« 若者で賑わう新宿三丁目 | トップページ | ネット書店と店舗在庫 »

2018/04/08

NIKEのズームフライ

  ランニングシューズはずっとアシックスを履いていて、レースでは最近はミズノです。なぜか、国産メーカー信仰があって、海外のランニングシューズは履きません。昔、ランニングを始めたとき時は、幅広なためニューバランスを使っていましたが、いつの頃からかアシックスのワイドモデルになりました。
 海外メーカーの巨人、ナイキのランニングシューズ<ナイキ ズームフライ>が人気だとか。朝日新聞のデジタルに掲載されているコラム「今日からランナー」で「本当に記録は伸びるのか? 革命的シューズ「ナイキ ズームフライ」で走ってみたところ……」で知りました。
 コラム筆者の山口一臣氏はこう書いています。
「<設楽悠太選手や大迫傑選手といったトップアスリートが履いて次々と記録を塗り替えているナイキ ズームヴェイパーフライ4%を一般ランナー向けに調整した普及版モデルが「ナイキ ズームフライ」だ。基本コンセプトは同じだが、ソールの素材が違うほか、ズームフライは普段のトレーニングにも使える耐久性を備えている>
 というランニングシューズ。
 写真で見る限り、かなり厚底のシューズです。一般的にはランニングシューズはタイム(フルマラソンのタイム)に速くなるに従い、シューズの底は薄いものを選びます。ナイキスーパーズームのソールはフルマラソンでサブ4を狙うためのシューズには見えません。 
しかし、<片方約248グラム(メンズ28cm)>と重くない。以外です。
 どうも根本的にシューズの作りが違うようです。
 どんなランニングシューズなんだろう。ナイキの公式通販でもほぼ品切状態です。こうなると、履いてみたくなりました。 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/66587300

この記事へのトラックバック一覧です: NIKEのズームフライ:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。