« POPEYEの時代 | トップページ | ホンダのPHV »

2018/07/19

配送料無料の仕組み

 お中元、お歳暮をお世話になった方にいくつかしています。以前は、母の分は百貨店に出向いて、「お中元特設コーナー」で品物を選んで、送る手配をしていました。最近は店舗にいかず、すべてインターネットで注文しています。インターネットのほうが商品が豊富で、送料も無料だからです。店舗では送料がかかる商品があります。
 昨日報道されたニュース「近畿地方を中心に店舗を展開する大手百貨店が、お中元やお歳暮の配送料を引き上げるカルテルを結んだ」(日経電子版)でお中元、お歳暮の配送料が存在していた、と気付きました。
 三越、東急など関東圏の百貨店はインターネットからのお中元の注文は、全商品無料にしています。でも、今回報じられた関西圏の百貨店は完全に無料ではありません。一定の金額以上は無料という扱い。
 送料無料だけど、商品価格に上乗せされているのでは、と思ったりします。配送料の仕組みは、どこまでも秘密なのでしょう。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 配送料無料の仕組み:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。