« 村上春樹の100曲 | トップページ | ヒューマン・スプリング »

2019/05/03

大石芳野「戦禍の記憶」

 久しぶりに東京都写真美術館に出掛けました。大学で写真を習い始めたわけではなく(笑)、ちょっと前に「日曜美術館」で特集されていた大石芳野の「戦禍の記憶」をみるためです。写真家・大石芳野は存じ上げていますが、作品をまとめて見るのは(恐らく)初めてです(困ったものです)。
 ミュージアムに展示された作品に、静かに圧倒されます。日本にいるだけなら、決してみることのできない光景と、人たちが撮られています。すべてモノクロですが、カラー写真より遙かに存在感があります。40年にわたり、戦争の犠牲になった人たちを撮ってきた大石芳野さんの写真に見入ります。
 戦禍の場に加えて、原爆が落ちされた広島、長崎の写真もあります。被爆された人たちです(これはなぜか美術館のホームページには記載されていません)。
 会場は連休中なので多くの鑑賞者がいましたが、外国人と思われる方も目立ちました。様々な人がこの世界にはいる。そんなことを未熟にも感じた写真展でした。

Photo_29

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。