« エレキギターの将来 | トップページ | 夕暮れの時間に »

2018/05/04

夫の後始末

 曾野綾子の小説を読み始めたのは、大学生のとき。『神の汚れた手』が最初に読んだ小説でした。もう、40年も前のことです。
 最近はエッセーを書くことが多い曾野綾子の著作は、あまり読ません。曾野さんの神髄は小説の中にあると思っているからです。しかし、『夫の後始末』は手に取りました。夫、三浦朱門の在宅介護を綴った記録です。
  本の帯にはこうあります。
<夫・三浦朱門と過ごした夫婦の「最後の日々」>
 夫婦であれば、避けることのできない別離までの日を、曾野綾子は淡々と、しかし、愛情を込めて書いています。三浦朱門と曾野綾子はいい夫婦だったんだな、と羨ましい気持ちになる文章です。
 老後、介護を考えさせられる良書だと思います。


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/66679113

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の後始末:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。