« 東京ドームから肉のサトーへ | トップページ | artscapeの「石内 都 肌理と写真」鑑賞会 »

2018/02/13

能楽の水鏡

 久しぶりに能をみました。それも能楽堂ではなく、日経ホールで演じられた能です。『能楽の水鏡』と題された公演はトークショーと能の実演で構成される内容で能の入門イベント。
 まずいとうせいこう(謡を習っている)と能楽師の宝生和英の「謡と歌」と題されたトークショー。二人の対談に英語に通訳されます。主催がアーツカウンシル東京なので、外国人を意識した内容です。
 トークショーの後に舞台がしつらえられ、能「羽衣」が演じられます。シテは宝生和英、ワキは則久英志。能舞台は鏡板、階のない簡易なものですが、演じられる能は魅力的です。
 紗幕があり、そこに映像と日本語と英語で映し出されます。パンフレットにはいとうせいこうの現代語訳とジェイ・ルービンの英訳が載っています。この訳からキーワードが紗幕に映されというわけです。
 能楽堂で見る能とは違った体験が出来たました。

Photo


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 能楽の水鏡:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。