« オーケーの新聞チラシ | トップページ | いまの渋谷と東急プラザ »

2019/12/18

記述式の見送り

 センター試験はおろか共通一次さえ受けていない世代にとって、今回メディアを騒がしている入試問題はいまひとつピンときません。英語民間試験と記述式の見送りはどのような意味があるのか。

 

大山鳴動してネズミ一匹――。英語民間試験に続き国語と数学の記述式問題の導入も見送られ、2020年度大学入試改革の"目玉"は「大学入試センター試験」から「大学入学共通テスト」への名称変更のみとなった(日経新聞電子版12/7)


 そうか、何も変わらない大学入試改革だったのですね。
 朝日新聞には「中央教育審議会」の会長として記述式問題の導入など高大接続改革の議論を主導した安西祐一郎・元慶応義塾長のコメントが載っています。

記述式の導入延期が決まったことで、日本の教育は当分の間足踏みするだろう。世界の劇的な転換の中で、日本は「教育鎖国」の状態のまましばらく推移すると思う。


 入試改革が失敗に終わった(これはほぼ決定的でしょう)原因は何か? 日経新聞の記事では、最大の責任者は大学だと指摘します。

 

入試とは自分たちが教えたい学生を、自分たちの責任で選抜する取り組みだ。最重要事項のはずなのに、大学、特に国立大学は受け身に徹した。

 

 安西氏が言う「教育鎖国」はいつになったら開国するのか。厳しそうです。

 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。