« 秋田県立美術館へ | トップページ | 映画をつくるということ »

2018/12/06

白龍のじゃじゃ麺

 秋田に行って、帰りに盛岡に寄り道。じゃじゃ麺が食べたくなって、ネットで調べてみると、白龍(ぱいろん)が盛岡駅の駅ビル(フェザン)にあるではありませんか。白龍は地元では有名なじゃじゃ麺の店で、市役所、県庁に近いところに本店があります。
 もう10年以上も前、2005年にに地元の方につれていってもらいました。当時も歴史を感じる店でした。この白龍がなんと盛岡駅に出店とは。
 店に入り、まず水餃子とビール。そしてじゃじゃ麺です。サイズが小、中、大、特大とあり、そこから中サイズ(200グラム)を注文。2005年には450円だった中サイズが600円になっていました。
 久しぶりのじゃじゃ麺、美味しかったです。
(うっかりして、ちょっとかき混ぜてから、写真を撮りました。美しくないね)

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白龍のじゃじゃ麺:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。