつてあったラーメン屋です。手元にある『ベストオブラーメンin Pocket 』(1989年発行)には、
「自己流ではじめたというが、くどすぎず、さりとてあっさりしすぎず、大八流としかいいようがないファッショナブルなラーメン世界をつくりあげた」
 と賞賛されているラーメン屋です。
 その大八があった建物は朽ち果て、放置されています。建物の隣の敷地は建築中ですが、ここだけ取り残されています。
 一方、同じく六本木で「1・3・5」「ドラム缶スープ」で有名な「天鳳」はいまだ健在です。
「大八」が繁盛した頃から30年。六本木は変わりました。

Photo_20200907082401

  

|

コメント

ニキさん
コメントありがとうございます。返信遅くなりすみません。
大八の現在は私も分かりません。名店だっただけに心配しています。

投稿: 自由なランナー | 2020/09/12 17:02

はじめまして。大八ラーメンの記事が気になってコメントさせていただきました。
今から数年前、国立新美術館に行く途中でこの廃屋を見つけました。一体何だったのだろうと思って調べたら、有名なお店だったのですね。
99年にはすでに閉店していたとのことですが、何があったのでしょう。店員の方はどこかでご健在なのでしょうか。建物がずっと残っているのも不思議です。
管理人様は何かご存知ですか?

投稿: ニキ | 2020/09/09 11:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。