« 7月4日は記念日 | トップページ | 「半分、青い。」の展開 »

2018/07/05

投信で損をする

 銀行とはほとんどお付き合いがないのでよく分からないのですが、顧客に投資信託をすすめているとききます。その現状が日経新聞で報じられていました。
 金融庁が投信を販売する銀行に実施した調査によれば、
「金融庁が都銀や地銀の計29行を対象に2018年3月末時点の運用損益を調べたところ、損失を抱える顧客は46%と全体の半分近くに達した。」(日経新聞電子版)
 との結果です。
 投資信託ですからリスクはありますが、半分近くが損失とは、軽視できない数字です。
 これは、銀行が手数料収入を第一の目的にしてきたからです。
「ある金融庁幹部は『金融機関のトップは手数料収入の多寡は気にしても、顧客がもうけられているかは見向きもしてこなかった』と批判する」
「投信の窓口」のホームページによれば、現在販売されている投信は4600本。こんな膨大な中から利益を得るものを選ぶなど素人にはかなり難しい。銀行のすすめられるままに投資してしまうのも、しかたないかもしれません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/66902601

この記事へのトラックバック一覧です: 投信で損をする:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。