« アジア大会の競技 | トップページ | Paper Back Cafe@東京堂書店 »

2018/08/27

五輪マラソン、運動中止レベル

 毎朝、5時台に走っていますが、それでも暑いです。10キロ以上の長い距離は走れません。日ざしも強く、これも大敵です。
 2年後のオリンピックでのマラソンはほんとに大丈夫なのか、と指摘がされています。先日来、スポーツ新聞などで報じられ、今日の日経新聞でも大きく取り上げられたのが、「五輪マラソン 運動中止レベル 」という無視できない専門家の指摘。中京大の松本孝朗教授(環境生理学)らの研究チームの調査によれば、
<2020年東京五輪で、マラソンが予定通り午前7時にスタートした場合、10キロ以降のほとんどの区間で、熱中症リスクが日本スポーツ協会の熱中症予防運動指針で定める「厳重警戒」レベルとなり、場所によっては「運動中止」レベルまで高まる>(日経新聞)
 という結果。
 マラソンは女子が8月2日、男子が8月9日の午前7時スタートが予定されています。
<松本教授は「選手はもちろん、長時間立ったままの観客やスタッフの熱中症リスクが高いままで不十分。午前5時半に早めるべきだ」と指摘している>
 そもそもなんで8月なんだろう。なんとかして欲しいです。
 
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五輪マラソン、運動中止レベル:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。