« 至れり尽くせり | トップページ | モノは壊れるもの »

2019/08/10

体組成計を買い換えたが

 体組成計を買い換えました。体組成計つまり体重計が突然具合が悪くなりました。エラー表示がでて、電池を入れ直したりしたですが、復帰せず。修理に出すのも手間とお金がかかると買い換えました(こんな姿勢は好ましくはないのですが)。新しいのもタニタの体組成計です。
 体組成計で新聞に興味をひく記事が載っていました。昨日の日経新聞朝刊にエレコムの記事がありました。題して「エレコム、不断の高速開発 」です。記事ではエレコムの体組成計開発のいきさつが紹介されています。ちょっと長いけど、引用します。

18年6月、若手開発者(26)が社長や役員に一斉メールを送った。「ご確認下さい」というシンプルな文面で、企画書が添付されている。2時間以内に3人の担当役員から「承認しました」という短い返信が届き、開発にゴーサインが出た。5カ月後の11月。企画書に基づき新しい体組成計「エクリア」が店頭に並んだ。無線通信機能を内蔵し、乗るだけで体重や内臓脂肪レベル、骨格筋率など7項目のデータが専用アプリに送られる。店頭価格は1万円弱と、機能が同等の他社製品に比べ半分ほどだ。

 エレコムが体組成計をつくっているなんて知りませんでした。Wi-Fi通信機能搭載“エクリア 体組成計”はヨドバシカメラで8,830円。アプリでデータ管理ができます。
 年に4000の新商品を出すというエレコム。スピード感が恐ろしい企業です。まだ、日本にもこんな素敵な組織があるなんて。驚きました。

 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。