« 本でつながるシェアハウス | トップページ | 東京奇譚集を再読 »

2018/11/11

「本屋を旅する」 というスペース

 昨日書いた<本でつながるシェアハウス>のイベントが開催されたのは、下北沢にある「本屋を旅する Bookshop Traveller」です。ここどんなところなのか。ネットで見た限りではよくわかりませんでした。ツイッターから引用させてもらいます。
<BOOKSHOP LOVER 和氣正幸が営む本屋・事務所。 「観光のついでに本屋に行く」ではなく「本屋のついでに観光に行く」にするために下北沢に開いた本屋のアンテナショップです>
本屋のアンテナショップ? 実際に行ってみてわかりました。店内には本屋のように書棚が並んでいます。この書棚は本屋に貸し出されています。

1

2

 書棚は2種類あり、実店舗がある本屋とない本屋とに区別されています。本屋をやりたい人が間借りして本屋ができます。アンテナショップなので、並んでいる本は購入できます。ここをきっかけに、出店している本屋にいってみる、ということにつながります。ビジネスモデルとしても面白いです。
 オーナーの和氣正幸さんは「東京 わざわざ行きたい街の本屋さん」などの著作がある本屋さんの専門家です。個性的な本屋が多い下北沢、ここからも新しいことが起こりそうです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本屋を旅する」 というスペース:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。