« 変わる書店 | トップページ | 年金の払い込み »

2018/08/30

キオスクの雑誌販売、危機

 最近、コンビニにいくと雑誌コーナーのスペースが減ったな、と痛感します。うちの近くのローソンは雑誌コーナーを狭くして、フリーの飲食スペースにしました。
 雑誌は駅ナカでも売れていないようです。今日の日経の記事「駅ナカ 雑誌消滅の瀬戸際」は衝撃的。
<JR駅構内の店舗「キヨスク」などへの雑誌の卸売りについて、一手に担ってきた公益財団法人「鉄道弘済会」が10月にも撤退する。販売がピーク時の10分の1となり採算が悪化した>(8月30日日経新聞) 
 ピーク時の10分の1とは、すごい減少です。
「鉄道弘済会」の撤退後はトーハンが引継ぎ、
<東北から東海の約1000店から雑誌が消える事態はひとまず回避されたが、将来、出版業界へのさらなる打撃となりかねない>
 とのこと。トーハンも体力が充分とは思えないし。心配です。
 危機だらけの出版界です。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キオスクの雑誌販売、危機:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。