« 丸香のうどん | トップページ | 中華三原の炒飯 »

2020/09/04

20分しかいられない

 先日、埼玉県立近代美術館にいった帰りに赤羽に寄りました。庶民的で、せんべろの聖地ともいわれる街。コロナ禍の中、どんな状況なのかを撮りたいと思い、立ち寄りました。
 まず、昼間から酒飲みで賑わう「鯉とうなぎのまるます家 総本店」にいくと、店舗はお休みで店頭販売だけの営業です。確かにいつも満席で密な店舗だから、営業するにはハードルが高そう。カウンターに仕切りつけたら、この店らしくない。しばらくは、営業再開は難しいかな。
 そのあと、丸健水産へ。ここも有名店です。おでんを食べながら立ち飲みができるお店です。もちろん昼から営業です。ここは入ったことがないので、おでんをいただくことにしました。
 おでんセットというがありおでん5個とアルコール(ビール、酒、チューハイ)で800円。これをいただきましたが、驚いたのは立ち飲みテーブルに「コロナウイルス感染防止のため15~20分でお願いします」とかかれたものが置いてあります。そういえば注文のときに「お酒は1本でいいですね」と念を押されたのを思い出しました。
 せんべろの街も、本格再開へはほど遠いようです。

Photo_20200904083101

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。