« 佐川急便の一面広告 | トップページ | コルク栓のJohnnie Walker »

2018/11/20

『本を贈る』を読む

 読み終えないうちにトークイベントにいってしまった『本を贈る』を読了。先の記事で書きましたが、本書は「贈るように本をつくり、本を届けるひと10人の手による10編の小論(エッセイ)集」です。
 エッセイを書いた人の職業は、批評家、編集者、校正者、装丁家、印刷、製本、書店営業、取次、書店員、本屋です。それぞれの仕事から綴られた文章は、どれも個性的です。特に、装丁家の矢萩多聞、印刷会社の藤原隆充、製本の笠井瑠美子の文章が印象に残ります。
 本書を出版しているのは、三輪舎。中岡祐介さんがやっている小さな出版社です(ひとり出版社なのかな)。オリジナルな本を出していますが、この『本を贈る』は素晴らしい一冊です。おすすめです。

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『本を贈る』を読む:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。