« 給料の前借り | トップページ | 更に厳しい雑誌の状況 »

2020/04/18

スクーリング対面授業の中止

 大学のスクーリングが、6月末まで対面での授業が取りやめになりました。しかたのないところです。この代わりに「中止・延期・代替措置」となっています。代替措置というのは、遠隔(テレビ会議を使う)とか、ビデオ講義をみて、課題提出とかです。
 そもそも通信教育なんだから、対面でのスクーリングは必要がないとも思えます。制度上は対面スクーリング授業がなくても大学の卒業条件は満たすようですが、実技科目では必要ということなのでしょう。
 通学の大学ではオンライン授業を行うところが増えています。東大は4月の授業からオンライン授業化しています。
「東京大学は4月の新学期から授業を全面的にオンライン化した。4000超の講義をはじめ教育活動のほとんどを遠隔で実施する。各学部が準備や試行を進めており、20日前後から本格化する見通しだ」(日経新聞電子版)
 東大だから出来る、ということか。
 オンライン授業に対応できない大学も出てくるでしょう。大学にとっても厳しい時期です。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。