« 減らぬ残業 | トップページ | 紙からデジタルへ »

2020/01/21

24時間営業からの離脱

 村上春樹に『パン屋再襲撃』という短編があります。1985年に発表された小説ですが、真夜中に夫婦がパン屋を襲う、という話。その時間帯にやってるパン屋はなく、マクドナルドを襲う、という筋書きです。85年にはマクドナルドは24時間営業だったのでしょう。同時期にすかいらーくも24時間営業だったはずです。
 すかいらーくは24時間営業を全廃することを発表しました。24時間営業の廃止は広がりつつあり、これは驚くこともないことかもしれません。一般的には人手不足がその原因とされていますが、消費者の生活様式も変化しています。
「リクルートライフスタイル(東京・千代田)が9月に実施した調査では飲食店の深夜営業(午前0~5時)が必要と回答した消費者は13.5%にとどまった」(日経新聞)。
 深夜、外で活動する人は少数派ということでしょうか。マクドナルドも24時間営業でない店が増えています。『パン屋再襲撃』が成立しなくなる時代もすぐそこかもしれません。

 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。