« マツダの苦境 | トップページ | 10万円の申請を完了 »

2020/05/14

マスクで低酸素トレーニング?

 マスクをして走るのが暑くなってきました。ビルドアップ、インターバルといった負荷をかけるトレーニングはきついです。ほとんどLSDペースで走るの日常です。
 昨日の日経新聞夕刊「夏のマスク 熱中症注意」にマスク着用でのスポーツのリスクについて書かれていました。
<筑波大の久野譜也教授(スポーツ医学)は「マスク着用の運動は、スポーツ選手があえて低酸素状態で負荷を高めるトレーニングに近い。夏場に自覚なく走るなどすれば、熱中症リスクを高めかねない」と指摘>(5月13日日経新聞)
 低酸素トレーニングといえば、マラソンのエリートランナーの高地トレーニングを連想します。高地トレーニングは低酸素環境でトレーニングすることで、運動能力を高める。
 すると、マスク着用で高地トレーニングと同じ効果が得られる? そんなことはないですよね。
 記事では「マスク着用中は喉の渇きに気付きにくくなる」と専門家の指摘を紹介しています。気をつけましょう。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。