« 「本屋を旅する」 というスペース | トップページ | 学食の今 »

2018/11/12

東京奇譚集を再読

 映画「ハナレイ・ベイ」を見た後、原作を読みました。村上春樹の短編集『東京奇譚集』に収まれています。小説「ハナレイ・ベイ」は文庫本で40ページほどの短編。映画は1時間40分ほどの作品になっているので、原作にない要素が加えられています。
 原作の短編は主人公サチの心情が淡々と書かれていて、映画の強い映像とは違う感じです。さらっとかかれた作品です。
『東京奇譚集』はタイトル通り、不思議なストーリーが盛り込まれた5つの作品が収められています。中でも面白かったのは「品川猿」。この作品だけは、単行本発刊時に加えられた書き下ろし。ちょっと怖くて、ちょっとユーモラスなストーリー。
 村上春樹の短編をもっと読みたくなりました。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/67372339

この記事へのトラックバック一覧です: 東京奇譚集を再読:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。