« 横浜、福富町の大鵬 | トップページ | 雨とランニング »

2018/09/30

料理レシピ本大賞というもの

 本屋大賞は割と有名ですが、「料理レシピ本大賞」はどれほど知られているのでしょうか。その名の通り、料理のレシピ本のナンバーワンを選ぶものです。そもそもどのような基準で選ばれるのか。
<料理レシピ本大賞 in Japanは、実施要項内にある《エントリー・選考基準》によって、出版社様からのエントリーを受付け、その中から書店員からなる「書店選考委員」、料理専門家からなる「特別選考委員」による投票によって各賞が決まります>(公式ホームページより>
 出版社と書店が中心となって選ぶ賞。出版社からのエントリーというのがポイントかな。
 先日、今年で5回目となる大賞が発表ラクうまごはんのコツれました。『みそ汁はおかずです』が大賞です。著者は瀬尾幸子さん。瀬尾さんは第2回の大賞を『ラクうまごはんのコツ』でとっています。
『みそ汁はおかずです』は土井善晴さんが一昨年著した『一汁一菜でよいという提案』と同じ発想で、みそ汁とご飯(またはパン)で食事を完結しようということ。目新しくはないですが、「みそ汁はおかずです」というタイトルが上手い。
 料理レシピ本大賞は、本の売り上げにどれほど貢献するのか。個々が気になるところです。

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 料理レシピ本大賞というもの:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。