« 新型コロナウイルスの影響 | トップページ | マラゾン大会中止と参加料 »

2020/02/17

青梅の後の、東京マラソンの行方

 昨日の青梅マラソンで前田穂南が30キロの日本新で優勝しました。青梅マラソンは坂道を登り、下るハードなコース。ここでの日本新はすごい。マラソンといえば、東京マラソンが揺れています。
 新型コロナウイルスが拡大する中、2週間後に迫る東京マラソン。朝日新聞デジタルが「東京マラソン、一般参加の縮小検討 全面取りやめも視野」と伝えています。
 速報という感じの記事ですがこれによると、
「般参加者の枠の縮小を検討していることがわかった。参加人数を減らしたり、一般参加者の出走を全面的に取りやめたりすることが選択肢に浮上しているという」
 東京マラソンはオリンピックの代表選考を兼ねており、大迫選手と設楽選手が走ります。これを中止は出来ない。一般参加を制限して、開催という手があったとは。記事には、
「感染リスクの大きい高齢者の出走を制限することも検討している」
 とか。高齢者とは何歳からかな。
 さて、東京マラソンはどうなるか。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。