« 濃縮つゆの売上苦戦 | トップページ | 横山大観展の後悔 »

2018/05/22

社会保障費の増大

 日経新聞で1面トップで報じられていますが、将来の社会保障費の増大が深刻です。政府が発表した数字は、
「税や保険料で賄う医療、介護など社会保障給付費(総合2面きょうのことば)が経済成長率を年2%前後とする基本ケースで2040年度に190兆円になるとの推計を公表した」(5月22日 日経新聞)
 です。これは「18年度から6割増え、特に介護は高齢者数の増加で2.4倍の約26兆円に膨らむ」と24年後に社会保障費は1.6倍になるということです。
 この1.6倍が多いか、少ないな。感じ方は人それぞれでしょうが、私はもっと増えるのではと思います(理論的な根拠はないのですが)。
 政府の発表数字は経済成長が前提になっています。
「推計は一定の経済成長や賃金増を前提とし、基本ケースで40年度のGDPは790兆円と18年度より4割増えるとした」
 とかなり高い経済成長率を見込んでいます。過去の成長率は、
「00年度から15年度までにGDPは0.7%増」
 ですから、22年後にGDPが1.4倍になっていることは、ほぼあり得ないと思われます。
 避けては通れない社会保障費の問題。厳しさを実感させられる数字です。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/66746456

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障費の増大:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。