« artscapeの「石内 都 肌理と写真」鑑賞会 | トップページ | 映画のワークショップ »

2018/02/15

そごう美術館の存在

 チケットをいただいたのでそごう美術館に行ってきました。この前、いつ来たか思い出せないほど久しぶりです。よこはまのそごう内にありますが、失礼ながら続いていること自体が不思議なくらいな美術館です。
 かつてはセゾン美術館、伊勢丹美術館など百貨店の中に美術館がありましたが、それらが無くなって久しい。そごう美術館はずっとやっている希有な存在です。そごう百貨店も経営破綻し、いまはセブン&アイ・ホールディングスの傘下に入っています。その時期を経ても、美術館は残ってきました。経営陣に芸術への理解者がいたのでしょう。
 そごう美術館では「今右衛門の色鍋島 人間国宝の技と美」が開催されています。色鍋島の歴史と現在を見ることのできる見応えのある展覧会です。デザイン性と色彩豊かな色鍋島は魅力的。
 百貨店の中にある貴重なそごう美術館。その活動は密やかにですが、力強く続いています。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そごう美術館の存在:

コメント

テルさん
コメントありがとうございました。
そうですね、もう13年目です。なんとか続けております。今後もご愛読いただくと嬉しいです。

投稿: 自由なランナー | 2018/02/16 09:00

仙台の新聞にブログが紹介されてから、今日で13年目ですね。
毎日楽しく読んでいます。
毎日どのようにしてテーマを見つけるのか、私には真似は出来ません。
只々脱帽です。

投稿: テル | 2018/02/15 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。