« 20分しかいられない | トップページ | 東京ビッグサイトでの展示会 »

2020/09/05

中華三原の炒飯

Photo_20200905071901

 銀座のソニーストアでカメラの清掃をしにいきいました。予約が取れた時間が17時だったので、待ち時間に「中華三原」に。銀座4丁目の交差点から徒歩、2,3分の距離ながら、現代の銀座とはかけ離れた雰囲気の一角があります。このあたりを三原橋と呼ぶのですが、その由来は明らかではないようです。ここにはかつて三原橋地下街があったのですが、この記憶はありません。
 中華三原のことに戻ると、この店のそばに「時計台」という札幌ラーメンの店があり、よくいきました。何十年前です。中華三原はたまにしか入ったことがありません。
 以来、時が経て時計台はなくなり、中華三原はまだやっています。久しぶりに入りました。ここは炒飯がネットの評判では有名らしく、これを注文。店は気のよさそうなオジさんがお一人で切り盛りしています。炒飯も丁寧に作ってくれます。
 供された炒飯はボリューム感たっぷり。超大盛という感じです。そこにたくわんが添えられています。ちょっと濃いめの味つけです。
 こんな店が銀座にいまもあるなんて、と思うお店です。

Photo_20200905071902

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。