« デリバリーサービスの今 | トップページ | 乾いた雑巾を絞る »

2018/05/09

青山ブックセンター・六本木店の閉店

 都内でも書店がどんどんなくなっていきます。一昨日には青山ブックセンターの六本木店の閉店が伝えられました。6月25日に38年の営業を終了します。これで青山ブックセンターは表参道の本店だけになってしまいました。かつては丸ビル、六本木ヒルズ、そして自由が丘にもありました。
 経営的にも現在はブックオフコーポレーションの傘下にあります。これは知りませんでした。古書店のチェーンの傘下に新刊書店があるという皮肉な事実です。
 青山ブックセンターの六本木店は深夜まで営業していました。ネットの報道によれば、朝5時まで営業していたとか。街に元気があった時代です。いまは平日でも23時までの営業です。
 六本木にはかつてWAVEもありました。WAVEにいって、その後、青山ブックセンターに寄る、ことも多かったですが、いまや行きたい店もありません。時代は変わります。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/66697478

この記事へのトラックバック一覧です: 青山ブックセンター・六本木店の閉店:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。