« 住民税の話 | トップページ | ユザワヤのいま »

2019/06/17

一太郎を使う

 脚本講座を受けるので事前に脚本を書くことが課せられています。この脚本を書くために書式が渡されました。WORD形式の29字×34字のものです。これで約2分ということです。巷で言われている400字で1分より少し文字数が多い。
 問題はWORD形式ということ。使っているメインにはWORDは入れておらず、互換のWPS WRITERを使っています。このソフトではどうも字数×文字数の指定ができないみたい(そんなはずはないのですが、今のところ設定が見つかっていません)。
 論文を書くときは一太郎を使っていました。学会の研究紀要の投稿原稿も一太郎で書きました。一太郎フォーマットのデータで渡して、問題なく印刷できました。学会では一太郎は認められたフォーマットのようです。
 しかし、世間的にはWORDがスタンダードです。簡単な文章はもっぱらWORD使っています。一太郎のシェアはどれほどなのか。いつも疑問に思っています。高くはないな、きっと。

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。