« Seventeenとnon-no | トップページ | 国民年金が積立金が枯渇する »

2019/08/28

京都造形芸術大学のこれから

 籍を置いている京都造形芸術大学ですが、来年から名称が変わるらしい。大学のウェブサイトによれば2020年4月から「京都造形芸術大学」→「京都芸術大学」となります。開学30周年で「グランドデザイン2030」というのが発表されています。
 開学30周年とは、1991年に始まった大学ということ。そんな短い歴史しかないのですね。私が最初に入った大学など何年前のできたんだ。大学は来年で100年らしい。
 京都造形芸術大学のウェブサイトにある資料によれば、30年前の開学時には150人だった学生が通学3,587人、通信7,430人の計11,392人。急成長です。
 経営の観点から通信をつくったのは恐らく正解。なにせ歩留まりが低い。入学しても卒業まで至る確率は(おそらく)半分以下です。経営者が賢いのでしょう。
 大学の価値はどこで計るのか。なかなか難しい問題です。

開学30周年「グランドデザイン2030」と「京都芸術大学」への名称変更(2020年4月1日〜)について

 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。