« 今年のレシピ本大賞は | トップページ | ミラーリングのハードディスク »

2019/09/12

ロケットマン&エルトン・ジョン

 エルトン・ジョンの伝記的映画『ロケットマン』を見てきました。いい映画でした。エルトンのファンだから感動するのは当然でしょうが、よくできた作品だと思います。主演のタロン・エガートンが吹き替えなしに全編でエルトンのヒット曲を歌います。これが上手い。
 この映画はエルトンがExecutive producer(制作総指揮)をつとめていますが、両親の愛に恵まれなかった少年時代から、同性愛、アリコール依存症と、本人にはさらしたくないことも真正面から描いています。
 エルトンが影響を受けたアーティストがわかることも興味深い。エルトンの音楽ルーツはこれまで意識したことがなかったです。
 また、盟友バニー・トーピンとの関係が丹念に描かれています。この映画のひとつの見所です。ファンはわかっていることですが、エルトン・ジョンの曲は、その大半が作詞バニー、作曲エルトンでつくられてきました。「Your Song」が誕生するシーン。そして一時仲違いして二人は離れながら、再びコンビを復活する「I'm Still Standing」が生まれるシーン。感動的です。
 もう一度、見ようなと思わせてくれる素敵な映画です。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。