« 恒例の酉の市 | トップページ | ボジョレー ヌーヴォーを飲むこと »

2018/11/15

シャープペンシルのこと

 シャープペンシルは0.7㎜をずっと使ってます。恐らく世の中では0.5㎜とか0.3㎜使ってる人が多いと推測します。そういえば、0.9㎜もありました。
 0.7㎜だと選択肢は多くない。これまではステッドラーとかロットリングとかの製図用を使っていました。しかし最近はシャープペンシルも進化しています。
 先日、横浜の有隣堂にいったとき見かけた「デルガード」というシャープペンシル。0.7㎜があったの買ってみました。デルガードはゼブラ製で<芯の折れないシャープペンシル>がセールスポイントです。しばらく使ってますが、確かにまだ1回も折れてません。
 その後、クルトガを買いました。これ、<芯が回ってトガり続けるシャープ>です。芯の先が確かに尖ってます。クルトガは0.3㎜、0.5㎜もありますが、尖っているということなら、0.7㎜がいちばん効果がありそうです。
 シャープペンシルの世界も奥そうです。

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャープペンシルのこと:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。