« ジョギングにはマスクを | トップページ | 萩本欽一、志村けんを語る »

2020/04/30

オンライン飲み会というもの

 ネットで話題になり、やっている人も少なくないと噂のオンライン飲み会に参加しました。自宅とか適当な場所からそれぞれが参加して、集まらずにやる飲み会。初体験ですが、飲み会に参加したのは最大15人。オンライン飲み会のいいところは参加、退出が自由なところ。開催時間中ならいつから参加してもいいし、退出も自分の都合でできます。
 25年以上前にビデオ会議を売っていました。当時はテレビ会議と呼んでいて、テレビ会議専用の機器があり、これをモニターとつなげて使います。まだ光回線などなく、ISDNでやっていました。多地点(3カ所以上)を結ぶ会議も可能でしたが、技術的に難しいこともあり、しばしばトラブりました。
 いまはZOOMとかでパソコン、スマホなどで簡単に多地点の接続ができます。ネットも光回線が当たり前です。便利になりました。
 でも、飲み会といっても所詮オンライン。難しいこともあります。人数が15人ほどになると、なんとなくまとまりのない会になってしまいます。会議だったら発言順も決めて、きっちりやれるのでしょうが、飲み会だとそうもいかず。
 これを機に新しい形の飲み会ができるのか。それともコロナ収束までの流行なのか。その行方は?

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。