« 箱根駅伝の人気度 | トップページ | FP資格更新の単位 »

2020/01/05

厚底ランニングシューズ

 箱根駅伝で厚底のランニングシューズを着用した選手の多さが注目されています。
多くの選手がナイキ社の厚底シューズを履いていたことが注目を集めた。着用率は出場210選手の約85%で、9区間の区間賞獲得者が使用。」(nifty news)
 と大半の選手がナイキの厚底です。
 ナイキの厚底は「「ヴェイパーフライ」です。2017年に発売されて以来、ブームは続いているようです。でもこのシューズは安くないです。ナイキの公式ショップでは3万円ほど。しかしこれはプロ用です。市民ランナーなら普及版の「ズームフライ」でいいみたい。
「ズームフライ」でも18000円ほどでランニングシューズとしては高いです。以前、アシックスのGT-2000を履いていましたが、これは14000円(定価)くらいでした。
  練習用にランニングシューズが欲しいのですが、ナイキ厚底にするかな。迷いますね。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。